• プロバイダ比較
  • ドコモ光の料金・キャンペーン・評判を徹底調査|100人の口コミでわかるドコモ光
ドコモ光

ドコモ光の料金・キャンペーン・評判を徹底調査

ドコモ光でインターネット回線を利用しているイメージ

ひとことに「インターネット回線」といっても、フレッツ光やドコモ光、auひかりなどいろいろな事業会社があります。
では、「ドコモ光のインターネット回線ってどうなんだろう?」と思っても、調べるのはとても大変ではないでしょうか?

このページでは、およそ100名の方のアンケートをもとに、ドコモ光の料金・キャンペーン・速度・評判を徹底調査していきます。
これからドコモ光の契約を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ドコモ光の6つのメリット

まずは、他のインターネット回線の会社と比べて、ドコモ光を選ぶメリットから紹介してきます。
ドコモ光のメリットは、大きく分けて以下の6つに分けられます。

  • セット割でドコモのスマホが安くなる
  • フレッツ光の転用が簡単
  • 他の回線よりも移転手続きが手軽
  • dカードGOLDで利用料金が10%還元
  • 光電話や光テレビなどのオプションが充実
  • 請求書を一つにまとめられる

それでは、それぞれの内容について詳しく説明していきます。

ドコモ光のセット割でスマホの料金が安くなる

ドコモ光を選ぶ方の最大の理由の一つが、ドコモ光のセット割でスマホ代をお得にすることです。
セット割は、ドコモのスマートフォンとドコモ光をセットで利用することで、スマホの月々の料金を割り引くキャンペーンです。

ドコモ光のセット割でお得になる金額は、お客様が契約しているスマホのパケットパックによって異なります。
割引金額は以下のとおりです。

【家族の場合】

ベーシックシェアパック(~5GB) -800円
ベーシックシェアパック(~10GB) -1,200円
ベーシックシェアパック(~15GB) -1,800円
ベーシックシェアパック(~30GB) 1800円
ウルトラシェアパック30 -2,500円
ウルトラシェアパック50 -2,900円
ウルトラシェアパック100 -3,500円

【一人暮らしの場合】

ベーシックシェアパック(~1GB) -200円
ベーシックシェアパック(~10GB) -600円
ベーシックシェアパック(~15GB) -800円
ベーシックシェアパック(~30GB) -800円
ウルトラデータLパック -1,400円
ウルトラデータLLパック -1,600円

ドコモ光セット割は、ドコモを2年契約にするずっとドコモ割よりも割引額の大きいキャンペーンです。
ドコモのスマホをお使いの方は、ぜひ活用してください。

フレッツ光の転用が簡単

今までフレッツ光を使っていた人がドコモ光に乗り換える場合、転用の手続きがとても簡単になります。
ドコモ光はフレッツ光の回線を共有している光インターネットになるからです。

例えば、フレッツ光からドコモ光へ転用した場合、実は使っているインターネット回線は同じです。
そのため、回線を引き直す必要がないので、自宅の工事などは一切必要ありません。
契約手続きだけで乗り換えができるので、手軽に変更ができるでしょう。

他の回線よりも移転手続きが手軽

移転手続きとは、引っ越しで住所が変わるとき、ドコモ光を違う場所で使うための手続きです。NTTの光回線網は全国にありますので、解約せずそのまま「移転」で完了するのが大きなメリットでしょう。
※手数料要。移転先で工事費用が発生することがあります。

dカードGOLDで利用料金が10%還元

ドコモのユーザーの多くが持っているdカードGOLD。
ドコモ光を契約すると、スマホの利用料金だけでなく、ドコモ光の利用料金もdポイントとして還元されます。
毎月のスマホ料金だけでなく、インターネット料金もポイントに還元できるため、ポイントをより有効に活用できるでしょう。

光電話や光テレビなどのオプションが充実

ドコモ光は、光回線利用料金が安いだけでなく、オプションも多彩です。動画やテレビ番組を楽しめる、光電話で電話料金が安くなる、雑誌読み放題ができる…。
インターネットをフル活用するためのコンテンツが多いのが特徴です。

ドコモ光が提供しているオプションサービスの一部をご紹介します。

  • 映像サービス
  • ドコモ光電話
  • ドコモ光ルーター01
  • トータルネットサポート

一部のインターネット回線では、スカパーとの契約ができない場合があります。
しかし、ドコモ光はスカパーにも対応しているので、オンデマンドTVを契約後も引き続き楽しむことができます。

請求書を一つにまとめられる

家計を管理する方にとって、通信費用の請求書を一本化できることは嬉しいことでしょう。
ネット回線利用料金、プロバイダ料金、スマートフォン料金と、「インターネット利用にまつわる請求書」は意外に多いためです。
ドコモ光で請求書をまとめたからといって、個々の契約内容が分からないわけではありません。
「My docomo」に登録し、契約内容の確認や利用料金の確認ができます。有料ですが、必要であれば紙の請求書を発行してもらうこともできます。

ここまでは、ドコモ光のメリットについて紹介してきました。
それでは、ドコモ光の料金はどうなのでしょうか?
詳しく説明していきます。

ドコモ光の月額料金

ドコモ光の月額料金は以下のとおりです。

マンション 戸建て
タイプ 契約期間あり 契約期間なし 契約期間あり 契約期間なし
タイプA 月額4,000円 5,000円 5,200円 6,700円
タイプB 月額4,200円 5,200円 5,400円 6,900円
単独タイプ 月額3,800円 4,800円 5,000円 6,500円
ドコモ光ミニ 2,700~5,700円 4,200~7,200

この料金は他の会社と比べて大幅に安いというわけではありません。
参考までにドコモ光とフレッツ光・auひかりの月額料金を比較した図は以下のとおりです。

マンション(8戸以上) マンション(16戸以上) 戸建て
ドコモ光 ¥4,000 ¥4,000 ¥5,200
フレッツ光(東日本) ¥3,550 ¥3,550 ¥5,200
フレッツ光(西日本) ¥3,250 ¥2,850 ¥4,300
auひかり ¥3,700~5,000 ¥3,400~5,000 ¥5,200

※フレッツ光(西日本)の料金にはプロバイダ料金は含まれておりません。
※フレッツ光(東日本)は一番月額料金が安いプロバイダを選択した場合の金額です。
※auひかりのマンション料金はマンションのタイプによって異なるのでお客様が選択することはできません。

ここからもわかるとおり、ドコモ光は月額料金だけで比較すると、必ずしも一番安いインターネット回線提供会社というわけではありません。
そのため、ドコモ光をおすすめしたいのは、上記で紹介した6つのメリットに当てはまる方になります。

ドコモ光の料金の口コミ

ここまでは、公式のドコモ光の料金について紹介しました。
プランによって料金が大きく異なるのはおわかりになりましたでしょうか?

ここからは、インターネット回線まるわかりドットコムが独自に集めたアンケートから、実際のユーザーのドコモ光の料金はいくらなのかを紹介していきます。

ドコモ光の月額料金はいくら?のアンケート結果

アンケートの結果、ドコモ光の月額費用は4,000~5,000円を毎月払っている人が最多になりました。
ドコモ光の料金表とほぼ同じ結果といえるでしょう。

ドコモ光の初期費用

インターネット回線で忘れてはならないのが工事にかかる初期費用です。
ドコモ光の初期費用は以下のとおりです。

契約事務手数料 工事費(戸建て) 工事費(マンション)
¥3,000 ¥18,000 ¥15,000