• プロバイダ比較
  • ドコモ光とフレッツ光を徹底比較!料金や速度、キャッシュバックなど、お得な回線はどちら?
カテゴリ

ドコモ光とフレッツ光を徹底比較!料金や速度、キャッシュバックなど、お得な回線はどちら?

ドコモ光かフレッツ光かで悩む人のイメージ

ドコモ光もフレッツ光も、同じNTTが運営しているインターネット回線です。
利用者からすると、「同じNTTなのにドコモ光とフレッツ光なのに違いがあるの?」と疑問に思う方も多いと思います。
利用するならどちらが使いやすいか、徹底的に比較して契約するインターネット回線を決めたいですよね。

この記事では、ドコモ光とフレッツ光の回線の違いを徹底比較します。
料金や回線の速度、対応プロバイダやキャッシュバックの詳細など、細かい部分までじっくり調べました。

結論から述べると、ドコモの携帯ユーザーの方は、フレッツ光よりもドコモ光の方が断然お得になります。
ドコモ光はドコモ携帯電話とのセット割引が大きく、毎月支払う料金を安く抑えることができます。
新規契約時のキャッシュバックも大きいですが、フレッツ光にはキャッシュバック制度がありません。
ドコモユーザーでない場合でも、ドコモ光の方が安くなる場合があります。

とくに現在フレッツ光を利用していて、ドコモ光に乗り換えを検討している人は、どれだけ安くできるのか知りたいところですよね。

今回はドコモ光をお勧めする理由やどれだけお得にできるかなどを解説しています。
どんな方にどちらがおすすめかも紹介します。
ぜひ参考にしてお得な方法でインターネットを契約してください。

ドコモ光とフレッツ光で使用している回線は全く同じ

ドコモ光は「NTTドコモ」、フレッツ光は「NTT東日本/西日本」が運営しています。
会社自体は別会社になりますが、使用している回線のインフラそのものは実は全く同じです。
これはドコモ光が「光コラボレーション」という制度を利用しているからです。

光コラボレーションとは、NTT東日本/西日本の回線インフラを借りて、光回線サービスを提供できるようにする仕組みのことです。
ドコモ光はこの光コラボレーションの制度を使って、フレッツ光の回線をドコモ光のサービスに利用しています。
光コラボレーションには、ドコモ光のほか下記の光回線サービスを含め約600社が参画しています。

  • ソフトバンク光
  • So-net光
  • OCN光
  • ビッグローブ光など

光コラボでは、使用している回線が全社ともフレッツ光のものなので、回線の品質自体に違いがありません。
ドコモ光もフレッツ光も全く同じ回線品質となります。

ドコモ光とフレッツ光で同じ点、異なる点

ドコモ光とフレッツ光は、同じ回線を利用するため、下記の点は全く同じになります。

  • 回線の通信品質
  • 回線の提供エリア

一方で、異なる点もあります。
主に以下が2社で異なる点です。

  • 基本料金
  • 工事費用
  • キャッシュバック
  • 対応のプロバイダ

ドコモ光としては、フレッツ光と全く同じサービスをしていてはドコモ光に契約してくれる人が増えません。
このため、料金やキャッシュバックの部分でフレッツ光と差別化を図っています。
この料金面でのメリットが大きく、冒頭でドコモ光をおすすめした大きな理由にもなります。

次項以降で両社の違いを詳しく解説していきます。

ドコモ光とフレッツ光の違いを徹底解説!転用のメリットとデメリット」でも2社の違いを解説しているので参考にしてください。

ドコモ光とフレッツ光は提供エリアも全く同じ

まずは2社で同じ部分を簡単に解説していきます。

ドコモ光もフレッツ光も同じ回線を利用するので、必然的に提供エリアも同じになります。

ドコモ光、フレッツ光ともサービスの提供エリアは下記サイトで確認できます。
ただフレッツ光を運営するNTT東日本とNTT西日本は厳密には別会社となります。
このため、同じフレッツ光でも提供エリアを確認できるサイトが異なります。
NTT東日本:フレッツ光(光回線) 提供エリアのご確認|フレッツ公式|NTT東日本
NTT西日本:サービス提供エリア確認・お申し込み | フレッツ光公式 | NTT西日本

どちらかに契約を考えていても、対応エリア外では、どちらも契約できません。
まずはお住まいのお家が、提供エリア内かどうか確認してから比較検討に入りましょう。

ドコモ光のサービス提供エリアを調べたい方は、以下の記事をご覧ください。
ドコモ光の提供エリアの確認方法

フレッツ光からドコモ光への乗り換えが容易

フレッツ光から、ドコモ光へ乗り換える(転用する)場合、工事費用も安く簡単に転用ができます。

上述した通り、フレッツ光とドコモ光は同じ回線を使用しているからです。

回線自体が同じため、特別な工事が少なく、多くの場合で事務手数料の3,000円だけで転用が可能です。

ただ、一度ドコモ光へ転用してしまうと、再度フレッツ光に戻すためには解約手続きが必要になってしまいます。
フレッツ光から転用する場合は、慎重に検討しましょう。

転用を検討している人は「ドコモ光のフレッツ光からの転用方法と転用するメリット」で解説しているので、参考にして下さい。
次項以降でも、フレッツ光とドコモ光の違いを詳しく紹介しているのでじっくり比較してください。

