ドコモ光

ドコモ光のIPoE方式IPv6通信とは!おすすめの対応プロバイダは?

ドコモ光を自宅へ転用するイメージ

ドコモ光の通信速度の遅さに悩んでいるそこのあなた。
インターネットで検索して「IPoE方式IPv6接続」や「IPv4overIPv6通信」「IPv6プラス」などという言葉を目にした人も多いと思います。

どこにも「早くなる」「遅いという悩みを解消できる」とたくさん書いてありますが、なかなかわかりにくい話で契約に踏み切れませんよね。
ただ詳細を理解できると、非常にメリットの大きなものであることがわかります。

そこでこの記事では、ドコモ光の「IPoE方式IPv6通信」について解説します。
「IPv4overIPv6通信」「IPv6プラス」といった言葉もほぼ同義になります。

IPoE方式やIPv6通信などの言葉の意味や特徴、従来の仕組みとなにが違うかなど、できる限りわかりやすく紹介しました。
ぜひ参考にして、インターネットのストレスを解消しましょう。

次世代型通信方式「IPoE方式」の「IPv6通信」とは

IPoE方式のIPv6接続とは、端的に説明すると、従来規格よりも速く、より安全に利用できるインターネットの通信方式です。
それぞれの役割について、簡単に説明したのが下の表です。

メリット 旧方式
IPoE方式 通信混雑を回避する仕組み PPPoE方式
IPv6通信 セキュリティを高める仕組み IPv4通信

それぞれ、新方式と従来方式の違いについて次項で紹介します。

PPPoE方式(従来方式)とIPoE(新方式)の違い

PPPoE方式とIPoE方式の大きな違いは、通信速度の違いです。

通常インターネットに接続する際、プロバイダを経由して、世界のインターネット網に接続します。
その際、従来のPPPoE方式では、IDやパスワードをその都度認証することで、ウェブサイトを閲覧しています。

ただ、この認証に少し時間が必要になります。
とくにアクセスが集中してしまうと、この認証作業が間に合わなくなってしまいます。
普段インターネットのつながりが遅いを感じる場合、このプロバイダの認証作業に時間がかかっていることが原因であることが多いです。

しかし、新方式のIPoE方式はプロバイダを経由せずにインターネット網に接続することができます。
認証作業が不要なほか、混雑を回避してインターネット網につなぐことができるので、ストレスなくインターネットに接続できるようになります。

高速道路に例えると…

インターネットを、皆さんが普段利用している高速道路に例えましょう。

インターネットへの接続を高速道路に例えると、次のように置き換えることができます。

インターネット通信容量…道路
個人のアクセス…車
プロバイダの認証作業…料金所

PPPoE方式は車線が少なく、料金所も手作業で料金の確認を行っているため、渋滞が多く発生してしまいます。
一方IPoE方式では、車線が何車線もあります。
料金所も最新のETCを搭載したものになっているため、渋滞がありません。
たとえ混雑が発生しても、道路網が充実しているので、渋滞を回避して目的地(サイト)にたどり着くことができます。

IPoE方式は、ストレスなくインターネットを楽しむことができます。

IPv4接続(従来方式)とIPv6接続(新方式)の違い

続いて、IPv6接続について解説します。

端的に説明すると、IPv6接続はセキュリティが高まるほか、ネットに接続できるコンピュータの数が膨大にできます。

本来インターネットに接続したコンピューター同士でデータをやり取りする際、それぞれのコンピューターを区別するために番号が振られます。
この番号が「IPアドレス」と呼ばれるものです。耳にしたことがある人も多いでしょう。

ただ、従来方式のIPv4では、約42億個のアドレスしか付与できません。
42億個もあれば十分と思うかもしれませんが、これは地球の人口よりも少ない数です。

近年はIoT(物のインターネット化)などと言われるように、インターネットに接続したいコンピューターの数が増えています。
近い将来IPアドレスが枯渇すると、近年指摘されていました。

