eo光

eo光の解約方法と違約金!電話窓口から手続きする5つの手順と高い解約金をゼロ円にする方法

eoひかりの解約手続きをしているイメージ

「eo光を解約したいけど、なにから手続きしたらいいかわからないな…」
「早く手続きを始めた方が良いのだろうけど、複雑そうだから直前に申し込みすればいいか」
なんて思ってはいませんか?

しかし手続きを後回しにすると、お得に解約できるタイミングを逃してしまっているかもしれません。
「あと一か月早く手続きしていれば違約金が無料になったのに!!」「4万円も違約金を請求された!」ということもあります。
後回しにせず、解約することが決まったらすぐに手続きを始めてください。

実際にはeo光は5ステップで簡単に解約手続きできます!

この記事ではeo光の解約方法5ステップを解説します。
また違約金を無料で解約する方法も併せて紹介しているので、記事を参考にしてお金を節約しながらスムーズに解約して下さい。

なお、乗り換えを考えている方は違約金負担キャンペーンのある「ソフトバンク光」やキャッシュバック金額の高い「NURO光」での申し込みがおすすめです 。

eo光は何日前までに解約すればいいの?

eo光を解約することが決まったら、解約したい日の一か月前には手続きを始めてください。

eo光は解約時に立ち会いでの撤去工事が必要になります
早めに手続きを始めておかないと、希望日までに撤去工事の予約が取れない可能性があります。

とくに引越し繁忙期の2~4月は、引っ越し予定日の1カ月半前には手続きを始めてください。
工事の予約が集中してしまい、最悪の場合引っ越し予定日までに撤去工事が完了しない場合もあります。

eo光の解約が決まったら、すぐに解約手続きを始めることをお勧めします。

eo光の解約に必要なもの

eo光の解約の解約時には「eo光登録証」が手元にあると、スムーズに解約手続きができます。

eo光登録証には、eoIDやeoIDパスワード、その他認証情報など、契約情報が記載されています。
eo光に解約の電話をした際に、オペレーターから確認のためにeoIDなど契約情報を尋ねられることがあります。

eo光登録証とは下記の画像のようなものになります。

eo光のeo登録証

(画像引用:登録証|eoユーザーサポート

eo光登録証が見当たらない時の発行方法

eo光登録証が見当たらない場合、eo光のマイページ上で再発行ができます。
下記の手順で発行できます。

以上でeo光登録証を確認できます。
手元に用意できたら、解約手続きに入りましょう。

eo光を解約する方法

eo光の解約は次の4ステップで解約できます

■eo光の解約手順

  • eo光に電話で解約を申し込む
  • eo光から送付される「解約受付書」を受け取る
  • eo光と電話で撤去工事日の日程調整を行う
  • 撤去工事を受ける
  • 解約証明証を発行する

ステップ2~4については、ほとんどeo光側が主導して手続き進めてくれます。
ユーザーがやらないといけない作業は①の解約申し込みと⑤の解約証明書の発行だけです。

とくに解約証明書は乗り換え先の「違約金全額負担キャンペーン」を利用する場合に必要です。
違約金全額負担キャンペーンを実施しているソフトバンク光やeo光などへ乗り換える場合には必ず発行してください。

それでは詳しく解約の各手続きを説明していきます。

①eo光に電話で解約を申し込む

eo光の解約は電話窓口でしか受け付けしていません。
インターネット上にマイページや、家電量販店などの店頭では受付していません。

解約する際は下記のお電話に電話して解約を申込んでください。
■eoサポートダイヤル

電話番号 通話料 受付時間
eo光電話/LaLa Callから 1518 無料 9:00~21:00
(年中無休)
固定電話/携帯電話/PHSから 0120-919-151 無料
その他の電話から 050-7105-6333 有料

eo光電話/LaLa Call以外からの電話の場合、電話をかけると自動音声ダイヤルに接続されます。
音声ガイダンスに従い、次の番号を押せば、解約手続きを担当するオペレーターと通話できるようになります。

利用中のサービスの解約 「3」⇒「1」
サービス開始前の解約 「3」⇒「2」

■電話が繋がりにくい時の対処法

eo光は電話窓口でしか解約を受け付けていないので、電話が混雑しているときはなかなか解約手続きができません。
その場合は「問い合わせ窓口の混雑状況予想」をチェックしてください。

コミュファ光サポートセンターの混雑状況予想カレンダー

混雑状況予想の画像イメージ(画像引用:eoサポートダイヤル|eoユーザーサポート

月~日曜日の細かい1時間ごとの混雑予想を「〇」「△」「×」の三段階評価で予想しています。
「サービス内容や料金、ご契約に関するお問い合わせの混雑状況予想」の「〇」が表示されている、時間帯、曜日を狙って電話するようにしてください。
12~14時のお昼時や、17時以降の夕方から夜の時間帯は比較的電話の混雑が緩和されている様子です。