ドコモ光とフレッツ光の対応プロバイダの比較

ドコモ光とフレッツ光は対応するプロバイダの数に大きな違いがあります。

ドコモ光は全部で26社と限りがあるのに対し、フレッツ光は非常に数多いプロバイダに対応しています。

ドコモ光は基本的にプロバイダとセットの料金プランなので、対応プロバイダに限りがあります。
一方、フレッツ光は、基本料金と別に自分でプロバイダを契約する必要があるので、選択肢が広くなります。

ドコモ光の対応プロバイダ

ドコモ光の対応プロバイダは下記の26社です。

契約プラン 対応プロバイダ
タイプA ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、IC-NET、Tigers-net.com、BIGLOBE、andline、シナプス、BB.excite、エディオンネット、スピーディア インターネットサービス、楽天ブロードバンド、TikiTikiインターネット、hi-ho、ネスク、01光コアラ、U-Pa!(2019年3月31日サービス終了)
タイプB OCN、@T COM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

タイプAとタイプBでは料金に違いがあります。
タイプBの方が月額料金は200円高くなります。

プロバイダに迷っている方は、以下の記事を参考にしてください。
ドコモ光のおすすめプロバイダ3選

フレッツ光の対応プロバイダ

フレッツ光は数百社のプロバイダに対応しています。
契約プランによって、契約できないプロバイダなどもありますが、基本的に自由にプロバイダを選択できます。

プランごとの各プロバイダの対応状況は下記サイトから確認することができます。
東日本マンションタイプ:NTT東日本 | 対応プロバイダ 集合住宅向け(マンション) | フレッツ 光ネクスト | フレッツ光
東日本ファミリータイプ:NTT東日本 | 対応プロバイダ(戸建て向け) | フレッツ 光ネクスト | フレッツ光
西日本:フレッツ 光ネクスト|料金|フレッツ光公式|NTT西日本@対応プロバイダー|NTT西日本|フレッツ公式|

プロバイダによっては、キャッシュバック特典を用意しているところもあります。
費用を抑えたい人はプロバイダ選びもじっくり行いましょう。

「何百社もあるうちから選ぶのが大変」という方は、フレッツ光にもプロバイダとセットになったプランもあります。
料金自体は変わりませんが、請求がまとめられたり、特典を受け取れたりできます。
各社のプロバイダセットの名称と対応プロバイダは下記の通りです。

名称 対応プロバイダ
東日本 プロバイダパック ASAHIネット、BBエキサイト、BIGLOBE、WAKWAK、OCN、plala、So-net、DTI、@nifty、hi-ho
西日本 with フレッツ ASAHIネット、BBエキサイト、BIGLOBE、WAKWAK、OCN、plala、So-net、DTI、@nifty、hi-ho

詳細は下記ページに記載があります。
キャッシュバック等も受け取ることができるので、一度確認してみましょう。

東日本戸建て:プロバイダパック フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
東日本マンション:プロバイダパック フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ
西日本:「フレッツ光」のおすすめプロバイダープラン「with フレッツ」|フレッツ光公式|NTT西日本

ドコモ光とフレッツ光の通信速度の比較

ドコモ光もフレッツ光も同じインフラを使用しているため、回線の最大通信速度も1Gbpsで同じです。

ただ常に1Gbpsの速度が出るということではありません。
これは回線のサービス自体が「ベストエフォート型」と呼ばれるサービスであるためです。

ベストエフォート型とは、環境などによって性能が変化してしまうサービスに対し、最大限企業努力を行うというサービス姿勢のことを指します。
すごく簡単に言うと「理論上は掲げるサービスを提供できるけど、環境次第では難しくなります。でも理論値に近づけるよう努力します」というサービスです。
インターネットなど通信会社に多く、ほぼ全ての光回線会社がこのベストエフォート型のサービスとなっています。

実際に1Gbpsの速度が出ることはほとんどなさそうですが、決して遅いことはありません。

ドコモ光とフレッツ光の主な料金プランの比較

それでは今度はドコモ光とフレッツ光で異なる部分について、詳しく見ていきましょう。
まずは料金プランです。

ここでは各社のプランを下記の2年の定期契約ありのものとして比較しています。
上述したように、フレッツ光でも西日本と東日本では別会社となるので、料金も少し異なります。

  • ドコモ光:タイプA/B
  • フレッツ光(西日本):フレッツ光ネクスト スーパーハイスピードタイプ隼、2年契約割引適用
  • フレッツ光(東日本):フレッツ光ネクスト ギガ・スマートタイプ、ギガ推し!割引(30か月間)適用

ドコモ光は料金にプロバイダ料金が含まれていますが、フレッツ光は別で契約が必要です。
プロバイダは会社にもよりますが、500円から1,200円ほど月額料金が必要です。
このため下記料金表のフレッツ光の項目では500~1,200円のプロバイダ料金を加算しています。

戸建て マンション
ドコモ光 5,200円~5,400円 4,000円~4,200円
フレッツ光(西日本) 4,800円~5,500円 3,350円~4,450円
フレッツ光(東日本) 5,200円~5,900円 3,550円~5,250円

上記の通り、料金はどちらが安いとは言い切れないような形となっています。
戸建てもマンションも、フレッツ光で最も安い500円/月のプロバイダを選んだ場合、フレッツ光の方が安くなることが多いといったところです。

