ビッグローブ光

ビッグローブ光が繋がらない場合の原因と対処法。WI-FIの見直しが必要?

ビッグローブ光の繋がらないのイメージ

「インターネットが繋がらない!?」とお困りでしょうか。
インターネットを使用していると、何故か突然ネットに繋がらなくなることがあります。
その原因は、回線によるもの、プロバイダによるもの、機器によるものなど様々なことが考えられます。

そこで、ビッグローブ光を利用中の方が、突然インターネットに繋がらくなった場合の原因と対処法について詳しく解説していきます。

この記事をお読みいただくと以下のことがわかります。

  • インターネットが突然繋がらなくなる原因
  • インターネットが繋がらなくなった場合の対処法

原因を1つずつ取り除いて、再び光回線を快適に使用できるようにしましょう。

ビッグローブ光が繋がらない原因と対策

ビッグローブ光が繋がらない場合の原意として考えられるのは以下の3つです。

  • 通信障害、臨時メンテンナンス
  • 無線LANルーター・ONU(光回線終端装置)の問題
  • 接続機器の問題

これらを上から順に試していくのがオススメです。
それでは個別に解説していきます。

通信障害、臨時メンテンナンス

まず、最初にご確認頂きたいのがビッグローブ光やNTT回線で通信障害や臨時メンテナンスが発生しているかどうかです。

ビッグローブやNTT側で通信障害や臨時メンテナンスが発生している場合には、こちら側で対処することができないからです。
以下のサイトから最新情報が確認できます。

運用/障害情報 | ビッグローブ光公式サイト
BIGLOBE公式twitter

こうした通信障害や臨時メンテナンスの場合は、残念ながら対応完了まで待つしかありません。
また、こうした障害やメンテンナンスは、ビッグローブが悪いというわけでもなく、NTTの光回線の問題であることもあります。
もし、ビッグローブ光を使用中で回線速度が遅いなどでビッグローブに不満をお持ちであれば、ビッグローブ光のiPv6オプションで改善する可能性が高いので、以下の記事もご覧ください。

ビッグローブ光の速度は遅いのか?その原因と対策。IPv6で改善するのか?

無線LANルーター・ONU(光回線終端装置)の問題

通信障害の確認が終わり、特に障害や臨時メンテナンスが発生していない場合は、ルーターの接続状況を確認してみましょう。
停電の後や、多数のパソコンやスマホを一度に無線LANルーターに接続することで、ルーターやONUが不調に陥ることがあります。

機器の再起動

機器の再起動をする際、電源を抜く順番と、電源を入れる順番に注意して下さい。

機器の電源をいれるイメージ 画像引用:ビッグローブ光公式サイトより

電源を抜く手順

  • パソコンやスマートフォンの電源を抜く
  • Wi-Fiルーターの電源を抜く
  • ONU(光回線終端装置)の電源を抜く

この順番で抜いた後、5分程度放置します。
すぐに電源を入れ直すと元の状態のままになってしまうことがあるため、電源を抜いた後に少し放置することが必要です。

その後電源を順次入れていきます。
電源を入れる順番は先程とは逆です。

電源を入れる手順

  • ONU(光回線終端装置)の電源を抜く
  • Wi-Fiルーターの電源を抜く
  • パソコンやスマートフォンの電源を抜く

有線LANケーブルで試してみる

上記の再起動をしても状況が解決しない場合、パソコンをお持ちの方であれば無線LANではなく、有線LANケーブルとパソコンを直接つないで試してみてください。

これでインターネットにつながる場合は、以下が原因として考えられます。

  • 無線LANルーター親機の問題
  • 受信機であるパソコン側の無線LAN子機の問題

スマホは無線LANに繋がるのにパソコンは繋がらないという場合は、パソコンまたはパソコンの無線LAN子機が原因です。

有線LANの場合にはインターネットに繋がるのに、無線LANだとスマホもパソコンも繋がらない場合は、無線LAN親機に原因がありそうです。
その場合は以下の点をご確認下さい。

