• インターネットのプロバイダの選び方3つのポイント!光回線別おすすめプロバイダを紹介
プロバイダ

インターネットのプロバイダの選び方3つのポイント!光回線別おすすめプロバイダを紹介

おすすめのプロバイダがわからず悩む女性のイメージ

インターネットを利用するために必要なのは、回線だけではありません。
ネットを経由して情報をやり取りするためのプロバイダの契約が必要です。

プロバイダという言葉を聞いたことがあっても、正確な意味や役割を把握している方は少ないのではないでしょうか?

ここでは、プロバイダのおすすめの選び方、大手プロバイダの月額費用比較についてご紹介します。
これから新たに固定回線の契約を検討している方、通信速度や料金に疑問を感じ、現在のインターネット契約の変更を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

そもそもプロバイダは回線会社とは役割が異なる

インターネットは、フレッツ光などの回線会社と契約するだけでは、利用ができません。
プロバイダも契約して初めてインターネットを利用できるようになります。

インターネット接続において、回線会社とプロバイダでは担っている役割が異なるからです。

光回線会社とプロバイダはそれぞれ下記の役割を担っています。

光回線会社
インターネットに接続するための光回線設備を敷設、運営、管理する会社
代表社的な会社:フレッツ光(NTT)、ドコモ光(NTTドコモ)、auひかり(KDDI)など
プロバイダ
インターネットに接続するために必要なIPアドレスの発行、認証作業を行う会社
代表社的な会社:OCN、So-net、GMOとくとくBBなど

プロバイダはインターネットに接続するために必要な「IPアドレス」の発行業務を主に行っています。
IPアドレスとは「インターネットの住所」のようなものです。
インターネットに接続しようとするたびに、プロバイダはIPアドレスを発行して認証作業を行い、誰がどんなアクセスをしようとしているか把握します。
こうすることで、安全なインターネット接続を実現しているのです。

一見するとわかりにくいかもしれませんが、高速道路をイメージするとわかりやすいです。
光回線会社は、高速道路の道路そのものを運営、管理する会社です。
一方、プロバイダは高速道路に出入りするための料金所を管理している会社です。
光回線会社は、光回線という道路を整備することで、インターネット接続に必要な設備を提供しています。
プロバイダは、インターネットに接続するための料金所を設置して、世界のインターネット網に入れるようにしてくれています。
どちらも大事な役割を担っていて、両方の契約が必要になります。

ただ近年では、回線会社の業務とプロバイダ業務を同時に行っている会社もあります。
OCN光やSo-net光など、光コラボと呼ばれるインターネット回線は、プロバイダ会社が運営していることが多く、光コラボに契約するだけで、光回線とプロバイダの両方と契約したことになります。

ただ基本的には回線会社を選んだあとは、プロバイダも自分で選ばなければいけないことが多いです。

自分に合うプロバイダの選び方

インターネットの利用には、回線会社のほかにも、プロバイダとも契約しなければいけないことがわかっていただけたと思います。
ではプロバイダはどのように選ぶと良いのでしょうか。

プロバイダは回線事業者とは別に選ぶことができます。
一方で、プロバイダは回線事業者以上に多く存在しており、迷ってしまうユーザーが多いのも事実です。
契約するプロバイダを選ぶときには、以下の3つを確認してください。

プロバイダが自分の家の回線に対応しているか
回線事業者によって対応しているプロバイダが異なります。 回線のプランやエリアによって適応プロバイダが変わるケースも少なくありません。 つまり、あらかじめ回線が決まっている場合はプロバイダの選択肢も自動的に限定されるということです。 回線が決まっていない場合は、先のプロバイダ選びも見越して検討する必要があります。 各回線事業者のプロバイダ対応状況については、あらかじめ確認しておくようにしましょう。
プロバイダ費用はいくらか
各プロバイダはそれぞれ費用が異なります。 インターネットを利用する場合、回線の月額使用料とは別にプロバイダの費用がランニングコストとしてかかってくるということです。 また、契約タイミングによってはプロバイダが割引キャンペーンを展開している場合もあるので、契約時期に合わせて一番お得なプロバイダ会社を選びましょう。
プロバイダの通信速度
プロバイダによって通信速度や安定性など通信品質が異なります。また、セキュリティサービスやユーザーサポートなどのサービス対応状況もさまざまです。余分なサービスを省き月額費用を抑えているプロバイダも多いため、サービス品質とコストを天秤にかけて選びたいところです。