上記はメインとなる契約プランです。
ただこのほかにも複数のプランがあります。
次項で各キャリアの料金プランについて細かく解説していきます。

ドコモ光の料金プラン

ドコモ光はプロバイダ一体型の料金となっています。
ただ契約するプロバイダによって料金が異なってきます。

ドコモ光の契約プランと各種条件は次の通りです。

ドコモ光タイプA
ドコモnetやSo-netなど、20社のプロバイダが対象
戸建てだと5,200円、マンションだと4,000円
ドコモ光タイプB
OCNなど6社が対象
戸建てだと5,400円、マンションだと4,200円と、タイプAよりも月額料金が200円高い。
ドコモ光タイプC
ケーブルテレビの設備を活用して、利用できるインターネットサービス
タイプAと同様、戸建てだと5,200円、マンションだと4,000円
単独タイプ
プロバイダを自分で選んで別で契約するプラン
戸建てだと月額5,000円、マンションだと月額3,800円
これに加えてプロバイダの月額料金が必要
ドコモ光ミニ
インターネットを使用した通信量に応じて料金が2,700円~5,700円の間で変動する
使用量200MBまで2,700円で、以降10MBごとに30円、1200MB以降は5,700円の定額制に移行する
マンションのみで契約可能
単独タイプ同様、別にプロバイダを契約する必要がある

各プランの料金は以下の通りとなっています。

戸建て マンション 備考
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円
タイプC 5,200円 4,000円
単独タイプ 5,000円 3,800円 別途プロバイダ契約必要
ドコモ光ミニ 2,700円~5,700円 別途プロバイダ契約必要

基本的に単独タイプやドコモ光ミニでは、結果的に料金が高くなってしまうことが多いです。
よほどプロバイダへのこだわりがない限り、ドコモ光タイプA/Bなどを選択することがおすすめです。
タイプAとタイプBでも料金が200円異なります。
タイプAの方がお得なので、プロバイダへのこだわりがなければタイプAの中からプロバイダを選びましょう。

ドコモ光の料金タイプについては「ドコモ光のインターネット回線料金プランや割引を解説」で紹介しています。
参考にしてください。

それぞれのタイプに対応しているプロバイダの種類は後述します。

フレッツ光(東日本)の各種プラン

東日本のフレッツ光は高速通信のWi-Fiルーターをレンタルできるフレッツ 光ネクストギガ」が最もオススメです。
ただその他にもニーズに合わせた様々なプランがあります。
基本的にマンションでも3戸以下のマンションは、戸建ての契約となります。

光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ
最大1Gbpsの通信速度と、最近規格(IEEE 802.11ac)のホームゲートウェイをレンタルできます。
自宅で高速通信を楽しみたい、Wi-Fi環境を整えたいという人におススメのプランです。
マンションの場合は見込める契約者数に応じて料金が変わります。
4契約以上の「ミニ」、8契約以上の「プラン1」、16契約以上の「プラン2」とあります。
光ネクストギガラインタイプ
ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプでレンタルできた最新ルーターを希望しない人向けのプランです。
無線LANを使用せず、有線配線だけでインターネットを楽しみたい方、または自身でルーターをお持ちの方はこちらのプランがおススメです。
光ネクスト ハイスピードタイプ
通信速度が、下り最大200Mbps、上り最大100Mbpsと比較的遅い分、料金設定を安くしたプランです。
ただ安いといってもほんの少しで、あまりお勧めできないプランです。
光ライトプラス
使用量に応じて料金が変動する2段階定額サービスです。
主に戸建て向けのサービスです。
使用量3,000MBまではプロバイダ別で基本料3,800円です。
3,000MB以上から料金変動制となり、100MBごとに24円加算されます。
10,000MB以上で上限5,500円の定額制となります。
目安として8000MB以下の使用量の場合、ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプよりも料金が安くなります。
通信速度は遅めで、下り最大100Mbps、上り最大100Mbpsとなっています。
光ライト
光ライトプラスよりも使用量を抑えた2段階定額制度です。
使用量200MBまで2,700円の定額制で、以降10MBごとに30円加算されます。
1,200MBからは5,700円の定額制へ切り替わります。
1,000MB以上使う場合は、通常の定額制の方が安くなります。
こちらは戸建てでもマンションでも利用できるプランです。

以上がプランの詳細です。次項で各料金を紹介します。

フレッツ光(東日本)の各プランの料金

上記のプランの料金表は以下の通りです。
プロバイダ料金は500円~1,200円として加算しています。
ギガファミリー、ギガマンションでにねん割を申し込むと適用される「ギガ推し!割引」も込みで算出しています。

契約プラン 戸建て マンション
プラン2 プラン1 ミニ
光ネクストギガファミリー/マンション・スマート 5,200円~5,900円 3,550円~4,250円 3,950円~4,650円 4,550円~5,250円
光ネクストギガライン 5,900円~6,600円 3,550円~4,250円 3,950円~4,650円 4,550円~5,250円
光ネクストハイスピード 5,000円~5,700円 3,250円~3,950円 3,650円~4,350円 4,250円~4,950円
光ライトプラス 4,300円~6,700円
光ライト 3,300円~7,000円 2,500円~5,600円

このように料金に幅が大きいことがわかります。
基本的にはプロバイダの選び方次第で料金が大きく変わってきます。
BBエキサイトなどは500円/月ですが、hi-hoなど1,200円のところもあります。
フレッツ光はプロバイダを自身で選ぶ分、価格の幅が広くなってしまいます。