接続する機器の数を減らす

無線LANルーターには、接続できる機器数が定められています。
例えば、ビッグローブ光のオプションである無線LANルーターである(NEC Aterm WG1200HP3)の場合は、15台程度までの接続であれば快適に利用できるとされています。

家族全員のスマホやパソコン、ゲーム機などで、この台数を超えると接続に支障をきたす場合があるため、もし多数の機器を1つの無線LANルーターと接続しているような場合は、各機器の接続を切った後、1つだけ接続してインターネットに繋がるかを試して見て下さい。
これで接続できる場合は、ルーターの上限台数を超えてしまっているので、スペックの高いルーターに変えるなどの対処が必要になります。

この接続台数はお持ちの無線LANルーターによって異なりますので、確認してみてください。

ONUの稼働状況の確認

上記で解決しない場合は、ONUのランプの確認をしてみましょう。

ONUにはいくつか種類がありますが、「ランプが緑以外の色(赤やオレンジ)で点いている場合」、「ランプがついていない場合」には注意が必要です。

今まで使えていたものが突然使えなくなった場合で以下に該当する場合、ONUの故障か、回線の障害、LANケーブルの接続が悪いといったことが考えられます。

回線障害は前述の運用/障害情報から確認できますので、機器故障の可能性もありますのでよくご確認ください。

表示 ランプの状態 状態
電源 ランプがついていない 機器故障の可能性あり
アラーム 赤色に点灯 機器故障の可能性あり
PPP ランプがついていない IPv6の場合は正常です。IPv4の場合は、接続設定ができていません。
ACT ランプがついていない LANケーブルの接続状態を

また、ONUに上記の表示がない場合は、以下のGE-ONUの場合をご確認下さい。
こちらは緑色以外にランプが点灯している、ランプが消灯しているという場合は、機器故障や回線トラブルが考えられます。

GE-ONUの場合
表示 ランプの状態 状態
認証 緑色に点灯 正常
UNI 緑色に点灯・点滅 正常
光回線 緑色に点灯 正常
電源 緑色に点灯 正常

もし上記のような接続機器の異常が原因の場合は、ビッグローブのカスタマーサポートに連絡をしましょう。

連絡先はBIGLOBEカスタマーサポートのテクニカルサポートデスクです。
以下の電話番号から連絡して下さい。

電話番号 0120-68-0962
携帯/PHS/IP電話の場合
03-6328-0962(通話料有料)
受付時間 9:00~18:00(365日受付)

料金の支払状況の確認

料金の未払いが原因で接続ができなくなってしまっていることがあります。
気づかないうちに支払いが漏れていた、クレジットカードの更新手続きを忘れていたということもあります。
これが原因で接続を止められてしまうということもあります。
料金の支払い状況確認については以下の方法で確認できるので、一度確認しても良いかもしれません。

未払い料金の確認方法 | BIGLOBE光公式サイト

こうしたONUやルーターが正常の場合は、接続しているパソコンやスマートフォンを確認してみましょう。

接続機器の問題

接続している機器であるスマホやパソコンが原因で上手く接続できないこともあります。
パソコンの場合は、動作が重いような場合は要注意です。
メモリが不足している場合は、インターネットの速度が遅くなったり、接続が上手くできないということがあります。
メモリを圧迫している原因であるソフトなどをアンインストールなどして、接続を試して見て下さい。
最近インストールしたソフトが悪さをしてしまっているということもあり得ます。

接続できないのではなく、単に回線速度が遅いだけではないか?

インターネットに接続できないと思っていたら、単に非常に回線速度が遅いだけという可能性もあります。
休日や夜間に回線速度が遅くなる場合は、回線混雑が原因の可能性が高いです。
ですが、これは解決することができます。

回線が混雑してしまうのは、現在のインターネット接続方式による問題です。
そのため、ビッグローブ光のIPv6オプションという無料のサービスと、これに対応したルーターを用意することでこの問題を解決することができます。

