ドコモ光

ドコモ光Wi-Fi(ワイファイ)の接続方法!ルーターはレンタルがお得?

ドコモ光のwi-fiで快適にインターネットを楽しむ

自宅内で快適なドコモ光のインターネットを楽しむには、Wi-Fi(ワイファイ)設定は欠かせないものです。
配線を気にすることなく、自宅内でどこでもインターネットに接続できるのでとても便利です。
また最近はスマートフォンやタブレット端末など、自宅でWi-Fi設定して、パケット料金を節約する人も多いです。
自宅でWi-Fiを設定することで、快適にネットサービスを利用できるようになります。

ただこのWi-Fiは、不慣れな人には非常に難しく感じてしまうものです。
「やってみたいけど難しくて後回しにしてる」「無線LANとか設定が難しそう」と敬遠している人も多いでしょう。
そもそも無料で接続できるのか、接続しにくくなったときはどう対処すれば良いのかなど、初心者には非常にハードルが高いものです。

ただ実はWi-Fiの設定はそこまで難しいものではありません。
機器を用意し、設定を済ませてしまえば簡単にWi-Fiを導入できます。

そこでこの記事では、Wi-Fiの仕組みからお得なルーターの選び方、接続方法やトラブル時の対処法などを紹介します。
インターネットに不慣れな人でもわかりやすいように、基礎の部分から解説します。
ワイファイ環境設定は、インターネットを快適にするものです。
ぜひ参考にして、ストレスないネット環境を作ってください。

ドコモのWi-Fi(ワイファイ)接続基礎知識

そもそもWi-Fiとはどんなものでしょうか。
Wi-Fiとは、簡単に説明すると、インターネットにつなぐための電波のことです。
パソコンなど、通常ではケーブルでつながないとインターネットに接続できない機械でも、Wi-Fi電波をつなぐことで、無線でインターネット通信ができます。

家庭以外でも、飲食店やホテル、公共施設など、最近では至るところにWi-Fi電波が飛んでいます。

通常の有線接続の場合、自宅壁面のLANケーブル差込口とパソコンなどをケーブルでつなぐことで、インターネットに接続することができます。
一方でWi-Fiによる無線接続の場合、「無線LANルーター」という機械に接続することで、Wi-Fiの電波に変換します。
この電波をパソコンや携帯電話に接続することで、自宅のインターネット回線を利用してインターネットに接続することができます。

通常の有線によるインターネット接続では、LANケーブルが届く範囲でしか、パソコンをインターネットに接続することができませんでした。
しかしWi-Fiなら、自宅内であればほぼどこでもインターネットに接続できます。
非常にネット生活が便利になります。

ドコモ光のWi-Fi(ワイファイ)接続でできること

では具体的にWi-Fiを導入すると、どんなことができるようになるのでしょうか。
具体的にWi-Fiでできることの一例は以下の通りです。

  • 配線を気にせず、家中どこでもパソコンをインターネットに接続できる
  • プリンターもWi-Fi接続することで、ケーブルを使わずプリントアウトできる
  • Wi-Fi電波が届く範囲であれば、自宅内どこでも接続できる
  • スマートフォンをWi-Fi接続することで、パケット料金など気にせずネット接続できる
  • インターネット対応テレビを使用することで、テレビ画面でインターネット接続できる
  • 携帯ゲーム機などネット環境に接続することで、オンライン接続できる
  • 「冷蔵庫」など、スマート家電と呼ばれるものにもネット接続できる

上記はあくまで一例です。
可能になることが多く、生活が非常に便利になりますね。

スマートフォンのWi-Fi接続が便利

とくに近年、スマートフォンをWi-Fiに接続するために、自宅をWi-Fi環境に整える人が増えています。

通信パケット量を節約でき、携帯電話の毎月の料金を抑えることができるからです。

携帯電話の場合、通常だと携帯電話用の電波を使ってインターネットに接続します。
ただ、近年スマートフォンにはインターネットの通信量の上限が設定されています。
スマートフォンでたくさんインターネットを利用してしまうと、通信速度制限がかけられてしまいます。
インターネットに接続する時間が非常に長くなり、ストレスを感じた経験をされた方も多いと思います。

