ドコモ光

ドコモ光の工事の内容や費用、工事前後の注意点を徹底解説

ドコモ光の工事のイメージ

自宅でインターネットを使うためにドコモ光を利用しようとお考えですね。
ドコモ光を利用するには回線の開通工事が必要です。

「ドコモ光の工事って具体的に何をするの?」
「賃貸に住んでいるけど大丈夫?」
「工事費はいくらかかるの?」

工事と聞いて、このような疑問や不安を抱えている人が多いのではないでしょうか。
工事というと大がかりなイメージがありますが、実際には「作業」程度であることが多く、基本的に心配する必要はありません。

とはいえ、実際に工事をする前に不安や疑問を解消しておきたいですよね。

そこで今回は、ドコモ光の工事の内容と工事にかかる費用や注意点について詳しく解説します。
ぜひ参考にしてください。

ドコモ光の工事の内容はどんな作業を行うの?

それでは早速、実際にドコモ光の開通工事はどんな作業を行うのか解説していきます。
ドコモ光の工事は、光ファイバーのケーブルを電柱やマンションの共用部などから自宅内まで引き込む作業を行います。

戸建てかマンションかで作業の細かな内容は異なるのですが、「光ファイバーケーブルを宅内に引き込む」という目的は同じです。

おおまかな工事の流れは下記の通りとなります。

  • 工事担当者から工事の説明を受ける
  • 自宅近くの電柱から光ファイバーケーブルを引きこむ
  • 部屋内に光コンセントを設置する
  • 光コンセントと回線終端装置(ONU)もしくはホームゲートウェイを接続する
  • 工事担当者が確認用のパソコンで接続確認を行う
  • 工事完了
ドコモ光の工事の流れ

引用:NTTドコモ|ドコモ光ご利用注意

ただ、自宅やマンション内の設備状況によって、工事の内容が大きく変わってきます。
特に大きく変わる点が②光ファイバーの引き込みから③光コンセントの設置までです。
新しく光回線を引く場合はもちろん工事が必要ですが、あらかじめ光ファイバーが自宅内に引き込まれている場合は、工事が不要ということになります。
この場合、スタッフを自宅に入れなくても、ドコモ光の開通工事が済んでしまいます。

次項でドコモ光の工事の3つのタイプについて紹介していきます。

ドコモ光の工事は誰が行うの?

ドコモ光の工事はドコモ光ではなく、NTT、もしくはNTTから委託された人が行います。

ドコモ光はNTTのフレッツ光と同じ回線を使用しているため、NTTの事業者が行います。

工事の品質自体は問題なく、確実にインターネットに接続できるよう作業をしてくれます。

ドコモ光の工事は大きく3タイプに分けられる

上述した通り、ドコモ光の工事は光ファイバーが自宅内に引き込まれているかどうかで、以下の3タイプに分けられます。

  • 派遣工事
  • 無派遣工事
  • フレッツ光からの転用

工事のタイプによって、工事の内容も工事の費用も異なります。
詳細を次項で解説します。

ドコモ光の派遣工事は自宅内で立会工事が必要

派遣工事は、自宅内に作業員を派遣してもらい、工事を行うタイプです。

自宅まで光ファイバーが引き込まれていないため、自宅まで光ファイバーを引き込む工事が必要になります。

この場合は、自宅に作業員を入れ立ち会い工事が必要になります。
工事日の日程調整のほか、工事費用も必要になってしまい、手間とお金がかかってしまいます。

派遣工事の場合の工事費は通り、下記の費用が必要です。

派遣工事 事務手数料
戸建て 18,000円 3,000円
マンション 15,000円

ただ、ドコモ光の新規工事はほとんどの場合がこの派遣工事のタイプとなります。
ドコモ光を開通させるために必ず必要な作業だと認識しておきましょう。

ドコモ光の無派遣工事は立ち合い工事が不要で費用も格安

派遣工事は手間も費用も必要と上述しましたが、無派遣工事はスタッフを派遣しない工事のことを指し、簡単に工事が完了します。

無派遣工事の対象となる物件は、あらかじめ光ファイバーが自宅内に引き込まれているため、改めて派遣工事のような作業が必要ないからです。

無派遣工事の場合は、スタッフを自宅に入れる立ち合い工事が不要です。
開通工事はNTTの局舎内だけで工事が完了するため、工事日の調整が必要ありません。
工事費用も格安に済み手間や費用を掛けずにドコモ光の開通工事を済ませることができます。

