ドコモ光

ドコモ光×DTIの評判は?メリットやデメリット、プロバイダ料金や速さを比較

ドコモ光のプロバイダを比較している様子

ドコモ光は26社の提携プロバイダから自由に選ぶことができますが、反対に言えば自分でどれかを選ばなければいけません。
「プロバイダなんてどれも一緒でしょ」と思っている方は損をしてしまうかもしれません!
なぜなら、プロバイダによって受け取れるキャッシュバックや特典が全く異なってくるからです。

中でもDTIはおすすめのプロバイダです。
So-netやOCNなど知名度のあるプロバイダと比較すると、なかなか聞きなれないプロバイダです。
ただ、知名度がないからと言って選択肢から外してしまうのはもったいないです。
契約特典が大きく、場合によってはSo-netやOCNなどよりもお得に契約で切ることもあります。

この記事ではDTIの特徴やキャッシュバック、メリットなどを紹介します。
反対にデメリットも紹介しているので、他のプロバイダと特徴をしっかり見比べてみてください。

端的に言えば、DTIは非常にお得なプロバイダです。
当サイトの「おすすめするドコモ光のプロバイダ3選」でもお得な1社として紹介しています。
この記事を参考にして、DTIのメリット、デメリットを理解していただき、お得なドコモ光のプロバイダ選びに役立ててください。

ドコモ光のプロバイダにDTIを選ぶ5つのメリット

ドコモ光のプロバイダをDTIにすると、下記のメリットがあります。

  • 月額料金が安い
  • キャッシュバックが大きく、受け取り条件も少ない
  • IPv6対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる
  • 通常500円/月のセキュリティソフトが12か月無料で利用できる
  • DTI会員優待施設の優待割引を利用できる

以上です。
詳細を次項で解説します。

月額料金が安い

ドコモ光のプロバイダをDTIにすると、安い月額料金でドコモ光を利用できます。

ドコモ光はプロバイダによって料金タイプが2グループに分けられますが、DTIは月額料金が安いグループに分けられるからです。

ドコモ光は提携プロバイダ26社が下記の2グループに分けられます。

契約プラン 対応プロバイダ
タイプA ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、IC-NET、Tigers-net.com、BIGLOBE、andline、シナプス、BB.excite、エディオンネット、スピーディア インターネットサービス、楽天ブロードバンド、TikiTikiインターネット、hi-ho、ネスク、01光コアラ、U-Pa!(2019年3月31日サービス終了)
タイプB OCN、@T COM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

それぞれ月額料金は下記のようになります。

戸建て マンション
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,000円 4,200円

ご覧の通り、タイプAはタイプBよりも月額料金が200円安くなります。
年間では2,600円もの違いになってしまうので、基本的にはタイプAの20社から選ぶことをお勧めします。

このうちDTIはタイプAに区分けされるので、料金面でも非常にお得です。

ドコモ光の料金プランについて、詳細は「ドコモ光の料金プランや割引プランを徹底解説」で解説しているので、参考にしてください。

キャッシュバックが大きく、受け取り条件も少ない

DTIは手軽に、15,000円のキャッシュバックをもらえる点が大きなメリットです。

キャッシュバックの適用条件に、余分なオプションへの加入などの条件がないからです。

例えばGMOとくとくBBでも15,000円のキャッシュバックを行っています
ですが、GMOとくとくBBの場合「ドコモ光電話バリュー」への加入が適用条件となっています。
ドコモ光電話バリューは月額1,500円必要な固定電話サービスなので、固定電話が不要な方にはキャッシュバック幅が小さくなってしまいます。
またドコモ光電話バリューへの加入がないと、5,000円までキャッシュバックが減額されてしまいます。
フレッツ光からの転用の場合でも、キャッシュバックは5,000円となってしまうなど、適用条件が厳しめです。

一方で、DTIのキャッシュバックはオプション加入を条件としていません。
DTIホームページからドコモ光を申し込み、所定の期間内に申請すること」だけで15,000円のキャッシュバックをうけられます。
さらにフレッツ光からの転用の場合も15,000円と同額のキャッシュバックをもらえます。
キャッシュバックの申請条件に関する制約が少ないため、DTIは手軽に15,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。
キャッシュバックの受け取りやすさが、DTIの大きな魅力の一つとなっています。

15,000円のキャッシュバックは下記の手順で受け取ることができます。

  • DTIのホームページ上でドコモ光に申し込む
  • ドコモ光の開通月の翌々月に事前通知メールを受け取る
  • 楽天銀行株式会社「メルマネパスペイメントサービス」の送金通知メールが届くので、45日以内に振込先を登録する
  • キャッシュバックをうけとる