そこで活躍するのが、Wi-Fiです。
スマートフォンをWi-Fiで接続すると、携帯電話用の電波とは別の回線でインターネットに接続します。
その間は、パケットの通信量としてカウントされないので、Wi-Fi接続している間は通信量を気にする必要がありません。
通信制限を掛けられている間も、Wi-Fiでインターネットに接続している間はサクサクインターネットを楽しむことができます。
自宅でWi-Fi設定をしていれば、スマートフォンでのインターネットがより便利になります。

さらにパケットの使用量が抑えられることで、毎月の携帯料金の見直しにも大いに役立ちます。
これまでのパケットの上限を多めに設定したプランから、1段階2段階下げることもできます。

人によっては利便性を変えないまま、毎月のパケット代を数千円安くできます。

Wi-Fiは配線が不要という物理的メリットだけでなく、毎月の固定費を抑えられるという費用面でのメリットも大きくなります。

Wi-Fiの利用自体は無料

Wi-Fiの利用自体は無料です。

ドコモ光などインターネット回線を契約していれば、だれでもWi-Fiを設定できます。
後述する無線LANルーターを用意するために費用が必要ですが、毎月数百円、数千円も支払わなければいけないことはありません。

ただWi-Fiに接続するパソコンやスマートフォンがWi-Fiに対応していないと、利用はできません。
導入以前にお使いの機器がWi-Fiに対応しているか確認しましょう。

特別な申し込みや工事は不要

Wi-Fiの利用の際には、大がかりな工事等は不要です。
基本的に無線LANルーターを用意し、接続設定をするだけで利用できるようになります。

この無線LANルーターは自分で購入する方法と、レンタルする方法があります。
どちらも費用が必要です。

詳しくは次項以降で紹介します。

無線LANルーターを手に入れる3つの方法

Wi-Fiの良さを感じてもらえたところで、実際の導入方法を解説します。

先述した通り、Wi-Fiの接続には無線LANルーターが必要です。
それでは無線LANルーターはどのように手に入れることができるのでしょうか。

方法としては3種類あります。

  • ドコモ光からレンタルする
  • プロバイダからレンタルする
  • 自分で購入する

それぞれメリットやデメリットがあるので、次項で詳しく解説します。

当サイトで一番おすすめする方法は「②プロバイダからレンタルする」です。
無料で機能の良いルーターをレンタルできるのでおすすめです。

ただ契約状況などによって、何が一番か異なってきます。
自分の契約や予算に合った方法を選択してください。

ドコモ光からレンタルする

無線LANルーターはドコモからもレンタルできます。
ただ毎月のレンタル料が必要なので、長く使う場合、費用が多く必要になってしまいます。

ドコモ光の場合、新規契約する際に「無線LANを利用するかどうか」尋ねられます。
この回答により、貸与される機械の種類が変わってきます。

利用すると応えた場合、無線LANルーターと回線終端装置の機能が2つ備わった「ホームゲートウェイ」と呼ばれる機械を貸してくれます。

利用しないと回答していた場合、回線終端装置の機能だけの機械が貸与されます。
ただ後々Wi-Fiを使いたくなった場合も、Wi-Fiを利用できます。
ドコモ光にWi-Fiを使いたい旨を伝えれば、「無線LANカード」と呼ばれるものを貸してくれます。
このカードを、回線終端装置の差込口に差し込めば、回線終端装置にも無線LANルーターの機能を追加できるようになります。

ただどちらの場合でも、この無線LANルーター・無線LANカードのレンタルには月額料金が必要になります。
レンタル費用は西日本と東日本で異なります。
費用は以下の通りです。