事前にプロバイダのサービスや評判を比較するなどして決めることをお勧めします。

フレッツ光(西日本)の各種契約プラン

フレッツ光の西日本では、下記の契約プランがあります。

光ネクスト ファミリー/マンションスーパーハイスピードスピードタイプ隼
最大1Gbpsの高速通信が可能です。
NTT西日本がオススメしているプランです。
光ネクストファミリー/マンションハイスピードタイプ
最大200Mbpsと、速度はあまり重視しない人向けのプランです。
ひかり配線で配線する方式です。
ファミリー/マンションタイプ
こちらは最大100Mbpsとハイスピードタイプよりも通信速度を落としたタイプです。
自宅内まで光回線を引く「ひかり配線方式」、マンションまで光回線を引き自宅まではLAN配線でつなぐ「LAN方式」があります。
フレッツ光ライト
あまり使わない月とたくさん使った月で料金が変動する2段階定額サービスです。
データ通信量320MBまで基本料金3200円の定額制となっており、以降320~1320MBまで10MB当たり28円ずつ加算されていきます。
1320MBまで使用してしまっても、以降は基本料金上限6,000円の定額制に切り替わります。
最大通信速度は100Mbpsです。

ドコモ光の通信速度は最大1Gbpsが基本ですが、フレッツ光西日本には、速度を抑えた契約タイプもあります。
あまり通信速度は求めていないという人にはおすすめです。

フレッツ光(西日本)の各種料金プラン

上記プランの各種料金表は以下の通りです。
プロバイダの料金は500円~1,200円で試算しています。
2年契約を約束する「光はじめ割」適用後の料金を記載しています。

契約プラン 戸建て マンション
プラン2 プラン1 ミニ
光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼 4,800円~5,500円 3,350円~4,050円 3,750円~4,450円 4,450円~5,150円
光ネクストハイスピードタイプ 4,800円~5,500円 3,350円~4,050円 3,750円~4,450円 4,450円~5,150円
ファミリータイプ/マンションタイプ 4,800円~5,500円 3,350円~4,050円 3,750円~4,450円 4,450円~5,150円
フレッツ光ライト 3300円~6,800円 2,700円~5,600円

ご覧の通り、東日本よりもマンション、戸建てともにわずかに安い料金となっています。

特にマンションタイプは比較的安く回線を引くことができます。

ドコモ光で利用できるスマホセット割

ドコモ光では上記の料金表から、次の2種類の割り引き制度を利用して料金を抑えることができます。
フレッツ光ではスマートフォンなどとの連携割引制度がありません。
このため、割引制度を活用するとフレッツ光よりも料金をお得にできます。

ドコモ光セット割
ドコモ光とドコモ携帯電話の請求を一括にすることで、携帯電話のパケット通信量に応じて割引がされます
ずっとドコモ割プラス
ドコモ携帯電話の使用年数とパケット通信量に応じて割引されます。

上記2種の割り引き制度を活用することで、最大6,000円の割り引きを受けることができます。

ドコモ光セット割の割り引き額は次の通りです。

家族向けシェアパック

月額料金 ドコモセット割
ウルトラシェアパック100 25,000円 -3,500円
ウルトラシェアパック50 16,000円 -2,900円
ウルトラシェアパック30 13,500円 -2,500円
ベーシックシェアパック(~30GB) 15,000円 -1,800円
ベーシックシェアパック(~15GB) 12,000円 -1,800円
ベーシックシェアパック(~10GB) 9,000円 -1,200円
ベーシックシェアパック(~5GB) 6,500円 -800円

個人向けパケットプラン

月額料金 ドコモセット割
ウルトラデータLLパック 8,000円 -1,600円
ウルトラデータLパック 6,000円 -1,400円
ケータイパック 300円~4,200円 -500円
ベーシックパック(~20GB) 7,000円 -800円
ベーシックパック(~5GB) 5,000円 -800円
ベーシックパック(~3GB) 4,000円 -200円
ベーシックパック(~1GB) 2,900円 -100円

ずっとドコモ割プラスの割り引き額は次の通りです。

家族向けシェアパック

4年未満 4~8年 8~10年 10~15年 15年以上
ウルトラシェアパック100 なし -1,000円 -1,200円 -1,800円 -2,500円
ウルトラシェアパック50 なし -800円 -1,000円 -1,200円 -1.800円
ウルトラシェアパック30 なし -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ベーシックシェアパック(~30GB) なし -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ベーシックシェアパック(~15GB) なし -600円 -800円 -1,000円 -1,200円
ベーシックシェアパック(~10GB) なし -400円 -600円 -800円 -1,000円
ベーシックシェアパック(~5GB) なし -100円 -200円 -600円 -900円

個人向けパケットプラン

4年未満 4~8年 8~10年 10~15年 15年以上
ウルトラデータLLパック なし -200円 -400円 -600円 -800円
ウルトラデータLパック なし -100円 -200円 -600円 -800円
ケータイパック なし なし なし なし 最大-300円
ベーシックパック(~20GB) なし -100円 -200円 -600円 -800円
ベーシックパック(~5GB) なし -100円 -200円 -600円 -800円
ベーシックパック(~3GB) なし なし なし なし -600円
ベーシックパック(~1GB) なし なし なし なし -200円

条件が少し複雑で、少しわかりにくいかもしれませんが、下記の人ほど割引額が大きくなります。

  • 契約している携帯電話パケットプランの容量が大きな人
  • ドコモに長い期間契約している人

ドコモの携帯電話をお持ちの方は、自身の携帯パケットプランとドコモの契約年数を確認しておきましょう。

ドコモ契約者は「dカードGOLD」がお得

ドコモの携帯ユーザーであれば、ドコモのクレジットカード「dカードGOLD」に加入すると、よりお得になります。

携帯料金とドコモ光の料金の10%がdポイントとして還元されるからです。

年会費は1万円必要ですが、月々9,000円程度の支払いがあれば、簡単に元を取ることができます。
ドコモへの支払いが毎月9,000円の場合、毎月900円がdポイントとして還元されます。
つまり年間で10,800円が還元される仕組みで、年会費を上回る形となります。

