ドコモ光

ドコモ光とフレッツ光の違いを徹底解説!転用のメリットとデメリット

ドコモ光に転用してお得な様子

インターネット回線を契約するときや乗り換えを検討する際、いろんな会社を比較されると思います。
たくさん会社がある中で、どの会社と契約すれば良いか、とても迷っちゃいますよね。

契約者数の多い回線会社を調べると、上位にドコモ光とフレッツ光が出てきます。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ドコモ光とフレッツ光は同じNTT系の回線会社です。

ただ、ドコモ光とフレッツ光の違いははっきりとわからないですよね。
「同じグループなのにサービスが違うの?」「料金も違うみたいだけど結局どっちがお得なの?」と疑問に思う方も多いようです。

そこで今回は、ドコモ光とフレッツ光の違いについて徹底的にまとめました。
回線の質に違いはあるのか、料金はどう違うのか、ドコモ光とフレッツ光のサービスの違いについてまとめています。
ドコモ光とフレッツ光が同じ部分、異なる部分を紹介しているので、参考にしてください。

違いを調べてみると、フレッツ光で契約している人は、ドコモ光へ切り替えた方が、お得な場合があることがわかります。
記事の後半ではドコモ光への切り替えでお得になる条件や方法などについても紹介しています。

ぜひ参考にして、お得になる人はドコモ光へ切り替えてしまいましょう。

基本的にドコモ光と、フレッツ光は同じ回線

結論から言うと、ドコモ光とフレッツ光は、使っている回線そのものは全く同じです。
ですが、料金面で言えば、ドコモ光の方がお得になります。

ドコモ光は「光コラボレーション」といって、NTTのフレッツ光の回線と全く同じ回線インフラを使用してサービスを提供しています。
このため、ドコモひかりとフレッツ光の通信品質などには大きな違いがありません。

しかし、毎月の利用料金や割引制度については大きな違いがあります。
ドコモ光の方が、割引制度が充実しており、とくにドコモ携帯ユーザーへのセット割引が非常に大きいです。

ドコモユーザーでなくても、フレッツ光からの切り替えるだけで毎月の通信量を安くできます。
ドコモユーザーならさらにお得にできるので、ドコモ光への切り替えをオススメしています。

なんで光コラボレーションだと安くなる?

では、なぜ使っている回線は同じなのに、光コラボレーションのドコモ光の方がお得になるのでしょうか。

それは光コラボレーション会社間で競争が激しく、料金面で差別化しようと取り組んでいるからです。
2015年から始まった制度ですが、ドコモ光やソフトバンク光などのほか、So-netやビッグローブなど、プロバイダが多く光コラボ事業者として参画しています。

光コラボレーションとは、NTTが運営している光回線を、他の事業者でも利用して、回線サービスを提供する仕組みです。
NTTは光コラボの事業者に回線インフラを卸売りすることで、収益を得ています。
光コラボ事業者は、自分たちでインフラを構築しなくても、インターネット光回線サービスを提供できるメリットがあります。
ただ、回線自体はフレッツ光と同じもののため、光コラボ系各社では料金や付帯サービスの面で、他社との差別化を図っています。

これが光コラボ系の回線の値引きが大きくなる理由です。
フレッツ光としては、インフラの卸売りで収益を得られるため、無理な値下げをしていません。
新規契約者に対するキャッシュバックキャンペーンも行っていません。

