ドコモ光

ドコモ光のルーターの料金はいくら?無料レンタルのメリット・デメリット

ドコモ光かフレッツ光かで悩む人のイメージ

ドコモ光の新規申込みをお考えの方!
ご自宅でパソコンやスマートフォン、タブレット等を使用する場合、「ルーター」を用意することが必要です。

でも、「ルーターってレンタルしてくれるの?」「自分で購入したい場合はどうしたらいい?」など、お困りではありませんか?
実は、ルーターをレンタルした方がいいか購入した方がいいかは、利用する方のニーズによって変わります。

そこで、この記事では、ドコモ光のルーターレンタル料金や、無料レンタルするメリット・デメリットを紹介します。
ぜひルーターをレンタル・購入する際、参考にしてください。

ドコモ光のルーターは無料でレンタルできる?

ドコモ光のルーターは、無料でレンタル可能です。
ただし、ここでいうルーターとは、ONUとルーターの機能がひとつになった「ホームゲートウェイ」のことです。

ホームゲートウェイは、ひかり電話対応のルーターで、ドコモ光のインターネットと一緒にドコモ光電話を契約している方に届きます。
ホームゲートウェイをレンタルする際、有線接続か無線接続かにより料金が異なります。

  • 有線LAN接続をしたい方は無料
  • 無線LAN接続をしたい方は有料

有線LAN接続は、ホームゲートウェイとパソコンをLANケーブルでつなぐ必要がありますが、安定した通信速度でインターネットが楽しめます。
もし、インターネットを使用するのが自宅のデスクトップパソコンだけという方なら、有線LAN接続がよいでしょう。

しかし、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット等を同時につなぎたい方もいらっしゃいますよね。
その場合は、ホームゲートウェイに「無線LANカード」を差し込めば無線でインターネットを楽しむことができます。
ただし、無線LANカードをレンタルする場合は有料です。
無線LAN接続をしたい方が有料というのは、無線LANカードのレンタル料金が発生するということになるからです。

それでは、料金はいくらになるのでしょう。
以下で確認をしてみましょう。

ドコモ光のルーター(ホームゲートウェイ)の種類と料金

ドコモ光のルーター(ホームゲートウェイ)の種類と料金は、管轄のNTTにより異なります。
以下は月額料金となりますので、ご希望のルーター種類とお住まいのエリアを確認してください。

ルーター NTT東日本 NTT西日本
有線LAN接続 無料 無料
無線LAN接続 300円(LANカード代) 100円(LANカード代)
LANカードの追加 1枚に付き300円 1枚に付き100円

有線LAN接続だと、NTT東日本・西日本ともレンタル料が無料です。

注意してほしいのは、無線LAN接続だとLANカード代がNTT東日本で300円、西日本が100円かかるということです。
たとえば、NTT東日本が管轄の方が無線LAN接続を契約した場合、無線LANカード代300円(税別)が月額のレンタル料金となり、年間だとレンタル料金は3,600円(税別)かかります。

さらに、あまりない例ではあるのですが、大人数でインターネットを使いたい等の理由でLANカードを1枚追加した場合、月額300円(税別)がプラスされ、年間のレンタル料金は7,200円(税別)となります。

このように、ドコモ光からルーター(ホームゲートウェイ)をレンタルしたい場合は、有線LAN接続だとLANカード代がかからないため無料。
無線LAN接続だと、LANカードのレンタル料金がかかることがわかりました。

ONUとルーターの違い

ドコモ光のルーター(ホームゲートウェイ)をレンタルする前に、まずは「ONU」「ルーター」の違いを知っておきましょう。
光回線を使ってインターネットをするには、「ONU」という機器が必要不可欠となります。
また、複数機器をインターネットに繋ぐには、「ルーター」が必要です。

以下、ONUとルーターについてまとめました。

ONU(回線終端装置)
ONU(回線終端装置)とは、光信号をデジタル信号に変換する機器で、インターネットをする場合に必要な機器です。
有線による接続だと、ONUとバソコンをLANケーブルでつなぐだけでインターネットにアクセスできるようになります。
基本的に、ONU1台につき、1台のパソコンにしか接続することはできません。
ONUはドコモ光の開通工事後に設置をしてくれるため、ユーザー側で用意する必要はありません。
ルーター
ルーターは、インターネット通信を中継する役割をもつ機械です。
ルーターを使用することで、ひとつのインターネット回線を複数の機器で共有することができます。
ルーターには、有線と無線の2種類ありますが、有線ルーターはLANケーブルを用意する必要があります。
また、無線ルーターはLANカードが必要です。
現在は、ルーターに無線機能を持たせていることが多いため、無線LANをルーター呼ぶことがあります。
ちなみに、ほとんどの無線LANがWi-Fiに対応しています。