ドコモ携帯電話とドコモ光を合算すれば、9,000円は比較的簡単に超えてくるものと思われます。
さらに家族でドコモの契約者数が多ければ多いほど、還元額も大きくなります。

9,000円以上支払いがある人は申し込まないともったいないので、早めに申し込みをしましょう。
詳しくは下記サイトを確認してください。
dカード | dカード GOLDのご紹介

フレッツ光の割り引き制度

フレッツ光には上記で紹介した通り、2年割引にあたる下記の割り引き制度があります。

東日本「にねん割」
戸建てで月700円、マンションで100円割引が利きます。
期間は24か月間で自動更新されます。
西日本「光はじめ割」
戸建てで2年間毎月1,100円、マンションで毎月350円~550円が割引になります。
3年目以降は割引額がさらに200円前後増額します。

このほかにも下記の割り引き制度があります。

東日本「ギガ推し!割引」
「光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ」に 新規申し込みで、上記「にねん割」申し込みが条件です。
戸建てで月300円、マンションで月200円の割り引きが30か月続きます。
西日本「グループ割」
2回線、3回線のグループを組んで申し込むと、月額料金が割引になります。
離れて暮らす家族などにお得なプランです。
グループ加入者全員が300円割引になる「みんな割引プラン」、グループ主回線の月額料金から2回線で600円、3回線で900円割引になる 「まとめて割引プラン」の2種類あります。
対象は「スーパーハイスピードタイプ隼」「ハイスピードタイプ」「ファミリー/マンションタイプ」「光ライト」です。

ただ、携帯電話のセット割引はなく、ドコモ光ほど割引制度はそこまで充実していません。

割り引きのシミュレーション

では具体的にどれだけの料金になるのでしょうか。
3人世帯の場合と一人暮らしの場合に分けて、具体的な料金を出してみましょう。

ドコモ光の場合は、ドコモの携帯電話をお使いの場合、料金が安くなります。
ドコモ携帯ユーザーの場合とそうでない場合にも分けて解説するので自分に当てはめて比較検討してください。

マンションで一人暮らしの場合

ではまず、一人暮らしの場合、それぞれの料金について出していきます。
今回、それぞれの契約プランは以下のものとします。

  • ドコモ光:マンションタイプA
  • フレッツ光(東日本):光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ、8契約上見込める「プラン1」
  • フレッツ光(西日本):光ネクスト マンションスーパーハイスピードスピードタイプ隼、8契約上見込める「プラン1」

適用する割引制度は以下のものとします。

  • ドコモ光(ドコモ携帯ユーザー):ドコモ光セット割(ベーシックパック5GB )、ずっとドコモ割プラス(ドコモユーザー歴4年)
  • フレッツ光(東日本):にねん割、ギガ推し!割引
  • フレッツ光(西日本):光はじめ割

この場合の月額料金表は下記の通りとなります。

プロバイダ料金 月額基本料金 割り引き 合計
ドコモ光 4,000円 4,000円
ドコモ光(ドコモ携帯ユーザー) 4,000円 -900円 3,100円
フレッツ光(東日本) 500~1,200円 3,750円 -300円 3,950円~4,650円
フレッツ光(西日本) 500~1,200円 3,700円 -450円 3,850円~4,450円

ご覧の通り、ドコモの携帯電話ユーザーは割引適用でフレッツ光よりも月額料金が大幅に安くなります。
また割引を適用しなくても、ドコモ光とフレッツ光の料金差はあまりなく、プロバイダによってはフレッツ光の方が高くなってしまいます。
東日本の場合500円~550円/月のプロバイダ、西日本の場合500円~650円/月のプロバイダを選択しないと、ドコモ光よりも安くなりません。

フレッツ光で安く契約したい場合はプロバイダ選びを慎重に行いましょう。

戸建てに住む3人家族の場合

3人家族の場合はどうでしょうか。
契約プランは下記のもので想定します。

  • ドコモ光:戸建てタイプA
  • フレッツ光(東日本):光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ
  • フレッツ光(西日本):光ネクスト ファミリースーパーハイスピードスピードタイプ隼

適用する割引制度は以下のものとします。

  • ドコモ光(ドコモ携帯ユーザー):ドコモ光セット割(ベーシックシェアパック15GB )、ずっとドコモ割プラス(ドコモユーザー歴4年)
  • フレッツ光(東日本):にねん割、ギガ推し!割引
  • フレッツ光(西日本):光はじめ割

この場合の月額料金表は下記の通りとなります。

プロバイダ料金 月額基本料金 割り引き 合計
ドコモ光 5,200円 5,200円
ドコモ光(ドコモ携帯ユーザー) 5,200円 -2400円 2,800円
フレッツ光(東日本) 500~1,200円 5,700円 -1,000円 5,200円~5,900円
フレッツ光(西日本) 500~1,200円 5,400円 -1,100円 4800円~5,500円

3人家族の場合もドコモ光のセット割引の大きさが際立ちます。
ドコモ光の場合はパケットプランが大きくなればなるほど、割引量が増えていきます。
このため、家族でドコモの携帯にそろえている人数が多いほど、料金が安くなります。

