ドコモ光

ドコモ光の工事内容・流れや注意点を徹底解説

自宅でインターネットを使うためにドコモ光を利用しようとお考えですね。
ドコモ光を利用するには回線の開通工事が必要です。

「ドコモ光の工事って具体的に何をするの?」
「賃貸に住んでいるけど大丈夫?」
「工事費はいくらかかるの?」

工事と聞いて、このような疑問や不安を抱えている人が多いのではないでしょうか。
工事というと大がかりなイメージがありますが、実際には「作業」程度であることが多く、基本的に心配する必要はありません。

とはいえ、実際に工事をする前に不安や疑問を解消しておきたいですよね。

そこで今回は、ドコモ光の工事の内容と工事にかかる費用や注意点について詳しく解説します。
ぜひ参考にしてください。

ドコモ光の工事が必要な理由

ドコモ光に限らず、光回線やADSLなどのインターネット回線では、自宅でインターネットを使えるようにするために回線の開通工事が必要になります。
自宅でインターネットを使えるようにするためには、NTT東日本・西日本が敷設する光ファイバーケーブルを自宅まで引き込む必要があります。
この「光ファイバーケーブルを自宅まで引き込む」という作業は、専門の工事担当者でなければできないので、ここで開通工事が必要になります。

ただし、フレッツ光からドコモ光に転用するときのみ、工事が不要になります。
ドコモ光とフレッツ光は同じ光ファイバーケーブルを利用しており、フレッツ光からドコモ光に乗り換えた場合には、フレッツ光の配線をそのまま利用することができるからです。
フレッツ光からドコモ光への転用以外では、基本的に工事が必要です。
それでは、ドコモ光の工事について詳しく見ていきましょう。

ドコモ光の工事までの流れ

ドコモ光の工事までの流れは以下のようになります。

  • ドコモ光エリア検索
  • ドコモ光への新規申し込み
  • 工事日の調整
  • 開通工事

ドコモ光を利用するには、ドコモ光のサービスエリア内でないといけません。
ですので、まずは自宅がドコモ光のサービスエリア内であるか検索しましょう。
ドコモ光のエリア検索は、NTT東西の公式ホームページより確認できます。

参考:NTT東日本 エリア検索|NTT東日本
参考:NTT西日本 エリア検索|NTT西日本

無事自宅がサービスエリア内であれば、ドコモ光の申し込みができます。
ドコモ光への申し込みはオンラインか電話、または店頭ですることができます。
その際に、契約中のドコモの携帯電話番号と、契約事務手数料3000円が必要になります。
申し込み前にしっかりと準備しておきましょう。

申し込みが完了すると、次はドコモ光サービスセンターより電話がかかってきます。
ここで、工事日の調整を行います。
工事日が決定すると、工事日前日までにプロバイダから書類が届きます。
この書類には、プロバイダの「接続ID」「パスワード」が記載されています。
インターネット接続時に必要になりますので、大切に保管しておきましょう。

ここまでくればあとは工事日を待つのみです。
次は、ドコモ光の工事の内容と流れについて紹介していきます。

ドコモ光の工事内容

ドコモ光の工事は、戸建てかマンションかで内容が異なります。
ですが、「光ファイバーケーブルを宅内に引き込む」という目的は同じです。

開始から工事完了までにかかる時間は、戸建て・マンションともに30分~1時間程度になります。
それぞれの工事内容と手順について詳しく見ていきましょう。

マンションタイプの工事内容

マンションタイプの工事内容と工事の流れは以下のようになります。

  • 工事担当者から工事内容の説明
  • 自宅近くの電柱からマンション共用部まで光ファイバーケーブルを引き込む
  • マンション共用部から部屋まで光ファイバーケーブルを引き込む
  • 部屋内に光コンセントを設置する
  • ONUに光ファイバーケーブルを接続する
  • 工事担当者の確認用PCでドコモ光の接続確認
  • 接続が確認できれば工事完了

マンションタイプでは、まずは自宅近くの電柱からマンションの共有スペースに光ファイバーケーブルを引き込みます。
その後、マンションの共有スペースから各部屋に光ファイバーケーブルを引き込みます。
この共用スペースをMDF室といいます。
MDF室は普段施錠されていることが多く、施錠されていると工事ができない場合があります。
工事当日にMDF室の鍵を開けてもらえるよう、事前に管理会社や大家さんに連絡しておきましょう。