このように、ONUは光信号をデジタル信号に変える機器、ルーターは複数端末でインターネットができるようにする機器です。
光回線のインターネットを複数端末で利用するには、この2つが揃っていないといけません。

ドコモ光でルーター(ホームゲートウェイ)をレンタルする場合

ドコモ光でインターネットと光電話を申込んだ方は、先述したONUとルーターが一体になった「ホームゲートウェイ」が届きます。
ホームゲートウェイは、光電話に対応したルーターのことです。

  • ホームゲートウェイ/ひかり電話ルーター…単体型ルーター
  • ホームゲートウェイ/ひかり電話ルーター…ONU一体型ルーター
  • ホームゲートウェイ/ひかり電話ルーター…小型タイプ

ホームゲートウェイは、NTTの在庫状況によるため種類の指定は出来ません。
無線LAN接続を申込んだ方は、このホームゲートウェイにLANカードを差してご利用下さい。

ドコモ光のルーターをレンタルするメリットは?

ドコモ光のルーター(ホームゲートウェイ)をレンタルすると、以下のメリットがあります。

  • 故障した場合、無料で交換してもらえる
  • 使い方や設定方法がわからないとき、ドコモサポートが利用できる
  • 回線工事スタッフがルーターの設置をしてくれる

もしも故障や不具合があった場合、ドコモ光は無料でルーターを交換してくれます。
また、ドコモサポートが利用できるため、機器の設定がわからない方や苦手な方も、困ったとき安心ですね。
ルーターの設置は回線工事スタッフの方が行ってくれることもメリットです。

安心してインターネットを使いたい方には、ドコモ光からレンタルすることをおすすめ致します。

ドコモ光のルーターをレンタルするデメリットは?

ドコモ光のルーター(ホームゲートウェイ)をレンタルするデメリットも以下にまとめました。

  • 無線LAN接続の場合、毎月レンタル料を支払う必要がある
  • 最新機種はレンタルできない
  • 解約したら、返却する必要がある

無線LANルーターをレンタルすると、毎月レンタル料を支払わなければなりません。
また、最新機種のルーターはレンタルができないため、速度や使い勝手を気にする方にはデメリットになってしまいます。

もしドコモ光を解約することになれば、機器も速やかに返却する必要があります。
返却期間を守らないとレンタル代金を請求されますので、解約時は忘れずに返却しましょう。

ドコモ光のルーター交換は可能?

レンタルしたルーター(ホームゲートウェイ)は、「設置場所に入らない」、「新品に替えたい」等、ユーザー都合の交換は基本的に不可です。
しかし、以下の場合は無償で交換に応じてくれます。

  • レンタルしているルーターが故障した場合
  • ドコモ光のサービス変更の場合
  • 転用などで回線速度に変更が出る場合

レンタル中のルーターが故障してしまった場合、ユーザーはサービスを利用することができないため、無償で交換に応じてくれます。

しかし、故障だと思っても再起動で直ったケースもありますので、問合せる前に自分で確認をしてみましょう。
また、サービス内容変更により他のルーターで対応が必要なときは交換をしてくれます。
転用等で回線速度に変更が出る場合も交換・設定の必要がありますので確認してみることをおすすめします。

  • プロバイダから無料レンタルする
  • ルーターを自分で購入する

実は、こちらの方法はドコモ光からルーターをレンタルするよりメリットが多いのです。
以下で詳しくみていきましょう

ドコモ光からルーターをレンタルしない場合

ドコモ光をインターネット利用のみで申込んだ方や、無線LANカード代が気になる方は、ドコモ光からルーターをレンタルしない方もいらっしゃるでしょう。
この場合、ルーターを手に入れるには以下の方法があります。