ここからは、プロバイダ別の料金と速度について、さらに詳しく説明していきます。

大手プロバイダの月額料金の比較

上述したとおり、月額費用はプロバイダ選びの重要な基準です。
以下では、契約件数全体の7割を占めるプロバイダ大手「OCN」「Yahoo!BB」「So-net」「BIGLOBE」「Plala」の戸建て・マンションの月額料金をそれぞれ一覧でご紹介します。
それぞれ長期的に支払うことを考えると料金の違いが数十円でも無視できる差ではありません。
サービス内容が違うため単純比較はできませんが、プロバイダ選びの参考情報としてお役立てください。
※インターネット利用のためには、以下で紹介するプロバイダ料金とは別に回線料金が発生します。また、契約初月に発生する契約事務手数料、オプションやキャンペーンによる費用変動は時期によっても変わるためその点にも留意してください。

プロバイダ名 戸建て マンション
OCN 1,100円 810円
Yahoo!BB 1,200円 950円
So-net 1,000円 900円
BIGLOBE 1,000円 800円
Plala 1,000円 800円

※上記は2019年5月8日時点の情報です。

通信速度に不満があるなら回線を変えることもあり

インターネット回線の通信速度は、インターネット回線会社・プロバイダ会社それぞれの速度によって決まります。
日常的にインターネットを利用する方にとって、通信速度が遅いインターネットは大きなストレスの原因ですよね。

しかし、通信速度の問題をすぐにプロバイダとひもづけるのは考えものです。
通信速度が遅い場合には、下記の二点のような原因も考えられるからです。

  • インターネット回線会社の速度が遅い
  • 一時的に回線が混み合っており、速度が遅い

マンション・アパートなどの集合住宅にお住まいの方は、近所の人に契約中のプロバイダ会社や、その会社の通信速度の使用感などを聞いてみると良いでしょう。

インターネット回線はISDN、ADSLと進化してきましたが、現在は安定して高速通信が利用できる光回線が主流です。
各通信事業者は低速のADSL回線提供を縮小してきている傾向があります。

価格は差がほとんどない場合や、光回線のほうが安いケースもあるため、今から乗り換えを検討するのであれば光回線が選択肢の中心になるでしょう。
光回線も長らく使用されており、各社で多様なサービスが生まれています。 代表的な「光コラボレーション」「スマホとセット割」というサービスについてご紹介しましょう。

おすすめ1:光コラボレーション(光コラボ)

光コラボレーション」とは、事業者がNTTの回線「フレッツ光」を借り上げ、独自のサービスを付与した状態で提供されているサービスです。
回線をユーザーに直接提供していたこれまで一般的だった提供形態とは異なります。

光コラボレーションで使用される回線は、フレッツ光とまったく同じです。
そのため、回線自体の性能もフレッツ光と変わりません。

光コラボレーションのサービスとしては、docomoが提供する「ドコモ光」、Softbankが提供する「ソフトバンク光」が代表的です。
プロバイダ事業者が提供する「OCN光」や「BIGLOBE光」もあります。

大きな特徴は回線の契約とプロバイダの契約が一体になっている点です。
そのため、両者の料金は一括で請求されます。
回線とプロバイダを別に契約する必要があった従来に提供形式の煩雑さが解消されているのは、大きなメリットと言えるでしょう。

いくつかの光コラボレーションサービスでは、あらかじめ用意されたプロバイダから選択可能です。
対応しているプロバイダは、光コラボレーションの提供事業者によって違います。
また、プロバイダ料金を含めたインターネットの総料金も一様ではありません。
希望しているプロバイダや予算的な都合がある場合は、事業者が対応しているプロバイダと料金について調べておくようにしましょう。

おすすめ2:スマホとセット割

docomo、Softbankなどの携帯大手通信キャリアは、光コラボレーションのサービスを提供しています。
また、auは「ダークファイバー」を使用した独自の回線サービス「auひかり」を提供しています。
基本的には、所持しているスマートフォンのキャリアと固定回線の提供事業者を合わせるのがおすすめです。
スマートフォンと固定回線の契約を1社にすることで、お得なセット割が適応されます。