②eo光から送付される「解約受付書」を受け取る

解約の受付が完了したら、数日以内に自宅に「解約受付書」が郵送されます。

解約受付書はあくまで確認のための書類です。
解約受付書を受け取った後にこちらで行わない手続きはありません。
そのまま次の「eo光と電話で撤去工事日の日程調整を行う」へ移りましょう。

③eo光と電話で撤去工事日の日程調整を行う

解約の申込をすると数日後にeo光から撤去工事の日程調整のための電話連絡が来ます。

撤去工事は立ち合いが必要です。
工事自体は1時間ほどで終わるので、都合のつく日をeo光に伝え、工事を受けられるようにしましょう。

2~3日後の予約が取れることは少なく、2週間ほど先の日でしか予約できないことほとんどです。
とくに引越しが重なる春の時期は、予約が3週以上先になることもあります。
希望の日で予約できるように、eo光の解約が決まったらすぐに解約手続きを始めることをお勧めします。

④撤去工事を受ける

工事の予約日に撤去工事を受けてください。

撤去工事は次の2つのパターンがあります。

工事内容 費用
回線終端装置のみの撤去 電柱から自宅への引込線を残し、宅内に設置した回線終端装置のみを撤去する工事 0円~28,704円
引込線を含む撤去 回線終端装置だけでなく、電柱から自宅への引込線も撤去する工事 10,000円~38,704円

工事の内容がどちらになるかは、物件や契約タイプなどによって異なります。
引込線を含む撤去工事の場合、回線終端装置のみの撤去工事と比べて工事費用が10,000円高くなります。

とくにホームタイプ(戸建て)や賃貸物件の場合、回線終端装置のみの撤去工事は建物所有者や管理会社の「残置承諾」が必要です。
賃貸物件には「原状回復義務」があるため、退去時に入居時と同じ部屋の状態にする必要があるからです。
承諾がない場合は引込線を含む撤去工事となるため、撤去工事費用が高額になってしまいます。

回線終端装置のみの撤去工事で済ませたい方は、事前に物件の管理会社や管理人にeo光の設備を残置できるかどうか確認しましょう。

eo光からレンタルしていた機器は、撤去工事の際に回収されます。
撤去工事完了をもって、eo光の解約が完了します。

⑤解約証明証を発行する

eo光の解約後、別のインターネット回線に乗り換える場合は「解約証明書」を発行しておくことがおすすめです。

乗り換え先によっては、eo光の解約証明書を提示することで、eoの解約にかかった違約金などが全額返ってくる「違約金全額負担キャンペーン」を実施しているからです。
解約証明書というと少し大げさに聞こえますが、eo光を解約したことを証明できるような解約月の「料金明細書」「領収書」などで代用できます。

eo光の解約にかかる費用

eo光の解約証明書にあたる「解約月の請求明細書」は、eo光のマイページで取得できます。
eo光解約後、最終請求月から6か月以内であれば、明細を確認できます。
6ヶ月以上経過すると確認できなくなるので、eo光の解約から必ず6か月以内に発行するようにしてください。

発行方法は次の通りです。

印刷して提出しないといけない場合は、画面右上の「ご請求内訳のダウンロード(PDF)」をクリックして、印刷してください。

以上でeo光の解約証明書が手に入ります。
発行した解約証明書は、乗り換え先の光回線が用意している「証明書貼付シート」などに貼付して郵送してください。

eo光の解約にかかる費用

eo光を解約すると、次の費用が解約翌月、もしくは解約から数か月間請求されます。

■eo光の解約時に必要な違約金・工事費

  • 解約清算金(契約解除料)と引込線撤去工事費
  • 長割り契約解除料
  • 解約月の月額料金

全て合算すると最大5万円近い解約費用が必要になることがあります。
各費用について詳細を見ていきます。

解約清算金(契約解除料)と引込線撤去工事費

eo光は1年~2年の最低利用期間が設定されています。
普段の月額料金を安く設定する代わりに、最低利用期間内の解約には「解約清算金」と呼ばれる違約金を請求する仕組みです。
通常プランは1年、割引額がより大きい「即割」は2年の最低利用期間が設定されています。

即割の割引率が高いので、通常プランよりも即割を適用させている人が多いです。
eo光では2018年4月1日に解約清算金の改定があったため、eo光の申し込み時期によって解約清算金の金額が下記のように異なっています。

