ドコモ光

ドコモ光のWi-fiがつながりにくい時や通信速度が遅い時の対処法

自宅のドコモ光でWi-fiに接続するイメージ写真

「ドコモ光でWi-fiを使って無線環境を整えたけど、つながりにくい」
「通信速度が遅くて、ストレスを感じる」
そう感じている方はいませんか。

こうしたトラブルは困りものですが、いくつか大事なポイントを確認すれば、すぐに解決できます。
今回はドコモ光のWi-fiがつながらない、速度が遅い時などに確認するべきポイントなどをまとめました。

ドコモ光でインターネットにつながらない時のチェックポイント

まず、インターネットにアクセスしてもつながらない場合の対処法を紹介します。
接続機器が不安定だったり、ケーブルの緩みやしっかり接続されていなかったりすることがあります。

以下の手順で正しくつなぎましょう。
電源を落とす作業も含まれますので、必要なデータなどはあらかじめバックアップをとってから作業に入るようにしてください。

回線終端装置やルーター、ホームゲートウェイの位置を確認する
パソコンとつながっている機器を確認してください。
回線終端装置とはモデムと呼ばれる、ドコモ光から貸与される箱型の機械です。
ホームゲートウェイは終端装置とルーターの両方の役割を兼ねた機械です。
基本的にパソコンの先に接続されたものがルーター、ルーターと接続したものが回線終端装置です。
無線LANの場合、パソコンはルーターやホームゲートウェイにLANケーブルはつながっていません。
パソコンの電源をOFFにする
パソコンの電源を完全に切った状態にします。
ルーターの電源をOFFにする
コンセントを抜いて電源を切ってください
回線終端装置の電源を抜く
同様にコンセントを抜いて電源を切ってください。
機器をつないでいる各ケーブルの緩みを確認する
緩みがある、しっかりと差さっていない場合はケーブル端子を奥まで差し込んでください。
ルーターに無線LANカードがある場合は挿し直す
ルーターには無線LANカードがあるものとないものがあります。
無線LANカードがある場合には、一度挿し直してみましょう。
回線終端装置、ルーターの順にコンセントを差し直し、パソコンの電源を入れる
パソコンの電源を入れ直したら、接続がうまくいっているか確認してみてください。

これでも変化がない場合は、下部の「どうしてもわからないときのドコモの相談窓口」項目を確認し、ドコモに問い合わせてください。

ドコモ光の通信速度が遅い時のチェックポイント

続いて「インターネットにつながるけど通信速度が遅い」という場合のチェックポイントを説明します。
チェックする場所は大きく分けて以下の3点です。

  1. パソコンのスペック
  2. 無線LANなどの機器の規格
  3. インターネット回線の接続状況

それぞれについて、詳しく説明していきます。

パソコンのスペック

パソコン本体に関連するチェックポイントは以下の2つです。

パソコンのスペック
メモリー容量が少ないことやハードディスクの速度が遅いことが原因の場合があります。
その際はメモリーの増設やハードディスクの最適化で改善できます。
パソコンやスマートフォン内の常駐プログラム
常駐プログラムが競合し、通信速度に影響を与えていることも考えられます。
その場合、不要な常駐ソフトウェアを終了させると、回復します。

無線LANなど使用中の機器の規格

使用中の機器が、ドコモ光の高速通信に対応していないかもしれません。
確認しましょう。

<LANケーブルのスペック>
使用中のLANケーブルがドコモ光の高速通信規格に対応していないと通信速度に影響します。
1Gbps対応(1000BASE-T)のLANケーブルを使用してください。
ケーブルに以下の英数字が書いてあるものが対応しています。

  • CAT5e
  • CAT6
  • CAT7

<無線LANの規格>
ルーターやパソコンなど無線LAN機器も高速通信に対応した規格のものを使用してください。
以下のものが対応しています。

  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11ac

反対に「IEEE802.a」「IEEE802.b」「IEEE802.11g」とあるものは対応していません。
※このほかにも電化製品などの電子機器が付近にある、壁や床で電波がさえぎられているなどすると、電波が弱まってしまいます。

インターネット回線の接続状況

インターネット回線に原因がある場合以下の可能性が考えられます。

プロバイダへの混雑による影響
曜日や時間帯など一時的な要因で混雑が発生します。
夜間などは混雑が発生しやすいので、時間をずらしてアクセスしてみましょう。
ウェブサイトなど通信相手の混雑の影響
ご自身以外にもたくさんの人がアクセスしているとアクセスしにくくなります。

どこにWi-fiがうまくつながらない原因があるか探る

以上の手順を踏んでも改善されなかった場合、改めて原因を探る必要があります。

通信速度が遅い場合、NTTやプロバイダなど自宅以外に問題がある場合があります。
まずはどこに問題があるか見てみましょう。
次のサイトで速度診断をすることができます。

※ドコモ光回線を契約していない人はアクセスできません。

上記のサイトから速度診断を行うと、速度が十分かどうかの結果を見ることができます。
その結果別に対処法を説明していきます。

十分な速度測定結果が出た場合
プロバイダ区間に混雑が発生しているか、インターネット区間に混雑が発生している可能性があります。 一時的な混雑が原因の場合は、時間をおいてアクセスするとスピードが改善している場合があります。
十分な速度測定結果が出ていないとき
ご自宅内のインターネットに接続する端末機器に原因がある、もしくはNTT区間に原因があるかもしれません。

それでも改善しない場合はドコモへ問い合わせてください。

どうしてもわからないときのドコモ光の相談窓口

「いろいろ試したけど、うまくできない」「直接ドコモに聞きたい」という方は直接ドコモに問い合わせてください。
ドコモでは電話での問い合わせのほか、LINEでも問い合わせに対応しています。

Wifiがどうしてもつながりにくいときの改善策

これまでの手順をすべて試しても変化が見られない場合は、以下の手段で通信速度を改善させることができます。
ただ、交換費用が発生してしまう場合もあるので、検討する前にドコモ光の相談窓口に問い合わせることをお勧めします。

ルーターを変える
「IPv6接続」対応の次世代型ルーターへ切り替えると、インターネット回線速度が高まります。
回線が混雑しない場所を探してインターネットにアクセスしてくれるルーターで、快適にインターネットを利用できます。
プロバイダを変える
混雑しないプロバイダを選んで切り替えることで、混雑を回避できます。
切り替え前に、切り替えにかかる費用や混雑状況を確認しておきましょう。

以上が、ドコモのWi-fiがうまくつながらないときの対処法です。
ドコモ光はインターネット光回線の中でも人気の高いサービスです。
せっかくならストレスのないWi-fi環境をつくりたいですよね。
接続が悪い場合は、これまでの手順を試してみて、自宅のインターネット環境を作ってください。