ドコモ光

「ドコモ光電話」のサービス内容や料金、申し込み方法を徹底解説

ドコモ光電話とパソコン

ドコモ光のオプションサービスに、「ドコモ光電話」というサービスがあります。
ドコモ光のインターネット回線を利用した「ひかり電話」を利用できるサービスです。

ただ、「普通の固定電話とどう違うかわからない」「最近は固定電話の使用頻度は減ったから光電話にしなくてもいい」と考える方もいると思います。
結論から言うと、通常のNTTの固定電話よりも、ドコモ光電話へ切り替えた方が断然お得です。
基本使用料は通常月2,000円ほどだったものが、ドコモ光電話なら500円で利用できます。

携帯電話の普及で固定電話の使用頻度が減ったという方こそ、毎月の維持費を節約できるドコモ光電話がおすすめです。

この記事ではドコモ光電話のサービス内容やメリット、申し込み方法を紹介します。
「切り替えで電話番号が変わるか心配」という方にも解説します。

ぜひ参考にして、お得なドコモ光電話を検討してください。

ドコモ光電話のメリットとプラン

ドコモ光電話とは、ドコモ光のインターネット回線を利用して電話線へつなぐサービスです。
ドコモ光の契約者が加入できるひかり電話サービスです。

通話品質そのものは通常の固定電話と変わらず、以下のメリットが生まれます。

  • 基本使用料、通話料が格段に安い
  • オプションサービスが豊富
  • ドコモの請求を一本化できる

ドコモ光電話には2つのプランがあります。

  • ドコモ光電話
  • ドコモ光電話バリュー

通話料、基本料ともに通常の加入電話よりも格段に安く、料金面で非常にお得になるサービスです。
固定電話をあまり使わないけど必要という方も、固定電話をよく使うという人もお得になります。
詳細について次項で紹介します。

ドコモ光電話/ドコモ光電話バリューの基本料金

ドコモ光電話とドコモ光電話バリューの月額基本料金は以下の通りです。

月額使用料 無料通話分の繰り越し可否 特徴
ドコモ光電話 500円 無し シンプルプラン
ドコモ光電話バリュー 1,500円 有り 1700円相当の付加サービス
480円分の無料通話付き

比較のため、通常のNTTの加入電話の基本料金は以下の通りです。

ダイヤル回線 プッシュ回線
加入電話 1,450円~1,700円 1,600円~1,700円
加入電話・ライトプラン 1,700円~1,950円 1,850円~1,950円

ご覧のように、加入電話と比較すると、光電話の方が3分の1~4分の1まで料金が安くなります。

年間では1万円以上も安くできます。
安く固定電話の費用を抑えたいという方にはオススメです。

ドコモ光電話の通話料金

ドコモ光電話は基本料金だけでなく、通話料も加入電話よりも安くなります。

ドコモ光電話とNTT加入電話の3分当たりの通話料の比較表は以下の通りです。

ドコモ光電話(東日本) ドコモ光電話(西日本) NTT加入電話
日本全国 8円 8円 8.5円~80円
アメリカの通話 27分 27円 180円
ドコモ携帯電話 48円 48円 51円~60円
au携帯電話 52.5円 54円 54円~90円
ソフトバンク(旧ワイモバイル)携帯電話 52.5円 48円 51円~120円
ソフトバンク携帯電話 52.5円 54円 60円~120円

ご覧の通り、ほとんどの場合でドコモ光電話の方が通話料金が安くなります。
特にドコモ光の場合、日本国内であれば全国一律料金であるメリットが非常に大きいです。

NTTの加入電話の場合、電話先の距離に応じて料金が変動するため、遠くの人と電話するときは通話料金が高くなってしまいます。
一方でドコモ光電話は、全国一律のため、どこへ電話しても3分8円で電話ができます。

