ドコモ光

ドコモ光×スピーディア(SIS)の評判は?メリット・デメリットとプロバイダ料金・速さ比較

ドコモ光×スピーディアを使用する女性のイメージ

光回線をドコモ光に決めたあと、今度はプロバイダを選ぼうと思っているあなた。
ドコモ光公式プロバイダは25社あるため、その中から自分に合うプロバイダを探すのは難しいですよね。
事前にプロバイダのサービス内容やメリット・デメリットを知っておけば、スムーズに契約が進みますよ。

そこで、今回ご紹介するプロバイダは、仙台から全国展開をしているスピーディアインターネットサービス(SIS)です。
結論から述べると、スピーディアは、セキュリティが永年無料・v6プラスに対応したWi-Fiレンタルサービスの実施・訪問やリモートサポートが初回無料と、メリットの多いプロバイダです。

それでは、ドコモ光×スピーディアの料金・メリットやデメリット・評判等を紹介していきます。
ぜひ、記事を参考にプロバイダを選んでください。

ドコモ光のプロバイダにスピーディア(SIS)を選ぶ5つのメリット

ドコモ光のプロバイダにスピーディアを選ぶメリットは、下記の通りです。

  • ドコモ光×スピーディアは月額基本料金が安い
  • セキュリティが永年無料
  • v6プラス対応Wi-Fiルーターの無償レンタルがある
  • 訪問・リモートサービスが初回無料
  • メールアドレス提供数が多い

それでは、上記メリットの詳細を解説していきます。

ドコモ光×スピーディアは月額基本料金が安い

ドコモ光のプロバイダにスピーディアを選んだ場合、月額基本料金が安くなります。

なぜなら、ドコモ光の公式プロバイダは大きく「タイプA」・「タイプB」の2つに分けられるのですが、スピーディアは、月額基本料金が安い「タイプA」に入るからです。
具体的な月額基本料金は下記の通りです。

戸建て マンション
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円

※プロバイダ料金を含む

ドコモ光の料金プランについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
ドコモ光の料金プラン

ご覧の通り、タイプAのプロバイダは、タイプBのプロバイダよりも月額200円安い設定となっています。

そのため、タイプAのプロバイダを利用しているマンション住まいの方と、タイプBのプロバイダを利用するマンション住まいの方では、年額2,400円の差額が出ることになります。

ちなみに、タイプAとタイプBのプロバイダは下記の通りです。

対応プロバイダ名
タイプA ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、IC-NET、Tigers-net.com、BIGLOBE、andline、シナプス、BB.excite、エディオンネット、スピーディア インターネットサービス、楽天ブロードバンド、TikiTikiインターネット、hi-ho、ネスク、01光コアラ
タイプB OCN、@T COM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

タイプAとタイプBの料金差により回線の品質が変わるということはありません。
ドコモ光のタイプA・タイプBの2つのプロバイダ区分について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
ドコモ光のタイプA・タイプBの違いは何?

このように、少しでも安くインターネットを楽しみたい方は、タイプAのプロバイダであるスピーディアを選ぶとお得になります。

セキュリティが永年無料

スピーディア契約期間中は、インターネットのセキュリティを心配することなく楽しめます。
ドコモ光の申込特典として、スピーディアのセキュリティが永年無料だからです。
スピーディアのセキュリティ1ライセンスにつき利用可能な台数は1台で、Windows、Macに対応しています。
また、ウィルスチェックサービス・迷惑メールフィルタも完備しているので安心です。

参考までに、下記はタイプAプロバイダのセキュリティ無料サービス期間です。

プロバイダ名
(タイプA)
セキュリティソフト名 セキュリティ
無料サービス期間
スピーディア (SIS) スピーディア永年無料セキュリティ 永年無料
Tigers-net.com カスペルスキー セキュリティ 永年無料
BB.excite ESETファミリーセキュリティ 36ヶ月無料
IC-NET ICネット安心セキュリティ 36ヶ月無料
plala マカフィー for plala 最大24ヶ月無料
GMOとくとくBB マカフィー マルチアクセス 12ヶ月無料
So-net カスペルスキー セキュリティ 12ヶ月無料
@nifty 常時安全セキュリティ24 12ヶ月無料
ドコモnet マカフィー インターネット セキュリティ 12ヶ月無料
andline マカフィー マルチアクセス 12ヶ月無料
シナプス マカフィー マルチアクセス セキュリティガード(M) 12ヶ月無料
hi-ho マカフィー マルチアクセス 12ヶ月無料
BIGLOBE BIGLOBEあんしんパックforドコモ光 最大12ヶ月無料
Rakutenブロードバンド スーパーセキュリティマルチプラットフォーム版月額サービス 最大12ヶ月無料
DTI マカフィー マルチアクセスオプション 最大12ヶ月無料

