ドコモ光

ドコモ光のマンションタイプの料金プラン・速度を徹底調査

ドコモ光マンションタイプに契約している建物のイメージ

戸建てと違って、マンションは建物全体の契約などがあります。
「ドコモ光ってマンションでも使えるの?」「マンションタイプと戸建てタイプとはどう違うの?」と悩んでしまう方も多いのではないでしょうか・

そこで、今回はドコモ光マンションタイプについて網羅的に解説いたします。より快適なネットライフを送るためにお役立てください。

ドコモ光マンションタイプとは?

ドコモ光マンションタイプは、マンションやアパート(集合住宅)にお住いの方向けにドコモが提供しているプランです。
マンションに光回線を引き込み、それをマンション内に住む人たち(部屋)へ“分配”することが戸建てタイプと異なる点です。

ドコモ光マンションタイプの最大のメリットは、戸建てタイプよりも安い金額でインターネット回線を利用できる点です。
では、ドコモ光マンションタイプの料金はいくらなのでしょうか?
料金プランを説明していきます。

ドコモ光マンションタイプの料金プラン

前述のとおり、ドコモ光マンションタイプは、戸建てタイプに比べ安いのが魅力です。
ドコモ光の料金プランは大きく以下のように分けられます。

<ドコモ光マンションタイプの月額料金>

2年契約 契約期間なし
タイプA 4,000円 5,000円
タイプB 4,200円 5,200円
単独タイプ 3,800円 4,800円

※2018年11月現在
※単独タイプの料金のみ、プロバイダ料金が含まれておりません。

これに対して、ドコモ光戸建てタイプの月額料金は5,000円~5,400円になります。

上記のタイプA・Bの違いは契約するプロバイダ会社です。
ドコモ光のお客様が選択できるプロバイダは全部で26社あり、その中でどのプロバイダ会社を選ぶかによって、タイプと料金が変わります。

ドコモ光におすすめのプロバイダを知りたい方はこちらをご覧ください。

ドコモ光のおすすめプロバイダ

ここまでで、ドコモ光のマンションタイプが戸建てよりもずっとお得なのがおわかりになったでしょうか。

しかし、ドコモ光マンションタイプはすべての人が利用できるわけではありません。
ここからは、ドコモ光マンションタイプを利用するための条件を説明していきます。

ドコモ光マンションタイプを利用するための条件

マンションに住んでいるからといって、ドコモ光マンションタイプに加入できるわけではありません。
ドコモ光マンションタイプを利用するための条件は、ドコモ光・フレッツ光に対応したマンションに住んでいるかどうかです。

マンションは多くの場合、インターネット回線をもともと建物内に引き込んでいます。
そのため、マンションに引き込まれている回線がドコモ光やフレッツ光ではない場合、お客様の希望にかかわらず、ドコモ光マンションタイプに加入することはできません。

対して、フレッツ光対応のマンションならば、ドコモ光マンションタイプを利用することができます。
これは、ドコモ光は光コラボのインターネット回線だからです。
ドコモ光の光回線はフレッツ光の回線を使用しているので、フレッツ光の回線と実質同じになります。
そのため、フレッツ光対応のマンションでは、ドコモ光を使用できるのです。

しかし、自分が住んでいるマンションがどこのインターネット回線会社に対応しているのかわからない方も多いですよね?
ここからはマンションの対応インターネットを調べる方法を紹介します。

住んでいるマンションがドコモ光対応か調べる方法

まず、今住んでいるマンション、ないしは次に住もうと考えているマンションがドコモ光マンションタイプに対応しているかを調べます。

NTT東日本・西日本のホームページから、対応エリアに郵便番号・住所を入力してください。

上記サイトに住所を入力していくと、あなたのお住まいのマンション名が出てくるでしょうか。
もしもマンション名が出ていれば、ドコモ光の契約が可能です。

マンションやアパートなのに「戸建てタイプ」となってしまうとき

上記サイトで検索しても、マンション名が現れない場合、そのマンションにはフレッツ光回線がまだ引き込まれていません。
その場合には、ドコモ光マンションタイプを契約することはできません。

それでもドコモ光を契約したいなら、戸建てタイプとしてドコモ光に申し込みましょう。
あなたの部屋に直接光回線を引き込む必要があるので、契約の際には必ずマンションオーナーやマンション管理組合の了承を得なければなりません。

ここまでは、ドコモ光マンションタイプの料金と契約するための条件を紹介してきました。
ここからは、ドコモ光マンションタイプに関するよくある質問を紹介していきます。

ドコモ光マンションタイプで通信速度が遅くなる?

基本的にドコモ光マンションタイプの速度が著しく遅いということはありません。
なぜなら、前述のとおりドコモ光は業界シェアNo.1のフレッツ光の回線と同じ回線を利用しているからです。

しかし、ドコモ光のマンションタイプは一つの回線をマンション全体で分け合っています。
そのため、マンション内のアクセスが集中する時間には、回線が混み合ってしまい、インターネットが遅いと感じるときもあるようです。

ただし、これはドコモ光だけに限った話ではありません。
SoftBank光やauひかりでも、マンション内で回線を分け合っている場合には混み合う可能性があるので、どの回線でも同じ状況といえるでしょう。

また、インターネット回線の速度は契約するプロバイダや設置状況によっても差が出ます。
ドコモ光が遅いと感じた時の対処法はこちらをご覧ください。

ドコモ光の速度が遅い場合の対処法

ドコモ光マンションタイプの申し込み方法

ドコモ光の新規申し込みは、大きく以下の2つに分けられます。

  • フレッツ光からの転用
  • ドコモ光(フレッツ光)への新規契約

フレッツ光からの転用では、基本的に開通工事は必要ありません。
フレッツ光からの転用について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

フレッツ光からドコモ光への転用

ドコモ光マンションタイプへの新規申し込みは、ドコモ光の申し込み方法と大きな違いはありません。
下記の記事を読んで、お得にドコモ光に申し込みましょう。

ドコモ光申し込みをお得にする方法

ドコモ光マンションタイプはdocomoのスマホとセットで使うべし

これまでのご説明でご理解いただけたと思いますが、ドコモ光マンションタイプの提供元は、光回線を取り扱うNTTのグループ会社のドコモです。

利用中のスマートフォンなどの移動端末がドコモであれば、ドコモ光マンションタイプとまとめることで、通信料金のダウンが見込めます。また、ドコモ光マンションタイプに関する質問もドコモショップでできますので、安心です。

ドコモのスマートフォンを利用中の方は、ご自宅でのインターネット環境をドコモ光に切り替えてみませんか。「安さ」と「安心」のふたつを手にすることができます。
ドコモユーザーにとって、このふたつのメリットは見逃せないものでしょう。既にフレッツ光などのNTTネット回線を利用中の方は、ドコモ光への転用も、コストダウンへの道です。是非、検討してみてください。