また、マンションタイプでは、前の入居者が設置した光コンセントがそのままになっている場合、宅内での工事が不要である「無派遣工事」となります。
この場合、郵送されてくるONUなどの機器を設置するだけで工事が完了します。
無派遣工事となった場合、工事費は2,160円のみで済みます。
光コンセントがすでに設置されている場合には、派遣工事をする必要がないことを覚えておきましょう。

戸建てタイプの工事内容

戸建てタイプの工事内容と工事の流れは以下のようになります。

  • 工事担当者から工事内容の説明
  • 自宅近くの電柱から宅内まで光ファイバーケーブルを引き込む
  • 宅内に光コンセントを設置する
  • ONUに光ファイバーケーブルを接続する
  • 工事担当者の確認用PCでドコモ光の接続確認
  • 接続が確認できれば工事完了

戸建てタイプでは、自宅近くの電柱から直接宅内まで光ファイバーケーブルを引き込みます。
電柱から宅内へ光ファイバーケーブルを引き込む際、基本的には多目的配管を利用します。

しかし、多目的配管がない場合や、他の配線が通っていて光ファイバーケーブルを通すスペースがない場合があります。
その場合には、エアコンダクトや通気口、換気扇の隙間、ドアホンの穴などを利用して配線します。
もし、利用できる配線通路がどこにもない場合には、壁に穴を開けて配線する必要があります。
賃貸物件であれば、管理会社や大家さんの許可が必要になるので、事前に確認しておきましょう。

ドコモ光の工事に関する注意点

ドコモ光の工事で注意すべき点は以下のとおりです。

申込みから工事まで時間がかかることがある
ドコモ光の工事は、申込みから工事まで時間がかかることがあります。
通常1ヶ月程度で開通しますが、それ以上待たされることもあります。工事が必要になったら、できる限り早めに申し込みをしましょう。
工事の予約確定後にキャンセルしたい場合
ドコモ光は、工事前であれば電話一本で契約のキャンセルができます。
工事が終わってしまうと、キャンセルではなく解約扱いとなり、お金がかかってしまいます。
キャンセルしたいと思ったら、できるだけ工事前にキャンセルするようにしましょう。
近隣住民の協力が必要な場合がある
工事をするにあたり、近くに住んでいる人の協力が必要になる場合があります。
例えば、マンションタイプで隣の家のベランダに入らないと工事できない場合や、隣の家の敷地内に光ファイバーケーブルを通さなければならない場合などがあります。
その場合には、該当する住民の許可が必要になります。
許可が得られない場合や、該当する住民が不在である場合には、工事ができず延期や中止になってしまう可能性があります。
実際に工事を始めてみないとわからないことが多い
工事は実際に始めてみないとわからないことが多くあります。
例えば、電話線の配管に光ファイバーケーブルを通そうと思っていたのに、実際に工事を始めてみると配管がいっぱいになっていて通らない場合があります。
このように、実際に工事を始めないとわからないことが多くあり、予定通りに工事が行われず、延期になることもあります。
こういった可能性も考慮して、工事の予定を組む必要があります。
まれに役所への申請が必要な場合がある
お住まいの住居タイプや周りの環境によっては、役所への申請が必要な場合があります。
例えば、住居が市営住宅である場合や、国道や河川に光ファイバーケーブルを通さなければならない場合には、役所の許可が必要になります。
この場合、申請して許可をもらうまで時間がかかるので注意しましょう。

ドコモ光の工事にかかる費用

ドコモ光の工事費は、2,160円から19,440円と幅があり、契約内容や住居タイプによって異なります。
例えば、すでに自宅に光コンセントが設置されている場合、工事費は2,160円で済みますが、光回線の開通工事を行う場合には、最大19,440円の工事費がかかります。

正確な工事費は、下記のサイトで確認しましょう。
参考:ドコモ光工事料金シミュレーション|NTTドコモ

また、フレッツ光からドコモ光に転用する場合のみ、工事費が不要になります。
ドコモ光の工事費に関する詳細はこちらをご覧ください。

ドコモ光の工事費はいくら?

工事後にやるべきこと

工事が完了した時点では、まだ自宅のパソコンやスマホなどの機器がインターネットに接続できる状態にはなっていません。
開通工事がおわった後に自分でパソコンとONU、無線LANルーターを接続・設定することで、インターネットに接続できるようになります。
ですが、パソコンが苦手な方にとっては、この設定に頭を抱えてしまいますよね。
そこで、工事が完了した後のインターネットの設定方法について解説した記事を紹介します。 ぜひ参考にしてください。
ドコモ光でパソコンにインターネットを接続する設定方法