一方、IPv6方式では、約340澗(42億の4乗)という文字通りけた外れ数のアドレスを付与できます。
またそれに伴い、通信の暗号化ができるようになるため、セキュリティが格段に高くなります。

セキュリティが高まり、IPアドレスが増える、という点がIPv6接続のメリットになります。

IPv6自体は通信速度を高めるものではない

お気づきの方もいると思いますが、IPv6通信そのものは、通信速度を高める仕組みではありません。

IPoE方式でアクセスすることで初めて通信速度を安定的にできます。

現在、ドコモ光ではIPv6通信を用いたウェブサイトへのアクセスは以下の3種類に分別できます。

  • PPPoE方式IPv6通信
  • IPoE方式IPv6通信
  • IPv4overIPv6通信

各詳細について次項で紹介します。

PPPoE方式IPv6通信

従来通り、プロバイダへの認証情報を用いて、IPv6通信を行います。

認証IDやパスワードの認証作業が必要なので、時間がかかり、速度遅延が発生する可能性があります。

IPoE方式IPv6通信

新方式IPoE方式を使うため、IPv6のウェブサイトは快適な速度で通信することができます。

ただウェブサイトには現在、IPv4IPv6対応の2種類が混在しています。
IPv4のウェブサイトは従来規格のPPPoE方式でしか通信できず、速度遅延が発生する可能性があります。

現在IPv6に対応したサイトは、全世界で10%と言われています。
日本では世界でも特に普及率が高いうえ、今後さらに急速に普及する見込みもあります
とはいえ、まだまだIPv4対応のウェブサイトが中心です。
このため、IPoE方式IPv6通信だけでは、まだ不十分と言えます。

そこで、IPv4・IPv6の両方で快適なインターネットを楽しむには「IPv4overIPv6通信」が最適です。
次項で紹介します。

いいとこどりのIPv4overIPv6通信

IPv4overIPv6通信はIPv4のウェブサイト、IPv6のウェブサイト両方でIPoE方式の通信をできる仕組みです。

IPv4対応のウェブサイトでも、IPoE方式を採用できるので、混雑が少なく、通信環境が安定します。
ほぼすべてのウェブサイトにおいて、快適な環境を保つことができるのでお勧めです。

ドコモ光のIPv6対応状況

では肝心のドコモ光のIPv6対応状況はどうでしょうか。

ドコモ光の場合、26社中24社のプロバイダがIPv6通信に対応しており、基本的に無料でIPv6通信を利用できます。
しかし、プロバイダによって上記3種のうちどのサービスを提供しているかが、異なってきます。
上述した通り「IPv6ならどれでも大丈夫」という訳でもありません。
これから新規契約をお考えに人は、せっかくならIPv4overIPv6通信に対応したプロバイダを選びましょう。

IPv4overIPv6通信対応のドコモ光プロバイダ

ドコモ光のIPv6対応プロバイダのうち、「IPoE方式」で「IPv4overIPv6通信」に対応したプロバイダは12社あります。

料金タイプ 申し込み
ドコモnet タイプA 不要(自動適用)
plala タイプA 不要(自動適用)
So-net タイプA 不要(自動適用)
GMOとくとくBB タイプA 不要(自動適用)
@nifty タイプA 不要(自動適用)
DTI タイプA 必要(WEB)
IC-NET タイプA 必要(WEB)
Tigers-net.com タイプA 必要(電話)
BIGLOBE タイプA 不要(自動適用)
andline タイプA 必要(電話)
スピーディアインターネットサービス タイプA 必要(電話)
OCN タイプB 必要(電話・WEB)

タイプAとタイプBはドコモ光の月額基本料金が200円異なります。

上記12社はIPoE方式でIPv4overIPv6通信に対応しているので、基本的にはこのなかから選ぶことをお勧めします。

IPoE方式IPv6通信対応のプロバイダ

その他のプロバイダの対応状況も見ていきましょう。
IPoE方式IPv6通信に対応しているプロバイダは以下の3社です。

タイプ 申し込み
シナプス タイプA 必要(WEB)
AsahiNet タイプB 不要(自動適用)
WAKWAK タイプB 不要(自動適用)