ドコモ光電話は距離別の通話料金がないから安い

ひかり電話は、通常の加入電話にある距離別の料金設定がないため、料金が安くなります、

通常のNTTの加入電話は、主に電話先までの距離で料金が変動します。
電話先までの距離が長くなると、その分交換局と呼ばれる中継地点が増えていきます。
この経由する交換局の数が多くなるほど、料金が高くなるので、電話料金が高くなります。

NTT東日本では昼間の通話料金は距離別に以下のように定めています。

距離 ~20km 20km~60km 60km以上
通話料金 20円 30円 40円

例えば、県外で60km以上距離のある人と30分間通話したとき、かかる通話料金はそれぞれ次のようになります。

ドコモ光電話:80円
NTT加入電話:400円

ご覧のように非常に大きな違いとなってしまいます。
基本料金が安いうえ、通話料金も安いひかり電話はメリットが非常に大きいです。

ドコモ光電話のオプションサービス

またドコモ光電話はオプションプランが豊富です。
主なオプションサービス一覧は以下の通りです。
ドコモ光バリューには〇印の付いたオプションが付与されます。

特徴 料金 ドコモ光電話バリュー
通話中着信 通話中に第三者から着信があった場合、通話を保留したまま第三者と通話ができる 300円
転送でんわ かかってきた電話をあらかじめ指定した電話番号に転送する 500円
発信者番号表示 かけてきた相手の電話を、電話に出る前に電話機のディスプレイに表示する 400円
ナンバー・リクエスト 非通知での着信に対し、「電話番号を通知してかけ直す」ように自動アナウンスで通知するサービス 200円
迷惑電話ストップサービス 迷惑電話を受けた直後に、電話機で登録操作することで、以降同じ番号からの着信の際「電話を受けられない」ことを自動アナウンスする 200円
着信お知らせメール 着信があったことを、あらかじめ指定したメールに送る 100円
ダブルチャネル ドコモ光電話の1契約で同時に2回線分の通話ができる 200円
追加番号 ドコモ光電話の契約番号のほか、4番号を利用できる 100円

ご覧の通り、不審な電話への対応や着信に出られなかった時の利便性が上がるオプションです。

ドコモ光バリューは、480円分の無料通話が付いて、6つのオプションが付与されます。
電話をかける機会が多く、かつ2~3以上のオプション加入を検討している場合は、ドコモ光バリューがお得です。

ご自身の電話の利用状況を見て検討しましょう。

dカードGOLDで請求一本化のメリットが大きくなる

ドコモ光電話に加入すると、ドコモ光と請求を一本化できます。
この場合、ドコモのクレジットカード「dカードGOLD」に加入すると、非常にお得になります。

dカードGOLDに加入していると、ドコモへの支払い料金のうち10%相当がdポイントとして還元されるからです。
参考:dカード | dカード GOLDのご紹介

ドコモ光に加入している人の多くが、ドコモの携帯電話を使用していると思います。
これに加え、ドコモ光電話に加入することで、dカードGOLDの還元額がさらに大きくなります。

携帯電話、ネット、光電話を合わせ、毎月ドコモへの支払い額が2万円とすると、毎月2,000円分がdポイントとして還元されることになります。
dカードGOLDの年会費は1万円必要ですが、上記の場合、年間で1万2千円もお得になる計算になります。

請求を一本化することで、明細が簡潔になるだけでなく、ポイントの還元額も大きくなるため、非常にお得な方法と言えます。

ドコモ光電話への切り替えは電話番号を継続できる?

ドコモ光電話へ切り替える際、これまで使用していた電話番号は引き継げるのでしょうか。
結論から述べると、NTTの加入電話の電話番号は引き継ぐことができます。
ただ、フレッツ光を除き、他社のひかり電話からの電話番号の引き継ぎはできません。

