ドコモ光

ドコモ光のインターネット回線料金プランや割引を解説

ドコモ光を引く時の料金イメージ

インターネット回線を契約する際、何社もあるので迷ってしまいますよね。
中でも、ドコモの携帯電話などを使用している人はドコモ光がおすすめです。
2018年6月には契約者数が500万件を突破するなど、国内でも人気の高いサービスです。

利用満足度の高いドコモ光ですが、料金プランが少しわかりにくいところもあります。
月額料金がいくらかかるか、割引がどれだけあるのか、工事費はいくらになるのか、なかなか調べてもわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、ドコモ光の料金体系について詳しく紹介します。

ドコモ光は、ドコモユーザーへの割引が充実しているインターネット光回線です。
条件ごとに分けた料金プランや、ドコモ携帯の使用状況に応じた割引制度を紹介します。
自分のタイプを確認し、契約すると、毎月いくらかかるのか、シミュレーションしてください。

ドコモ光の月額基本利用料金の仕組み

ドコモ光の料金はプロバイダと一体型の料金になっています。
料金体系イメージは以下の図のようになります。

次に接続手順を紹介します。

ドコモ光はプロバイダで料金プランが異なる

ドコモ光はプロバイダとセットの料金です。
契約するプロバイダによって、大きく以下の4種に契約プランが分かれます。

  1. タイプA
  2. タイプB
  3. 単独タイプ
  4. ドコモ光ミニ(戸建てのみ)

それぞれのタイプについての説明は次の通りです。

タイプA/タイプB

ドコモ光は2018年9月現在、26社のプロバイダに対応していますが、プロバイダによって契約プランが「タイプA」「タイプB」に分かれます。
次項で説明しますが、タイプAとタイプBでは、月額の利用料金が200円変わってきます。

対応プロバイダ
タイプA ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、IC-NET、Tigers-net.com、BIGLOBE、andline、シナプス、BB.excite、エディオンネット、スピーディア インターネットサービス、楽天ブロードバンド、TikiTikiインターネット、hi-ho、ネスク、01光コアラ、U-Pa!
タイプB OCN、@T COM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

※2018年9月現在

プロバイダによって、セキュリティサービスやオプションプランなど変わってきます。
お好みのプロバイダと契約してください。

単独タイプ

通常ドコモ光はプロバイダとセットで契約ができますが、単独タイプでは別々で契約できます。
対応26社の中にお好みのプロバイダがない場合などは、こちらを選んでください。
ただ、セットにした方が月額料金は割安になるので、単独タイプで契約する人は少ないようです。

ドコモ光ミニ(戸建てのみ)

使用量に応じて料金が2段階に変わる定額サービスです。
通信量が200MB以内であれば2,700円/月で、以降10MBごとに30円ずつ加算されます。
1200MB以上を超えると、料金は5,700円/月で上限が設定されるので、使い過ぎで大きな額を請求される心配もありません。
普段ほとんど、自宅でインターネットを使用しないという方に向いているプランです。

戸建て、マンションによって、料金が異なってきますので、次項で詳細を説明します。
また、定期契約プランによって月額料金も変わります。
月額料金を割り引く代わりに、2年の契約を継続させるプランです。
ほとんどの人が、定期契約ありのプランで契約していますので、定期契約ありのプランで説明をします。

ドコモ光戸建て・マンションごとのタイプ別月額料金

戸建て、マンションそれぞれの場合の料金体系は次の通りになります。

戸建ての月額料金 マンションの月額料金
タイプA 5,200円/月 4,000円/月
タイプB 5,400円/月 4,200円/月
単独タイプ 5,000円/月 3,800円/月
ドコモ光ミニ 2,700円~5,700円/月

※2018年9月現在

他社と比較すると、数百円ほど高い利用料金となっています。
しかし、ドコモ光はドコモ携帯電話とのセット割引が大きいです。
次項で詳しく説明します。

スマートフォンなどのドコモ携帯を利用する人は二つのセット割引が適用される

ドコモ光は、ドコモのスマートフォンや携帯電話などとの連携割引があります。
また、長年ドコモの携帯電話を使用している人ほどお得になる「ずっとドコモ割プラス」というものもあります。