ドコモ光の場合は、ドコモの携帯ユーザーを対象にした大きな割引が、特徴となっており、安い料金でインターネットを楽しむことができます。

料金体系も従来と比較し、プロバイダと一括で請求されるのでわかりやすくなっています。

光コラボは通信品質をそのままに、サービスが大幅に改善されたサービスと言えます。

「転用」とは

光コラボについて調べると「転用」という言葉を目にする機会が多いはずです。

転用とは、フレッツ光から他社の光コラボ系回線へ乗り換えることを指します。

回線のインフラそのものは同じものを使用しているため、通常の「乗り換え」とは異なり、工事費用はほとんど必要ありません。

フレッツ光からドコモ光への切り替えも、「転用」の扱いとなるため、工事費は無料です。

無料で転用でき、かつサービスが改善されるのであれば、非常にメリットのあるものと言えます。

ドコモ光とフレッツ光が異なる点

では、具体的にドコモ光とフレッツ光が異なる点、同じ点をまとめてみましょう。
異なる点は以下の通りです。

  • 基本料金
  • 割引制度
  • キャッシュバックキャンペーン
  • 対応プロバイダ

次項で詳しく解説します。

基本料金

フレッツ光と比較し、ドコモ光の毎月の基本料金は安くなることが多いです。

プロバイダをOCN、2年の定期契約ありのプランにした場合の料金を比較した表が以下のものになります。

戸建て マンション
フレッツ光東日本 6,100円 4,550円~4,900円
フレッツ光西日本 5,400円 3,660円~4,760円
ドコモ光 5,400円 4,200円

ご覧の通り、西日本のマンションタイプの場合を除き、ほとんど場合でドコモ光の方が利用料金は安くなります。
ドコモ光の場合は、プロバイダとセットになった料金体系のため、月額費用が安く収まることが多いです。

フレッツ光の場合、契約プランによっても細かく異なりますが、多くの場合でドコモ光の料金が安くなります。
さらに次項で紹介する割引制度を活用すれば、ドコモ光のメリットが大きくなります。

割引制度

ドコモ光はドコモのスマートフォンなどを使用している場合、毎月の通信量を安く抑えることができます。

フレッツ光にはない、ドコモ携帯電話ユーザーへの割引制度があるからです。

ドコモ光とドコモ携帯電話の契約を紐づける「セット割」と、4年以上ドコモ携帯電話を利用している人が対象となる「ドコモずっと割プラス」の二種類の割引制度があります。
これにより人によっては数千円の割引を受けることができます。

携帯電話のパケット料金への割引が中心で、家族のシェアパックなど、契約するパケットプランが大きくなればなるほど、割引幅が大きくなります。
家族にドコモの契約者が何人かいる場合は、ドコモ光で契約することをお勧めします。

さらにドコモのクレジットカード「dカードGOLD」に加入すると、料金のメリットが大きくなります。
毎月ドコモへ支払う料金の10%がdポイントとして還元されます。
年会費が1万円必要ですが、毎月のドコモ携帯電話とドコモ光の料金が9,000円を超えるようであれば、加入した方がお得です。
ドコモに支払う金額が大きくなればなるほど、還元額が大きくなるのでお勧めです。

詳しくは「ドコモ光のインターネット回線料金プランや割引を解説 | インターネット回線まるわかりドットコム」で解説しています。
参考にしてください。

キャッシュバック

ドコモ光の場合、新規契約の場合でも、転用の場合でも、契約者に対するキャッシュバック制度があります。

主に以下のようなキャッシュバックキャンペーンを行っています。

  • 工事費最大18,000円無料(新規契約者向け)
  • dポイント1万ポイントプレゼント(新規契約者向け)
  • dポイント5000ポイントプレゼント(転用契約者向け)

新規契約者の場合、工事費がほとんど無料でできるほか、dポイントももらえます。
転用した方でも、工事がもともと費用なほか、加えて5,000ポイントももらえるので非常にお得です。

月額料金が安いだけでなく、キャッシュバックキャンペーンも充実しているので、ドコモ光のメリットが非常に大きいです。

対応プロバイダ

ドコモ光とフレッツ光では対応のプロバイダの数に違いがあります。
ドコモ光では26社ですが、フレッツ光の場合、非常にたくさんのプロバイダのなかから選ぶことができます。

ただドコモ光同様に、プロバイダをセットにできるプランについては数が少ないです。
東日本、西日本ともに10社からしか選べません。
また10社すべて、ドコモ光対応のプロバイダなので、プロバイダセットの場合はドコモ光の方が選択肢は広いといえます。