一方フレッツ光は携帯電話のセット割引がないので、料金は高くなってしまいます。
プロバイダ次第では、割引適用前のドコモ光よりも料金が高くなってしまいます。
戸建ての場合でも料金はドコモ光の方が安くなる場合が多いでしょう。

ドコモ光とフレッツ光の違約金の比較

ドコモ光もフレッツ光も、月額料金を安くするために、2年契約が基本となります。
2年契約は自動更新となりますが、契約更新月以外での解約にはどれだけ違約金が必要になるのでしょうか。
両社の違約金は以下の通りです。

戸建て マンション
ドコモ光 13,000円 8,000円
フレッツ光(東日本:にねん割) 9,500円 1,500円
フレッツ光(西日本:光はじめ割) 10,000円 7,000円

こうしてみると、フレッツ光の方が違約金は少なく見えますが、注意してほしいのがプロバイダの違約金も必要になる可能性があることです。
ドコモ光はプロバイダとセットなので、プロバイダの違約金の心配はありません。
フレッツ光は契約がプロバイダと別なので、フレッツ光だけでなく、プロバイダにも解約申し込みが必要です。
この際、違約金を無料とするプロバイダもあるのですが、1万円の違約金が必要なプロバイダもあります。

結果的に違約金がドコモ光を上回ってしまうこともあるので、事前に契約するプロバイダの違約金を確認しておくと良いでしょう。
また両社とも契約更新月を契約満了月の翌月、翌々月と定めています。
契約更新月に解約すれば、違約金が不要なので、自身の契約更新月も把握しておくことをおすすめします。

ドコモ光とフレッツ光の工事費の比較

今度は契約して、開通工事にかかる費用を比較します。

工事費用は数万円に及ぶため、比較の際は月額料金だけでなく非常に重要です。
今回、工事に屋内配線の工程がある場合を想定して費用を算出します。
工事も標準工事で、スタッフの派遣ありとして、比較しています。

契約手数料 戸建て マンション
ドコモ光 3,000円 18,000円 15,000円
フレッツ光東日本 800円 18,000円 15,000円
フレッツ光西日本 800円 18,000円 15,000円

上記の通り、契約事務手数料については少し違いがありますが、工事費用は全く同じです。

ただドコモ光は次項で解説する「工事費還元キャンペーン」を利用できます。
これにより、工事費用は実質ゼロ円で工事ができてしまうので、非常にお得です。

一方フレッツ光は、工事費キャッシュバックのキャンペーンを行っていません。
ドコモ光と初期費用の面で比較すると魅力が少ないように思われます。

ドコモ光の工事費還元キャンペーン

ドコモの工事費還元キャンペーンでは、工事費用を実質ゼロ円にすることができます。
2019年1月現在、2019年5月6日まで最大18,000円の「新規工事料無料キャンペーン」を実施しています。

適用条件はドコモ光を新規で申し込み、2019年11月6日までに利用を開始することだけなので、受け取りやすいです。

キャンペーンは期間限定ですが、定期的にこのキャンペーンは実施されています。
キャンペーン期間を逃した方でも、しばらくすると再開されている可能性が高いので、ドコモの情報をチェックしておきましょう。

これにより、戸建て18,000円、マンションで15,000円の工事料を無料にできます。

ドコモ光の新規契約を考えている人は必ず利用しましょう。

ドコモ光の工事費用については「ドコモ光の工事費はいくら?工事にかかる費用を徹底解説」でも紹介しています。
参考にして下さい。

ドコモ光とフレッツ光のその他キャッシュバックキャンペーンの比較

インターネット回線は新規契約時にキャッシュバックをもらえるケースがほとんどです。
上記の工事費用のほか、ポイントや月額料金の割り引きなど多様です。

ドコモ光も例外ではなく、新規契約者へのキャッシュバックが充実しています。
しかし、フレッツ光は2019年1月現在、ほとんど新規契約者へのキャッシュバックキャンペーンを行っていません。

これは、上述した光コラボレーションの制度が生まれたことが関係しているものと考えられます。

フレッツ光を運営するNTTは自社で回線契約者を増やすのではなく、光コラボ事業者を増やして収益を上げる方向性へ転換しています。
このため、あえてキャッシュバックキャンペーンで新規契約者を増やそうとしていません。

キャッシュバックキャンペーンの有無で、戻ってくる費用が数万円異なってくることもあります。
このキャッシュバックキャンペーンの大きさがドコモ光をおすすめする大きな理由の一つです。

ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン

ドコモ光では、2019年1月現在、下記のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

ドコモ光dポイントプレゼント
ドコモ光に新規申し込みをすると、ドコモのポイント「dポイント」を1万円分プレゼントしています。
フレッツ光からの転用の場合でも、5,000ポイントがもらえます。
dポイントは街中で買い物などにも使用できます。
2年の定期契約プランの契約が主な条件です。
ドコモnet限定特典dポイント1万ポイントプレゼント
プロバイダをドコモnetにして、特定の条件を満たすとdポイント1万円分がもらえます。
条件はドコモの高機能ルーター「ドコモ光ルーター01」の購入とセキュリティサービス「ネットトータルサポート」の加入です。
ドコモ光ルーター01は9,590円(税込み)、ネットトータルサポートは500円/月なので、実質数十円で最新のルーターが手に入ります。
光複数割
同一シェアグループでドコモ光を複数契約すると、シェアパックの料金が2回線目以降月額300円割引になります。
離れて暮らす家族などにお得なプランです。

このほかにもプロバイダ主催のキャッシュバックもあります。
併用すると数万円ものキャッシュバックを受け取ることができる場合もあります。
このキャッシュバックの大きさもドコモ光の力の一つです。

