• プロバイダ比較
  • 騙されるな!ビッグローブ光に転用して得する人は?メリットデメリットを紹介
ビッグローブ光

騙されるな!ビッグローブ光に転用して得する人は?メリットデメリットを紹介

ビッグローブ光への乗り換えをお考えでしょうか。
光回線の乗り換えは、速度の改善や金額が安くなったり、キャンペーンが適用だったり魅力的ですよね。
しかし、乗り換えをすることで全ての人がお得になるわけではありません。
光回線の選び方を間違えると、回線速度が遅くなったり、逆に高くなったりしてしまうこともあります。
そこで、ビッグローブ光への乗り換えのメリットから得する人、損する人についてご紹介していきます。

ビッグローブ光への転用とは

そもそもビッグローブ光への転用とは何かについて紹介していきます。
光回線の乗り換えには、「新規」「転用」もしくは「事業者転用」という3つの種類があります。

それぞれの違いは下記の通りです。

新規 NURO光やauひかりのようなNTT回線以外の光回線からの乗り換え
転用 NTTフレッツからの乗り換え
事業者変更 光コラボレーションと呼ばれるNTT回線を利用した光回線からの乗り換え

転用とは、フレッツ光から、他の光コラボレーションへ乗り換えることを指します。
つまり、現在NTTのフレッツ光を利用していない方は、転用ではなく、事業者変更または新規になります。

フレッツ光とビッグローブ光の違い

フレッツ光とビッグローブ光の違いについてご紹介していきます。
フレッツ光とビッグローブ光は、同じNTTの光回線を使用しているため、回線速度は同じです。
2つの違いは、契約する事業者がNTTなのか、ビッグローブなのかという違いです。
そのため、サポートサービスなどで若干の差があるものの、根本的な光回線の質については同じものです。

また、フレッツ光は、NTTの契約に加えてプロバイダの契約が別途必要ですが、ビッグローブ光の場合は、ビッグローブ光を契約すればプロバイダ込みの契約ができるため、契約の煩わしさはありません。

それでは何故、ビッグローブ光の乗り換えがお得なのかについて以下で説明していきます。

ビッグローブ光への転用のメリット

ビッグローブ光へ転用するメリットはこちらです。

  • 月額料金が安い
  • 転用によるキャンペーン実施中
  • auスマートバリューが適用できる(工事費かからない)
  • 引越し時の費用なし
  • 乗り換え工事費が不要(光コラボ共通)
  • IPv6対応(対応業者共通)
  • ひかり電話・テレビがそのまま使える(光コラボ共通)

詳細については下記で個別にご紹介していきます。

ビッグローブ光への転用のデメリット

一方、ビッグローブ光へ転用するデメリットはこちらです。

  • 機器の再設定
  • メールアドレスが変わる
  • 違約金がかかるかも

では具体的に見ていきましょう。

ビッグローブ光への転用で月額料金が安くなる?

ビッグローブ光に乗り換えを検討されている方で気になるのは、月額料金が安くなるかではないでしょうか。
ビッグローブ光とフレッツ光の月額料金を比較してみます。
戸建て住宅か集合住宅かによって料金が異なります。

マンションの場合

ビッグローブ光 フレッツ光
3,980円 ▼16契約以上見込める場合
3,050円+プロバイダ料(500円~)

▼8契約以上見込める場合
3,450円+プロバイダ料(500円~)

▼4契約以上見込める場合
4,050円+プロバイダ料(500円~)

戸建ての場合

ビッグローブ光 フレッツ光
4,980円 4,500円

キャンペーンによる料金割引・キャッシュバック

フレッツ光のマンションタイプは、集合住宅の大きさで料金が変わります。
16戸以上あるような大きなマンションでは、月額3,050円ですが4~7戸程度のマンションだと、4,050円となります。
また、フレッツ光の場合は、回線料金に別途プロバイダ料が発生します。
これが500円からになるので、実質的な料金は、16戸以上で3,550円、最も高くて4,550円となります。
8契約以上のマンションでは3,950円となり、8戸以上のマンションに住んでいる場合はビッグローブ光よりも月額料金が安くできそうです。

全国エリア対応で、auスマートバリューができる

auスマートバリューとは、auのスマホと光回線をセットで契約することで、月額料金から500円~1,000円程度の割引が適用されるというものです。
通常のauひかりの場合は、提供エリアが狭いため、auひかりを使えないユーザーも多いのですが、ビッグローブ光はNTTの光回線網を使用していることから、一部を除く全国で使用ができます。
従って、auスマートフォンを使用している方で、auひかりを契約できない場合は、このビッグローブ光はかなりおすすめです。