現在、IPv6オプションを利用しているかどうかは下記のページで確認ができます。

IPv6オプション | ビッグローブ光公式サイト

上記のページに接続して表示される以下の文言がIPv4となっていれば、あなたはIPv6オプションが利用できていないことになります。

IPとは 画像引用:ビッグローブ光公式サイト

このビッグローブ光のIPv6オプションは、回線混雑に強いIPoEという次世代の接続方式を採用したサービスです。

これまで主流だったPPPoE接続はは回線混雑に弱く、インターネットが混み合う時間には速度が低下してしまうという問題がありました。

回線が混雑するPPPOE接続

現在主流なインターネット接続方式は、PPPoE接続IPoE接続の2つの方式があります。

PPPoE方式は、まだインターネット接続に電話回線を使ったダイヤルアップ接続が主流だった時代からADSL・光回線への切り替わりの際に登場した接続方式です。

電話回線時代のPPP(Point-to-Point Protocol)という接続方式をADSL・光回線に応用したものがPPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)です。

PPPoE接続は、最大速度が200Mbpsとなっており、そもそも一般的な光回線の最大速度である1Gbps(1,000Mbps)の20%程度までしか速度がでません。

もちろんこれはあくまで最大値なので200Mbpsも出れば十分と言えるのですが、実際には1Mbps以下の速度になってしまうことも珍しくもありません。

その理由が、回線が混雑しやすいというPPPoEの仕組みにあります。

PPPoE接続は、帯域幅が狭く、インターネットに接続する際にユーザー認証が都度必要になります。
これは道路に例えると、1車線しかない道路に現金払いの料金所があるような状況です。

IPとは

PPPoE接続は、都度ユーザー認証をしなければならないため回線に渋滞が発生してしまいます。
そのため、多くのインターネット利用者が重なるタイミングでは回線混雑による速度の遅延が発生してしまうのです。

これがインターネットの回線速度が遅くなる大きな原因です。

このPPPoE接続方式を使っている以上、混雑による回線速度の低下を回避することは困難です。

引用:IPv6とは?v6プラスとの違いと、実は速度が速くならない本当の理由

一方で、ビッグローブ光のIPv6オプションが提供するIPoE接続は以下のような仕組みになっています。

次世代のIPOE接続

PPPoE接続は、回線が混雑しやすい方式でした。
この混雑を回避するためにはIPoE接続に変更する必要があります。

IPoE(IP over Ethernet)接続は、PPPoEとは異なる帯域幅の広い通信網や設備を経由してインターネットに接続することができる方式です。

PPPoE方式と比べどう違うのがについてご紹介していきます。

IPoE PPPoE
帯域幅 広い 狭い
最大速度 100Gbps 200Mbps
認証方式 回線認証
ID/PASSなし
ユーザー認証
ID/PASSあり

PPPoE方式では、最大200Mbpsしか速度が出ないのに対し、IPoE方式では最大100Gbps(200,000Mbps)と実に1,000倍の最大速度まで対応できます。
NTTの光回線を使用しているフレッツ光や光コラボでは、最大値が1Gbpsなので、現状そこまでの速度は使いこなせませんが、最大値が高いにこしたことはありません。

また、IPoEはPPPoEと比べ、帯域幅が広く、認証方式も回線認証という方式で、いちいちユーザー認証がいりません。
これを道路に例えるならば、2車線の道路にETCタイプの料金所が2つあるイメージです。
道幅が広い上に、料金所はあるもののETCタイプなので、止まることもなく進むことができます。
つまり、回線混雑がしにくい仕組みのため、PPPoE方式のような回線混雑による速度の低下は非常に起こりにくいということです。

IPとは

このようにIPoE接続方式にすることで、回線混雑による速度低下を回避することができます。

引用:IPv6とは?v6プラスとの違いと、実は速度が速くならない本当の理由

それでも解決しない場合は、カスタマーサポートに連絡

以上を全て試しても解決されない場合は、BIGLOBEのテクニカルサポートに連絡してみましょう。

電話番号 0120-68-0962
携帯/PHS/IP電話の場合
03-6328-0962(通話料有料)
受付時間 9:00~18:00(365日受付)

関連記事

編集者情報

Proval編集部
「インターネットで困るすべての人にとっての最良の意思決定ができる」をコンセプトにわかりやすく公平な情報を追求していきます。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。