詳細については、「ドコモ光申し込みをキャッシュバックキャンペーンでお得にする方法」で解説しています。
参考にしてください。

ドコモ光・フレッツ光のメリット・デメリット

ここまでドコモ光とフレッツ光のサービスの違いを紹介してきました。
両方にメリット・デメリットがあることがわかっていただけたと思います。

では改めてそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみましょう。

ドコモ光のメリット

フレッツ光と比較した際、ドコモ光のメリットは下記の点が挙げられます。

  • スマートフォンなどとのセット割で月額料金が大幅に安くできる。
  • 新規契約時に、工事費無料やdポイントでのキャッシュバックがある
  • プロバイダとのセット契約が基本で、料金がわかりやすい

ドコモ光の大きな特徴はスマートフォンなどとの連携割引です。

また工事費などのキャッシュバックも豊富なので、料金・費用面でメリットが非常に大きいです。

フレッツ光のメリット

一方フレッツ光には下記のメリットがあります。

  • 契約がプロバイダと別になっており、選択の自由度が高い
  • プランの多様性が高く、ニーズに合わせて選択しやすい
  • ドコモスマホユーザーでない場合は、ドコモ光よりも基本料金が安くなる場合がある

フレッツ光はプロバイダを自分で選択して契約することができます。
プロバイダによってはキャッシュバック特典などもある場合があります。
また、最大速度が異なるプランなど、ドコモ光よりも選択の幅があります。
ニーズに合わせて契約できるので、契約の柔軟性が高い点は魅力です。

ドコモ光のデメリット

メリットの大きなドコモ光ですが、一方でフレッツ光と比較してデメリットもあります。

  • プロバイダが限られる
  • ドコモスマホユーザーでないと、フレッツ光よりも基本料金が高くなる場合がある

ドコモ光はプロバイダとセット料金です。
auひかりやソフトバンク光などと比較すると、対応プロバイダ数は多いのですが、フレッツ光は数百社にも上ります。
プロバイダを自由に選びたいという人はフレッツ光の方が自由度は高いです。

またドコモの携帯電話ユーザーでない場合、フレッツ光よりも料金が高くなってしまう場合があります。
とくにマンションなどはフレッツ光の方が安い場合が多いです。
契約後毎月いくら必要か、事前にしっかり確認しておきましょう。

フレッツ光のデメリット

ドコモ光のメリットが大きいだけに、フレッツ光にはデメリットが大きくなってしまいます。

  • スマホ連携割引がないため、ドコモ光よりも料金が高くなってしまう
  • 新規申し込みのときにキャッシュバックがない
  • 解約時にプロバイダと合わせて違約金が多く取られてしまうことがある

料金面でデメリットが大きいです。
基本料金でもドコモ光と大きく変わらないほか、スマホとのセット割を適用するとドコモ光の方が断然安くなります。
また新規申し込み時のキャッシュバックがないことも大きなデメリットです。
数万円近い違いとなってしまうので、料金や費用を気にする場合、フレッツ光はあまりおすすめではないでしょう。

フレッツ光は勧誘電話が悪質?

さらに一方でフレッツ光では、こんな不満の声も上がっています。

フレッツ光契約者に対し、勧誘の電話がよくかかっているようで、迷惑がる声がたくさんあります。
知らない番号から勧誘の電話がかかってくると不安に感じたり、腹が立ったりしますよね。
実はフレッツ光の評判を調べると、回線の質や料金などより、この勧誘電話への不満の声がたくさん見つかります。
電話対応も横柄だったり、強引だったりするものが多いようで、多くの人が不満に感じています。

これはNTTではなく、NTTの代理店が行っているものです。

主に「光コラボへ切り替えると料金が安くなりますよ」といった類の勧誘電話が多いようです。
代理店は契約者数を増やそうとするあまり、質の悪い提案電話を繰り返しているようです。
なかには詐欺まがいの勧誘をしている代理店もあり、問題となっています。

この面倒な電話を止める方法があります。
NTT側も問題と感じたのか、「勧誘停止登録」という仕組みを開始しています。
NTTへよく勧誘電話が掛かかってくる電話番号を伝えると、NTTが代理店などに対し、その電話番号へは勧誘しないようにと通知してくれます。
NTTの下記電話番号へ連絡すると、停止登録の対応を行ってくれます。

  • NTT東日本:0120-849-994
  • NTT西日本:0120-019390

これにより、余計な電話勧誘を防ぐことができます。
いずれにしても、不審な電話には注意しましょう。

それぞれにおすすめの人は

ここまでドコモ光とフレッツ光について、徹底的に比較しました。
では結局どちらがおすすめになるのでしょうか。

どんな人がドコモ光、フレッツ光それぞれオススメか紹介します。

ドコモ光がおすすめな人

ドコモ光がおすすめな人は以下のようなタイプです。

  • ドコモの携帯ユーザー
  • 初期工事費用を抑えたい人
  • フレッツ光で契約していて、現在他社への乗り換えを検討している人

ドコモ光はドコモの携帯電話との連携割引が非常に大きいです。
このため、ドコモ携帯ユーザーは迷わずドコモ光がおすすめと言っても過言ではありません。
また新規契約の場合は、工事無料のキャンペーンなどキャッシュバックが大きいです。
キャッシュバックの差が大きいので、ドコモ携帯利用者でなくても、フレッツ光と比較した場合はドコモ光の方がお得になる場合があります。