■2018年4月1日までに申し込みの場合

即割 利用期間 解約清算金 引込線撤去工事費
あり 1年未満 28,704円 10,000円(必要な場合)
1~2年 14,064円
2年以上 0円
なし 1年未満 27,000円
1~2年 0円
2年以上 0円

■2018年4月2日以降に申し込みの場合

即割 利用期間 解約清算金 引込線撤去工事費
あり 1年未満 12,000円 10,000円(必要な場合)
1~2年 6,000円
2年以上 0円
なし 1年未満 12,000円
1~2年 0円
2年以上 0円

2018年4月2日以降に申し込んだ方は、解約清算金が半額以下になっています。
いずれの場合でも即割だと2年、即割なしの場合だと1年の最低利用期間に満たない解約の場合は解約清算金が発生します。

また先述した通り、物件などによっては回線終端装置のみの撤去工事だけではなく、引込線の撤去工事が必要になる場合があります。
その場合、追加で引込線撤去工事費が10,000円必要になります。

長割契約解除料

eo光には契約期間が2年以上の方向けの「長割」という割引制度があります。
3年目以降、3年単位の最低利用期間を設定する代わりに、その期間月額利用料金を割り引く制度です。

コミュファ光へ返却する必要がある機器の一例

(画像引用:eo公式|長割を解約したい。|よくあるご質問(お困りごと・トラブルの解決)|eoユーザーサポート

長割も、最低利用期間の残余期間の長さに応じて解約清算金が変動します。
残余期間が長いほど、つまり長割の適用が開始されて間もないタイミングの解約であるほど、解約清算金も高額になります。

長割の適用年数 1年目 2年目 3年目
100Mコース 5,143円 3,429円 1,715円
1ギガコース 5,658円 3,772円 1,886円
5ギガコース 7,236円 4,824円 2,412円
10ギガコース 8,172円 5,448円 2,724円

例えばeo光1ギガコースで長割を適用させた場合、長割1年目と3年目では解約清算金が3,772円違ってきます。
長割についても3年の最低利用期間を満たしてから解約する方が解約清算金の支払いがなくて済みます。

解約月の月額料金

解約する月にも月額料金が発生しますが、eo光の場合はインターネットの利用料金に対しては日割り計算されます。

月途中で解約しても、利用した分だけ月額料金を支払う仕組みなので、無駄な料金を支払うことがありません。
しかし、下記のようにインターネット契約以外のオプションに関しては日割り計算されません。

契約 日割りの有無
eoネット 月初から解約日前日までの月額料金(回線終端装置使用料含む)の日割り料金
eo光電話 なし
eoテレビ
eoネットのオプション なし
eo光電話のオプション
eoテレビのオプション なし
eo電気

例えば、eo光(月額4,953円)を4月15日で解約した場合、ネット料金は日割りされるため、解約月は14日分(約2,312円)の料金で済みます。
しかしeo光電話やeo光テレビを同時契約している場合、ひかり電話や光テレビの月額料金は日割りされず、丸ひと月請求されます。

利用できない期間まで料金を支払いたくないという人は、できるだけ月末に解約するようにしましょう。

eo光の違約金を0円にする方法

eo光の解約金は、最大で40,000円を超えることもあります。

auひかりの解約費用
解約清算金(契約解除料) 28,704円
引込線撤去工事費 10,000円
長割契約解除料 8,172円
合計 46,876円

とくに解約清算金が高かった2018年4月1日以前に契約した人は高い解約金がかかってしまいます。
しかし下記の方法でeo光の解約費用を安く抑えることができます。

■eo光の違約金を安くする方法

  • 最低利用期間まで必ず契約する
  • 違約金負担キャンペーンのある光回線に乗り換える

それぞれの方法について詳しく解説していきます。

最低利用期間まで必ず契約する

即割も含め、eo光のプランには最低利用期間が設定されています。

最低利用期間内の解約には解約清算金が発生してしまいますが、反対に言えば最低利用期間を守れば解約費用が発生しません。

■eo光即割の最低利用期間

eo光の最低利用期間と解約清算金の図解

即割ありだと2年間、即割なしなら1年間の最低利用期間を超えてから解約するようにしましょう。

eo光はドコモ光やソフトバンク光など他社の大手光回線と異なり、「自動更新プラン」ではないため、解約の仕組みとしては良心的です。

他社の場合、契約期間2年のうち1~2ヶ月間だけ設定された契約更新月に解約しないと違約金が発生します。

一方でeo光は2年間契約し続けた後は、いつ解約しても違約金が発生しないので、解約しやすい仕組みとなっています。

長割適用の場合は自動継続に注意

長期契約割引の「長割」も同じく3年の最低利用期間が設定されている割引制度です。
ただ即割と異なり、申し込み時に「3年ごとに自動継続する」か「自動継続しない」を選ぶことができます。