ご覧の通り、ドコモ光の公式プロバイダの中でもセキュリティが無料なのは、スピーディアを含めて2社しかありません。
セキュリティの心配をすることなく、ずっと快適にインターネットを使いたいとお考えの方にはスピーディアがオススメです。

また、ドコモ光のユーザーはプロバイダが提供するセキュリティサービス以外でも、下記の2つの方法でセキュリティ対策をすることができます。

  • 市販のセキュリティソフトを購入する
  • ドコモ光ルーター01を購入し、ドコモ光の専用セキュリティサービスを受ける

それぞれのセキュリティ対策方法について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
ドコモ光のセキュリティ対策ソフトって必要?

v6プラス対応Wi-Fiルーターの無償レンタルがある

スピーディアは、快適な速度を求める方・Wi-Fiルーターを用意するのが面倒な方にオススメです。
なぜなら、高速通信が可能な「v6プラス」対応Wi-Fiルーターを無償レンタルしているからです。
2019年3月現在、「v6プラス」対応ルーター無料レンタルを行なう、タイプAのプロバイダは下記の6社です。

ルーター返却の有無
スピーディア(SIS) 無し(ただし、24ヶ月間利用継続が条件)
GMOとくとくBB 無し(ただし、37ヶ月間利用継続が条件)
So-net 有り(解約後、要返却)
@nifty 有り(解約後、要返却)
andline 有り(解約後、要返却)
IC-NET 有り(解約後、要返却)

長く利用する予定で、通信速度やルーターレンタルの有無が気になる方は、スピーディアを選ぶとよいでしょう。

WiFiルーターのレンタルについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
ドコモ光のルーターの選び方(レンタル/購入)とおすすめのWi-Fiルーター

v6プラスについて詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
ドコモ光のIPv6通信とは?おすすめの対応プロバイダなどを紹介

訪問・リモートサポートが初回無料

スピーディアは、パソコンを自分で設定するのが不安な方や、困ったときすぐに対応して欲しい方におすすめします。
開通日から起算して60日間は初回無料で訪問・リモートサポートを行なっているからです。
具体的なサポート内容と問い合わせ先は下記の通りです。

サービス内容 料金 問い合わせ窓口
訪問サポート ・インターネット接続設定/無線LAN設定、ブラウザ設定
・セキュリティソフト設定(アンインストール含む)
・その他オプションメニュー有
ドコモ光開通日から起算して60日間は初回無料 【スピーディア設定サポート窓口】
電話:0120-507-175
受付時間:10時~20時
(※年末年始を除く)
リモートサポート ・インターネット接続設定/無線LAN設定、ブラウザ設定
・セキュリティソフト設定(アンインストール含む)
ドコモ光開通日から起算して60日間は初回無料

設定対応機種は、パソコン・スマートフォン・タブレットのいずれか1台となります。
訪問サポートの場合は、訪問日が土日指定でも追加料金は発生しません。
また、ドコモ光開通工事当日に訪問することも可能なので、希望する方は前もって連絡をしておくとよいでしょう。

メールアドレス提供数が多い

スピーディアの提供アカウント数は最大9つあります。
そのため、メールをよく利用する方には使いやすいプロバイダです。
同じタイプAのプロバイダでメールアドレス提供数を比較しました。
また、転送サービスの有無も確認すると下記の通りです。

メールアドレス提供数 転送サービス
スピーディア(SIS) 9 あり
ICネット 15 あり
GMOとくとくBB 15 あり
DTI 10 あり
Rakutenブロードバンド 10 なし
ぷらら 7 あり
hi-ho 6 あり
@nifty 5 あり
Andline 5 なし
BIGLOBE 5 あり
So-net 4 なし
Tigers-net.com 2 あり
エディオンネット 1 あり
SYNAPSE 1 あり
BB.excite 1 なし
TikiTiki 1 あり
ネスク 1 あり
01光コアラ 1 なし

アドレス数も多くメール転送サービスもあるため、特に仕事でも利用したい方には利便性の高いプロバイダでしょう。

ドコモ光×スピーディア(SIS)のデメリット

一方、スピーディアのデメリットは以下の2つです。

  • 独自のキャッシュバックキャンペーンがない
  • メールBOX容量が3GB

デメリットは以下で説明いたします。

独自のキャッシュバックキャンペーンがない

2019年3月現在、スピーディアではプロバイダ独自のキャッシュバックキャンペーンを実施していません。
そのため、新規契約時のお得感はないでしょう。

下記は、タイプAの中でキャッシュバックキャンペーンが確認出来たプロバイダです。

プロバイダ名(タイプA) キャッシュバック内容
GMOとくとくBB 15,000円キャッシュバック
ぷらら 15,000円キャッシュバック
So-net 15,000円キャッシュバック
DTI 15,000円キャッシュバック