多くのセット割は、同社のスマートフォンの月額利用料金から値引きという形で適応されます。
適応条件は各キャリアによって異なります。
プラン変更をすると適応外になることは、契約年数によって割引額が変わることもあるため注意が必要です。

また、近年は格安でスマートフォンを提供しているMVNO業者が、光回線との契約で割引を提供していることもあります。
MVNO業者では「店舗での対応が受けられない」「通信品質が懸念される」という意見を述べているユーザーもいますが、気にならない方はこちらもおすすめです。

また、申し込む代理店やプロバイダ限定で割引が受けられる例もあります。
契約料金の割引、キャッシュバック、工事費用無料などユーザーの還元方法はさまざまです。
最終的にどの程度お得になるのかを判断するのは大変ですが、少しでもインターネットを安く利用したい場合は各社の割引を慎重に検討してみましょう。

光回線ごとのおすすめプロバイダ

ここまでプロバイダの選び方について解説しました。
しかし回線会社ごとに対応プロバイダが異なり、どこのプロバイダを選べば良いか迷ってしまいますよね。

そこで次項以降で回線会社ごとのおすすめプロバイダを紹介していきます。
プロバイダ選びの参考にしてください。

フレッツ光のおすすめプロバイダはBIGLOBE

フレッツ光は基本的に対応エリア内であれば、どんなプロバイダでも選ぶことができます。
ただ選択肢が多いということは、自分で選ぶ手間も増えることになってしまいます。
どのプロバイダを選べば良いか非常に悩んでしまいますよね。

結論から言うと、フレッツ光のプロバイダはBIGLOBEがおすすめです。
キャンペーンの適用などで、月額利用料金を安くできるほか、利用者数も多く満足度の高いプロバイダです。

BIGLOBEの月額料料金は下記の通りとなっています。

契約タイプ 契約36ヶ月まで 37ヶ月以降
東日本 戸建て 500円 1,200円
マンション4契約以上 500円 900円
西日本 戸建て 500円 1,000円
マンション 500円 800円

BIGLOBEの通常料金はそれほど安い部類ではありませんが、戸建て、マンションともに36か月間は月額500円で利用できるキャンペーンを行っています。
他社のプロバイダと比較して、キャンペーンの割引期間が長く、お勧めのプロバイダとなっています。

フレッツ光でプロバイダを選ぶ際は、お得なBIGLOBEを選ぶことをお勧めします。

ドコモ光の場合はDTIがおすすめ

ドコモ光は、基本的に提携プロバイダ25社から選ぶことができます。
ドコモ光のプロバイダは、25社の中でもDTIがおススメです。
ドコモ光 プロバイダーサービス|DTI with ドコモ光

DTIは他社のプロバイダと比較して、キャッシュバックが大きいほか、高機能ルーターの無料レンタルなど特典が充実しているからです。
DTIで受けられる特典は下記のものがあります。

  • 15,000円キャッシュバック
  • IPv6対応Wi-Fiルーター無料レンタル
  • 500円/月相当のセキュリティソフトが12か月間無料
  • DTI会員優待施設の割引利用

ドコモ光提携プロバイダの中には、上記特典が全く受けられないプロバイダもあります。

ドコモ光をDTIで契約するだけで上記の特典を受けられるので、非常にお得です。
ドコモ光の契約をお考えの方は、DTIで契約することをおすすめします。

DTIのメリットなどについては、下記ページで解説しているので参考にしてください。

ドコモ光×DTIの評判は?

auひかりはSo-netがおすすめ

auひかりの対応プロバイダは全部で7社あります。
auひかり提携プロバイダの中では、So-netが最もお勧めです。
auひかり | プロバイダ・インターネット回線接続 | So-net (ソネット)

新規契約時のキャッシュバックがSo-netが最も大きく、セキュリティソフトも2年間無料で利用できる特典が付くからです。

auひかりをSo-netで契約した際の特典が下記の通りとなります。

戸建て
ギガ得プラン(2年)36か月目まで毎月1,325円割引 ずっとギガ得プラン(3年):1年目毎月2045円割引、2年目1945円割引、3年目1845円割引
マンション
各タイプ:24か月目まで毎月2,770円割引 マンションミニギガタイプ:24か月目まで毎月1250円割引

auひかりのプロバイダをSo-netにした場合、タイプによっては7万円近いキャッシュバックがあります。
これに加えてセキュリティソフトも2年間無料で利用できるので、非常にお得になります。
他6社のプロバイダはこれほど特典を用意していないので、auひかりのプロバイダはSo-netがおススメです。

auひかりのおすすめプロバイダについては下記ページで解説しているので参考にしてください。

auひかりのプロバイダ7社を全比較!

