ドコモ光

ドコモ光の提供エリアの確認と、その後の手続きの方法

ドコモ光の提供エリアのイメージ

ドコモ光を新規契約、または移転手続きしたい時、どこでも利用できるというわけではありません。

インターネット光回線サービスのほぼすべてに、提供エリアというものがあります。
お住まいの場所や、引っ越し先によっては、ドコモ光の提供エリア外で利用できないという場合があります。

ただドコモのホームページ上では、提供エリアが見つけにくい場所にあります。
どのように提供エリアを調べたらよいかわからないという人もいると思います。

この記事では、ドコモ光の提供エリアの調べ方を紹介します。
また、提供エリア内だった場合やエリア外だった場合に分け、その後の手続きの方法なども紹介します。

ドコモ光は利用者満足度の高いサービスです。
ぜひ参考にして、ドコモ光を利用してください。

ドコモ光の提供エリアは、NTTフレッツ光と同じ

ドコモ光の提供エリアは、フレッツ光の提供エリアを調べることで、確認ができます。

というのも、ドコモ光とフレッツ光は提供エリアが全く同じだからです。
ドコモ光は光コラボレーションといって、NTTのフレッツ光の光回線を利用してサービスを提供しています。

お住まいの住所や引っ越し先がフレッツ光の提供エリアであれば、ドコモ光も利用ができます。

ただサービスを利用したい住所が、東日本か西日本かで、確認方法が少し異なってきます。
フレッツ光はNTTが提供するサービスですが、厳密にはNTT東日本とNTT西日本は別会社となっているからです。

NTTの東日本/西日本の区分は以下の通りです。

東日本…新潟、長野、山梨、神奈川以東の地域
西日本…富山、岐阜、愛知、静岡以西の地域

長野県の一部地域など、西日本地域に含まれる場合もあります。
事前にNTTに確認して、東日本・西日本どちらの区分に含まれるか確認しておきましょう

東日本の場合

NTT東日本が以下の管轄エリアとなります。

北海道地区:北海道
東北地区:青森県、秋田県、岩手県、福島県、山形県、宮城県
関東地区:栃木県、千葉県、東京都、神奈川県、茨城県、埼玉県
甲信越地区:新潟県、山梨県、長野県一部

東日本地域の場合、以下のサイト上で提供エリアを確認できます。

フレッツ光(光回線) 提供エリアのご確認|フレッツ公式|NTT東日本

NTT東日本の場合、地図上で確認する方法と、郵便番号を入力して確認する方法があります。

地図での確認方法

フレッツ光(光回線) 提供エリアのご確認|フレッツ公式|NTT東日本

  • 上記サイトへアクセスして、ドコモ光を利用する都道県を選択する
  • 市区町村、大字通称、番地等、リストの中から選択する
  • 利用する住宅が、戸建てか、マンションか選択する

郵便番号での確認方法

NTT東日本 | フレッツ光のお申し込み(提供エリアの確認・インターネット光回線ご契約) | フレッツ光

  • 上記サイトへアクセスして、利用する住宅の郵便番号を入力する
  • 該当する住所が出てくるので、選択する
  • 利用する住居が、戸建てかマンションか選択する

最終的に下図のような画面が出れば、ドコモ光を利用できます。

東日本フレッツ光提供エリア内の場合

一方で、提供可能かどうか、NTT側へ改めて確認する必要がある場合、下記のような画像が出ます。

東日本フレッツ光提供エリア要確認の場合

このような画面が表示された場合は、ドコモ光に直接問い合わせる必要があります。
ドコモ光へ電話し、接続可能か調べてもらいましょう。
ただ、確認には時間が必要な場合があります。
お急ぎの場合は、他社回線に乗り換えることも検討しましょう。

一方で、下記の画面が表示された場合は、提供エリア外となります。

東日本フレッツ光提供エリア外の場合

この場合はドコモ光の契約を諦めて、他社回線と契約するほかありません。
ドコモ光や光コラボ以外の回線で、対応する回線を選択してください。

西日本の場合

NTT西日本の管轄エリアは以下の府県です。

中部地区:長野県の一部、静岡県、愛知県、岐阜県、三重県
北陸地区:富山県、石川県、福井県
関西地区:滋賀県、京都府、大阪府、奈良県、和歌山県、兵庫県
中国地区:鳥取県、岡山県、島根県、広島県、山口県
四国地区:香川県、徳島県、愛媛県、高知県
九州・沖縄地区:福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、宮崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県

居住が西日本地域の場合、下記サイトで提供エリアを確認できます。

サービス提供エリア確認・お申し込み | フレッツ光公式 | NTT西日本

西日本エリアは郵便番号、府県住所選択の検索方法のほか、電話番号による検索もできます。
郵便番号で検索する方法

  • 住まいが戸建てかマンションか選択し「次へ」をクリックする
  • 郵便番号で検索」欄に住宅の郵便番号を入力する
  • 番地等をリストから選択していき、「この住所で判定します」をクリックする

府県選択から検索する方法

  • 住まいが戸建てかマンションか選択する
  • 「府県で検索」から住まいの府県を選択し、「次へ」をクリック
  • 以降、市町村、番地、マンションの場合はマンション名など選択していく
  • 「この住所で判定します」をクリックする

