ドコモ光

ドコモ光ルーターはどれがいい?無線LANルーターの選び方や設定方法を徹底解説

ドコモ光で接続しているルーター

自宅のネット環境を無線LANに設定すると、インターネットが格段に快適になります。
配線を気にせず、どこでもネットができるようになるだけでなく、スマートフォンをWi-Fi接続することで、通信量の削減もできます。

自宅をWi-Fi環境に整えようとしたときに、まず必要になるのが「ルーター」です。
ただこのルーターも機種がたくさんあって、どれを選んだらいいかわかりにくいですよね。
またレンタルできる方法もありますが、結局どちらがお得で便利なのか、使ってみないとわかりにくい点が多く、悩んでしまいます。

そこでこの記事では、ドコモ光のルーターについて徹底解説します。
ルーターの役割から、レンタルが得か購入が得か、さらに自分で購入する場合はどんな点に気を付けて選べば良いか解説します。

設定方法も合わせて紹介しているので、ルーター入手後の参考にしてください。

そもそもルーターとは

ルーターを用意する前に、各機械の役割や違いをある程度知っておきましょう。

不要な機器の購入などを防ぐことができます。

インターネットに接続するために、下記のような機械が使用されます。

  • 回線終端装置(ONU)
  • 無線LANルーター、Wi-Fiルーター
  • ホームゲートウェイ

それぞれの役割や機能を紹介します。

回線終端装置

回線終端装置(ONU)とは、ドコモ光の開通工事後、ドコモが置いていく箱型の機械のことです。

壁面のLANケーブル差込口から直接LANケーブルで接続されている機械が回線終端装置となります。

ONUはLANケーブルを通じて通信したインターネット光回線の信号を、インターネットを閲覧するためのデジタル信号に変換する役割を果たします。
通常の有線による接続の場合は、ONUとパソコンをLANケーブルでつなぐだけでインターネット網にアクセスできるようになります。

従来のADSLによるインターネットの場合は、「モデム」と呼ばれる機械がその役割を果たしていました。
耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
光回線の場合は、ONUがモデムの役割を担っています。

つまりONUはインターネットに接続するために、不可欠な機械であるといえます。

ドコモ光の場合は、工事完了時に設置してくれるので、自分で用意する必要はありません。

無線LANルーター、Wi-Fiルーター

ルーターとは、インターネットの通信を中継する役割を持つ機械です。

通常、インターネットは上述したONU一台につき、一台のパソコンにしか接続できません。
2台以上のパソコン、スマートフォンをインターネットに接続するために、ルーターが必要になります。

ルーターは、ONUを経由して受け取ったインターネットの信号を、通信する機器に合わせて中継、分配する役割を担っています。
ルーターと聞くと「無線でインターネットができる機械」として考えてしまいがちですが、厳密にはそれだけではない大事な役割を果たしています。

ちなみにですが、「無線LANルーター」と呼ばれるように、実は「有線LANルーター」も存在します。
LANケーブルを2本以上使って、2台以上のパソコンと接続するイメージです。
ただ近年のルーターは無線機能も持たせたものがほとんどなので、現在では無線LANルーターとルーターは同じ意味で扱われています。

また、ルーターにもWi-Fiルーターと無線LANルーター、呼び名が二種類ありますが、どう違うのでしょうか。
実はこちらもほぼ同義として扱ってもかまいません。
厳密にはWi-Fiとは、無線LANの規格の一つです。
無線LANという大きなグループの中の一つに、Wi-Fiという規格が存在するというイメージです。
ですが、現在ほとんどの無線LANがWi-Fiに対応しています。

パソコンやスマートフォンも、Wi-Fiに対応したものがほとんどなので、無線LANルーターとWi-Fiルーターは同じと思っても良いでしょう。
どちらにしても、ルーターは2台以上の通信機器を無線、有線でインターネットに接続する大事な役割をもっています。

ルーターは基本的に、申し込みをしなければインターネット会社は用意してくれません。
Wi-Fi環境を作りたい場合は、自分でルーターを購入するか、レンタルするかしかないので気を付けましょう。

ホームゲートウェイ

上記でWi-Fi環境を作るときにルーターを用意しなければいけないと書きましたが、「ホームゲートウェイ」を貸し出された時は不要です。
ホームゲートウェイとは、上記のONUと無線LANルーターの機能を両方持った機械です。
ホームゲートウェイを持っている人は、ONUもルーターも不要ということです。

ドコモ光の場合、基本的に貸し出してくれる機械はONUです。
ただ、ネットと合わせてドコモ光電話を申し込んだ場合、ONUではなくホームゲートウェイを貸し出してくれます。