またフレッツ光からの乗り換え先として、ドコモ光は最適です。
ドコモ光は光コラボレーションなので、転用費用を安く収めることができます。
フレッツ光から他社回線へ乗り換えを検討している人はドコモ光がおすすめです。

フレッツ光がおすすめな人

一方でフレッツ光の方がおすすめな人は次の通りです。

  • ドコモではない携帯電話を利用していて、プロバイダは500円/月で契約する人
  • プロバイダを自由に選びたい人
  • 100Mbps、200Mbpsなどの速度で十分で、月額料金を安く抑えたい人

ドコモ携帯電話を利用していない人は、フレッツ光なら500円/月のプロバイダを選択すればドコモ光よりも安くなります。
ただ700~800円以上のプロバイダを選択すると、ドコモセット割を適用しないドコモ光よりも、料金が高くなってしまいます。

またフレッツ光は1Gbpsのプランもありますが、200Mbps、100Mbpsなどのプランもあります。
1Gbpsもいらないという人は「ハイスピードタイプ」などを選択しましょう。

各回線の申し込み方法

契約したい回線が決まったところで、申し込み手続きに入りましょう。

申し込み方法を以下で紹介します。
お得な方法なども紹介しているので参考にしてください。

ドコモ光の申し込み窓口やお得な方法

ドコモ光は下記の窓口で申し込みができます。

  • ドコモのオンラインページ
  • ドコモショップや家電量販店などの窓口
  • ドコモインフォメーションセンターへの電話窓口
  • ドコモ光の提携プロバイダのホームページ

この中でも一番お得に申し込みができるのは「プロバイダのホームページ」です。
通常のドコモ主催のキャッシュバックに加え、プロバイダ主催のキャッシュバックを受け取ることができます。
プロバイダによっては、キャッシュバックが1万円以上になる場合があります。
通常でさえ、キャッシュバックの大きなドコモ光ですが、プロバイダのキャッシュバックも受け取れば非常にお得になります。

申し込み手順は下記の流れとなります。

  • 提供エリアを確認する
  • ドコモ光に申し込み手続きをする
  • 工事日を調整する
  • 工事を受ける
  • インターネットの接続設定をする

以上でインターネットに接続できるようになります。

フレッツ光からドコモ光への転用方法

フレッツ光からドコモ光へ転用する場合、以下の手続きが必要です。

①NTTに転用承諾番号取得の申請を行う
転用承諾番号をドコモ光へ転用する際に伝える必要があります。
転用承諾番号はNTTへ問い合わせると教えてくれます。
②ドコモ光へ転用の申し込みをする
オンライン上やドコモショップ、ドコモインフォメーションセンター への電話などで手続きが可能です。
③利用開始日、工事日の調整
原則工事は不要ですが、契約プランに変更がある場合など工事が必要な場合もあります。

転用であれば、簡単にフレッツ光からドコモ光へ乗り換えることができます。

フレッツ光の申し込み窓口やお得な方法

フレッツ光は下記のステップで申し込みができます。
大まかな流れはドコモ光と大きな差はありません。

  • 提供エリアの確認
  • プロバイダの選択
  • 工事日を決める
  • 工事を受ける
  • インターネットの接続設定をする

先述した通り、フレッツ光では2019年1月現在、新規契約者に対するキャッシュバックキャンペーンを行っていません。
このため、どの窓口で申し込みをしても受け取れるキャッシュバックに大きな違いがありません。
基本的には下記のフレッツ光の公式ホームページで申し込むと良いでしょう。
東日本:NTT東日本 | フレッツ光のお申し込み(提供エリアの確認・インターネット光回線ご契約) | フレッツ光
西日本:サービス提供エリア確認・お申し込み | フレッツ光公式 | NTT西日本

乗り換え、解約時の注意点

ドコモ光、フレッツ光の申し込みや解約時には注意点があります。

フレッツ光からドコモ光へ転用後、再度フレッツ光には転用できない
フレッツ光からドコモ光への転用は簡単に可能ですが、ドコモ光から再度フレッツ光へ転用はできません。
どうしてもフレッツ光に戻したい場合は、一度ドコモ光を解約してからフレッツ光へ再度新規申し込みをする必要があります。
解約金のほか、新規開通工事費用も必要になり、費用がかさんでしまいます。
ドコモ光への転用をお考えの際は、再度フレッツ光に戻すことがないか慎重に考えましょう。
フレッツ光の解約はプロバイダの解約も必要
フレッツ光はプロバイダとは別々の契約となります。
このため、解約時はフレッツ光だけでなく、プロバイダの解約手続きが必要です。
プロバイダの解約手続きを怠ると、解約後も使用していないプロバイダの料金を支払わなければいけません。
意外と忘れやすいので、忘れずに解約手続きを行いましょう。

まとめ

ここまでドコモ光とフレッツ光を徹底比較しました。

ドコモ光はドコモの携帯ユーザーには非常にお得な回線です。
フレッツ光の場合は契約するプロバイダによっては、携帯電話とのセット割がないドコモ光よりも料金が高くなってしまう場合があります。
ドコモユーザーでなくても、新規契約のキャッシュバックが大きく、フレッツ光よりも安く契約できることが多いです。

今後フレッツ光を運営するNTT東日本/西日本は、光コラボレーションのサービスに注力していく可能性があります。
このため、ドコモ光の方がサービス面でも充実していく可能性があります。

以上のことから、フレッツ光よりもドコモ光の方がおすすめと言えます。
ぜひ記事を参考にして、お得で便利な回線を選んでください。