• プロバイダ比較
  • ビッグローブ光電話の特徴、料金を解説!工事や申し込みの流れを紹介
ビッグローブ光

ビッグローブ光電話の特徴、料金を解説!工事や申し込みの流れを紹介

ビッグローブ光電話を検討されていますね。
ビッグローブ光の特徴、料金を紹介していきます。
光電話は、一般加入電話と違う点もあるので、申し込み前に注意点などを確認しておきましょう。

ビッグローブ光電話とは

ビッグローブ光電話とは、光回線を利用したIP電話サービスです。
通常の電話が電話線を使用するのに対し、光電話は光回線の光ファイバーケーブルを使用します。

光電話の大きな特徴は、一般的な固定電話と比較し、月額基本料・通話料が安いということです。

固定電話と比べて何が違うのか。
その特徴を見ていきます。

ビッグローブ光電話の特徴

光電話サービスは、フレッツ光をはじめとして、様々な会社が提供しています。
その基本的な特徴がこちらです。

  • 月額料金、通話料が安い
  • 電話機・電話番号がそのまま使用できる※

※一部例外を除く

これらは各社の光電話に共通する内容です。
一方、ビッグローブ光の特徴としては下記があります。

  • 対応機器が実質無料でレンタル可能

光電話を使用するためには、電話機とは別に機器が必要になることがほとんどです。
ビッグローブ光の場合は、この機器を実質無料でレンタルすることができます。

ビッグローブ光電話でかけられない番号

ビッグローブ光などのひかり電話では、下記の電話番号など一部かけることができない番号があります。

  • 0990(ダイヤルQ2)
  • 0170(伝言ダイヤル)
  • 114(お話し中調べ)
  • 106(コレクトコール)等

一方、緊急通報(110、118、119)への発信やフリーダイヤルは利用可能です。

ビッグローブ光電話では停電中には利用ができない

一般加入電話は、停電中にも利用ができますが、ひかり電話は、仕組み上、停電中に利用することができません。
ひかり電話は、料金が安いですが、停電などの緊急時に使用することができないという点には注意が必要です。

ビッグローブ光電話の料金

ビッグローブ光電話の料金を見ていきます。

ビッグローブ光電話の月額料金

ビッグローブ光電話と、NTT一般電話の月額基本料金を比較してみました。

ビッグローブ光 500円
NTT一般電話 1,700円

ビッグローブ光電話は月額500円と、一般的な固定電話の3分の1以下の料金とお得になっています。

ビッグローブ光電話の通話料

ビッグローブ光電話と、NTT一般電話の利用料金を比較しています。

市内 / 3分 市外・県外 / 3分 携帯電話
ビッグローブ光電話 8円 8円 48円~
NTT一般電話 8.5円 22円~ 48円~

※距離や相手キャリアによって料金は異なります。

NTT一般電話の場合、県内や県外の他、距離によって通話料金が変わります。
遠ければ遠いほど通話料金が高くなるのが一般電話の特徴です。

一方、光電話の場合は、距離に関係なく一律の料金設定となっています。
携帯電話向けの料金は、NTT一般電話と同等の料金ですが、固定電話宛であれば距離が関係なく一律の料金のため、固定電話にかけることが多い方にはオススメです。

ビッグローブ光電話のオプション料金

ビッグローブ光電話にオプションで付けられる内容と料金は下記となります。

料金月額
発信者番号表示(相手先ナンバー表示) 400円
通話中着信通知(キャッチホン) 300円
自動転送 500円
ナンバー・リクエスト(電話番号非通知の相手に自動音声で対応) 200円
迷惑電話ブロック(迷惑電話をシャットアウト) 200円
着信お知らせメール 100円
FAX受信をメールでお知らせ 100円
複数チャネル(同時に2回線使える) 200円
追加番号(電話番号の使い分けが可能) 100円