15,000円だとルーターが1台分の金額が戻ってくることになるため、非常に助かりますね。
キャッシュバックを受け取りたい方は、他のプロバイダを検討してもよいでしょう。

ドコモ光の契約で受けられるキャンペーン・キャッシュバックについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。
ドコモ光のキャンペーン情報とキャッシュバック比較

メールBOX容量が3GB

メールをよく利用する方にとって、スピーディアは便利な一方で不便な点もあります。
なぜなら、メールBOXの容量が3GBとあまり大きくはないからです。

同じタイプAのプロバイダで、メールBOX容量が5GB以上のプロバイダは下記の通りです。

容量
スピーディア(SIS) 3GB
GMOとくとくBB 無制限
So-net 無制限
DTI 無制限
IC-net 無制限
ドコモネット 10GB
@nifty 5GB
ネスク 5GB
01光コアラ 5GB
BIGLOBE 5GB(無制限に変更可能)

ご覧の通り、メールBOX容量無制限を実施しているプロバイダは4社となっています。

また、スピーディアはメール保存期間が60日です。
必要なメール以外はこまめに消去していく必要があります。
そのため、容量無制限のプロバイダに比べると、メールBOXの容量はデメリットになってしまいます。

ドコモ光×スピーディアの工事費用

ドコモ光は、選択するプロバイダにより工事費が変わるということはありません。
戸建て・マンションでの工事費は以下の通りです。

工事費用 事務手数料 合計
戸建て 19,440円 3,240円 22,680円
マンション 16,200円 3,240円 19,440円

※税込金額を表記しています。

工事費用は、ドコモの新規工事料無料キャンペーンを利用するとお得になりますよ。
ただし、土日祝日の工事は追加料金が発生する場合があるため事前に確認をしておいたほうがよいでしょう。

ドコモ光の工事費用について詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。
ドコモ光の工事費はいくら?

ドコモ光×スピーディアを使っている方の口コミ・評判

ここまでは、スピーディアの内容について説明してきました。
実際にドコモ光×スピーディアを利用している方はどのような意見があるのでしょう。
以下に口コミ・評判を紹介します。

ドコモ光のプロバイダで、速度でオススメのところはドコ?という知恵袋の質問に対し、スピーディアを挙げている回答がありました。

「v6プラス」通信を採用しているため、速度に安定感を求めている方にオススメとのご意見です。

こちらの方は、プロバイダをスピーディアに変更してv6プラスにしたら、速度に改善が見られたようです。

速度に関しては、満足のいく口コミがみられました。
新規でドコモ光×スピーディアをお考えの方で、不明な点や確認したいことが有る場合は下記まで問い合わせてみてください。

問い合わせ先 スピーディアサポートセンター
電話番号:022-723-0861
受付時間:10時~18時(年末年始を除く)

スピーディアサポートセンターはフリーダイヤルではありませんので、問い合わせる際は注意してください。

ドコモ光×スピーディアがお得になる申し込み方法

ドコモ光の対応プロバイダであるスピーディアについて詳しく紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
プロバイダとして契約したい方は、以下の申し込み方法があるので確認をしてください。

  • NTTドコモに申込んでプロバイダを「スピーディア」に指定する
  • ドコモショップに申込んでプロバイダを「スピーディア」に指定する。
  • インターネットの代理店からドコモ光と「スピーディア」に申込む

この中で、ドコモ光×スピーディアがお得になるのは、「インターネットの代理店からドコモ光とスピーディアに申込む」ことです。
2019年3月現在、スピーディアの公式サイトではキャンペーンを実施していないため、インターネット代理店のサイトから申込むと、公式のキャンペーンに加えて独自のキャッシュバックサービスを受けることができます。

ただし、インターネット代理店により特典の適用条件が異なるので注意をしてください。

2019年3月現在、株式会社ネットナビは、15,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。
また、ひかりTV for docomo や、DAZN for docomoの映像サービス追加でキャッシュバックが増額するキャンペーンも、2019年3月31日まで展開中です。

株式会社Wizから申込むと、最大15,000円のキャッシュバックがあります。
また、開通前にモバイルルーターを無料レンタルしているため、急いでいる方はこのキャンペーンを利用してみるのも良いのではないでしょうか。

プロバイダを申込む前は、適用条件や不明点は必ず確認をしてくださいね。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。

ご相談・お問い合わせ
通話無料
0120-989-325
閉じる