ドコモ光

ドコモ光電話への切り替えで電話番号は変わる?変わる条件や対処法を解説

ドコモ光電話へ切り替えるイメージ

ドコモ光電話を契約したい時、今まで使っていた電話番号がそのまま使えるか不安ですよね。
電話番号が変わってしまうと、番号変更の連絡が手間だったり、伝え漏れがあると大事な連絡を着信できなかったりと、不便が多いです。
できることなら、いままで使っていた電話番号をドコモ光電話でもそのまま利用したいですよね。

ドコモ光電話への切り替えでは、電話番号をそのまま利用できる場合と、できない場合があります。
この記事では、ドコモ光電話へ切り替える場合の電話番号継続の条件や、その手続きの方法を紹介します。

ドコモ光電話は、通常のアナログの固定電話よりも基本料金や通話料が大幅に安くなります。
ぜひ参考にして、電話番号をそのままで、お得なドコモ光電話へ切り替えてください。

ドコモ光電話へ切り替えた際に、電話番号が変わる条件

電話番号の仕組みは非常に難しいです。
ただ簡単に結論から言うと、電話番号を継続できる条件は、「電話番号がNTTから発行された番号であるかどうか」です。

電話番号を引き継ぐためには、NTTの番号であることが前提となっているからです。

通常利用している電話番号は、簡単に大きく分けて次の2種類に分けられます。

  • NTTが発行する固定電話の電話番号
  • IP電話、光電話など、インターネット回線を利用する電話番号

光回線会社が発行する電話番号は、回線会社が変わると原則、それまでの電話番号は廃止になってしまいます。
ただNTTの電話番号は、光回線電話へ切り替えた時などでも、そのまま引き継ぐことができます。

固定電話の番号をそのまま引き継ぐことをLNP(ローカルナンバーポータビリティ)と言います。
携帯電話ではMNP(モバイルナンバーポータビリティ)というので、こちらのほうがなじみのある方が多いかもしれません。

以降、ドコモ光電話へのLNPを中心に説明していきます。

LNPできるかどうかは「電話加入権」の有無で変わる

LNPが可能かどうか調べるために、まず確認しないといけない点は、NTTの「電話加入権」があるかどうかです。

自身の電話加入権の有無は、NTTに問い合わせることで確認できます。

局番無しの「116」へ電話することで教えてくれますので、手続きを始める前に確認しておきましょう。

電話加入権の有無を確認できたところで、次項から具体的に、電話番号の引き継ぎができる場合とそうでない場合を見ていきましょう。

ドコモ光電話への切り替えで、電話番号を引き継ぐことができる場合

まず、ドコモ光電話へ切り替える時に、電話番号を継続できる場合について具体的な例を見ていきます。

NTTのアナログ電話から、ドコモ光電話へ切り替える場合

NTTのアナログの固定電話から、ドコモ光電話へ切り替える場合は、電話番号を引き継ぐことができます。

直近でNTTの固定電話を使っていたということは、電話加入権を持っているからです。

ドコモ光電話へ切り替える際、電話加入権を一時休止とするか、解除するか選ぶことになります。
解除は無料ですが、休止は2,000円が必要です。
ただ解除してしまうと、ドコモ光電話から別の電話へ切り替える際、電話加入権がなくなっているので、もう電話番号の引き継ぎができません。

再度電話を切り替える可能性がある人は、休止を選びましょう。
ただ休止の場合、5年おきに更新が必要です。
更新の手続きをしないと、解除になってしまうので、忘れず手続きをしましょう。

フレッツ光の光電話を利用していて、ドコモ光に切り替える場合

フレッツ光のひかり電話から、ドコモ光電話へ切り替える際も、電話番号を引き継ぐことができます。

フレッツ光電話とドコモ光電話は、同じNTTグループが運営しています。
相互に連携しており、ドコモ光の公式サイトでも、切り替えをお勧めしています。
参考: ドコモ光とNTT東日本提供のひかり電話をご利用中の方へ | ドコモ光 | NTTドコモ

電話番号はそのまま利用できますので、安心して乗り換えができます。

NTTの電話番号から、他社回線光電話へLNPした後、ドコモ光電話へ切り替える場合

ドコモ光電話から他社の光回線電話へ切り替える場合は、電話加入権を持って入れば電話番号の引き継ぎが可能です。
ただ、一度NTTに電話をして固定電話回線へ切り替える手続きが必要です。
電話加入権を一度復活させることで、他社回線へもLNPできるようになります。

電話加入権を持っていない、廃止してしまっていた場合は電話番号を乗り換え先に引き継ぐことができません。
乗り換え先で新しい電話番号を発行してもらう形となります。

電話番号を引き継ぐことができない場合

続いて、電話番号を引き継ぐことができない場合を具体的に紹介していきます。

同一市町村外へ引っ越しをする場合

引越しに伴って、住んでいた市町村を出る場合については電話番号が必ず変わってしまいます。

NTTの収容局が変わってしまうからです。
同一市町村内でも、NTTの区分により収容局が変わってしまう場合も、同様に電話番号が変わってしまいます。

遠方への引越しを控えている方は、電話番号が変わると認識しておいた方がよさそうです。

引越しの場合は電話番号変更のアナウンスサービスが便利

引越しで電話番号が変更になってしまう場合、NTTの電話番号変更アナウンスサービスを活用しましょう。

引越し後、旧電話番号に電話をかけてしまった人に対して、自動アナウンスで新しい電話番号を伝えてくれるサービスです。
無料で3か月間アナウンスしてくれます。

もしも新しい電話番号を伝え損ねていた人がいても、3か月以内ならアナウンスで伝えてくれます。
詳細は下記サイトで確認できます。
お手続きの前に|電話のお引越し|電話トップ|Web116.jp|NTT東日本

ご希望の方は申し込みしましょう。

新規契約した電話が最初から光電話で契約していた場合

一度もNTTの固定電話を契約せず、はじめから光電話を利用していた方は、電話番号を引き継ぐことができません。

上述した通り、NTTの電話加入権がなく、NTTが発番した番号ではないからです。

光電話を解約する時点で、その電話番号が廃止となってしまうので、引き継ぐことができません。

ドコモ光電話の電話番号を追加して、2つ以上持つ方法

ドコモ光電話の利用を検討している人の中には、「番号が2つ以上欲しい」と考えている方もいると思います。
ドコモ光電話には、「ダブルチャネル」と「追加番号」というオプションサービスがあります。

ダブルチャネル
ドコモ光電話1契約で、同時に2回線分の通話ができるサービス。 月額200円で利用ができます。
追加番号
ドコモ光電話の契約番号に加え、4電話番号を利用できるサービス。 最大で5つの電話番号を利用できるようになります。 月額100円で利用ができます。 2回線分の同時通話を行えるようにするには、ダブルチャネルの契約が必要です。

詳細はドコモ光の公式サイトで紹介しています。
ドコモ光電話向けサービス詳細 | ドコモ光 | NTTドコモ

2世帯で生活しているご家庭などには、とても便利なサービスです。
ぜひ参考にしてください。

まとめ

ここまで、ドコモ光電話の電話番号引継ぎについて紹介しました。

近年は携帯電話の普及で固定電話の使用頻度が減っていますが、欠かせないものに変わりありません。
使用頻度が減ったからこそ、月額基本料金や通話料の安い光電話へ切り替えることで、固定費を削減できます。

ぜひこの記事を参考にして、電話番号の変更なく、お得なドコモ光電話へ切り替えましょう。