お得なA(エース)プラン

ビッグローブ光では、上記のオプションの主要な機能がパックになったA(エース)プランというものがあります。

月額1,700円相当の下記のオプションがパックになっており、さらに480円分(3時間相当)の無料通話が付いてきて、月額1,500円のサービスです。

料金月額 Aプラン
発信者番号表示(相手先ナンバー表示) 400円
通話中着信通知(キャッチホン) 300円
自動転送 500円
ナンバー・リクエスト(電話番号非通知の相手に自動音声で対応) 200円
迷惑電話ブロック(迷惑電話をシャットアウト) 200円
着信お知らせメール 100円
FAX受信をメールでお知らせ 100円
複数チャネル(同時に2回線使える) 200円
追加番号(電話番号の使い分けが可能) 100円

ビッグローブ光で電話番号は変わる?

ビッグローブ光を使用するにあたり、現在使用している電話番号を引き継げるのは下記の2つのケースです。

  • 現在フレッツ光のひかり電話を使用している場合
  • 過去にNTTの一般加入電話で使用していた電話番号の場合

現在、フレッツ光のひかり電話を使用している場合で、引越してエリアが変わらない場合は、電話番号を引き継ぐことができます。

また、現在フレッツ光意外の光回線を利用していて、そのひかり電話を利用している場合でも、過去にNTTの一般加入電話を使用していた電話番号であれば引き継ぐことが可能です。

一方、NTTの一般加入電話に加入したことがない場合で、現在別のひかり電話を使用している場合は、電話番号を引き継ぐことができませんので、新たに電話番号を発行することになります。

ビッグローブ光電話の工事

ビッグローブ光電話の工事についてご紹介していきます。
ビッグローブ光電話の導入の際には、工事が必要になります。

ビッグローブ光電話の工事費

ビッグローブ光電話の工事費です。
ビッグローブ光のインターネット回線と光電話を同時に工事する場合は、下記の料金が割引されます。

費目 種別 料金 備考
基本工事費 交換機等工事のみの場合 1,000円 1工事ごと
訪問工事 4,500円 1工事ごと
基本機能 1,000円 1利用回線ごと
テレビ電話・高音質電話・データ通信 無料
ビッグローブ光電話A(エース)への変更 1,000円 1利用回線ごと
交換機等工事費 追加番号 700円 1番号ごと
複数チャネル 1,000円 1チャネルごと
発信者番号表示 1,000円 1利用回線ごと
ナンバー・リクエスト 1,000円 1利用回線ごと
通話中着信通知 1,000円 1利用回線ごと
自動転送 1,000円 1番号ごと
迷惑電話ブロック 1,000円 1利用回線または1番号ごと
着信お知らせメール 1,000円 1番号ごと
FAXお知らせメール 1,000円 1番号ごと
同番移行 2,000円 1番号ごと
発信番号通知の変更 700円 1装置ごと
機器工事費 設置費 1,500円 1工事ごと
(光電話対応機器) 設定費 1,000円 1工事ごと

ビッグローブ光電話の申し込みの流れ

ビッグローブ光の電話の申込みの流れをご紹介します。

  • ビッグローブ光・ビッグローブ光電話の申し込み
  • 開通工事
  • 接続設定

通常は、ビッグローブ光の申し込みと同時に申し込みをし、その後工事をする流れになります。
現在、既にビッグローブ光を利用中で、光電話だけを追加したい場合は、BIGLOBEカスタマーサポートインフォメーションデスクから手続きができます。

BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク

受付内容 サービス内容や各種変更手続きなど、事務手続きに関するお問い合わせ
電話番号 0120-86-0962(通話料無料)
03-6385-0962(通話料有料)
携帯電話、PHS、IP電話の場合、市外局番からおかけください。
受付時間 9:00~18:00 365日受付

ビッグローブ光の評判をチェックする!

ビッグローブ光の申込み・相談をする

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。

ご相談・お問い合わせ
通話無料
0120-989-325
閉じる