ドコモ光

ドコモ光の工事前に解約はできる?キャンセル方法と注意点

ドコモ光の工事前に解約するために解約書にサインするイメージ

「ドコモ光の契約内容を理解していなかったので、キャンセルしたい…。」
「新規でドコモ光を契約したけど、取り消さなくてはいけなくなった…。」

ドコモ光を申込んだ後、キャンセル・解約をしなくてはならなくなった方にとって、工事前にキャンセルができるかは気になりますよね。
また、キャンセルの手続きがわからない方、工事前にキャンセルすると費用が発生するのか心配の方もいらっしゃると思います。

そこで、この記事では、工事前のドコモ光の解約・キャンセル方法や、注意点について詳しく紹介します。
急にドコモ光を解約・キャンセルすることになってしまった方はぜひ参考にしてください。

ドコモ光の解約・キャンセルは工事前にできる?

結論から言うと、「ドコモ光」の契約解除はできます。
「初期契約解除制度」という、クーリングオフ制度の回線・携帯電話版の制度があるからです。
初期契約解除制度を利用すると、契約書を受領してから8日以内なら、ドコモ光の契約をキャンセルすることが可能です。

それでは、初期契約解約制度とは何でしょうか。
以下で詳しく説明します。

「初期契約解除制度」とは

「初期契約解除制度」とは、「改正電気通信事業法令」という法律で定められた制度です。
電気通信サービスの消費者保護を目的に、2016年5月21日に施行されました。
電気通信事業者の合意無く、利用者の都合のみで契約を解除できる制度で、携帯電話やインターネット回線で適用できます。
初期契約解除制度に定められた条件や期間を満たしていれば、契約を解除することができます。

万が一、誤って契約してしまった場合でも安心できる制度ですね。

それでは、ドコモ光の初期契約解除制度の対象サービスを確認しましょう。

ドコモ光の場合、初期契約解除制度で契約を解除できる対象サービスは以下の通りです。

  • ドコモ光の新規契約
  • プラン変更
  • タイプA対応プロバイダ「ドコモnet」の新規契約

参考:初期契約解除制度について|NTTドコモ株式会社

ここからは、ドコモ光の初期契約解除の方法について確認していきましょう。

ドコモ光を初期契約解除する方法

ドコモ光の初期契約解除には、3つの方法があります。

  • ドコモ光申込み後、自宅に送付された「ドコモ光契約書」を記入して契約解除をする
  • 近くのドコモショップで、口頭・書面で契約解除する
  • ドコモ光サービスセンター(0120-766-156)へ連絡して契約解除をする

前述した初期契約解除制度の対象サービスであれば、申込み後に郵送される「ドコモ光契約申込書」に記入してください。
受領日を含む8日以内に、書面により対象注文の契約解除を行なうことができます。

また、近くのドコモショップや、ドコモ光サービスセンターへ連絡して初期契約解除の手続きを行なうことも可能です。
その際も、ドコモ光契約申込書の受領日から8日以内に手続きをする必要がありますので注意して下さい。

ドコモ光の初期契約解除に必要なもの

ドコモ光の初期契約解除の際、申告する資料が手元にあると手続きがスムーズになります。
事前に以下の情報や資料を用意しておくとよいでしょう。

  • 契約社名(フリガナ)
  • 契約住所
  • 連絡先電話番号
  • ドコモ光の契約を解除したい旨
  • 受付時に渡される(郵送される)「ドコモ光契約申込書」の受取日
  • ドコモ光契約ID
  • ドコモ光と対なる携帯電話回線の番号(ペア形態回線を設定されている場合)
  • 書面発送日

本人確認のために必要な資料ですので、契約書や領収書等は大切に保管しておきましょう。

ドコモ光のキャンセルについての問い合わせ先・書面送付先

ドコモ光「初期契約解除」についての問い合わせ先・書面送付先は以下になります。

■問い合わせ先

電話番号 受付時間
ドコモの携帯電話からの場合 (局番なし)15715(無料) 午前9時~午後9時(年中無休)
※一般電話等からは利用不可
一般電話などからの場合 0120-766-156
(携帯電話・PHS OK)
午前9時~午後9時(年中無休)
※一部のIP電話からは接続できない場合があります。

■書面送付先:

〒170-0013
東京都豊島区東池袋3-16-3 アーバンネット池袋ビル3階
株式会社ドコモCS ドコモ光サービスセンター

「初期契約解除」の手続きは早い方がよいので、不明点のある方はぜひ問い合わせてみることをオススメします。

ドコモ光の初期契約解除手続きに必要な費用

ドコモ光の初期契約解除に伴い、必要な費用は以下となります。

  • 事務手数料(3,000円)
  • すでに工事が実施された場合は工事料
  • 契約解除日までに利用した通話・通信料
  • 契約解除日までの料金プラン・割引サービス・オプションサービス(月額料金を日割りで請求)

このように、「初期契約解除」を行なったからといって、ドコモ光を無料でキャンセルすることはできません。
初期契約解除制度は、損害賠償や違約金の支払い義務を不要とする制度です。
このため契約で必要になった手数料や、工事で発生した費用は必要になります。

注意してほしいのは、初期契約解除が可能な8日以内であっても、工事完了の場合、工事費の請求があることです。
利用しないのに工事費を支払うことがないよう、なるべく工事前にキャンセルの連絡をしておくことをおすすめします。

フレッツ光からの転用も対象内

初期契約解除制度は、フレッツ光からドコモ光へ転用した際も適用されます。
手続きは、転用申込み終了後に郵送される「契約書面」受領後8日以内にしてください。
もし、転用日以降に「契約書面」が届いた場合は、転用日から8日以内が適用期間となります。

ただし、初期契約解除後、再び フレッツ光に戻したい場合は、再度フレッツ光に新規契約をする必要があります。

その際、フレッツ光の初期費用(新規契約費・工事費)が必要になってしまうので、費用がかさんでしまいます。
不要な費用を発生させないよう、転用の申し込みの際はキャンセルする可能性がないか考え、慎重に行ってください

ドコモ光の工事当日にキャンセルできる?

工事当日のキャンセルは、工事着手前であれば料金が発生しません。
しかし、工事当日でも工事が完了した場合は工事費が発生します。
その場合、戸建てにお住まいの方だと、19,440円(税込)、マンションにお住まいの方だと16,200円(税込)かかってしまいます。
無用なトラブルを防ぐ意味でも、基本的には工事日の前日までにキャンセルのお知らせをすることが望ましいです。
また、ショップ等で申込んだ際のキャッシュバックは適用されない可能性がありますので、キャンセルの旨を伝えたうえで確認をしてください。

ドコモ光の初期契約解除の注意点

ドコモ光の初期契約解除をする際に気をつけたい点をまとめました。

個人契約が対象で、法人契約は対象外
ドコモ光の初期契約解除制度は、個人のユーザーにのみ適用されます。
法人契約はもちろん、個人名で法人契約している方には適用されませんので注意をして下さい。
キャッシュバック等の確認
ショップでのキャッシュバック等を利用した場合、契約解除により適用とならない場合があります。
申込みをした店舗で確認をしたほうがよいでしょう。
初期契約解除の申請期間の確認
初期契約解除申請期間は、契約書の受領日を初日とする8日間です。
しかし、サービス提供開始日が契約書の受領日より遅い場合は、提供開始を初日とする8日間となります。
もし申請期間が不明な場合は自己判断をせず、念のため確認をしておくと安心です。
プロバイダの解約は別で、同時に行なわなければならない
つい、忘れてしまう方もいるかと思いますが、ドコモ光を契約解除したからといって、プロバイダまで解約になることはありません。
プロバイダにも契約解除を申し出ないと、料金はそのまま請求されます。
初期契約解除の申請と同時にプロバイダにも解約申請を行ないましょう。

以上の注意事項を確認して、初期契約解除をしてください。

ドコモ光の初期契約解除ができないケース

初期契約解除は、契約書類受領日から9日以上経った場合は適用されず、解約扱いとなります。
なぜなら、法律で初期契約解除期間は、契約書類受領日を含む8日以内と定められているからです。

たとえば、戸建てプランを申込んだ方が、契約書類を受領して10日後にキャンセルをする場合は、初期契約解除制度の適用は認められず、通常の解約扱いになってしまいます。

この場合、工事にかかった19,440円(税込)は戻ってこないうえ、14,040円(税込)の解約金が必要となります。
さらに、工事完了日から契約解除日までに利用した通話・通信料等のサービス料が日割りで請求されます。