機器 月額使用料
東日本 1ギガ対応無線LANルーター 300円
1ギガ非対応無線LANルーター(ドコモ光電話用) 300円
無線LANカード 300円/枚
西日本 ドコモ光電話無線LANルーター 100円
無線LANカード 100円/枚

毎月かかってくる費用なので、長く使えば使うほど、レンタルの費用がかさむことになります。
後述しますが、無線LANルーターを自分で購入する場合、安くて数千円、良いものでは1万円以上します。
西日本の場合はレンタル費が安いためレンタルしやすいですが、東日本の場合は2~3年利用する場合、購入の方が安くなることが多いです。

さらにドコモ光からレンタルできる無線LANルーターは、旧式のものが多く、早い回線速度に対応していないものが多いです。
後述するプロバイダからレンタルした方が、安くかつ最新の機器をレンタルできるので、ドコモ光からレンタルするのはあまりお勧めできません。

ただ、ドコモ光からレンタルするメリットもあります。
故障時は無償で交換してくれます。
無線LANルーターの機器寿命はだいたい4~5年と言われています。
使用部品が少なく、動かすことも少ない機械なので、壊れることは少ないですが、故障が不安な方はドコモ光からレンタルしましょう。

プロバイダからレンタルする

プロバイダからレンタルする方法が最もお得です。

高速通信に対応した最新の無線LANルーターを、無料で利用できるからです。

ドコモ光では高速通信に対応したIPv6通信に対応しています。
従来方式のIPv4通信でも高速通信が可能な、「IPoE方式Ipv4overIPv6通信」に対応したルーターが中でもお勧めです。
ドコモ光のIPv6通信については「ドコモ光のIPoE方式IPv6通信とは!おすすめの対応プロバイダは? | インターネット回線まるわかりドットコム」で紹介しています。
IPv6通信のメリットを知ってもらえると思います。

ドコモ光のプロバイダは26社ありますが、全てのプロバイダが無線LANルーターの貸し出しを行っているわけではありません。
Wi-Fiルーターの有償・無償レンタルを行っているプロバイダは以下の通りです。
タイプAとタイプBは月額料金が200円異なります。
サービス自体は大きな差がないので、特別な理由がない限り、タイプAの中から選ぶとお得です。

料金タイプ 有償/無償 対応機器 IPv6対応
ドコモnet タイプA 実質無償 ドコモ光ルーター01 IPoE方式Ipv4overIPv6通信
ぷらら タイプA 無償 ドコモ光ルーター01など IPoE方式Ipv4overIPv6通信
GMOとくとくBB タイプA 無償 ドコモ光ルーター01など IPoE方式Ipv4overIPv6通信
So-net タイプA 無償 ドコモ光ルーター01など IPoE方式Ipv4overIPv6通信
DTI タイプA 無償 ドコモ光ルーター01など IPoE方式Ipv4overIPv6通信
ic-net タイプA 無償 ドコモ光ルーター01など IPoE方式Ipv4overIPv6通信
アンドライン タイプA 無償(選択制) ドコモ光ルーター01など IPoE方式Ipv4overIPv6通信
ビッグローブ タイプA 無償 ドコモ光ルーター01など IPoE方式Ipv4overIPv6通信
ハイホー タイプA 無償 PPPoE対応のドコモ光電話対応ルーターなど PPPoE方式IPv6通信
OCN タイプB 無償 ドコモ光ルーター01など IPoE方式Ipv4overIPv6通信
チャンプルネット タイプB 有償 IPv6トンネル対応アダプタ PPPoE方式IPv6通信

ドコモnetはドコモ光ルーター01の購入と、「ネットトータルサポート」の申し込みで、ドコモのdポイントが1万円プレゼントされます。
ドコモルーター01は9,590円、ネットトータルサポートは月額500円必要です。

中でもお勧めは、「GMOとくとくBB」「So-net」「DTI」の三社です。
ドコモ光のおすすめプロバイダ3選 ~26社の比較結果と選び方~ | インターネット回線まるわかりドットコム」でもキャッシュバックの大きな三社として紹介しています。