以上の流れで手続きが完了します。

送金通知メールから45日を超えてしまうと、特典が無効となってしまうので注意してください。

IPv6対応のWi-Fiルーターを無料でレンタルできる

DTIでドコモ光を契約すると、快適な無線LAN環境を設定できます。

IPoE通信IPv6接続に対応したWi-Fiルーターを無料でレンタルできるためです。

IPoE通信IPv6接続とは簡単に説明すると、一部のサイトへのアクセスについて、遅延が発生しにくくなる新しい接続方法です。

DTIから借りられるルーターは「ELLECOM社制WRC-1167GST2」で、通常購入しようとすると、6,000円以上するルーターです。

自宅をWi-Fi環境に整えようとしていた方は自身で購入する必要性がなくなるため、お得にルーターを利用できます。

ただ、借りられる機種については、機能が限られます。
後程紹介するDTIのデメリットでも紹介しているので確認しておきましょう。

セキュリティソフト「マカフィーマルチアクセス」が12か月無料

ドコモ光をDTIで契約すると、一年間パソコンを安心して利用できます。

マカフィーの「マルチアクセスオプション」というセキュリティソフトが最大12か月無料で利用できるからです。

マカフィーマルチアクセスオプションは、1ライセンスで、パソコンだけでなく、スマートフォンなど最大3台まで利用できます。
以下のセキュリティ機能を利用できます。

機能詳細 対応OS
ウイルス・スパイウェア対策 最新のウイルス、トロイの木馬、スパイウェア、ルートキットなどの脅威からプロアクティブに保護します。 Windows、Mac、Android
フィッシング・個人情報保護 Webページの危険性を評価し、アクセスをブロックします。フィッシング詐欺などから個人情報を保護します。 Windows、Mac、Android、iOS
Webサイトの安全性評価 ブラウザと検索エンジンの検索結果にサイトの安全性評価を表示し、危険なサイトへのアクセスをブロックします。 Windows、Mac、Android
脆弱性スキャナー 未知のサイバー攻撃から保護します。また脆弱性が発見されたアプリケーションに関するレポートを表示します。 Windows
迷惑メール対策 危険なメールや迷惑メールから常時保護します。 Windows
双方向ファイアウォール 現行のファイアウォールセキュリティ対策を回避するプログラムの侵入を阻止します。 Windows、Mac
外部メディアのスキャン 新しいハードディスクやサムドライブが接続されると直ちにスキャンを実行します。 Windows、Mac、Android
保護者機能 子供のオンライン活動を適切に管理・監視できます。保護者機能を設定したすべてのユーザーについて、総合データを閲覧 / 印刷することができます。 Windows
True Key よく使うWebサイトのアカウントについて、顔認証や多要素認証を活用してWebサイトなどに簡単にログインできます。 Windows、Mac、Android、iOS
バックアップ 端末のデータを自動、または手動でバックアップすることができます。またバックアップしたデータを端末にリストアすることもできます。 Android、iOS
紛失/盗撮防止 端末の現在位置の特定や遠隔アラーム再生を、Webの管理コンソールなどリモートから行うことができます。 Android、iOS
ゲームモード 定期的なスキャンや定期更新といった作業を、パソコンがアイドル状態になるまで延期します。 Windows

以上の機能を利用できます。
マカフィーマルチアクセスは通常500円/月必要なオプションプランです。
これが12ヶ月間利用できるので、非常にお得です。

ドコモ光提携プロバイダでも、セキュリティソフトを12か月無料提供しているところはありますが、500円相当のものは少ないです。

安全にインターネットを楽しみたいという人にはおすすめのサービスです。

DTIの優待施設を優待価格で利用できる

ドコモ光のプロバイダをDTIで契約すると、宿泊施設や飲食店、レジャー施設などをお得に利用できます。

DTI利用者は「DTI Club」へ加入でき、会員限定で優待施設を割引価格で利用できるからです。

優待施設や割引価格の一例は下記サイトで確認できます。
DTI Club Off (クラブオフ)/会員特典・優待サービス

例えば宅配ピザのドミノピザは注文金額から15%割引で利用できたり、オリックスレンタカーでは基本料金から最大55%オフにできたりします。

優待施設数は様々な分野にたくさんの数あるため、非常にお得になります。

さまざまな場所でDTIの割り引き特典を受けることができるので、ドコモ光をDTIで契約するとお得になります。

ドコモ光公式のキャッシュバックキャンペーン

上記のDTIのキャッシュに加えて、ドコモ光のキャッシュバックも受け取ることができます。

ドコモ光では、下記のキャッシュバックを行っています。

工事費最大18,000円還元キャンペーン
ドコモ光の新規申し込みで、工事費最大18,000円が無料になります。
2019年5月6日までの期間限定ですが、新規契約して申し込みをするだけで適用できるので、活用しましょう。
dポイント1万ポイントプレゼント
新規契約で、街中での買い物などにも利用できるdポイントが1万円分プレゼントされます。
こちらも特別な条件などがないので、利用しましょう。

