ドコモ光

ドコモ光とフレッツ光の違いを比較!乗り換えないと損?メリット、デメリットを紹介

ドコモ光に転用してお得な様子

ドコモ光とフレッツ光は何が違うのか気になっていても、公式サイトを見てもよくわからない・・という方は多いと思います。

結論から言えば、ドコモのスマホ・携帯電話を使用している方は、ドコモ光を使用するのがお得です。

ドコモの携帯電話を使用している場合、月額料金から毎月1,000円の割引が適用される上、ドコモを利用している家族全員がこの割引を受けることができるのです。

家族4人がドコモ使用しているなら、毎月合計4,000円、年間で48,000円もお得になるので、フレッツ光を契約しているドコモユーザーはドコモ光を選ばない理由がありません。

しかしながら、フレッツ光から乗り換えると、速度が遅くなるのではないかなど、どんな影響があるのか気になりますよね。
そこで、ドコモ光とフレッツ光の違いを詳しく紹介していきます。

フレッツ光とドコモ光の違いは何?

ドコモ光とフレッツ光の大きな違いは以下の2点です。

  • 運営会社が違う
  • 料金が違う

フレッツ光とドコモ光では、運営会社が異なります。
ドコモ光は、NTTドコモが運営する光回線サービスであり、フレッツ光はNTT東日本・西日本が運営する光回線サービスです。

どちらも同じNTTグループの会社ではありますが、厳密に言えば別の会社による異なるサービスです。

そのため、サービス内容や料金体系も多少異なります。

下記で詳しくそれぞれのサービス・料金を比較していきます。

ドコモ光とフレッツ光は同じ回線を使用

実は、ドコモ光とフレッツ光は、同じNTTの光回線を利用したサービスです。

ドコモ光は、フレッツ光と同じ回線網を借りて、独自の光回線サービスを提供しています。
同じ回線網を使用しているため、回線の性能はドコモ光もフレッツ光も同等です。

ドコモ光のように、フレッツ光の回線を利用した光回線サービスを光コラボレーション(光コラボ)と呼びます。

フレッツ光で光回線を利用する場合は、フレッツ光の契約とプロバイダと呼ばれるインターネット接続事業者の2つの契約が必要です。

一方、光コラボでは、光回線とプロバイダがセットになった契約となっており、この点で違いがあります。

フレッツ光と光コラボでは回線自体の性能は同等ですが、このプロバイダによって通信などの差が出てくるのです。
以下で紹介していきます。

ドコモ光とフレッツ光の速度比較

前述の通り、ドコモ光とフレッツ光の回線速度に違いはありません。
どちらも同じ光回線を使用しているため、速度は同じ最大1Gbpsです。

ただし以下の要因によって、ドコモ光とフレッツ光の速度に差が発生する可能性がります。

  • プロバイダの通信方式
  • ルーターの性能

プロバイダの通信方式による影響
選択したプロバイダの通信方式によって、速度に影響が発生することがあります。

結論から言えば、v6プラス(IPoE方式・IPv4 over IPv6に対応)と呼ばれる通信方式に対応しているプロバイダであれば、安定した高速通信が可能ですが、PPoE方式のプロバイダの場合は、通信が混み合ってしまうため、速度が遅くなってしまう傾向にあるのです。

ドコモ光が遅いという方は、プロバイダがこのPPoE方式である可能性が高いです。
この方式の場合、地域や時間帯による回線の混み具合によって速度の低下が発生してしまうためです。

したがって、乗り換えの際にv6プラス対応プロバイダからPPoE方式のプロバイダに変えてしまった場合は、速度が遅くなる可能性があるので、プロバイダを選ぶ際ははこの点にご注意下さい。

ドコモ光でv6プラスに対応したおすすめのプロバイダは後ほどご紹介します。

ルーターの性能による影響
また、プロバイダがv6プラスに対応していても、ルーターが対応していなければ意味がありません。

乗り換えの際に無線LANルーターなどを返却し、新しいものに変えた結果、新しい機器がv6プラスに対応していなかったということがあります。
ルーターを新たに選ぶ場合には、以上のことを踏まえて選ぶと良いでしょう。

参考:ドコモ光のルーターの選び方(レンタル/購入)とおすすめのWi-Fiルーター

以上の2点に注意をすれば、フレッツ光でもドコモ光でも通信速度に差はないのです。

ドコモ光とフレッツ光の料金比較

ドコモ光とフレッツ光の料金を比較してみましょう。
どちらも戸建てかマンションかで料金が異なります。

戸建て マンション
ドコモ光 5,200円 4,000円
フレッツ光ネクスト 5,500円 3,650円

※フレッツ光は、v6プラス相当対応のプロバイダ(ぷらら)の料金を含む総額表示
※ドコモ光は、プランAの料金

光回線料金を見ると、戸建てタイプでは、ドコモ光がお得となり、マンションタイプではフレッツ光ネクストがお得となっています。
しかし、この光回線の料金だけを比較してお得度を判断することができません。