また転居に伴い、NTTの収容局が変わる場合は、電話番号が変更になってしまいます。

細かな条件等については 「ドコモ光電話への切り替えで電話番号は変わる?変わる条件や対処法を解説 | インターネット回線まるわかりドットコム 」で紹介しています。

参考にしてください。

ドコモ光電話の申し込み方法と初期費用

ドコモ光電話の申し込みには、ドコモ光のインターネット回線への加入が必須になります。

ドコモ光電話の申し込み方法は次の2種類に分けられます。

  • ドコモ光と同時にドコモ光電話を新規申し込みする場合
  • ドコモ光はすでに契約済で、新たにドコモ光電話を追加で契約申し込みする場合

また契約の際、以下の費用が必要になります。

  • ドコモ光電話契約事務手数料
  • ドコモ光電話工事料
  • ドコモ光の初期費用

それぞれの場合によって、費用の大きさや手続きの方法が異なってきます。
また電話番号の引き継ぎ(番号ポータビリティ)があるかどうかでも費用が異なってきます。

詳細は次項以降で解説します。

ドコモ光と同時にドコモ光電話を新規申し込みする場合

ドコモ光と同時にドコモ光電話を申し込む場合、ドコモ光の申し込みの際にドコモ光電話を契約したい旨を伝えることで契約できます。

ドコモ光の契約は次の3種類の窓口で申し込むことができます。

  • ドコモオンライン
  • ドコモインフォメーションセンター
  • 近くのドコモショップ

ドコモ光を新規契約する際は、以下のものが必要になります。

  • 契約中のドコモの携帯電話番号
  • ドコモ光の契約事務手数料3,000円

手続きの手順は次のようになります。

  • ドコモ光の提供エリアを確認する
  • 提供エリア内であれば、上記3種の窓口で申し込みする
  • 申し込み時にドコモ光電話へ加入したい旨を伝える
  • 番号ポータビリティを利用したい場合、その旨を伝える
  • ドコモ光の開通工事日を調整する
  • 工事を受ける
  • 接続設定を行う
  • 利用開始

以上でドコモ光とドコモ光電話を利用できるようになります。

同時新規申し込みの際にかかる費用

ドコモ光とドコモ光電話を同時に新規申し込みする場合、比較的費用は少なく抑えることができます。

番号ポータビリティの有無で費用が変わります。
同時新規申し込みの場合、派遣工事の有無では工事費用が変わりません。

番号ポータビリティ有 番号ポータビリティ無
ドコモ光電話契約事務手数料 0円 0円
ドコモ光電話工事料 3,000円 1,000円
合計 3,000円 1,000円

これに加えてドコモ光の初期費用が必要になります、
ドコモ光の初期費用は、契約事務手数料3,000円のほか、初期工事費用15,000~18,000円が必要です。

ただドコモ光電話そのものの、手数料などは比較的安くできるので、ドコモ光と同時に申し込むことがおすすめです。

ドコモ光を契約中で、ドコモ光電話のみ新規で申し込む場合

ドコモ光を契約中でドコモ光電話のみを新規で申し込む場合の手続きは以下の窓口で可能です。

  • 近くのドコモショップ
  • ドコモインフォメーションセンター
  • 家電量販店などのドコモ窓口

申し込みの際には、以下のものが必要になります。

  • ペア回線として設定しているドコモ携帯電話番号(ない場合はドコモ光の契約ID)
  • 契約事務手数料2,000円

手続きの流れとしては以下の通りです。

  • 上記の窓口でドコモ光電話の契約をしたい旨を伝える
  • 番号ポータビリティを利用したい場合、その旨を伝える
  • 工事日を調整する
  • 工事を受ける

以上です。
手続き自体は簡単ですが、ドコモ光と同時に契約する場合と比較して、費用が必要になります、
費用も比較的高めになります。
次項で紹介します。

ドコモ光電話のみ追加で新規契約する場合

ドコモ光電話のみ新規契約する場合も、番号ポータビリティの有無で費用が変わってきます。
また派遣工事のありなしでも費用が変わります。

番号ポータビリティ有 番号ポータビリティ無
派遣工事 派遣工事あり 派遣工事なし 派遣工事あり 派遣工事なし
ドコモ光電話契約事務手数料 2,000円
ドコモ光電話工事料 9,000円 4,000円 7,000円 2,000円
合計 11,000円 6,000円 9,000円 4,000円