一方、ドコモやソフトバンクのスマホを利用している方にとっては、スマホ割引が適用されない分、固定回線とスマホ料金の総額では損しやすいです。
そのため、auユーサーの方か、家族でauに変更するという方以外にはあまりオススメできません。

引越し時の工事費用が無料

ビッグローブ光の大きな特徴として、引越し時に工事費がかからないというものがあります。
通常、引っ越しをすると新居での光回線工事が必要になるため、工事費が発生するのが一般的です。
しかしながら、ビッグローブ光は3年の定期契約をすることによって、引越し時の工事費が無料になるという特典があります。
土日に工事が発生する場合は、別途3,000円はかかりますが、通常は数万円する工事費が無料になるのは嬉しい特徴です。
月額料金が安いこともあり、非常に長期的な契約するのに有利な光回線と言えるでしょう。

参考:ビッグローブ光の引っ越し手続き。引っ越し費用が0円になる条件とは?

転用する際の工事が不要

ビッグローブ光に限らずですが、NTTフレッツから、光コラボへは工事費なしで乗り換えができます。
工事費もかからないため、気軽に乗り換えをすることができます。
ただし、回線速度が変わる場合(フレッツライトから変更する場合など)や、テレビや電話などのオプションを追加する場合、引越しを伴う場合などは別途工事と費用が発生するので、ご留意ください。

IPv6で速度が改善する?

ビッグローブ光は、IPv6(IPoE接続)に対応した光回線です。
IPv6についての詳細は省略しますが、これに対応していることで安定的に高速通信が可能になります。
現在フレッツで使用しているプロバイダがv6プラスというサービスに対応していれば、それよりも早くなるというわけではないですが、遅くなるということもまずありません。
また、現在v6プラスを利用していないという方にとっては、夜間や休日に速度が急激に低下してしまうということがなくなり、非常に安定的な高速通信を利用することができます。
ただし、対応したルーターを別途用意する必要があります。
詳細については下記をご覧ください。

参考:ビッグローブ光の速度は遅いのか?その原因と対策。IPv6で改善するのか?

ひかり電話、ひかりテレビをそのまま使用できる

フレッツ光からビッグローブ光のような光コラボへの転用は、同じ回線を流用するため、現在お使いのひかり電話やひかりテレビをそのまま使い続けることができます。
ビッグローブ光独自のメリットではありませんが、煩わしい手続きや新しく機器の購入が必要になることもないのは良い点です。

以上がビッグローブ光に転用するメリットです。
以下にはビッグローブ光に転用した場合のデメリットを紹介していきます。

機器の再設定が必要

フレッツ光からビッグローブ光に乗り換える場合、ルーターのプロバイダ設定の変更が必要になります。
ビッグローブから届く情報をルーターに設定する必要があるのですが、慣れない方には難しいかもしれません。
ただ、ビッグローブ光の電話サポートを使用することができるので、苦手の方も比較的安心できるのではないでしょうか。

転用するとメールアドレスが変わる

ビッグローブ光に乗り換えることで、現在お使いのプロバイダのメールアドレスが使用できなくなる可能性が高いです。
Gmailやyahooメールのようなアドレスを使用している場合には問題ありませんが、プロバイダ独自のメールアドレスを使用している場合は、使用できなくなると考えたほうが無難です。
プロバイダによっては、月額数百円でメールアドレスのみ残すようなプランもありますが、せっかく乗り換えて料金が安くなっても、ここにお金がかかっては本末転倒です。
どうしても現在使っているプロバイダのメールアドレスをそのまま使用したいという方には、転用は向いていません。

現在のプロバイダへの違約金がかかるかも

フレッツ光からの転用の場合は、NTTに対しては解約金が発生しません。
しかしながら、プロバイダによってはプロバイダの違約金が発生してしまう可能性があります。
契約内容や契約期間を確認し、違約金が発生するタイミングでの転用は避けたほうが良いかもしれません。

まとめ

これまで見てきたように、ビッグローブ光への転用のメリットは大きいです。
auユーザーの方やこれらかauに変えるという人であれば、是非利用を検討する価値があります。

その他ビッグローブ光の評判・口コミについてはこちら

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。