ドコモ光

ドコモ光のフレッツ光からの転用方法と転用するメリット

ドコモ光を自宅へ転用するイメージ

フレッツ光を利用している場合、ドコモ光への転用が可能です。
ドコモ光はドコモ携帯との連携割引が可能で、ドコモユーザーには非常にお得な回線です。

ただ、手続きの方法や費用がいくら必要か、お悩みの方もいると思います。
ですが、しっかり調べると、手続きは簡単で、費用も少なくドコモ光へ転用できます。

この記事ではフレッツ光からドコモ光への転用方法を紹介します。
ぜひ参考にして、自宅のインターネット回線をお得なドコモ光へ切り替えてください。

ドコモ光の転用とは

ドコモ光の転用とは、フレッツ光からドコモ光への切り替えのことを指します
対してフレッツ光以外(ソフトバンク光やauひかりなど)からのドコモ光に切り替えることは乗り換えと言われます。

なぜフレッツ光だけ「転用」と呼ばれているのでしょうか。
それはドコモ光はもともとフレッツ光の回線を共用しているからです。

使用する回線そのものは変わらず、運営会社だけが変わる仕組みとなります。
このため、フレッツ光からドコモ光への切り替えは、「乗り換え」ではなく、「転用」という扱いになります。

それではフレッツ光からドコモひかりに転用するのはどのようなメリットがあるのでしょうか。
詳しく説明していきます。

フレッツ光からドコモ光に転用するメリット

フレッツ光からドコモ光へ転用する際、主に以下のようなメリットを受けることができます。

  • ドコモ携帯電話との連携割引が大きくなる
  • 工事費が不要でフレッツ光の解約料も不要
  • プロバイダの変更手続きが不要
  • 転用でキャッシュバックがもらえる

非常に多くのメリットがあります。
次項で詳しく紹介します。

スマートフォンなどドコモ携帯電話との連携割引が適用される

ドコモ光はドコモ携帯電話とセットにすることで、連携割引が適用されるようになります。
その際、ドコモ光と携帯電話の回線を「ペア回線」設定する必要があります。

ペア回線とはドコモ光と携帯電話契約をペア、つまり一組にして契約することです。
ドコモ光の申し込み時に、ペア回線の申し込みをしてください。
その際、電話番号のほか、4桁のネットワーク暗証番号も必要です。
事前に用意しておきましょう。

それでは実際にどれだけ安くなるか見てみましょう。
下図の表は、フレッツ光とドコモ光の料金比較表です。

戸建て マンション
フレッツ光(東日本) 5,200円 3,550円~4,550円
フレッツ光(西日本) 4,800円 3,650円~4,750円
ドコモ光 5,200円~5,400円 4,000円~4,200円

上記の料金は下記条件から算出しました。

  • ドコモ光、フレッツ光ともに2年の定期契約ありのプラン
  • フレッツ光東日本は、「光ネクストギガスマートタイプ」で、「ギガ押し割引」適用。プロバイダは月額利用料金最安値500円のエキサイトBB。
  • フレッツ光西日本は、「光ネクスト」、「光はじめ割」適用。プロバイダは月額利用金最安値500円のエキサイトBB。

ここまでは光回線契約の基本料金を紹介しました。
月額料金に大きな違いがないように見えますが、ドコモの携帯電話・スマートフォンをお使いの人は、ここから連携割引が適用されます。

主な値引き額は次の通りになります。

プラン名 通常料金 割引
家族シェア定額プラン ベーシックシェアパック(~12GB) 12,000円 -1,800円
ベーシックシェアパック(~10GB) 9,000円 -1,200円
家族シェア使った分だけ ウルトラシェアパック30 13,500円 -2,500円
個人定額プラン ベーシックパック(~20GB) 7,000円 ー800円
ベーシックパック(~5GB) 5,000円 -800円
ベーシックパック(~3GB) 4,000円 -200円
個人使った分だけ ウルトラデータLパック 6,000円 -1,400円
ケータイパック 300~4,200円 最大-500円

ご覧のようにプランにもよりますが、最大3,500円の割引が効きます。
ドコモ携帯電話とドコモ光の請求をセットにすることで、ほとんどの場合でフレッツ光の月額利用料金よりも安く。ドコモ光を利用できます。

ドコモの携帯電話ユーザーは、フレッツ光よりも、ドコモ光へ転用したほうがお得な場合が多くなります。

基本的に転用に伴う工事が不要で、フレッツ光の解約料も不要

フレッツ光からドコモ光への転用は、基本的に光回線であれば工事不要でできます。
また、フレッツ光の解約料も不要です。
フレッツ光とドコモ光は、インターネット用の回線が同じなので、開通の工事が必要ないからです。

通常、回線の乗り換え工事には1万円以上の費用が発生します。
この費用がなくなるのは、うれしいですよね。

ただ一部契約しているプランによっては、工事が必要な場合があります。
主に回線の最大速度がアップグレードされる場合は、工事が必要です。
また、ADSLを利用している人は、転用ができず、新規契約が必要になります。