こちらの場合、ドコモ光を契約中なので、ドコモ光の開通費用等は不要です。
ですが、ドコモ光電話のためだけに工事を依頼する形となるので、同時契約の場合と比較して費用は高めになってしまいます。

ドコモ光電話申し込み時の注意点

ドコモ光電話の申し込みには、費用や手続き面で注意点があります。

番号ポータビリティ時、NTTから休止工事費として2,000円が請求される場合がある
NTT東西の固定電話から番号ポータビリティをする際、電話加入権の休止工事費として2,000円が請求される場合があります。 あらかじめ注意しておきましょう。
状況によっては電話番号を引き継ぐことができない場合がある
契約状況によっては番号ポータビリティが利用できないケースがあります。 事前に契約状況を確認し、ドコモ光やNTTに問い合わせるなどして、番号ポータビリティが可能かどうか確認しておきましょう。 番号ポータビリティについては「ドコモ光電話への切り替えで電話番号は変わる?変わる条件や対処法を解説 | インターネット回線まるわかりドットコム 」で紹介しています。
フレッツ光のひかり電話からの転用の場合は工事費が不要
フレッツ光のひかり電話を利用していて、ドコモ光電話へ引き継ぐ場合は、工事費が不要となります。 フレッツ光からドコモ光への乗り換えは、転用という扱いになるため、費用が安くなります。 転用については「ドコモ光のフレッツ光からの転用方法と転用するメリット | インターネット回線まるわかりドットコム 」で紹介していますので、参考にして下さい。
通話料がお得にならないケースもある
通話時間が短い場合や、NTTの割引制度を利用していた場合、必ずしもドコモ光電話の利用料金が安くならない場合があります。

ドコモ光電話がうまくつながらない時

ドコモ光電話がうまくつながらないときは、ケーブルの接触不良がある可能性があります。
以下の手順でチェック箇所を確認しましょう。

  • 電話機やホームゲートウェイの電源を切る
  • 機器をつないでいるケーブルを差し込みなおし、緩みがないか確認する
  • 再度ホームゲートウェイや電話機の電源を入れなおす

接触不良が確認できなかった場合、電話線の断線や電話機の故障の恐れもあります。
ドコモ光に問い合わせましょう。
故障の問い合わせや修理の申し込みは下記電話番号から可能です。

ドコモ携帯電話からの場合:(局番無し)113
一般電話などからの場合:0120-800-000

どちらも年中無休で24時間受付しています。

またドコモでは無料メッセージアプリ「LINE」での問い合わせにも対応しています。
LINEアプリ上で、「ドコモ故障サポート 」を友だち追加すると、LINEのトーク画面で問い合わせができます。
対応時間は年中無休で午前9時~午後5時までです。

電話とLINE、どちらか利用しやすい方を選択して問い合わせてください。

ドコモ光電話を解約したい場合

ドコモ光のネット契約を残しつつ、ドコモ光電話のみ解約することが可能です。
ドコモ光電話の解約は次の2種類の窓口で可能です。

  • ドコモインフォメーションセンター
  • ドコモショップ

インターネット上では手続きに対応していません。
店舗へ行くか、電話で解約申し込みしましょう。

一度解約すると、レンタルしている回線の装置から、ルーターの機能がなくなってしまいます。
注意しましょう。

詳しい解約方法は以下の記事をご覧ください。

ドコモ光の解約方法と解約金

まとめ

ドコモ光電話は通話料も基本料金も非常に安くなるお得な固定電話です。

ドコモ光電話は以下のような人におすすめできます。

  • 家族にドコモユーザーが多い人
  • 固定電話の維持費を安く抑えたい人
  • 長距離の電話をたくさん使う人
  • これから固定電話を新しく引こうと考えている人

いかがでしたか。
ぜひ記事を参考にしてドコモ光電話へ切り替えて、毎月の固定電話の費用を安く抑えてください。