ドコモ光

ドコモ光×ニフティの評判は?メリットとデメリット、プロバイダ料金・速さ比較

ドコモ光でニフティのプロバイダを比較している様子

ドコモ光の対応プロバイダは全部で26社あります。
この中から自由に選ぶことができるのですが、26社ものプロバイダから1社を選ぶのは大変ですよね。

その中でも@nifty(アットニフティ)のプロバイダの特徴や評判が、気になっている方も多いのではないでしょうか。
ニフティはドコモ光だけでなく、フレッツ光やauひかりなどにも対応しており、比較的知名度の高いプロバイダです。
このニフティはドコモ光のプロバイダとして、どんなメリットや特徴があるのでしょうか。

結論から述べてしまうと、ドコモ光の場合、ニフティはあまりおすすめできません!
他社にないメリットもあるのですが、他社のプロバイダと比較して、キャッシュバックやオプションサービスが充実していないことが主な理由です。
せっかく同じ料金でドコモ光を使うのであれば、キャッシュバックやオプションが充実したプロバイダを選びたいですよね。

この記事ではニフティでドコモ光を契約した場合のメリットやデメリットを紹介します。
参考にしていただき、ドコモ光のプロバイダ選びに役立てて下さい。

ドコモ光のプロバイダにニフティを選ぶ3つのメリット

まず、ドコモ光で利用できるニフティのメリットについて紹介します。
ドコモ光は、プロバイダ単位でもキャッシュバックやオプションサービスを付与して、差別化を図っています。
ドコモ光のプロバイダをニフティにした際に得られるメリットは以下の3点です。

  • 月額基本料金が安いタイプAに分類される
  • セキュリティソフトが12か月無料で付けられる
  • セキュリティに関するオプションサービスが充実している

以上の3点です。
各メリットについて、詳細を次項以降で紹介しますので、参考にしてください。

月額基本料金が安いタイプAに分類される

ニフティは、ドコモ光提携プロバイダの中でも月額料金が安いグループに入ります。

ドコモ光は提携26社のプロバイダがタイプA/Bの2種類に分けられますが、ニフティはこの中でも料金が安いタイプAに分類されるからです。

タイプAとタイプBの料金表は下記の通りです。

タイプA タイプB
戸建て 5,200円 5,400円
マンション 4,000円 4,200円

ご覧の通り、タイプAの方がタイプBのプロバイダよりも戸建て・マンションともに月額料金が200円安くなります。

タイプAとタイプBのプロバイダの分類は下記の表の通りとなっています。

契約プラン 対応プロバイダ
タイプA ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、IC-NET、Tigers-net.com、BIGLOBE、andline、シナプス、BB.excite、エディオンネット、スピーディア インターネットサービス、楽天ブロードバンド、TikiTikiインターネット、hi-ho、ネスク、01光コアラ、U-Pa!(2019年3月31日サービス終了)
タイプB OCN、@T COM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

ドコモ光提携プロバイダのうち、タイプAのプロバイダは20社ありますが、ニフティはタイプAに分けられます。

実は以前はニフティはタイプBに入っていましたが、2017年12月からタイプAになり、料金が安いグループに入りました。
「料金の高いタイプBだから品質が良い」というわけでなはいので、ドコモ光のプロバイダは料金が安いタイプAの20社から選ぶことをお勧めします。

ニフティはタイプAに入るため、基本料金を抑えたい人にはおすすめです。

ドコモ光のタイプA/Bの料金プランについては、下記ページで詳しく紹介しているので参考にしてください。
ドコモ光タイプA・タイプBの違いは?対応プロバイダや料金などを比較 | インターネット回線まるわかりドットコム

セキュリティソフトが12か月無料で付けられる

ドコモ光でニフティを利用すると、パソコンの安全を一年間保つことができます。

ニフティでドコモ光を契約すると、セキュリティソフト「常時安全セキュリティ24が12か月間無料で利用できるようになるからです。

常時安全セキュリティ24は、パソコンやスマートフォンなど最大3台までインストールできます。

常時安全セキュリティ24で利用できるセキュリティサービスの一例は下記の通りです。

Windows版 Mac版 Android版
ウィルス/スパイウエア対策
ウェブ脅威対策
ネットワーク監視
危険サイト対策
アプリケーション監視
脆弱性対策
迷惑メール/バナー広告対策
着信・メールのフィルタリング
プライバシー漏洩対策
保護者による管理
盗難/紛失対策

他社のプロバイダもセキュリティソフトの12か月無料サービスは行っていますが、ニフティは利用できる機能が非常に充実している点が大きな特徴です。
上記は一例で、このほかにも非常に多くの機能を利用できます。
Windows版、Mac版、Android版で利用できる機能の詳細は下記サイトで確認できます。