電話番号から検索する方法

  • 住まいが戸建てかマンションか選択する
  • 「電話番号から検索」から自宅の番号を入力する

※NTT西日本から提供中の加入電話/INSネットの電話番号においてのみ、提供エリアの検索が可能です。
検索できない場合もあるので、その場合は郵便番号か府県から検索してください。

上記のいずれの場合も、提供エリア内の場合は下記のような画面が表示されます。

西日本フレッツ光提供エリア内の場合

一方で、提供エリア外の場合は、下図のような画面が表示されます。

西日本フレッツ光提供エリア外の場合

この場合も、利用希望をNTTに出すか、あきらめて他社回線に乗り換えるか検討しましょう。

提供エリア内だった場合の手続き方法

提供エリア内だった場合は、契約手続きに入りましょう。

この場合、新規契約の方と、移転手続きの方と分かれるかと思います。

今回はそれぞれの場合に分けて手続きの方法を紹介します。

新規契約の場合

新規契約申し込み後は以下の手順が必要になります。

  • 契約プランの決定
  • ドコモ光サービスセンターから連絡
  • 工事日の調整、申し込み内容の確認
  • プロバイダから確認連絡(必要な場合のみ)
  • 開通のご案内の受け取り(原則工事日の前日まで)
  • プロバイダID・パスワードなど案内の受け取り(原則工事日の前日まで)
  • 開通工事(無派遣工事の場合はなし)
  • インターネットの接続設定
  • ドコモ光の利用開始

以上でドコモ光を利用できます。

提供エリア外だった場合は、コラボ光系以外の他社回線へ乗り換え

ドコモの提供エリアを確認し、利用したい住居がドコモ光の提供エリア外だった場合、他社の回線へ乗り換えましょう。
ただ選択肢はかなり限られてしまいます。

ドコモ光の提供エリア外だった場合、他のコラボ光系回線も同様に提供エリア外となっているからです。

ソフトバンク光やOCN光、ソネット光などがコラボ光系の回線になります。

フレッツ光の提供エリア外だった場合は、コラボ光系以外の回線会社を選択する必要があります。

おすすめの乗り換え先

ドコモ光の提供エリア外だった場合のお勧めの光回線を紹介します。
この場合、光コラボ系とは異なる回線を選ぶ必要があります。
主な光コラボ系以外の回線は次のものがあります。

  • auひかり
  • NURO光
  • モバイル回線

いすれも光コラボ系とは異なるインフラを構築しています。
それぞれの特徴を次項で紹介します。

auスマホとの割引が大きなauひかり

auひかりはKDDIが運営する光回線サービスです。
電力会社が運営している回線を利用してサービスを提供しています。

KDDIが運営するサービスなので、スマートフォンなどauのキャリアの携帯電話を利用しているユーザーは値引きがあります。
また新規開通の際のキャッシュバックも大きいことも特徴です。

フレッツ光などと比較すると、提供エリアはまだ狭いですが、少しずつエリアを広げています。
提供エリアは下記サイトから確認できます。

提供エリア検索 | インターネット回線 | KDDI株式会社

auスマホユーザーの方はぜひ検討してみましょう。

通信速度が速いNURO光

NURO光は通信速度が他社と比較して非常に高速です。
光コラボ系回線では、最大1Gbpsの通信速度であるの対し、NURO光は最大2Gbpsを誇ります。
単純に他社よりも2倍通信速度が速いことになります。

回線各社は「ベストエフォート式」のサービス形態を採るので、実際には2Gbpsの速度が出ることは少ないですが、それでも他社より早いといえます。

NURO光はSo-netが運営する光回線サービスです。
NURO光は、NTTの電話回線のうち、NTTが使用していない部分の回線「ダークファイバー」と呼ばれる回線を利用して、サービスを提供しています。
ダークファイバーを使い、高速通信を可能にする新しい通信伝送技術を採用することで、差別化を図っています。

ただ利用エリアが都市部に限定されているのが欠点です。
NURO光の提供エリアは下記サイトで確認できます。

NURO 光 のお申し込み | NURO 光

WiMaxやSoftbankなどのモバイル回線

モバイルルーターを使用したモバイル回線もお勧めです。

モバイル回線の場合、飛んでいる電波を受信してインターネットに接続するため、提供エリアが比較的限定されません。
また開通に伴う工事も不要なため、引越しが多い方には費用や手続きの面で大きなメリットがあります。

ただ通信速度が安定しないことや、使用量に若干の制限があることがデメリットです。

一方でプランや提供会社に選択で、デメリットを緩和できる場合があるので、比較してみましょう。

モバイル回線については「インターネットを引越し即日から開通契約する方法」で解説しています。
候補のひとつに検討してみてください。

まとめ

ここまでドコモ光の提供エリアの確認方法とその後の手続きについて紹介しました。

ドコモ光などフレッツ光の回線系は、提供エリアが比較的広いサービスです。
広い地域で利用が可能ですが、提供エリア外だった場合や、東日本/西日本のエリアをまたぐ場合などは乗り換えも検討してください。

ぜひこの記事を参考にして、良い回線選びに役立ててください。