ただ無線LANを使用したい場合、レンタル料が必要になります。
東日本で300円/月、西日本で100円が必要です。
後述しますが、ドコモ光からホームゲートウェイを借りる方法はお勧めしません。
ドコモ光電話を利用したい場合でも、無線LAN機能は不要と伝えた方がよさそうです。

ドコモ光対応の無線LANルーターの入手方法

無線でのインターネットを楽しみたい方に、無線LANルーターが必要なことはわかりました。
ではどんなルーターをどこで手に入れるのがお得で便利なのでしょうか。

まずドコモ光の無線LANルーターを手に入れる方法は以下の3種類があります。

  • ドコモ光からレンタルする
  • 契約するプロバイダからレンタルする
  • 自分で購入する

以上の3つです。

どの方法を選んでも、自宅にWi-Fiの環境を整えることができます。
ただ、費用やルーターの性能が大きく異なってきます。

当サイトでは、「プロバイダからレンタルする方法」をお勧めします!
詳細の理由については次項で紹介します。

一番のおすすめはプロバイダからレンタルする方法

先述した通り、上記の3種類あるWi-Fiルーターの入手方法のうち、最もお勧めする入手方法は「プロバイダからレンタルする」です。

なぜなら、無料で、高速通信に対応したルーターをレンタルできるからです。

ドコモ光からレンタルする場合は、月額100円~300円のレンタル料が必要になります。
また自分で購入する場合は、当然費用が必要です。

2つは有料となりますが、プロバイダからレンタルする方法では、なんと無料でレンタルできます。
さらに、高速通信に対応した「IPv4 over IPv6通信」に対応した無線LANルーターをレンタルできます。

機能性が高いルーターを無料で入手できるなら、使わない手はありません。
ただ、「IPv4 over IPv6通信ってなんなの?」「機能が高くてどんなメリットがあるの」と思う人もいると思います。
IPv4 over IPv6通信については次項で解説するので、参考にしてください。

IPv4 over IPv6通信とは

IPv4 over IPv6通信とは、簡単に説明すると、速く安定したインターネット通信品質を保てる通信方式です。
インターネットのストレスのもとだった、通信速度の遅れを解消できます。

通常インターネットの接続は、プロバイダの認証作業を経て、世界のインターネット網に接続します。
ですが、このプロバイダの認証作業が厄介なもので、アクセスが集中するとこの認証作業で渋滞が発生してしまいます。

夜間など、インターネットへのアクセスが遅くなることはありませんか?
この場合、周辺住民のインターネットへのアクセスが集中して、プロバイダの認証作業に遅れが生じていることが考えられます。

高速道路を想像してもらえるとわかりやすいのですが、プロバイダは料金所の役割を果たしています。
通行する車の量が増えると、料金所付近で渋滞が発生してしまいますよね。
インターネットでも同じことが起こり、アクセスが集中するとプロバイダの認証作業に遅れが生まれてしまします。

ですが、「IPv4 over IPv6通信」だと、この認証作業が不要になります。
高速道路の例えで言えば、広い車線の高速道路で料金所まで向かい、かつ最新のETCレーンをすいすい通れるイメージです。

インターネットの悩みどころだった「通信速度が遅い」という悩みを解決できる仕組みとして注目が集まっています。

ここでは「IPv6通信」に関するこれ以上の詳しい紹介は省きます。
詳しく知りたい方は「ドコモ光のIPoE方式IPv6通信とは!おすすめの対応プロバイダは? | インターネット回線まるわかりドットコム」でわかりやすく解説しています。

ひとまずここでは、IPv4 over IPv6通信とはインターネットの通信速度に関するストレスを減らせる、優れた機能を持つルーターのことと理解してもらえれば大丈夫です。

プロバイダからIPv6対応のルーターをレンタルする方法

プロバイダからIPv4 over IPv6通信に対応したルーターを無料でレンタルできることはわかっていただけたかと思います。
ただ、ドコモ光の対応プロバイダ26社すべてが、IPv4 over IPv6通信対応のルーターを無料でレンタルしてくれるわけではありません。

無料レンタルサービスを行っているのは、以下の11社です。

  • plala
  • So-net
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • DTI
  • IC-NET
  • Tigers-net.com
  • BIGLOBE
  • andline
  • スピーディアインターネットサービス
  • OCN

ドコモ光を新規で申し込みの方は高速通信対応の無線LANルーターを無料でレンタルできます。
ドコモ光を契約中で、新たにIPv6通信対応のルーターに切り替えたい場合は、問い合わせが必要です。
プロバイダによっては、新規契約時のキャンペーンとして限定している場合があります。
まずは問い合わせてみましょう。