無派遣工事の場合の工事費用は下記の通りとなります。

無派遣工事 事務手数料
戸建て 2,000円 3,000円
マンション

無派遣工事は工事の手配の手間も少なく、費用も少なくドコモ光の開通手続きができます。

しかし、開通後は自分で接続の設定を行う必要があります。
事前にNTTから接続用の機器が送付されるので、工事が完了したら機器を接続するだけで、インターネットに接続できるようになります。

一点注意点としては、NTTから送られた機器は90日以内に接続と設定を完了させてください。
90日を超えて接続設定を行っていないと、ドコモ光の契約が解除されてしまうので、忘れずに設定しましょう。

フレッツ光からの転用の場合も、工事が不要

フレッツ光からドコモ光へ乗り換えることを転用と言いますが、転用の場合も工事が不要となります。

ドコモ光はコラボレーション光といって、フレッツ光と同じ回線を使用してサービスを提供しているからです。

無派遣工事同様、あらかじめドコモ光と同じ光ファイバーが設置されているため、工事が不要です。
工事費用も不要となるので、お得にドコモ光へ乗り換えることができます。

ドコモ光の転用については、下記ページで解説しているので参考にしてください。

ドコモ光への転用方法とは?

ただ一部ドコモ光の転用でも費用が必要になる例外もあります。

次項で解説します

フレッツ光から最大通信速度を1Gbpsに変えたい人は工事が必要

フレッツ光からドコモ光への転用の場合でも、最大通信速度を変更する場合は追加工事が必要になります。

フレッツ光は、最大通信速度が100Mbps、200Mbpsなどの契約プランがあります。
ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsですが、転用後ドコモ光の通信速度に合わせたい場合は光ファイバー自体を1Gbpsのもに対応させる必要があるためです。
その際に工事と工事費用が必要になります。
速度変更の際に必要になる費用は下記の通りです。

工事費用 手数料
7,600円 3,000円

通常の新規工事など比べると費用を安く抑えることができますが、無派遣工事の時と比べると費用が高くなります。
しかし、100Mbpsと1Gbpsの通信速度は快適さが全く異なります。
接続速度が遅くなるストレスを感じることなく、インターネットを楽しむことができます。
フレッツ光で100Mbpsの通信速度の契約でドコモ光への転用を検討している方は、速度変更手続きをお勧めします。

ドコモ光ミニプランへの転用の場合も工事費用が必要

フレッツ光からドコモ光のドコモ光ミニ」プランへ転用する場合も、工事が必要になります。

ドコモ光ミニプランは戸建て限定のサービスで、使用した通信量に応じて料金が変動する2段階定額サービスです。
プランの詳細は、下記ページでも紹介しているので参考にしてください。

ドコモ光の料金はいくら?プランと割引内容

ドコモ光ミニへの転用の場合は、通常の新規工事の場合と同様の工事費用が必要です。

しかし、ドコモ光ミニのプランは結果的に料金が高くなってしまうことが多く、メリットが少ないプランなので、フレッツ光から転用する場合は通常のタイプAで契約することをお勧めします。

ドコモ光の工事が派遣工事か無派遣工事かは申し込み後までわからない

ドコモ光の工事が派遣工事か無派遣工事かは、ドコモ光に申込みをするまでわかりません。

ドコモ光に申込みを行った後、ドコモ光から派遣工事になるか、無派遣工事になるかの回答が来るので、それを待ちましょう。

しかし、事前にある程度派遣工事か無派遣工事か予測することは可能です。

部屋に光コンセントがあるかどうかが見極めるポイントです。

部屋に光コンセントがある場合、以前住んでいた人は光回線の撤去工事を行わず、置いていった可能性があります。
その場合、無派遣工事でドコモ光を開通させることができます。
しかし、光コンセントがあるからと言って、ドコモ光以外の回線会社が設置した光コンセントの場合だとやはり工事が必要です。
申込み時にドコモ光に確認するしか確実な方法がありません。

自分で派遣工事か無派遣工事かを選ぶこともできないので、ある種の運と言えます。

ドコモ光の派遣工事の流れ

ドコモ光の工事は、戸建てかマンションかで内容が異なります。
ですが、「光ファイバーケーブルを宅内に引き込む」という目的は同じです。
それぞれの工事内容と手順について詳しく見ていきましょう。

ドコモ光の戸建て住宅の工事の流れ

戸建てタイプの工事内容と工事の流れは以下のようになります。

  • 工事担当者から工事内容の説明を受ける
  • 自宅近くの電柱から宅内まで光ファイバーケーブルを引き込む
  • 宅内に光コンセントを設置する
  • ONUに光ファイバーケーブルを接続する
  • 工事担当者の確認用PCでドコモ光の接続確認
  • 接続が確認できれば工事完了