ソフトバンク光はYahoo!BBしか選べない

ソフトバンク光を契約しようと考えている人は、プロバイダはYahoo!BBしか選択できません。
ソフトバンク光の提携プロバイダはYahoo!BBしかないからです。

ただ申し込み方法によって、お得にソフトバンク光を契約する方法があります。
Yahoo!BBの公式ホームページから申し込みを行うと20,000円分のキャッシュバックを受け取ることができます。
光回線/SoftBank 光(ソフトバンク光)|Yahoo! BB

ドコモ光やauひかりなどと比べ、プロバイダ間の競争がないのでキャッシュバック少なめですが、20,000円のキャッシュバックは魅力です。
ソフトバンク光の契約を考えている方は、Yahoo!BBの公式ホームページから申し込むようにしましょう。

NURO光はSo-netしか選べない

最大10Gbpsの世界最速を謳うNURO光ですが、プロバイダはSo-netしか選ぶことができません。

NURO光もSo-netも、どちらもソニーネットワークコミュニケーションズが運営するインターネット回線だからです。
NURO光を契約すると、プロバイダは必ずSo-netになります。
NURO 光 世界最速 光回線インターネット
ただ後述しますが、NURO光はソフトバンクのスマホなどの携帯電話セット割引にも対応しています。

NURO光は対応エリアが狭いのが難点ですが、対応エリア内でソフトバンクのユーザーはNURO光を選びましょう。

光コラボは携帯電話会社の割引が利用できるところがおすすめ

光コラボは、プロバイダなどがフレッツ光の回線を借りて回線を提供するサービスです。
上述した通り、光コラボは主にプロバイダが運営する回線なので、プロバイダの選択があまりできません。

ただどの光コラボにするか、決める時点では選択の幅があります。
光コラボを選ぶ際は、自身の携帯電話キャリアの割引が利用できる光コラボを選ぶことをお勧めします。
実は光コラボでも、携帯電話のキャリアセット割引を利用できるところがあり、毎月の携帯電話料金を安くすることができるからです。

ドコモ、au、ソフトバンクの各携帯電話割引が利用できる光コラボは以下の通りです。

携帯電話キャリア セット割引を利用できる回線
ドコモ ドコモ光
au auひかり、BIGLOBE光、So-net光、コミュファ光、メガエッグ光、ピカラ光、BBIQ光
ソフトバンク ソフトバンク光、NURO光

携帯電話とのセット割で数百円~数千円の割引を利用できます。
ドコモの場合はドコモ光しか割引がありませんが、auやソフトバンクでもスマホとのセット割があるので、光コラボも候補に含めると良いでしょう。

プロバイダ選びが面倒な人は回線とプロバイダがセットの光コラボがおすすめ

プロバイダ選びが面倒な人は、上述した光コラボがおすすめです。
光回線とプロバイダがセットになっており、プロバイダ選びの手間が省けるためです。

プロバイダと回線が一体となった光コラボは主に下記のものがあります。
OCN光
So-net光
BIGLOBE光
ぷらら光

上記の光コラボは契約すれば、回線会社とプロバイダを一度に契約できるほか、請求も一元管理できます。
プロバイダ選びを手間に感じる方は光コラボを選びましょう。

まとめ

プロバイダと回線事業者の違いから、各事業者のサービス概要までご紹介しました。
回線事業者とプロバイダのサービスが異なるといっても、回線を決めれば自然と対応しているプロバイダは限定されます。
お得なプロバイダをその中から選択する考え方がシンプルです。

また、近年は光コラボレーションサービスの登場によりプロバイダを選択するストレスもなくなってきています。
スマートフォンをお持ちの方は、キャリアのセット割を契約するのが最も自然でお得です。
回線やプロバイダによって使用感は違いますが、一般的なインターネットの使い方であればそれほどストレスを感じることはないでしょう。
もちろん、料金や通信サービスの品質は事業者によって異なりますので、事前に下調べをして自分の環境に合ったプロバイダ選びをしてみてください。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。

ご相談・お問い合わせ
通話無料
0120-989-325
閉じる