IPv4 over IPv6通信に対応したルーターのレンタルが、自動適用か、または申し込みが必要かどうかも、プロバイダによって異なります。
各プロバイダにより、手配されるルーターの機種は異なりますが、どれも希望を伝えればIPv4 over IPv6通信に対応したルーターを送ってくれます。

詳細については「ドコモ光Wi-Fi(ワイファイ)の接続方法!ルーターはレンタルがお得? | インターネット回線まるわかりドットコム」でも解説しているので参考にして下しさい。

無料でレンタルできるのであれば、プロバイダから高機能なIPv6対応の機種をレンタルしましょう。

「プロバイダからレンタルする」以外のルーター入手方法

プロバイダからレンタルする以外でも、IPv4 over IPv6通信に対応したルーターを手に入れることはできます。
詳細を次項以降で紹介します。
事情により、プロバイダが決まっている場合は参考にしてください。

ドコモ光からレンタルする

ドコモ光からも無線LANルーターをレンタルできます。

ただ先述した通り、無線LANルーターのレンタルには月額料金が必要になります。
東日本は300円/月、西日本は100/円が必要です。

ルーターの製品寿命は5年ほどといわれています。
西日本は料金が安いので、5年使用しても6,000円ほどで済みますが、東日本の場合は5年使うと18,000円もします。
18,000円あれば、高性能な機種を購入することができるので、長く使う予定の人ほど損をします。

またドコモ光からレンタルする場合、最新モデルのものはレンタルされません。
先述したIPv6にも対応していません。
そうした意味でも、ドコモ光からレンタルするのであれば、自分で購入した方がお得と言えます。

ただドコモ光からレンタルする方法にも、以下のメリットがあります。

規格の不具合などが発生しにくい
自分で購入する場合などと異なり、規格の違いによる不具合が発生しにくいです。
自分で用意する手間も省けるので、安心して無線LANを導入できます。
故障時の交換が無料
ルーターが故障などで不具合が起こった場合、ドコモ光に連絡すれば無料で交換できます。
もしもの時に安心できます。
ルーターに関する問い合わせがしやすい
ドコモ光が貸し出しているルーターなので、設定や不具合に関する問い合わせがしやすいです。

上記の通り、自分で購入するのが不安という人はレンタルした方が手間なく導入できます。

自分で購入する

無線LANルーターは、安くて数千円、高いもので1万円以上します。
レンタルできなかった場合や、自分で機能を選んで使いたいという人は、自身で購入しましょう。
ただ購入する機種の機能や規格に気を付けてください。

規格に合わないものを選んでしまうと、互いの性能を十分に発揮できません。

ドコモ光の最大通信速度は1Gbpsです。
例えば、ルーターの規格が200Mbpsのものを選んでしまうと、1Gbpsの通信速度でインターネットを楽しむことができません。
反対に2Gbps対応のルーターを選んでも、ドコモ光自体が2Gbpsに対応していないので、オーバースペックとなってしまいます。

自身の契約を確認し、ドコモ光の通信速度が最大1Gbpsであれば、ルーターも1Gbps対応のものを選びましょう。

ドコモ光の通信速度は以下の窓口から確認ができます。
ドコモインフォメーションセンター…0120-800-000(受付時間:9時~20時)

自分で購入する際の注意点

自身で購入する際、どんなものを選べばいいかわからないですよね。
仕様を見ても、英数字が並んで何が何だか分からなくなってしまいます。
ただチェックする箇所は以下の2点で良いでしょう。

  • 通信規格
  • 周波数帯

詳細を次項で紹介します。

通信規格

ドコモ光の高速無線LANに対応した規格は次の2つです。

  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11ac

反対に次のように記載がある無線LANは高速通信に対応していません。
下記のものでも、無線LANで接続できますが、接続速度が遅くなってしまいます。

  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11b
  • IEEE802.11g

英数字が並んで難しそうに見えますが、「末尾がnかacのものが対応」と覚えると良いでしょう。

周波数帯

周波数も確認しましょう。
無線LANルーターの周波数は2.4GHz5GHzの2種類があります。
それぞれの違いは次の通りです。

通信品質 障害物 範囲
2.4GHz 混雑しやすい 強い 広い
5GHz 安定、高速 弱い 狭い

2.4GHz帯は、電子レンジなどさまざまな機器に使用されているので、ほかの電波の干渉を受けやすくなります。
マンションなどだと、ほかの部屋の電波などの干渉も受けてしまいやすいです。
その分障害物などには強く、床や壁が間に合っても接続しやすいです。
また電波が届く範囲も広いです。