以上で戸建て住宅のドコモ光の工事が完了します。

ただ戸建ての場合はマンションとは異なる注意点があります。
次項以降で解説します。

戸建ての場合、家の中に配線を通すための穴を開ける工事が必要になる場合もある

戸建て物件の場合、建物の状況によって、壁面に穴を開ける工事が必要になる場合があります。

通常、多目的配管やエアコンダクトなどから光ファイバーを自宅内に引き込みますが、建物の状況によってはケーブルを通すスペースがない場合があるからです。

この場合、自宅の壁面に光ファイバーを通すために直径1センチメートルほどの穴を開ける必要があります。
持ち家物件である場合は良いですが、賃貸物件の場合は大家さんや管理会社に許可が必要になります。
許可なく穴を開けてしまうと、原状復帰のために多額の費用を求められてしまうケースがあります。

工事のために近隣住民に許可を得る必要がある場合がある

戸建てプランの場合、自宅まで光ファイバー配線を引くために、近隣住民に許可を得る必要がある場合があります。

近隣住民の敷地内と通らないと光ファイバーを引き込めないケースがあるからです。
この場合、事前に工事前に住民に工事のために敷地内を使うことを伝えておく必要があります。

許可を得ず工事を行ってしまうと、無用なトラブルの原因となってしまう場合があるので気を付けましょう。

役所の申請が必要な場合もまれにある

工事のために市や県の役所の許可を得る必要がある場合があります。

上記の近隣住民の許可の際と同様に、河川や役所の所有物などを通る工事の場合、役所の許可が必要になってしまいます。

この場合、申請手続きが非常に手間なほか、許可が下りるまでに時間がかかる場合があります。

ただそうしたケースは非常にまれなので、あまり気にしすぎる必要はありません。

ドコモ光のマンションの工事の流れ

マンションタイプの工事内容と工事の流れは以下のようになります。

  • 工事担当者から工事内容の説明
  • 自宅近くの電柱からマンション共用部まで光ファイバーケーブルを引き込む
  • マンション共用部から部屋まで光ファイバーケーブルを引き込む
  • 部屋内に光コンセントを設置する
  • ONUに光ファイバーケーブルを接続する
  • 工事担当者の確認用PCでドコモ光の接続確認
  • 接続が確認できれば工事完了

基本的な流れは戸建ての場合と同じですが、光ファイバーケーブルの引き込みに関する作業が戸建てとは異なってきます。
マンションタイプでは、まずは自宅近くの電柱からマンションの共有スペースに光ファイバーケーブルを引き込みます。
その後、マンションの共有スペースから各部屋に光ファイバーケーブルを引き込みます。
この共用スペースをMDF室といいます。

MDF室は普段施錠されていることが多く、施錠されていると工事ができない場合があります。
工事当日にMDF室の鍵を開けてもらえるよう、事前に管理会社や大家さんに連絡しておきましょう。

また、マンションタイプでは、前の入居者が設置した光コンセントがそのままになっている場合、宅内での工事が不要である「無派遣工事」となります。
この場合、郵送されてくるONUなどの機器を設置するだけで工事が完了します。
無派遣工事となった場合、工事費は2,160円のみで済みます。
光コンセントがすでに設置されている場合には、派遣工事をする必要がないことを覚えておきましょう。

マンションやアパートでも、ドコモ光戸建てプランでしか契約できないケースがある

マンションに住んでいても、マンションプランに契約できず、戸建て契約しかできないケースがあります。

マンションの共用部まで光ファイバーが引き込まれていない、マンション内で光ファイバーを通す仕組みがないなどのケースです。

ドコモ光はマンションプランよりも戸建てプランの方が月額基本料金が高くなっています。
上記の場合はマンションに住んでいても、月額料金の高い戸建てプランでしか契約できません。

マンション内の配線がVDSL方式だと100Mbpsしか速度が出ない

マンションの共用部から、自宅までの配線方式が「VDSL」の場合、最大通信速度がドコモ光でも100Mbpsしか出ません。

マンションには大きく以下の2種類の配線方式があります。

  • 光配線方式
  • VDSL方式

光配線方式は、光ファイバーで自宅まで接続できるので、最大通信速度は1Gbpsとなります。
一方VDSL方式は1Gbpsに対応できず、最大通信速度が100Mbpsまで落ちてしまいます。
せっかく最大速度1Gbpsのドコモ光で契約しても、VDSL方式では100Mbpsの速度となってしまいます。