したがって、解約する場合は少なくとも30,000円以上の出費が必要となってしまいます。

初期契約解除を利用したい場合は、契約書を受け取って8日以内に手続きを行ないましょう。

初期契約解除期間外の解約に必要な手続きと費用

前述したように、初期契約解除期間を過ぎると、キャンセルではなく「解約扱い」になります。
初期契約解除の手続きとは異なりますので注意して下さい。

初期契約解除の対象外でも解約 の手続きをしたい場合はドコモインフォメーションセンターに連絡をしましょう。
また、お住まい近くのドコモショップでも解約手続きを行うことができます。

以下は解約手続きをする際に必要なものです。

  • ネットワーク暗証番号
  • お客様ID(ドコモの携帯電話契約がない方、ペア回線を設定されない方)

また、初期契約解除期間外に解約する場合、以下の費用が発生します。

  • ドコモ光の解約金
  • ドコモ光の工事費(工事が完了している場合)
  • プロバイダの解約金

それぞれを以下で説明します。

ドコモ光の解約金

ドコモ光は更新月(契約開始から25 ヶ月目、49ヶ月目)以外の解約だと、違約金がかかってしまいます。
更新月を過ぎると2年の契約が自動更新となりますので、更新月で解約したい方は手続きを忘れないようにしてください。

違約金は以下になります。

使用期間 戸建て マンション
1~24ヶ月 13,000円 8,000円
25、26ヶ月 0円 0円
27~48ヶ月 13,000円 8,000円
49、50ヶ月 0円 0円

※2018年11月現在の料金情報を掲載しております。

もし、更新月がわからない場合、以下の「ドコモインフォメーションセンター」まで問い合わせると、契約内容が確認出来ます。

■ドコモインフォメーションセンター

電話番号 受付時間
ドコモの携帯電話からの場合 (局番なし)151(無料) 午前9時~午後8時(年中無休)
※一般電話等からは利用不可
一般電話などからの場合 0120-800-000
(携帯電話・PHS OK)
午前9時~午後8時(年中無休)
※一部のIP電話からは接続できない場合があります。

解約を急がない場合は、違約金のかからないタイミングで手続きをしましょう!

ドコモ光の工事費(工事が完了している場合)

ドコモ光の契約時、初回に工事費が発生しています。
もし、ドコモ光の工事が完了していた場合、解約のタイミングで工事費を全額支払う必要があります。
工事費は、戸建てタイプの契約だと19,440円(税込)、マンションタイプの契約だと16,200円(税込)となります。

フレッツ光からドコモ光に転用した場合、工事費は発生しません。
ただし、フレッツ光の工事費用を分割払いしており、未払い分があるなかでドコモ光に転用した場合、残額を一括で支払う必要があります。

プロバイダの解約金

プロバイダの解約金は契約内容により異なります。
詳しい解約金は、プロバイダご利用にあたっての注意事項を確認しましょう。

また、プロバイダへの解約手続きを忘れると、プロバイダ料金の請求が続いてしまいます。
ドコモ光を解約するのと同時にプロバイダへの解約手続きを行いましょう。

お得に解約手続きをする方法

お得に解約手続きをしたい方は、乗り換えキャッシュバックが大きな回線へ乗り換えましょう。
違約金などが返還してもらえ、解約時に必要になった費用が戻ってくるからです。
たとえば、ソフトバンク光は乗換えで最大70,000円、auひかりは乗り換えで最大73,000円キャッシュバックを受け取れます。
初期契約期間を超えてしまった場合はそのまま契約することがおすすめですが、どうしても契約解除したい場合は、乗り換え先のキャッシュバックを利用するとお得に乗り換えることができます。

まとめ

いかがでしたか。

ドコモ光を契約後にキャンセルする際、初期契約解除の期間内に申請をすると違約金が発生しません。
ただし、事務手数料は発生します。
また、開通工事が済んでいる場合は、工事費とサービス使用料が日割りで請求されます。

初期契約解除期間後にキャンセルをしたい場合は解約扱いとなります。
その際は、状況により費用が異なるため注意してください。

お得に解約したい方は、キャッシュバックが大きい回線に乗り換えることも検討してください。