インターネット回線用語

モジュラージャックとは

インターネット回線用語であるモジュラージャックについて解説しています。

モジュラージャックとは

モジュラージャックとは、電話線やLANケーブルの信号線をまとめて接続する際に用いられる四角い差込口(コネクター)のことです。
モジュラージャックにはいくつかの規格があり、よく使われるのは「RJ-11」、「RJ-45」の2種類です。
電話回線用のモジュラージャックの規格は「RJ-11」であり、LANケーブルには「RJ-45」という規格が用いられます。

本来モジュラージャックとは、機器本体や変換コネクタにあるメス型の差込口のことをいうが、ケーブル側のオス型プラグのことを指したり、両者とも区別せずに呼ぶ場合もあります。

モジュラーケーブルとは

両端がモジュラージャックになっている電話線のことをモジュラーケーブルといいます。
モジュラーケーブルはLANケーブルと混同してしまいがちです。
モジュラーケーブルは、6極2芯(溝が6つに対して芯が2つ)、LANケーブルは8極8芯(溝が8つに対して芯が8つ)です。
また、モジュラーケーブルはLANケーブルより一回り小さいので、大きさで判別できます。

編集者情報

Proval編集部
「インターネットで困るすべての人にとっての最良の意思決定ができる」をコンセプトにわかりやすく公平な情報を追求していきます。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。