それは、ドコモの場合は、ドコモの携帯電話料金とのセット割引が適用されるためです。
後述しますが、ドコモ光の場合は、スマホとセットにすると毎月最大1,000円の割引が家族全員に適用されます。

こうした割引を踏まえた総額で料金を判断することが重要です。

スマホ割引をセットした総額料金の詳細は下記で紹介しています。

ドコモユーザーはドコモ光で料金がお得に

ドコモ光とフレッツ光のひかりテレビ比較

フレッツ光とドコモ光で提供しているひかりTVについても比較してみました。

ひかりTVは、NTTぷららが運営する多チャンネルテレビ放送・ビデオオンデマンドのサービスです。
フレッツ光と、NURO光向けに提供されており、フレッツ回線を使用しているドコモ光でもこのサービスを利用することができます。

フレッツ光とドコモ光のひかりTVの大きな違いは、フレッツ光では、4つのプランが用意されているのに対し、ドコモ光では1つのプランしかない点です。

ひかりTV for docomo ひかりTV
プラン名 - お値打ちプラン テレビおすすめプラン ビデオざんまいプラン 基本放送プラン
月額料金(税抜) 2,500円 2,500円 1,500円 1,500円 1,000円
専門チャンネル 約80 50以上 50以上 10以上 10以上
動画見放題 約130,000本 約20,000本 一部の無料作品のみ 約20,000本 -
ベーシックチャンネル - -
地上デジタル放送
BSデジタル放送

そのため、現在ひかりTVで「テレビおすすめプラン」、「ビデオざんまいプラン」、「基本放送プラン」を利用されていた方の場合、ドコモ光でも引き続きひかりTVを利用しようとすると月額料金が高くなってしまいます。

ひかりTV for docomoは、ひかりTVだけでなく、dTVなどドコモ独自のコンテンツも視聴できるため、非常にお得なサービスとなっていますが、「地デジだけで良い」「、ベーシックチャンネルだけで十分」といったユーザーの場合は、実質費用負担が増えてしまいます。

また、ひかりTV for docomoの利用には、別途ドコモテレビターミナル(税抜15,600円)の購入が必要になるので、乗り換え時の一時的な負担が発生します。

しかしながら、ドコモユーザーの方は、スマホとセットでの割引があるため、総額料金とひかりTV for docomoのメリットとの兼ね合いで光回線を決めるのが良さそうです。

ドコモ光「ひかりTV for docomo」の契約前にチェックすべき料金とメリット・デメリット
ひかりTV for docomo | 公式サイト

フレッツ光からドコモ光へと乗り換えるメリット

フレッツ光からドコモ光へと乗り換える具体的なメリットをご紹介していきます。

ドコモユーザーはドコモ光で料金がお得に!

ドコモ光の契約によってドコモのスマホ料金がどのくらいお得になるのかをまとめました。
2019年9月時点の新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」に対しての割引額が下記です。

料金プラン データ通信量 ドコモ光セット割
ギガホ ~30GB -1,000円
ギガライト ~7GB -1,000円
ギガライト ~5GB -1,000円
ギガライト ~3GB -500円
ギガライト ~1GB なし

ギガライトの1GBまでのプランでは光回線のセット割引はありませんが、3GBプランで500円、それ以上のプランになると1,000円の割引が、スマホの月額料金に適用されます。

さらに、ドコモ光のセット割引は、家族全員のスマホ料金に適用されます。

そのため、家族が2人の場合は、家族全体で2,000円引き、3人の場合は3,000円引きとお得になります。
この家族割引は、離れて暮らす家族にも適用されるため、家族全体で見ると非常にお得になる可能性があります。

もちろん1人でドコモ+ドコモ光を使用する場合でも、1,000円引きとなるため、お得です。

具体的な総額で見ていきましょう。

1人の場合は650円お得

マンションタイプの光回線を利用の場合、1人での契約では毎月650円お得になります。年間では7,800円の節約となります。
自宅の回線は頻繁に変えるものではないので、数年の蓄積による節約額は大きいものになります。

ドコモ光 フレッツ光
光回線 4,000円 3,650円
ギガホ 6,980円 6,980円
セット割引 -1,000円 0円
総額 9,980円 10,630円

家族2人の場合の料金は、1,650円お得!