常時安全セキュリティ24は通常月額500円が必要なサービスなので、機能が充実しています。
ニフティはパソコンを安全に保ちたい方にはお得なプロバイダと言えます。

オプションサービスが一定期間無料で利用できる

セキュリティサービスのほか、ニフティはオプションサービスが充実しています。

追加で利用できるオプションのサービスと、無料で利用できる期間の一覧は下記の通りです。

通常価格 無料期間 サービス概要
ウイルスバスターfor @ nifty Mail 月額200円 契約中無料 メールのウイルス対策を行うことができます
@nifty優待サービス 月額500円 最大2か月無料 レジャー施設や食事などnifty優待割引価格で利用できます。
対象施設や割引はnifty 優待サービスで確認できます
@niftyまかせて365 月額500円 初月無料 パソコンに関するお悩みに専門スタッフがサポートしてくれます
リモートサポート 通常10分/500円 初回1回無料 オペレーターが遠隔操作してパソコンのトラブルや設定のサポートをしてくれます

優待割引サービスなどは、他社ではあまり行っていないサービスです。
さまざまな分野の店舗が対象施設となっているので、一度確認して良く利用する店舗がないか見ておきましょう。
また、パソコンが苦手な人にとっては、リモートサポートが一回無料なのは大きなメリットです。

このように、ニフティはオプションサービスのバリエーションが豊富な点がメリットです。

ドコモ光公式のキャッシュバックも合わせてもらえる

ここまでニフティの契約でもらえる特典について紹介しましたが、これに加えてドコモ光公式が行っているキャッシュバックももらえます。

ドコモ光の公式が行っているキャッシュバック特典は下記のものがあります。

工事費最大18,000円無料キャンペーン
戸建てで18,000円、マンションで15,000円必要なドコモ光の基本工事費用が無料になります。
2018年12月1日から2019年5月6日までの期間限定です。
dポイント最大1万ポイントプレゼント
街中の買い物などにも利用できるドコモの独自ポイントdポイントが1万円分もらえます。

インターネットの新規契約時の最もお金のかかるのが、工事費用です。
この工事費用が無料にできるのは非常に大きいです。
キャンペーン期間をしっかりと確認しておき、キャンペーン期間内に申し込みを行いましょう。

ニフティのデメリット

ニフティでドコモ光を契約する場合、デメリットもあります。

主なデメリットは下記の2点です。

  • 新規契約キャッシュバック特典がない
  • ルーターの無料レンタルを行っていない

上記2種のオプションについて、多くのドコモ光提携プロバイダが行っているのですが、ニフティでは対応していません。
詳細を次項以降で解説します。

新規契約のキャッシュバックがない

キャッシュバックを求めるのであれば。ニフティはお勧めできません。

他社のプロバイダが行っているような1万円以上のキャッシュバックがないためです。

ドコモ光はプロバイダを26社から選べますが、プロバイダからすれば競争が激しくなっています。
どのプロバイダも自社を選んでもらうために、新規契約時に数千円~1万円以上のキャッシュバックを用意して、契約してもらおうと頑張っています。

一方でニフティでは、理由はわかりませんが、契約時に金銭的なキャッシュバックを用意していません。

主なタイプAの他社プロバイダのキャッシュバック金額の一例は下記の通りです。

キャッシュバック キャッシュバック適用条件
GMOとくとくBB 15,000円 ドコモ光電話バリューへの加入
So-net 15,000円 ルーターレンタルかどちらか選択制
ぷらら 15,000円 加入条件なし
DTI 15,000円 加入条件なし
BIGLOBE なし
@nifty なし

上記はあくまで一例ですが、ぷららやDTIの方が、主な適用条件が不要でキャッシュバックは15,000円ももらえます。
反対にニフティやビッグローブはキャッシュバックがなく、大きな違いが出てしまいます。

お得にプロバイダを契約したいと考えている人がほとんどだと思いますが、その点ではニフティはあまりおすすめできなくなってしまいます。

多くのキャッシュバックが欲しいという方は、ニフティではなく、キャッシュバックが大きいGMOとくとくBBやSo-netなどを選ぶことをお勧めします。

ルーターの無料レンタルサービスを行っていない

自宅をWi-Fi環境に整えたい、という方もあまりニフティはおすすめできません。

他社プロバイダの中には契約特典でルーターの無料レンタルを行っているところが7社ありますが、ニフティでは対応していないからです。
「ドコモ光電話」を同時申し込みの場合に限り、ルーター機能を備えたホームゲートウェイをレンタルしてくれますが、固定電話が不要な方にはレンタルしてくれません。

自宅でWi-Fi接続を楽しみたいという場合は、自身で対応ルーターを購入する必要性が生じてしまいます。

速度遅延を減らせる「v6プラス」の通信を楽しみたい人も、ニフティはルーターレンタルできないのであまりおすすめできません。
プロバイダによっては、v6プラス通信にも対応した高機能ルーターを無料でレンタルできるところもあります。