自動継続するを選ぶと、自分で新たに申し込みする手間が省けますが、更新を辞める際に手続きを忘れると余分な解約清算金を支払う必要が生じる恐れがあります。
次の長割の期間が始まってしまった場合、1年目の解約は解約清算金が3年目で解約する際よりも高くなってしまいます。
解約時の費用が大きくなってしまうので、更新を希望しない場合は必ず解約しておきましょう。

長割の自動継続を辞める場合は、長割の最低利用期間満了までに申し込みしてください。
下記の方法で長割の申し込みを変更できます。

  • 長期継続利用割引契約「長割(ちょうわり)」」の「長割の契約内容確認・変更」をクリックする
  • eoIDとeoパスワードを入力してログインする
  • 画面下部の「各種手続き内容の照会/取り消し」をクリックする
  • 長割お申し込み手続きの「詳細」をクリックする
  • 「取り消す」をクリックして取り消し手続きを行う

eo光の利用期間を調べる方法

ご自身が何年何月にeo光を契約したか、すぐに答えられる人は少ないでしょう。
自分の契約の最低利用期間が何年何月までかは、eo光のマイページ上で確認することができます。

下記の手順で確認できます。

以上で現在の利用期間を知ることができます。
即割利用時は「(2年0ヶ月」)」と表示されていれば、最低利用期間を満たしたことになります。

あらかじめ、事前に何年何月まで契約を続ければ最低利用期間を満たすことができるか、確認しておくことをお勧めします。

違約金負担キャンペーンのある光回線に乗り換える

乗り換え先の光回線によっては、eo光の工事費の残債や撤去費用を負担してくれる回線もあります。

下記が乗り換え費用の全額負担キャンペーンを実施している光回線の一例です。

■違約金全額負担キャンペーンを行っている光回線

例えばソフトバンク光の「乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」は、次の費用が最大10万円まで全て無料になります。

■ソフトバンク光乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーンの適用対象

  • 他社回線の違約金
  • 他社回線の工事費の残債
  • 他社回線の撤去工事費用
  • ソフトバンク光の新規開通工事費用最大24,000円

ソフトバンク光のキャンペーンを利用すれば、eo光の解約清算金も撤去工事費用も全てソフトバンク光が還元してくれるため実質0円になります。
ソフトバンク光は提供エリアも広いため、違約金負担キャンペーンの利用におすすめです。

eo光の解約清算金や撤去工事費用が高額な場合は、ソフトバンク光の違約金負担キャンペーンを利用しましょう。

キャッシュバックの大きな光回線に乗り換える

eo光の工事費の残債や撤去費用が約45,000円を切る場合は、NURO光などに乗り換えた方がお得です。

新規契約者向けのキャッシュバックが高額で、ソフトバンク光などの違約金全額負担キャンペーンを利用するよりもお得に乗り換えることができるからです。

下記の通り、各回線で新規契約者向けのキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

■キャッシュバックの大きな光回線の一例

例えばNURO光は、公式サイトからの申し込みで最大45,000円ものキャッシュバックを受けることができます。

eo光の解約費用が45,000円未満の場合は、キャッシュバックが高額な乗り換え先を選びましょう。

eo光の解約方法と注意点まとめ

ここまでeo光の解約手順と違約金を節約する方法を紹介しました。
手順や注意点は下記の通りです。

■eo光の解約手順

  • eo光に電話で解約を申し込む
  • eo光から送付される「解約受付書」を受け取る
  • eo光と電話で撤去工事日の日程調整を行う
  • 撤去工事を受ける
  • 解約証明証を発行する

■eo光の解約時の注意点

  • eo光の解約は電話窓口だけ
  • eo光は解約時に必ず撤去工事が必要
  • 引込線の撤去工事も含む場合は解約費用が高くなる
  • eo光の契約は自動更新型ではなく最低利用期間型
  • 長割は自動更新にしている人は、次の割引期間が始まる前に解約する

以上です。
eo光は以前までは即割の解約清算金が最大28,704円と高額でしたが、2018年4月2日以降に契約した方は最大12,000円に減額されています。
また契約の仕組みも多くの回線会社が採用している自動更新型ではなく最低利用期間型なので、解約のハードルが低いメリットもあります。

ぜひ記事を参考にして、お金を節約しながらeo光の解約を行ってください

編集者情報

Proval編集部
「インターネットで困るすべての人にとっての最良の意思決定ができる」をコンセプトにわかりやすく公平な情報を追求していきます。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。