契約する携帯電話のパケットタイプに応じて割引率が変動します。
条件に応じて、細かく割引率が変わるので、ドコモ光の料金体系がわかりにくい部分でもあります。
ですが、自分が該当する部分だけ見れば、そこまで難しいものでもないので、確認してください。

二つの割引については、次の通りです。

セット割
ドコモ光とドコモの携帯をセットで契約することで、携帯電話の利用料金を割り引くことができます
ずっとドコモ割プラス
ドコモの携帯電話の使用年数に応じてキャッシュバックを受けられます。
使用4年以上から割引を受けられ、4年以上、8年以上、10年以上、15年以上とステージが変わり、値引き率がアップします。
また、キャッシュバックは利用料金の割引か、dポイントでの進呈かを選ぶことができます。
dポイントで受け取った方が、料金割引よりも1.2倍多くキャッシュバックを受けられます。

各割引の条件と割引額は次の通りです。(すべて2018年9月現在)

家族のパケットシェアパックの場合

契約中のパケットパック セット割 ずっとドコモ割4年以上~15年以上
割引 dポイント
~30GB(15,000円) -1,800円 -600円~-1,200円 720~1440ポイント
~15GB(12,000円) -1,800円 -600円~-1,200円 720~1440ポイント
~10GB(9,000円) -1,200円 -400円~-1,000円 480~1200ポイント
~5GB(6,500円) -800円 -100円~-1,000円 120~1080ポイント

家族定額シェアパックの場合

契約中のパケットパック セット割 ずっとドコモ割4年以上~15年以上
割引 dポイント
~100GB(25,000円) -3,500円 -1,000円~-2,500円 720~1200ポイント
~50GB(16,000円) -2,900円 -800円~-1,800円 720~1200ポイント
~30GB(12,500円) -2,500円 -600円~-1,200円 480~720ポイント

個人契約で使った分だけのパケットプランの場合

契約中のパケットパック セット割 ずっとドコモ割4年以上~15年以上
割引 dポイント
~20GB(7,000円) -800円 -100円~-800円 120~960ポイント
~5GB(5,000円) -800円 -100円~-800円 120~960ポイント
~3GB(4,000円) -200円 0円~-600円 0~720ポイント
~1GB(2,900円) -100円 0円~-600円 0~240ポイント

個人契約のパケット定額プランの場合

契約中のパケットパック セット割 ずっとドコモ割4年以上~15年以上
割引 dポイント
LLパック(8,000円) -1,600円 -200円~-800円 240~960ポイント
Lパック(6,000円) -1,400円 -100円~-800円 120~960ポイント
ケータイパック(300円~4,200円) -500円 0円~最大-300円 0~最大360ポイント

例えば、個人でパケットLパックに加入していて、8年ドコモの携帯を利用している人を想定します。

その場合、ドコモ光のセット割引で1,400円の割引が効きます。
さらに、ずっとドコモ割プラスで200円の割引か、240円分のdポイント還元が付きます。
つまり、200円の割引を選んだ場合、6,000円かかっていたLパックのパケット代が、4,800円で済むようになります。

非常にお得な割引制度なので、ドコモの携帯電話を使っている人はインターネット回線もドコモ光を選ぶことをオススメします。

ドコモ携帯・ドコモ光加入者はDポイントゴールドカードでさらにお得に

ドコモの携帯電話とドコモ光に加入している人は、ドコモのクレジットカード「dカードGOLD」へ加入すると、さらにお得になります。
計算では毎月8,340円以上、ドコモへの支払いがある人はお得になります。

毎月、ドコモ携帯電話とドコモ光の利用料金の10%が、dポイントとして付与されるからです。

年会費が10,000円(税抜)かかりますが、ドコモの利用料金が多いほど還元率が高くなります。

ドコモ光とドコモ携帯電話を合わせて契約すると、ドコモへの支払いをまとめることができ、還元率が高いです。
毎月15,000円をドコモに支払っているとすると、毎月1,500分のdポイントが溜まります。
年間にすれば18,000円分のdポイントが溜まり、年会費を差し引いても8,000円もお得になります。