プロバイダは、回線速度の質や、高機能ルーターがレンタル可否などにかかわってきます。
できるだけサービスが充実しているプロバイダを選ぶと用意でしょう。

フレッツ光とドコモ光で変わらない点

ドコモ光とフレッツ光で、サービスが異ならない点は主に以下の2つです。

  • 回線の通信品質
  • 提供エリア

詳細を次項で解説します。

回線の通信品質

インターネット回線の通信品質自体は全く同じです。

どちらもNTTのフレッツ光回線を使用しているため、通信最大速度は1Gbpsと変わりありません。

ただ、契約するプロバイダによって、速度遅延など発生する場合もあります。
たまに、「ドコモ光に転用してから通信速度が遅くなった」という声も聞かれますが、多くが誤解です。

原因の多くが、プロバイダへの周辺住民のアクセス集中が原因で、ドコモ光やフレッツ光側の品質自体は同じです。

速度が遅い場合は、ルーターを「PPoE方式IPv6通信」対応のルーターに切り替えることで、通信速度が改善します。
こちらもプロバイダによっては無料でレンタルできるところもあるので、プロバイダ選びは慎重に行いましょう。

速度遅延が発生する仕組みや対処法などについては、「ドコモ光の回線速度は遅い?評判や改善策を徹底解説 | インターネット回線まるわかりドットコム」で解説しています。

提供エリア

フレッツ光とドコモ光の提供エリア自体は全く同じです。

これも同じ回線のインフラを共用していることが理由です。

通常フレッツ光のエリア確認は下記サイト上で行いますが、ドコモ光でも同様に可能です。
NTT東日本…フレッツ光(光回線) 提供エリアのご確認|フレッツ公式|NTT東日本
NTT西日本…サービス提供エリア確認・お申し込み | フレッツ光公式 | NTT西日本

フレッツ光を利用できる地域であれば、ドコモ光も利用できるので、広範囲でドコモ光のサービスを利用できます。

ドコモ光に転用するメリット

以上の違いを踏まえ、フレッツ光からドコモ光へ転用すると、次のメリットが生まれます。

料金が安くなる
毎月の通信量を安くできます。
先述したdカードGOLDに加入すれば、さらにポイントで還元されます。
転用時にキャッシュバックを受け取れる
先述の通り、dポイント5,000円分をもらえます。
転用するだけで、もらえるのでお得です。
転用では解約金が発生しない
他社回線への乗り換えとは異なるので、フレッツ光の解約金は不要です。
プロバイダと回線会社の問い合わせ先がまとめられる
これまで、フレッツ光とプロバイダの問い合わせ先は別でした。
ドコモ光の場合、インターネットに関する問い合わせはドコモ光で受け付けているので、不都合や不明な部分があった場合、問い合わせが楽です。
請求がまとめられる
これまではフレッツ光とプロバイダは別々に請求が来ていました。
ドコモ光の場合は、プロバイダ込みの料金となるので、請求が一本化され、明細がわかりやすくなります。

ご覧の通り、非常にメリットが大きいです。
とくにドコモユーザーの方は、転用でとてもお得になるので、お勧めします。

転用のデメリット

一方で、わずかにですが、デメリットもあります。
ですが、注意していれば避けられる点も多いので、事前に確認しておきましょう。

契約タイプなどによっては、転用で費用が高くなる場合もある
多くの場合で、ドコモ光への転用で料金が安くなりますが、プロバイダ、フレッツ光の割引制度等によっては、料金が高くなってしまう場合もあります。
事前に毎月いくら必要か、確認しておきましょう。
一度フレッツ光からドコモ光へ転用したら、再度フレッツ光へ転用はできない
一度ドコモ光へ転用したら、もう一度フレッツ光へ転用はできません。
その場合、一度ドコモ光を解約して、新たにフレッツ光へ新規契約する必要があります。
工事費用などがかさんでしまうので、転用を検討する際は、フレッツ光へ戻すことはないか、しっかり考えておきましょう。
契約するプロバイダ次第では、回線速度が遅くなる可能性がある
契約者数が多いプロバイダなど、地域によってはアクセスが集中して回線が遅くなる可能性があります。
プロバイダの変更やIPv6通信対応ルーターで改善できます。
ドコモ光のプロバイダ変更は手数料のみでできるので、IPv6対応ルーターを無料レンタルしてくれるプロバイダに乗り換えましょう。