これから新規契約を考えている方は高機能のルーターを無償レンタルしてくれるプロバイダを選択しましょう。

自分で購入する

Wi-Fiルーターは自分で購入して、設定することも可能です。

Wi-Fiルーターは安いもので2,000円ほど、高いもので1万円を超えるものまであります。

価格の差は接続範囲や通信品質の違いで、高いものほど範囲も広く品質も安定します。
ただ一人暮らしで4LDK相当の接続範囲の無線LANルーターを持っていても仕方ありません。
ルーターには対応畳数なども記載してあることが多いので、参考にしましょう。

ドコモ光の場合は、ドコモが販売している公式の無線LANルーター「ドコモ光ルーター01」もお勧めです。
価格は9,590円と少し高価ですが、ドコモ光の提携プロバイダが提供する全てのIPv4 over IPv6通信に対応しています。
ドコモのサポートサービス「ネットトータルサポート」にも対応し、設定が難しい時は遠隔設定機能で設定サービスを受けることができます。
ドコモ光ルーター 01 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ドコモ公式の無線LANルーターなので、安心して利用ができます。
自身で無線LANの購入を検討している方は、購入候補に入れてください。

Wi-Fiの設定方法

無線LANルーターを用意できたところで、続いて設定に入りましょう。

ただ、この機会にドコモ光の新規契約をした方はまずインターネットの接続設定が必要です。
次項以降で紹介します。

ドコモ光の新規契約をした人はまずインターネットの接続設定をする

ドコモ光の新規契約と同時にWi-Fi設定する場合、一度パソコンにプロバイダの情報を登録してインターネットに接続する必要があります。

事前にプロバイダから送られてきた書類を見て、契約IDとパスワードを用意しておきましょう。

インターネットの接続設定手順は以下の通りです。

  • ドコモ光の開通工事を受ける
  • 壁面のLANケーブル差込口とドコモ光が設置した回線終端装置(ONU)もしくはホームゲートウエイをLANケーブルでつなぐ
  • ONUと無線LANルーターをLANケーブルでつなぐ(ホームゲートウェイの場合は不要)
  • パソコンと無線LANルーターもしくはホームゲートウェイをLANケーブルで接続する
  • パソコンや無線LANルーターの電源を入れる
  • パソコンで左下の「Windowsボタン」をクリックし、「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を選択する
  • 「ネットワークと共有センター」をクリックし、「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択する
  • 「インターネットに接続します」をクリックして、「次へ」を選ぶ
  • プロバイダから送られてきた書類を確認し、「契約ID」と「パスワード」を入力する
  • インターネットに接続できたことを確認する

これで有線によるインターネット接続が完了しました。
これ以降はすでに契約済みの方と接続方法が同じです。

次項でWi-Fiの接続設定方法を紹介します。

ルーターのWi-Fiの設定方法

インターネットの接続ができている人は、Wi-Fi設定に入りましょう。

パソコンに記録させたプロバイダの情報を、ルーター側にも登録する必要があります。
ただ多くの場合、ルーターに付属しているCDをパソコンに読み込ませることで完了します。
手順は次の通りです。

  • パソコンとルーターをLANケーブルでつなぐ
  • パソコンにCDを読み込ませる

これでルーターへのプロバイダ情報の登録は完了します。

次に、Wi-Fiで接続するパソコンやスマートフォン側で接続設定が必要です。
その際、無線LANルーターの「SSID(IDのようなもの)」と「暗号化キー(パスワードのようなもの)」が必要です。
無線LANルーターの底面や側面のラベルに記載されていることが多いので、事前に確認しておきましょう。
パソコン、スマートフォンの設定方法は次の通りです。