プロバイダからルーターを無料レンタルする

機能性の高い無線LANルーターを無料レンタルするなら、プロバイダのキャンペーンを利用することがおすすめです。

ここでいう機能性というのは、混雑時の速度低下を回避・解消できる「IPv4overIPv6通信」に対応したルーターのことです。
プロバイダの中には、ルーターを無料で提供している会社もあります。
そのようなプロバイダ会社からレンタルすると、ドコモ光のように無線LANカードのレンタル料金が発生するということはありません。

以下は、IPoE方式Ipv4overIPv6通信対応ルーターを無料レンタルできるプロバイダです。
プロバイダ独自のキャンペーンやサービスも展開していますので、参考にしてください。

プロバイダ名 料金タイプ
ドコモnet タイプA
ぷらら タイプA
GMOとくとくBB タイプA
So-net タイプA
DTI タイプA
Ic-net タイプA
アンドライン タイプA
ビッグローブ タイプA
ハイホー タイプA
OCN タイプB

キャンペーン内容は、2018年12月18日現在のものとなります。
詳細は、「ドコモ光Wi-Fi(ワイファイ)の接続方法!ルーターはレンタルがお得?」でも紹介していますので参考にして下さい。

ルーターを自分で購入する

これからルーターを購入するなら、無線LANルーターがおすすめです。
なぜなら、パソコンだけではなく、スマートフォンやゲーム機など複数機器を好きな場所からインターネットに繋ぐことができるからです。

ルーターの購入は、以下のような方におすすめします。

  • ドコモ光電話の契約をしていない方
  • 3年以上無線LANルーターを使用する予定の方
  • 通信速度が気になる方や、最新のルーターが欲しい方

先述したように、ドコモ光の無線LANルーターは、毎月レンタル料がかかります。
もし、NTT東日本エリアにお住まいの方が無線LANルーターを3年間レンタルすると、10,800円(税別)支払う計算となります。
ルーターは2,000円程度で購入できるものから、高くて2、3万円するものなど、スペックにより値段が異なります。

3年以上使用する予定であれば、希望にあったルーターを選び購入すると満足度が高いでしょう。

また、ひかり電話の契約をしていない方は、ONU(回線終端装置)のみ届きます。
パソコンやスマートフォン、タブレット等をインターネットにつなげたい場合は、無線LANルーターを購入すると快適に利用できますよ。
通信速度が気になる方や最新のルーターが欲しい方も購入をおすすめいたします。

無線LANルーターを購入する際は、無線の規格と機能を必ずチェックしてください。
ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsです。
契約を確認して、ドコモ光の通信速度が最大1Gbpsであれば、ルーターも1Gbps対応のものを選びましょう。

自分でルーターを購入するのは不安という方や、ドコモ光の最新無線ルーターが欲しい方は「ドコモ光ルーター01」がおすすめです。

ドコモ光ルーター01とは

ドコモ光ルーター01とは、ドコモ光が推奨する公式のルーターです。
金額は8,880円(税別)と安価ではありませんが、遠隔でサポートが受けられる機能が搭載されています。
このサポートを受けるには「ネットトータルサポート(月額500円)」の契約が必要ですが、何度問い合せても料金は同じです。
困った時はドコモ光の専属オペレーターが対応をしてくれるので、万が一のときも安心ですよ。

また、家庭内ネットワークをインターネットの脅威から守る「光ルーターセキュリティ(月額350円)」の契約をすると、家族で安心してインターネットを楽しむことができます。

ドコモ光ルーター/光ルーターセキュリティ|NTTドコモ株式会社

ドコモがワンストップでサポートするルーターですので、どのルーターがいいか検討している方は参考にしてください。

まとめ

いかがでしたか。
ドコモ光のルーターは、基本的にONUとルーターが一体になった「ホームゲートウェイ」を無料でレンタルしてくれます。
しかし、この場合はドコモ光のインターネットと光電話を契約した方になります。
無線LANを使用したい場合は、LANカードのレンタル料が発生するので注意しましょう。
また、ドコモ光からルーターをレンタルや購入する際は、ドコモからサポートを受けられることがメリットです。

最新の無線LANルーターを無料でレンタルしたい場合や、無線LANカードの料金が気になる方は、プロバイダからレンタルするか、購入することがおすすめです。
プロバイダはキャンペーンも展開しているので、ドコモ光の新規加入をお考えの方は確認してくださいね。