マンションの管理人や大家さんに聞けば教えてくれるので、事前に確認しておくことをお勧めします。

ドコモ光の開通に必要な工事費

では皆さんが気にされるドコモ光の開通時に必要な工事費用について紹介します。

ドコモ光の開通時に必要な工事費用は下記の通りとなっています。

事務手数料 派遣工事 無派遣工事
戸建て 3,000円 18,000円 2,000円
マンション 15,000円

ご覧いただくとわかる通り、派遣工事と無派遣工事とでは、工事費用が大きく異なることがわかります。
派遣工事と無派遣工事の違いについては先述しましたが、簡単にいればスタッフを自宅に入れた立ち合い工事が必要かそうでないかの違いとなっています。
無派遣工事の方がお得なことは間違いありませんが、自分ではどちらにするか選ぶことができません。
自宅の設備状況などによって異なり、ドコモ光の申し込みを行うまで、どちらになるかわからないので注意しましょう。

工事費用について詳しくは下記ページで解説しているので、こちらも参考にしてください。

ドコモ光の工事費はいくら?

光テレビや光電話オプション、土日祝日などの工事は追加費用がかかる

先述した工事料は基本工事料となっており、オプションや工事内容などによって、追加の工事料金が発生します。

主に追加で発生する工事費用を紹介します。

ドコモ光テレビオプションの工事費用

ドコモ光テレビオプションは、インターネット回線を利用して地デジや無料のBS放送を視聴できるオプションです。
さらに追加オプションで「スカパー!」を視聴できるプランもあります。

工事費用はテレビの接続台数によって変わります。
工事料金は下記の通りとなっています。

接続台数 基本工事料 テレビ接続工事料 テレビ視聴サービス登録料 テレビオプション事務手数料 合計
1台 3,000円 6,500円 2,800円 0円 12,300円
2~4台 3,000円 19,800円 2,800円 0円 25,600円
スカパー同時申し込み 無料 3台まで無料 無料 0円 0円

スカパーに同時加入すると、工事料金を0円にできます。
ただドコモ光のスカパー契約は2年間の継続契約が必要になってしまうので、スカパー加入の必要性を考えて検討しましょう。
ドコモ光テレビオプションとドコモ光スカパーの詳細については下記ページで解説しています。
参考にしてください。

ドコモ光テレビオプション

ドコモ光スカパー!

ドコモ光電話の工事費用

ドコモ光電話は、インターネット回線を利用して固定電話サービスを利用できるオプションです。
通話料金や基本料金は、通常のNTTの加入電話よりも非常に安く利用できます。

これまで利用していた固定電話の番号を引き継ぐ「番号ポータビリティ」や派遣工事の有り無しで工事料金が変わってきます。
ドコモ光電話の工事料金一覧表は下記の通りとなります。

番号ポータビリティ 派遣工事 ドコモ光電話契約事務手数料 工事料
あり あり 0円 3,000円
あり なし 0円 3,000円
なし あり 0円 1,000円
なし なし 0円 1,000円

基本的に番号ポータビリティがある場合、工事費用が高くなってしまいます。
とはいっても、3,000円か1,000円かの違いです。
番号ポータビリティは電話番号が変わって知り合いに新しい番号を伝える手間を省けるので便利なサービスです。
ドコモ光電話への切り替えを検討している人は番号ポータビリティを利用して手間を省きましょう。

ドコモ光電話に関する詳細は下記のページで紹介しています。
参考にしてください。

ドコモ光電話の料金やサービス内容、申し込み方法

ドコモ光電話では電話番号はどうなるの?

ドコモ光のお得な情報:新規契約で工事費無料キャンペーン実施中

ここまで工事料金について解説しましたが、意外と工事費用が高くなってしまいそうですよね。
でも安心して下さい。
ドコモ光は2019年4月現在、基本工事費用に限り費用を無料にすることができます。

ドコモ光は現在「ドコモ光新規工事料無料キャンペーン」を実施しているからです。
これにより、最大18,000円の基本工事費用を無料にできます。
キャンペーンの詳細は下記の通りです。

対象
ドコモ光の工事料最大18,000円
契約事務手数料は別途必要
通常の工事料のみが対象で、オプションの工事料や土日祝日の追加工事料、その他工事内容などで発生する追加料金はキャンペーン対象外
受付期間
2018年12月1日~2019年5月6日
適用条件
ドコモ光を新規で申込み、2019年11月6日までに利用を開始すること