・パソコンの場合

  • パソコンと無線LANルーターのLANケーブルを外す
  • パソコン画面右下のWi-Fi電波マークをクリックする
  • Wi-Fi電波のリストの中から、無線LANルーターのラベルに記載されたSSIDを選択する
  • パスワードの入力画面になるので、同様に無線LANルーターのラベルに記載された暗号化キーを入力する
  • インターネットに接続できることを確認する

・スマートフォンの場合

  • スマートフォンの「設定」画面を開く
  • 「Wi-Fi」項目を選択する
  • Wi-Fi電波のリストの中から、無線LANルーターのラベルに記載されたSSIDを選択する
  • パスワードの入力画面になるので、同様に無線LANルーターのラベルに記載された暗号化キーを入力する
  • インターネットに接続できることを確認する

以上でWi-Fiの設定は完了です。
基本的に、一度入力したSSIDや暗号化キーは記憶されます。
次回以降はWi-Fiの電波が届く範囲内でパソコンやスマートフォンのWi-Fi機能をオンにすると、自動でWi-Fi接続に切り替わります。

簡単にWi-Fi接続設定ができたと思います。

設定が難しいときは「ネットトータルサポート」の利用がおすすめ

ここまでドコモ光のWi-Fi初期設定について紹介しました。
ですが、「うまく設定できない」「詳しい人に代わりにやってほしい」という人もいるかと思います。
そんな人にはドコモ光の「ネットトータルサポート」の利用をオススメします。

同サービスは、通信機器に関する困りごとをドコモがサポートしてくれるサービスです。
電話での対応に加え、修理や訪問サポート、データの復旧やオンラインでのパソコン教室などにも参加できます。
「ドコモ光ルーター01」の無線LANルーターを利用している人は、遠隔操作による設定サービスも受けられます。
ネットトータルサポート | サービス・機能 | NTTドコモ

月額500円の費用が必要ですが、初回31日間は無料で利用できます。
パソコンや通信機器が苦手という人は、初期設定だけでも利用してみましょう。

Wi-Fiのトラブル対処法

Wi-Fi設定を正しく行ったはずなのに、うまくインターネットに接続できない場合、接続や機器に不具合がある場合があります。
次項以降のチェック項目を確認して、原因を探りましょう。

インターネットに接続できない場合

インターネットに全く接続できない場合、機器の接続に緩みがある場合があります。
一度電源をオフにして、再度接続を試みると改善できる場合があります。
確認手順は以下の通りです。

パソコンやルーター、スマートフォンの電源をオフにする
ルーターなどは電源プラグを抜くことでオフにできます。
機器のケーブルの緩みがないか確認する
ルーターとONU、ONUとLANケーブル差込口をつなぐLANケーブルがきちんと差し込まれているか確認しましょう。
一度差込口から抜いて、再度差し込み、カチンと音がするまで差し込まれていれば正常です。
この際強く押し込んでケーブル端子を破損させないよう気を付けましょう。
無線LANカードがある場合は、正しく挿入されているか確認する
ドコモ光から無線LANカードをレンタルしている場合、正しく差込口に入れられているか確認しましょう。
差し込み口はルーターの上部にあります。
再度ルーターやパソコン、スマートフォンの電源を入れなおし、インターネットに接続できるか確認する

通信速度が遅いと感じるとき

インターネットに接続できるものの、通信速度が遅いと感じる時は、原因がどこにあるか探りましょう。
下記サイトで、通信速度の測定ができます。
プロバイダの影響を受けない区間の通信速度を測定できるので、遅延の原因を見ることができます。

下記サイトは光回線契約者以外はアクセスできません。

NTTサービス情報サイト(東日本)
NTTサービス情報サイト(西日本)

結果を踏まえて、原因の見当をつけることができます。
詳細は次の通りです。

十分な速度測定結果が出た場合
プロバイダ区間で混雑が生じている可能性があります。この場合、
IPv6対応のルーターに切り替えたり、プロバイダを変えることで改善できます。
またアクセスするサイトに問題が発生している可能性があります。
十分な速度結果が出なかった時
自宅内の機器などに原因がある場合があります。
確認事項は次項以降で紹介します。
またNTT側に原因があることも考えられます。