同じくマンションタイプで、2家族の場合、家族全体で1,650円お得になります。
年間で約20,000円、5年間で10万円の節約になるのは大きいですよね。

ドコモ光 フレッツ光
光回線 ¥4,000 ¥3,650
ギガホ ¥6,980 ¥6,980
ギガホ ¥6,980 ¥6,980
光セット割引 ¥-2,000 ¥0
総額 ¥15,960 ¥17,610

ドコモ光のセット割引は、家族が増えれば増えるほど、総額でのお得度は上がっていきます。
また、戸建てタイプの場合、光回線料金もドコモ光のほうが安くなるので、さらにお得になります。

ただし、これらの料金は、ひかりTVを含まない金額のため、ひかりTVの利用の仕方次第では、フレッツ光のほうがお得になることもあります。
テレビの利用状況に応じて、ドコモ光とフレッツ光のどちらが良いのかを検討をしても良いかもしれません。

しかしながら、ひかりTVを利用しないドコモユーザーは、ドコモ光に乗り換えない理由がありません。

また、乗り換えにあたり、キャッシュバックやdポイントの付与などお得なキャンペーンもあります。
そちらについてもご紹介していきます。

フレッツ光からドコモ光への乗り換えでキャンペーンが使える!

ドコモ光への乗り換えには、お得なキャンペーンが実施されていることが多いです。
例えば、5,000円相当のdポイントの付与や、15,000円のキャッシュバック、最新の無線LANルーターの無料レンタルなど、プロバイダ独自のキャンペーンが様々あります。

乗り換え前にお得なキャンペーンをご確認下さい。

ドコモ光のキャンペーン情報

調べるのが面倒という方は、こちらからお問合せ下さい。
現在最もお得なプランやサービスをご案内致します。

ドコモ光の申込み・相談をする

フレッツ光からドコモ光転用のデメリット

ドコモユーザーの方は、ドコモ光への乗り換えをしたほうがお得になりますが、乗り換えにあたり、どういったデメリットがあるかについてもご紹介していきます。

フレッツ光ライトからドコモ光への転用は、別途工事が必要

現在、フレッツ光ネクストを利用している場合は、ドコモ光の転用にあたり、工事は不要です。
しかしながら、「フレッツ光ライト」というプランを使用している場合は、工事が必要となってしまいます。

この工事が必要な場合、20,000円程度の工事費が発生してしまうことがあります。
ただ、通常はフレッツ光ネクストを利用している方がほとんどかと思いますので、大きなデメリットとは言えません。

また、時期によっては、ドコモが工事費無料キャンペーンをやっているので、フレッツ光ライトからの乗り換えの場合にはこうしたキャンペーンのタイミングを狙って乗り換えましょう。

ドコモ光の工事内容についてはこちら
ドコモ光の工事費についてはこちら
ドコモ光のキャンペーン情報はこちら

フレッツ光からドコモ光へのプロバイダ変更に解約金がかかる可能性がある

フレッツ光からドコモ光への乗り換えの場合、現在契約しているプロバイダによっては解約金が発生する可能性があります。

フレッツ光自体の解約金は2年契約の場合でも解約金なしで乗り換えが可能ですが、プロバイダについては個々の契約次第です。
乗り換えの前に現プロバイダの解約金など調べましょう。

ただ、解約金が発生した場合でも、ドコモ光への乗り換えキャンペーンなどでキャッシュバックなどがあるため、実質負担なく乗り換えることができる可能性が高いので、最新のキャンペーン情報を確認しながら、乗り換えを検討してみて下さい。

このようにフレッツ光の乗り換えに伴うデメリットは、大きなものではありません。
それでは実際に乗り換える際にどういった手続きが必要なのかをご紹介していきます。

フレッツ光からドコモ光への乗り換えは簡単

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えてみようと考えても、手続きが面倒だなと思われるかもしれません。
しかし、フレッツ光からの乗り換えは意外と簡単です。
具体的にご紹介していきます。

フレッツ光からドコモ光への転用は工事不要

まず、フレッツ光からドコモ光へと乗り換えるために申し込みをする必要があります。
この申込後に、回線切り替えの工事が行われます。
新規契約の場合や、ADSLなどからの乗り換えの場合は、立ち会い工事といった面倒な作業が必要となります。

しかしながら、フレッツ光ネクストからの転用の場合は、工事が不要です。

工事に立ち会う必要がないため、日程調整の苦労や、工事日を1ヶ月以上待つといったこともありません。
非常に簡単に乗り換えができるのです。

フレッツ光からドコモ光への転用時の工事費・料金

フレッツ光からドコモ光に転用する場合の工事費をご紹介していきます。

前述したようにフレッツ光ネクストからドコモ光への乗り換えには工事が不要です。そのため、現在の家でドコモ光を使用する場合は、契約事務手数料の3,000円(税抜)のみ発生します。

引越しあり 引越しなし
契約事務手数料 3,000円 3,000円
工事費 2,000円~18,000円 0円

しかしながら、乗り換えにあたり、引越しを伴う場合は、引越し先の住居の設備状況次第で、2,000円~18,000円(税別)の工事費が必要です。

この場合、高額な工事費が発生してしまいますが、これはフレッツ光からフレッツ光の場合でも条件は同じで、工事費が別途かかります。

ドコモ光だから工事が発生するというわけではないので、引越しされる場合でも乗り換えの手間や工事費は同等だと考えていいでしょう。

こうした工事が発生するような乗り換えの場合は、工事費無料キャンペーンのタイミングを狙うのが良いでしょう。

フレッツ光からドコモ光への移行時の違約金・解約金は?にねん割でも大丈夫?