このほか、最大3年間10万円の携帯補償や、国内空港ラウンジの利用無料が付与されます。
入会特典として11,000円分のポイントも付与されるので、非常にお得です。

ドコモ光とドコモ携帯のユーザーなら、絶対におススメの特典です。
ぜひ検討してください。

ドコモ光は、電話やテレビなどオプションサービスが豊富

このほか、ドコモ光には他社サービスにはないオプションサービスも充実しています。

ドコモ光電話
ドコモ光の光回線を利用した固定電話サービスです。
光回線の月額料金にプラス500円で利用できます。
また、迷惑電話対策などのオプションプランも付けた「ドコモ光電話バリュー」(1,500円/月)もあります。
ドコモ光テレビオプション
光回線ケーブルを使って地デジ番組やBS放送を視聴できます。
通常の電波で受信するテレビと違って、アンテナ工事が不要なほか、天候に左右されずにテレビを視聴できます。
料金は月額660円です。
光テレビのオプションプランとして、「スカパー!」の視聴もできます。(月額2,223円~4,152円)
ひかりTV for docomo
ドコモのオリジナルテレビチャンネル「dTV」のほか、専門チャンネルやビデオオンデマンド、地デジ、BSの視聴ができます。
月額2,500円で利用できます。

オプションプランなので、加入は自由です。
お好みに合わせて契約してください。

ドコモ光の初期工事費用

ドコモ光を利用するためには、月額利用料金だけでは利用できません。
開通に伴い、初期工事費用などが必要になります。

戸建て マンション
契約事務手数料 3,000円 3,000円
工事料(代表例) 18,000円 15,000円

※2018年9月現在

これに加え、土日や年末年始は3,000円の別途工事費が必要になります。
ただ、上記の工事費用はキャンペーンなどで、無料になることがあります。
キャッシュバックキャンペーンについては、次項で説明します。

新規契約者のキャッシュバックキャンペーン

開通時には上記の工事費用が掛かりますが、ドコモ光は新規契約者に対してキャッシュバックキャンペーンを行っています。
キャッシュバックを活用すると、上記の工事費用が実質ゼロ円で契約できてしまいます。
主なドコモ公式のキャッシュバックキャンペーンの一例は次の通りです。

工事費無料キャンペーン
2018年9月30日までの新規契約で、工事費最大18,000円が無料になります。
期間限定なので注意しましょう。
ドコモdポイントプレゼント特典
新規契約者に対し、dポイント1万円分をプレゼントしています。

このほかにもプロバイダごとで、キャッシュバックを行っていることがあります。
工事費無料のキャンぺーンが終了していても、プロバイダのキャンペーンで対応できる場合があります。
一度チェックしていましょう。

工事費のシミュレーション

ここまで説明した月額使用料金や工事費用は、概算です。
工事や契約状況に応じて、料金が変動する場合もあります。

ドコモ光公式サイトでは、細かな利用状況に応じて、月額の使用料金や初期工事費用のシミュレーションができます。
契約前に、どれだけの費用が必要か見てみることをオススメします。

料金シミュレーション | 料金・割引 | NTTドコモ

ドコモ光 工事料金シュミレーション | NTT Docomo

ドコモ光の通信速度に関連する評判

ただ、インターネット上には、「ドコモ光に変えてから、通信速度が遅くなった!」「夜間の接続が遅い」など通信速度に関する不満の声も見られます。
ですが、その多くが誤解です。
ドコモ光の通信速度は1Gbpsと他社とほとんど変わりません。
ではなぜ、不満の声が聞かれるのでしょうか。

それはプロバイダによるところが大きいです。
接続の遅延は、プロバイダへのアクセス集中が一因であることが多く、プロバイダやルーターを変えることで改善できます。

通信速度に関する問題の多くは、プロバイダやルーターを変更することで解決できます。
"詳しくは、”「ドコモ光の評判・口コミを徹底調査|引っ越し手続きは引越し侍」"で紹介しています。"
参考にしてください。

ドコモ光自体は、品質の高いサービスです。
速度の遅れの不満は、解消できる方法がありますので、試してみてください。

まとめ

ここまで、ドコモ光の料金について紹介しました。

ドコモの携帯ユーザーほど、毎月の費用を抑えられ、お得になります。

キャッシュバックキャンペーンも活用すれば、初期費用も抑えられるので、ぜひ検討してください。