ドコモ光はプロバイダ主催のキャッシュバックと、ドコモ光主催のキャッシュバックを両方受け取ることができるのがメリットです。
確実に両方とも受け取れるようにしましょう。

DTIのデメリット

一方で、DTIは他社のプロバイダと比較して、デメリットもあります。

主なデメリットは以下の1点です。

  • 無料レンタルできるルーターは「v6プラス」対応ルーターではない

詳細を次項以降で解説します。

無料レンタルできるルーターは「v6プラス」対応ルーターではない

DTIでは、無料でWi-Fiルーターをレンタルできると上述しましたが、非常に高機能なルーターというわけではありません。

レンタルできるルーターは遅延の少ないインターネットができると上述しましたが、IPoE通信IPv6接続では遅延を解消できるのが一部サイトへのアクセスに限られるためです。

先述した「IPoE」や「IPv6」について、詳しく説明すると、非常に難しいお話になってしまうのですが、通信方式は主に以下の3種類に分けられます。。

PPPoE通信IPv4接続
従来の通信規格。インターネットの接続遅延が発生しやすい。
IPoE通信IPv6接続
新しい通信規格。一部サイト(IPv6対応)のみ速度遅延が発生しにくい。
v6プラス(IPv4 over IPv6)
新しい規格(IPv6)、従来の規格(IPv6)両方のサイトに対して、速度遅延が発生しにくい。

この中で一番メリットの大きな通信方式は「v6プラス」です。
IPv4 over IPv6などとも呼ばれます。
ほとんどのサイトへのアクセスにおいて、速度遅延が発生しにくくなります。

一方、IPoE通信IPv6接続は、一部サイトへのアクセスのみ、速度遅延が発生しにくくなるだけです。
古い規格であるIPv4の規格で作られたサイトへのアクセスは、従来と同じ通信方式を採るため、速度遅延が発生してしまう場合があります。
まだIPv6対応のサイトは少なく、世の中の多くがまだIPv4対応のサイトです。
このため、IPoE通信IPv6接続では、まだ一部のサイトでしか、快適なインターネットを楽しむことができません。

DTIでレンタルできるルーターは「IPoE通信IPv6接続」のルーターです。
DTIでv6プラスの通信を楽しむためには、自身で対応ルーターを用意するしかありません。
ドコモ光提携プロバイダの中には、v6プラスのルーターを無料レンタルしてくれるところもあります。
GMOとくとくBBやSo-netでは、v6プラスのルーターを無料でレンタルできます。

IPv6接続は非常に難しいお話ですが、詳しく知りたい方は「ドコモ光のIPv6通信とは?おすすめの対応プロバイダなどを紹介」で解説しているので、参考にしてください。

DTIは無料でルーターをレンタルできる点はメリットですが、v6プラスのルーターではないことがデメリットです。

ドコモ光×DTIの工事費用

ドコモ光はプロバイダが異なっても、工事費用は同じです。

工事費用は下記の通りとなります。

戸建て マンション
18,000円 15,000円

ですが、上述した工事費無料キャンペーンを活用すれば、工事費は不要になります。
必ず申請するようにしましょう。

工事費については、「ドコモ光の工事費はいくら?工事にかかる費用を徹底解説」で詳しく紹介しています。
参考にしてください。

ドコモ光×DTIをお得に申し込む方法

ドコモ光でDTIを申し込む際は、DTIの公式ホームページから申し込むことをおすすめします。

DTIの公式ホームページ以外から申しこむと、DTI主催のキャッシュバックを受け取ることができないからです。

ドコモ光の申し込みはドコモショップやドコモインフォメーションセンターへの電話、家電量販店などの店頭窓口でも可能です。
しかしこれらの窓口で申し込みを行うと、キャッシュバックが少なくなる、またはなくなってしまうことがあります。

確実にお得に契約するためにはDTIの公式ホームページから申し込みをすると良いでしょう。
申し込みは下記サイトから行えます。
DTI with ドコモ光|安くておトクなドコモ光ならDTI

申し込みの流れは主に下記のような手順となります。

  • ホームページのフォームに必要事項を記入し、申し込みを行う
  • DTIの担当者からの契約内容の確認の電話を受け取る
  • 工事日の調整を行う
  • 本人が立ち会い、工事を受ける
  • インターネットの接続設定を行う

以上でドコモ光の利用ができるようになります。

ここまでドコモ光のプロバイダをDTIにするメリットやデメリットを紹介してきました。
DTIはドコモ光提携プロバイダの中でも、おすすめのプロバイダです。
ぜひ記事を参考にして、快適なインターネット環境を整えてください。