上記の通り、無料キャンペーンの適用条件は新規契約をして半年以内に利用を開始するだけで、非常に簡単にクリアできます。
ただ、キャンペーンの期間が2019年5月6日までと、限られているので、ドコモ光の申し込みを検討している方は早めに申し込みを行いましょう。

工事費無料のキャンペーンは実は定期的にも実施されています。
次回のキャンペーンがいつ開催されるかは、まだ判明していませんが、キャンペーン期間を逃してしまった方は、次のキャンペーンまで待つことも一つの方法です。
ぜひキャンペーンを利用してお得にドコモ光を契約してください。

ドコモ光の工事費料金シミュレーション

ドコモ光の公式サイトでは、ドコモ光の工事費に関するシミュレーターを利用することができます。

ドコモ光工事料金シミュレーション

住居タイプや契約するオプションなどに答えるだけで、工事費の概算を算出してくれます。

ただ算出される工事費は概算なので、当日の工事の内容などにより、金額が変動する可能性があります。

あくまで金額のイメージをつかむためのものとして認識しておきましょう。

ドコモ光の開通工事後に行うこと

工事が完了した時点では、まだ自宅のパソコンやスマホなどの機器がインターネットに接続できる状態にはなっていません。
開通工事がおわった後に自分でパソコンとONU、無線LANルーターを接続・設定することで、インターネットに接続できるようになります。
主に下記の手順でインターネットに接続できるようになります。

  • 回線終端装置とパソコンを接続する
  • プロバイダのユーザー名とパスワードを登録する
  • インターネットに接続できたか確認する

ですが、パソコンが苦手な方にとっては、この設定に頭を抱えてしまいますよね。
そこで、工事が完了した後のインターネットの設定方法について解説した記事を紹介します。 ぜひ参考にしてください。

ドコモ光のパソコン接続

ドコモ光の工事に関する注意点

ここまでドコモ光の工事について解説しましたが、その他細かな注意点などもあります。
以下に紹介しますので、事前に確認しておきましょう。

ドコモ光の申し込みから工事完了までの日数は1ヶ月ほど

ドコモ光の申し込みから工事完了まで、1か月ほど必要です。

工事日の調整を行うために時間が必要で、場合によっては1ヶ月よりも長くなってしまう場合があります。

インターネットを使用できない期間が長くなってしまうので、ドコモ光に契約することを決めたら、できるだけ早めに申し込みを行いましょう。

2~4月の引越し繁忙期には2か月以上かかることもある

とくに2~4月の引越し繁忙期にはドコモ光の申し込みから工事完了まで2か月ほど必要になる場合があります。

工事の申し込みが増える時期のため、工事待ちの人が増えてしまうためです。

同様に引越しを控えている人は、引っ越しがきまったらすぐにドコモ光の引っ越しの手続きを始めましょう。
ドコモ光の引っ越し手続きについては下記ページで紹介しているので参考にしてください。

ドコモ光の引っ越し手続き方法と移転工事の費用まとめ

実際に工事を始めてみないとわからないことが多い

工事は実際に始めてみないとわからないことが多くあります。

例えば、電話線の配管に光ファイバーケーブルを通そうと思っていたのに、実際に工事を始めてみると配管がいっぱいになっていて通らない場合があります。

このように、実際に工事を始めないとわからないことが多くあり、予定通りに工事が行われず、延期になることもあります。

こういった可能性も考慮して、工事の予定を組む必要があります。

工事の予約確定後でもドコモ光のキャンセルはできる

ドコモ光は、工事前であれば電話一本で契約のキャンセルができます。

工事が終わってしまうと、キャンセルではなく解約扱いとなり、お金がかかってしまいます。
キャンセルしたいと思ったら、できるだけ工事前にキャンセルするようにしましょう。

ドコモ光の工事前に行う解約については下記のページで解説しているので手続きの参考にしてください。

ドコモ光の工事前に解約はできる?

まとめ

ここまでドコモ光の工事について詳しく解説しました。

「工事」と聞くと大がかりなイメージで、やるべきことが多そうに感じますが、実際は作業員に任せてしまえば、簡単にインターネットの接続ができるようになります。

ぜひ記事を参考にして工事の不安を解消し、快適なドコモ光のインターネットを楽しんでください。

監修者情報

齋藤 憂真
2018年に株式会社エイチームコネクトに入社し、インターネット回線のお問い合わせ窓口を担当。
インターネット契約時の悩みから、契約後のアフターケアまでを一手に担い、お客様の幅広い悩みを解決するよう取り組んでいる。

関連記事

インターネット回線まるわかりドットコムは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。

ご相談・お問い合わせ
通話無料
0120-989-325
閉じる