乗り換えの際にきになるのが、解約金・違約金ですよね。
フレッツ光には、にねん割という2年契約を前提としたプランがあります。
このプランは2年以内に解約した場合に、解約金が発生するというものです。

ドコモ光への乗り換えでこの解約金が発生するのではと思われるかもしれませんが、安心して下さい。

ドコモ光への乗り換えの場合は、にねん割のプランでも解約金が発生しません。

そのため、気軽に乗り換えができるのです。

転用のお申し込みにあたりご同意いただきたい事項|NTT東日本公式ホームページ

ただ、現在契約中のプロバイダによっては、プロバイダの解約金が発生する可能性があるため、必ずプロバイダの契約を確認して下さい。

また、現在のプロバイダをそのままドコモ光に使用する場合、先で紹介したv6プラスへの対応状況やキャンペーンが適用できないなどの問題もあります。詳しくは下記でご紹介します。

ドコモ光でオススメのプロバイダ

フレッツ光からドコモ光への乗り換え時にルーターはどうなる?

フレッツ光からドコモ光への乗り換えにあたり、ルーターがどうなるかをご紹介していきます。

現在、プロバイダなどから無線LANルーターを借りている場合は、プロバイダに返却する必要があります。
その場合、新たに無線LANルーターを用意する必要があります。

購入するという方法もありますが、ドコモ光のプロバイダでは、独自キャンペーンとして最新の無線LANルーターを無料レンタルしている会社もあります。最新の無線LANルーターのため、速度も早くなることが期待できるため、是非こうしたキャンペーンをご活用下さい。

ドコモ光のプロバイダ比較!全26社からおすすめ3社を徹底検証

フレッツ光からドコモ光への転用時の電話番号

フレッツひかりからドコモ光に乗り換えるにあたり、現在使用している固定電話の番号が変わるのは嫌ですよね。

以前は電話番号が変わってしまうことがあったのですが、2019年7月からは、乗り換え時に電話番号を変えずに利用し続けられるようになりました。

エリアが変わらないような場合の乗り換えは、電話番号がそのまま使えるので、気軽に乗り換えができます。

ドコモ光でオススメのプロバイダ

これまで見てきた通り、ドコモユーザーにとっては、ドコモ光への乗り換えは非常にメリットが多くオススメです。
ただ、ドコモ光では対応プロバイダが20社以上あり、どこが一番いいのか迷われるかもしれません。
そうした場合は下記の3点を抑えておけばOKです

  • プランAのプロバイダ
  • v6プラス相当の通信方式に対応している
  • キャンペーンが優れている

まず、大前提としてドコモ光のプランAの中からプロバイダを選びましょう。
プランBは200円高くなりますが、サービスレベルがプランBのほうが優れているということではありません。
そのため、プランAの中から良いプロバイダを見つける必要があります。

その良いプロバイダというのは、v6プラス相当の通信方式に対応しており、キャンペーンが最も優れているプロバイダのことです。

キャンペーンについては、随時変わってきますので、プロバイダを選ぶ際は下記より詳細をご確認下さい。

ドコモ光のプロバイダ比較!全26社からおすすめ3社を徹底検証

また、調べるのが面倒という方は、下記よりご相談下さい。
それぞれの状況にあった最適なプランをご案内させて頂きます。

ドコモ光の相談・お申し込み

まとめ

これまで見てきたようにフレッツ光とドコモ光には大きな違いはありません。
そのため、ドコモのスマホ・携帯電話を使用している方は、ドコモ光に乗り換えない理由がほとんどありません。
年間で見ると大きな節約になりますので、これを機にドコモ光への乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

監修者情報

武澤 康平
2011年からコミュファ・メガエッグのネット回線の訪問販売を3年間経験し、その後インターネット回線の代理店に転職して電話でのネット契約サポートに従事。
これまでの累計取次件数は1,000件を超える。
現在はインターネット取り次ぎのプロとしてコールスタッフを統括し、営業品質向上を目指している。

関連記事

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。

ご相談・お問い合わせ
通話無料
0120-989-325
閉じる