一方で5GHz帯は、反対にルーター以外ではあまり使用されていない周波数帯です。
そのため、ほかの電波の干渉を受けにくく、安定して高速通信が可能です。
一方、壁や床などの障害物には弱い面があります。
また遠くまで電波が届きにくいです。
まだ新しい周波数のため、古い端末などの場合、5GHzに対応していない場合があります。

どちらも一長一短で特徴が分かれるところです。
お住まいの住居や使用する環境で、求める性能が変わってくるので、自宅に適した周波数を選びましょう。

パソコンが苦手な人は「ドコモ光ルーター01」がおすすめ

とはいっても、自分でルーターを購入する場合、どんな機種を選べばいいか非常に難しいですよね。
特にインターネットに詳しくない人には、選ぶ作業もとても憂うつな作業になってしまいます。
そんな方にはドコモが販売している「ドコモ光ルーター01」がおススメです。

ドコモ光ルーター01は、ドコモ公式のルーターなので、品質や安心感が非常に高いです。
ドコモ光ルーター 01 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ドコモ光の提携プロバイダがサービス提供している全てのIPv4 over IPv6通信に対応しているので、通信品質が非常に高いです。
またこのルーターを使い、ドコモ光の「ネットトータルサポート(月額500円)」に加入すると、通信について困ったときに非常に便利です。
ルーターについた「遠隔設定ボタン」を押すと、ドコモ光の専属オペレーターが遠隔操作で設定を代行してくれます。

同機種は、販売価格が9,590円(税込み)と少し高価です。
ですが、2018年12月現在、プロバイダを「ドコモnet」にしている人限定で、キャッシュバックキャンペーンを行っています。
ドコモ光の申し込みと同時に、ドコモ光ルーター01の購入とネットトータルサポートの加入を行うと、1万円分のdポイントがもらえます。
ドコモ光ルーター01の購入費用とネットトータルサポートの費用は、ほぼ全額戻ってくるのでおすすめです。
ドコモnet限定特典 | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

プロバイダをドコモnetにしている人はぜひ検討しましょう。

ネットトータルサポートでできること

先述したネットトータルサポートでは、通信に関するあらゆる困りごとに対応してくれます。

加入していれば、下記電話番号に電話するだけで専用のオペレーターが相談に乗ってくれます。
ネットトータルサポート…0120-825-360

以下のような相談に応えてくれます。

  • 故障、修理の相談
  • データが消えた際の、データ復旧サポート
  • パソコンなどの買取相談
  • オンラインのパソコン教室
  • 自宅への訪問サポート
  • 遠隔設定サポート(ドコモ光ルーター01使用時)
  • 家庭内ネットワークのセキュリティ強化(ドコモ光ルーター01使用時)

月額500円が必要ですが、インターネットやパソコンが苦手な人には便利なサービスです。
何回問い合わせても料金は同じなので、パソコンの設定に不安がある人は利用してみましょう。

ドコモ光のルーター初期設定方法

ルーターを手に入れたら、初期設定に入りましょう。

インターネットに接続するためには、プロバイダの登録情報を入力する必要があります。
ルーターにもプロバイダの情報を登録させておく必要があり、その作業が必要です。

ただ、ルーターに付属CDがある場合、簡単に設定ができます。
基本的に、ルーターにCDが付属していたら下記の方法で設定ができます。

  • ルーターとONU、パソコンをLANケーブルでつなぐ
  • パソコンに付属のCDを読み込ませる
  • パソコンのLANケーブルを外し、Wi-Fi設定をONにする
  • ルーター底面もしくは側面のラベルを確認し、SSIDや暗号化キーを確認する
  • パソコンのWi-Fi設定画面から、ルーターのSSIDを選択する
  • 暗号化キーを入力し、インターネットに接続する

以上でインターネットに接続できます。

無線LANがつながらない、接続が遅いときの対処法

「ドコモ光で無線LANを導入したけど、うまく接続できない」「接続が遅い」というときは、先述の無線LANの規格を確認しましょう。
それでも接続がうまくできないときはいくつかチェックする場所があります。

対処法の詳細について「ドコモ光でWi-fiがつながりにくい時や通信速度が遅い時の対処法 | インターネット回線まるわかりドットコム」で解説しています。
参考にして、接続を改善させましょう。

まとめ

ここまでドコモ光の無線LANについて紹介しました。
簡単にまとめたものが以下の通りです。

  • 無線LANルーター、Wi-Fiルーターは無線接続に必要
  • ルーターはプロバイダからレンタルするのがおすすめ
  • 自分で購入する場合は規格や周波数に注意する
  • 不安な人はドコモ光の「ドコモ光ルーター01」なら確実
  • 設定が苦手な人は「ネットトータルサポート」が便利

以上です。
ぜひ記事を参考にしてWi-Fi環境を整え、快適なインターネットを楽しんでください。