十分な速度結果が出なかった場合、次の2点を確認してください。

  • 使用するパソコンやスマートフォン
  • 接続している機器の環境

次項で各詳細について解説します。

使用するパソコンやスマートフォン

使用するパソコンやスマートフォンをチェックする際のポイントは以下の通りです。

パソコンやスマートフォンのスペック
内臓のメモリーが少なかったり、パソコンのスペックが古いものだと、インターネットの接続が遅い場合があります。
メモリーの増設やハードディスクの最適化など行ってみましょう。
詳しくはお使いの機器のメーカーに問い合わせてください。
常駐プログラムの確認
パソコンやスマートフォンの内部で、ソフトウェアが数多く働いていると、処理能力が低下することがあります。
使っていないアプリケーションやソフトを終了させ、再度接続すると改善されることがあります。
パソコンやスマートフォンのソフトウェアの終了方法は、メーカーのホームページやAndroid、iPhoneの公式情報を確認してください。

これでも改善しない場合は、使用する機器が原因でない可能性があります。
次項のチェック項目を確認してください。

接続している機器の環境

機器の規格があっていなかったり、使用している環境が原因で接続しにくかったりする場合があります。
一度確認しておきましょう。

LANケーブルの規格
使用しているLANケーブルがドコモ光の通信速度1Gbpsに対応していない場合があります。
LANケーブルの規格は、ケーブル側面に記載されています。
「CAT5e(カテゴリー5e)」「CAT6(カテゴリー6)」「CAT7(カテゴリー7)」と書かれたものが1Gbps対応です。
それ以外の場合は買い替えをしましょう。
無線LANルーターやパソコンなど規格
使用している機器が高速通信に対応していないと速度遅延が発生する可能性があります。
機器の通信規格は機器の取り扱い説明書などで確認できます。
ドコモ光では「IEEE802.11n」「IEEE802.11ac」の規格を推奨しています。
機器を設置している場所
無線LANと通信機器の設置場所によっては通信速度が遅くなることがあります。
ルーターと通信機器の間に壁があったり、無線LANルーターの付近の
電子レンジなど電波を発する機械があると、通信に乱れが生じます。
一度設置場所を変えるなどして改善を試みましょう。

以上が接続機器の確認項目です。

それでも改善しない場合はIPv6対応ルーターがおススメ

上記を試してみても改善しない場合、ルーターをIPv6対応のルーターに切り替えると改善できます。

IPv6は従来とは異なるネットワークを使い、インターネットに接続する仕組みです。
速度遅延を防げることが多く、快適なインターネットを楽しむことができます。

詳しくは「ドコモ光のIPoE方式IPv6通信とは!おすすめの対応プロバイダは?|インターネット回線まるわかりドットコム」を参照ください。

また直接ドコモ光にも問い合わせてみましょう。

ドコモ携帯電話:(局番無し)113
一般電話:0120-800-000

ドコモ光では通常の電話対応のほか、メッセージアプリ「LINE」での問い合わせに対応しています。
LINE…友だち追加
ドコモ故障サポート」を友だち追加し、トーク画面上で問い合わせができます。
使用しやすい方を選びましょう。

まとめ

ここまでドコモ光のWi-Fiについて紹介しました。
簡単にまとめると以下のようになります。

  • Wi-Fiはスマートフォンの通信費の節約に便利
  • 基本的に無線LANルーターを用意するだけで利用できる
  • 無線LANルーターはプロバイダからレンタルするのがおすすめ
  • 速度が遅く感じた場合は、改善箇所をチェック
  • それでも改善しない場合はIPv6対応ルーターで解消される可能性がある

以上です。
Wi-Fiの利便性や導入方法についてわかっていただけたかと思います。
ぜひ記事を参考にして、Wi-Fiで快適なインターネットを楽しんでください。