PPPoE方式IPv6対応のプロバイダ

PPPoE方式でIPv6対応のプロバイダは以下の9社です。

タイプ 申し込み
BB.excite タイプA 不要
エディオンネット タイプA 不要
TikiTiki インターネット タイプA 不要(自動適用)
hi-ho タイプA 不要(自動適用)
ネスク タイプA 必要(WEB)
01光コアラ タイプA 必要(WEB)
@T COM タイプB 不要(自動適用)
TNC タイプB 不要(自動適用)
@ちゃんぷるネット タイプB 必要(電話)

IPv4overIPv6通信の利用には専用の機器が必要

IPv4overIPv6通信の利用は基本的に無料でできます。

ただ、機器の用意は自分で行う必要があります。

機器の名称は複数あるので注意しましょう。
対応機器の名称は以下のようなものがあります。

  • IPv6トンネル対応アダプタ
  • 「v6プラス」対応機器
  • v6プラス対応ルーター

「購入したものが違う機種で接続できなかった」ということを防ぐためにも、事前にプロバイダに機種の確認をしておきましょう。

おすすめプロバイダはGMOとくとくBB

以上のことを踏まえ、当サイトでは「GMOとくとくBB」をお勧めします。

IPv4overIPv6通信に対応しているほか、通常は自身で購入しなければいけないⅴ6プラス対応高機能Wifiルーターが無料でレンタルできます。

通常はIPv4overIPv6通信対応のルーターの購入に、1万円ほど必要になります。
これが無料でレンタルできるのでGMOとくとくBBはお勧めです。

新規契約のキャッシュバックも大きく、当サイトの 「ドコモ光のおすすめプロバイダ3選 ~26社の比較結果と選び方~ | インターネット回線まるわかりドットコム」でもおすすめ3選のうちの1社として選出しているプロバイダです。

申し込みの際は、GMOとくとくBBのホームページから申し込みをしてください。
ドコモショップなどで申し込むと、キャッシュバックが減額になってしまう可能性があるからです。
申し込み先でキャッシュバックがかわってしまう理由については、「ドコモ光申し込みをキャッシュバックキャンペーンでお得にする方法 | インターネット回線まるわかりドットコム」で紹介しています。

GMOとくとくBBの申し込みは下記サイトからできます。
速いドコモ光なら GMOとくとくBB | クチコミで人気 ! お得で安いプロバイダー
ぜひ参考にしてください。

ルーターの購入を検討する場合は「ドコモ光ルーター01」がおすすめ

ルーターを新規で購入する場合は、「ドコモ光ルーター01」がおススメです。

ドコモが提供するルーターのため、ドコモ光の提携プロバイダが提供するすべてのIPv4overIPv6通信に対応しています
「自分で購入してみたけど機器が対応していなかった」ということを防ぐことができます。
また接続がうまくできなかった時に備え、ドコモの「ネットトータルサポート」(有料)に加入すると遠隔操作で初期設定をサポートしてくれます。

ドコモオンラインショップで9,590円(税込み)で販売されています。

ドコモ光のサービスですので、ドコモの純正品である「ドコモ光ルーター01」が最も安心できる機種と言えます。

まとめ

ここまでドコモ光のIPv6通信について紹介しました。

非常に専門的で難しい話ですが、簡単にまとめると以下のようになります。

  • IPoE方式だと通信遅延が発生しにくい
  • IPoE方式IPv6通信がベスト
  • 基本的に利用料金は無料
  • GMOとくとくBBなら、機器をレンタルできる
  • 自身で機器を購入する際は「ドコモ光ルーター01」がおすすめ

以上です。
難しい話ですが、できるだけわかりやすくIPv6通信の良さを紹介しました。
ぜひ参考にして、快適なインターネットを楽しんでください!