下記公式サイトで、工事が必要な場合と必要な場合を紹介しています。
ご自身のフレッツ光の契約と照らし合わせ、工事が必要かどうか確認してください。

ドコモ光 : ドコモ光に転用可能なフレッツ光の品目 | 料金・割引 | 法人のお客さま | NTTドコモ

転用の場合でもキャッシュバックがもらえる

通常乗り換えでもらえるキャッシュバックですが、フレッツ光からドコモ光への転用でも、キャッシュバックがもらえます。

ドコモ公式サイトでは、ドコモ独自のポイント「dポイント」によるキャッシュバックを行っています。
フレッツ光からドコモ光へ転用の申し込みをした人に、5,000円分のdポイントをプレゼントしています。

ドコモ光dポイントプレゼント特典 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

転用するだけでもらえるポイントなので、ぜひ申し込みしましょう。

プロバイダの変更手続きが不要

フレッツ光からドコモ光への転用は、プロバイダの変更手続きが不要です。

ドコモ光では、フレッツ光の対応プロバイダに多く対応しているからです。

希望の場合は、プロバイダの変更もできますが、基本的にはそのまま転用ができます。

ドコモ光への転用申し込み方法

転用の申し込み手続きには、以下のものが必要になります。

  • 契約中のドコモ携帯電話番号
  • 転用承諾番号(NTT東日本・西日本で取得)
  • フレッツ光の利用場所住所
  • フレッツ光の契約名義人
  • 契約事務手数料3,000円

細かな手順については次項で説明します。

NTTに転用承諾番号取得の申請をする

転用承諾番号とはフレッツ光回線を、ドコモ光回線へ転用する際に必要になるものです。

転用承諾番号申請には、以下のものが必要です。

  • フレッツ光のお客様ID、ひかり電話番号、連絡先番号のいずれか
  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光の利用場所住所
  • フレッツ光の利用料金の支払い方法(請求書、口座振替、クレジットカード)

下記サイト・電話で転用承諾番号の申込みができます。
あらかじめ上記のものを用意し、申し込みしましょう。

・NTT東日本
ウェブ…NTT東日本(営業時間:午前8時30分〜午後10時)
電話…0120-140-202(午前9時~午後5時)
・NTT西日本
ウェブ…NTT西日本(営業時間:午前7時〜翌午前1時)
電話…0120-553-104(午前9時~午後5時)

転用承諾番号について一点注意点があります。
転用承諾番号の有効期限は払い出し日を含めて15日間です。
一度有効期限を過ぎてしまうと、もう一度申し込みをする必要があります。
期限を過ぎる前に、転用の手続きを始めましょう。

ドコモ光へ転用の申し込みをする

転用承諾番号が手に入ったら、ドコモ光へ申し込みをしましょう。
受付窓口は以下の3種類の方法で申し込むことができます。

  • ドコモオンライン手続き
  • ドコモショップ
  • ドコモインフォーメーションセンター:0120-800-000

利用開始日の案内、工事日の調整、開通

申込後の流れは以下のようになります。

  • 開通日、必要な人は工事日を調整する
  • 開通日前日までに、か「開通のご案内」やプロバイダの契約IDなどが書かれた書類を受け取る。
  • 開通工事を受ける(必要な人のみ)
  • パソコン上で接続設定を行う
  • ドコモ光インターネット回線に接続する

以上でインターネットを利用できるようになります。

フレッツ光からドコモ光への転用に必要な費用

フレッツ光からドコモ光への転用で必要な費用は以下の4つです。

  • 契約事務手数料3,000円
  • プロバイダの違約金(プロバイダを切り替える場合)
  • 工事費(プラン変更などがある場合)
  • フレッツ光の解約月の月額基本料金

ただ、これまでの説明の通り、違約金や工事費などは不要な場合が多いです。
フレッツ光の解約月の基本料金も本来支払わなければいけない料金なので、実質必要な費用は手数料の3,000円だけということになります。

ドコモ光への転用であれば、乗り換えよりも費用を安く抑えることができます。

ドコモ光への転用の際の注意点

メリットの大きなドコモ光への転用ですが、いくつか注意点もあります。

通信速度が変わる場合もある
プロバイダを変更した場合、通信速度が遅くなる場合があります。 フレッツ光と同じ回線を使っているので、本来の速度は同じです・ しかし、プロバイダが変わると、お住まいの環境次第ではプロバイダ側にアクセスが集中し、速度遅延が発生してしまいます。
ドコモ光からフレッツ光へ転用することは不可能
同じNTTの回線ですが、反対にドコモ光からフレッツ光への転用はできません。 この場合、転用ではなく乗り換えになってしまいます。 ドコモ光の解約、フレッツ光の新規契約の手続きが必要になります。 費用も多くかかってしまうので、慎重に考えましょう。

まとめ

ここまで、フレッツ光からドコモ光へ転用するメリットや手続きについて紹介しました。

メリットは大きなうえ、手続きも簡単です。
とくにスマートフォンなど、ドコモの携帯電話を利用している人にはメリットが非常に大きいです。

ぜひ記事を参考にして、お得にドコモ光へ転用してください。