転用の手続き

ドコモ光への転用のメリットをわかっていただけたかと思います。
ただ、「転用って手続きが面倒そう」と思っていませんか。
実は、普通の乗り換え手続きよりも、簡単で安くできてしまいます。

主な転用の手順は以下の通りです。

  • NTTから転用許諾番号を手配する
  • ドコモ光に申し込む
  • 転用番号を伝える
  • プロバイダを変える人は解約、新規契約手続きを行う
  • 工事を受ける

以上で手続きが完了してしまいます。
通常の乗り換え手続きと異なり、「転用承諾番号」が必要になります。
次項で詳しく紹介します。

転用承諾番号の入手方法

フレッツ光からドコモ光への転用には「転用承諾番号」と呼ばれるものが必要です。
難しそうに聞こえますが、NTTに伝えればすぐに発行してもらえます。

簡単に言えば、転用するために個人を識別する番号となり、この番号をもとに、フレッツ光とドコモ光の間で、契約の引き継ぎをします。

申し込みはウェブサイト上や電話窓口でできます。

NTT東日本
光コラボレーション事業者様が提供する、光アクセスサービスへの移行(転用)のお手続き
NTT東日本 フレッツ受付センター…フリーダイヤル0120-140202(受付時間9時~17時、土日祝受付)
NTT西日本
転用のお手続き(光コラボレーションモデルへの移行)│NTT西日本公式
NTT西日本フレッツ光受付…フリーダイヤル0120-553-104(受付時間9時~17時、土日祝日受付)

転用承諾番号入手後、ドコモ光への申し込みの際に、転用の旨を伝えて転用承諾番号を渡せば、簡単に手続きができます。

転用の手続きについては、「ドコモ光のフレッツ光からの転用方法と転用するメリット | インターネット回線まるわかりドットコム」で解説しています。
参考にしてください。

転用の注意点

簡単に手続きができる転用ですが、いくつか注意点もあります。

転用承諾番号の有効は発行から15日間
転用承諾番号は発行から15日で失効してしまいます。
失効した場合、再度申し込みしなければならず、二度手間になってしまうので、15日以内に手続きを行いましょう。
契約しているプロバイダがドコモ光に対応していない場合、プロバイダを乗り換える必要がある。
契約中のプロバイダがドコモ光非対応の場合、プロバイダの乗り換え手続きが必要です。
プロバイダを乗り換えた場合、契約していたプロバイダは忘れずに解約手続きをする
ドコモ光への転用を機に、プロバイダを変更した場合、契約していたプロバイダの解約を忘れないように行いましょう。
忘れると、変更後もプロバイダの料金を支払い続けることになってしまいます。
せっかくお得にドコモ光へ転用しても、余分なお金がかかってしまうので気を付けましょう。
プロバイダの乗り換えには、違約金が必要な場合もある
ドコモ光への転用で、プロバイダを変更した場合、会社や契約によっては、違約金が必要になる場合があります。
事前に契約しているプロバイダへ問い合わせ、転用でも違約金が必要か確認しておきましょう。

まとめ

ここまでドコモ光とフレッツ光の違いについて紹介しました。

簡単にまとめると次の通りとなります。

  • 基本的には回線は同じ
  • 料金はドコモ光の方が安い場合が多い
  • ドコモユーザーはドコモ光へ転用した方が断然お得
  • 転用には転用承諾番号が必要
  • プロバイダの変更には注意が必要
  • 回線速度が遅くなってしまう場合はIPv6対応のルーターをレンタルする

以上です。
品質をそのままに、料金が安くなるのであれば、転用はとてもお得ですよね。
ぜひ、記事を参考にして、ドコモ光への転用を検討してください。