主なドコモ光提携プロバイダのルーターレンタルサービス一覧は下記の通りです。

ルーター無料レンタル 備考
GMOとくとくBB v6プラス対応
ぷらら IPoE通信IPv6接続
So-net 訪問サポートサービスと選択制
ビッグローブ IPoE通信IPv6接続
@nifty ×

上記の通り、大手プロバイダの多くが無料レンタルサービスを行っています。
上記のプロバイダでは、v6プラス対応のルーターを貸し出してくれるGMOとくとくBBが最もサービスが良いです。
一方ニフティは無料レンタルサービスそのものがないので、サービスの差がわかります。

ルーターは数千円から一万円以上するものもあります。
ルーターを自分で購入して用意するか、プロバイダから無料でレンタルするかで大きな費用の違いが生じてしまいます。
ルーターの無料レンタルサービスがないことはニフティの大きいなデメリットと言えるでしょう。

IPv6について詳しく知りたい方は、「ドコモ光のIPv6通信とは?おすすめの対応プロバイダなどを紹介」でも紹介しているので参考にして下さい。

ドコモ光×ニフティの工事費用

では、ドコモ光のプロバイダをニフティにする場合、工事費用はどうなるのでしょうか。
基本的にドコモ光は、プロバイダが異なっても、開通工事に必要な費用は変わりありません。

戸建てタイプとマンションタイプの基本工事費用は下記の表の通りとなります。

戸建て マンション
18,000円 15,000円

ただ、先述した工事費無料のキャンペーンを活用することで、工事費用を無料にできます。

ただ、上記は基本工事費用になります。
土日祝日の工事や、オプション工事、建物の設備状況などによっては追加で費用が発生する場合があります。
追加分の工事費用は、工事費無料キャンペーンの対象外となるので気を付けましょう。

工事費用について、詳細は「ドコモ光の工事費はいくら?工事にかかる費用を徹底解説」で解説しているので参考にして下さい。

ドコモ光×ニフティを使っている人の評判

ここまでニフティのメリットやデメリットについて解説しました。
ただ、実際にドコモ光のプロバイダをニフティで契約している人の意見も聞きたいところですよね。

そこで、当サイトではドコモ光のインターネットを利用している216人にアンケートをとりました。
このうち、プロバイダをニフティにしている人は11人でした。

ドコモ光のプロバイダをニフティにしている11人に、インターネットの総合満足度についてご段階評価で尋ねたところ、下記のグラフのようになりました。

ドコモ光×niftyの総合満足度

母数は少ないですが、「非常に満足」「満足」と回答した方は、全体の7割以上に上りました。
ドコモ光の提携プロバイダ全26社を対象にすると、「非常に満足」「満足」の比率は4割ほどとなるため、ニフティ利用者の満足度は高いようです。

アンケートではこんな意見がありました。

キャッシュバック等でデメリットはありましたが、毎月の料金や品質については皆さん満足しているようです。

一方でツイッターには速度に関する不満の声も聞かれます。

一方で、ルーターを変えると改善できたとの声もあります。

ニフティではルーターの無料レンタルを行っていないので、この方はご自身で購入されたのだと思われます。

ルーターをv6プラス対応のものにすることで、通信遅延のストレスが軽減されるようです。

速度が不安な方はv6プラス対応のルーターを選んで購入することをお勧めします。

ドコモ光×ニフティをお得に申し込む方法

ドコモ光のプロバイダをニフティにする場合、申し込み窓口はインターネットの代理店などに申し込みするのがおススメです。

ネット代理店主催のキャッシュバックを受け取ることができるためです。

ドコモ光×ニフティの申し込み窓口は下記の方法があります。

  • ドコモ光の公式サイトやドコモショップで申し込み、プロバイダをニフティで指定する
  • ニフティの公式ホームページで申し込む
  • インターネットの代理店からドコモ光とニフティを申し込む

ドコモ光公式窓口からでは、ドコモ光が主催するキャッシュバックしかうけとることができません。
ニフティの公式ホームページも、先述した通り、金銭的なキャッシュバックがないので、同様にドコモ光のキャッシュバックしかありません。

一方でインターネット代理店は、ドコモ光の公式キャッシュバックに加え、数万円の割り引きをしてくれるところもあります。
インターネット上なので、問い合わせなど不便な部分はありますが、その分キャッシュバックも大きいです。

下記インターネット代理店などでは、新規契約で最大15,000円のキャッシュバックがあります。

株式会社ネットナビ
株式会社ディーナビ

ただ、15,000円のキャッシュバックには「ひかり電話」と「ひかりTV for docomo」などの契約が必要になります。
オプションなしの場合は、キャッシュバックが5,000円に減額されてしまうので、適用条件に注意してください。

インターネット回線は一度契約すると、簡単に解約しにくいものです。
ぜひ記事を参考にしていただき、サービスの良いプロバイダを選びましょう。