インターネット回線用語

線路距離長とは

インターネット回線用語である線路距離長について解説しています。

線路距離長とは

線路距離長とは、DSLサービスを利用するにあたり、その速度を推定するための参考情報として
自宅からNTT収容局までの電話回線の長さ(計算値)をあらわしたものです。

たとえば、自宅とNTT収容局までの距離が近ければ近いほど、この線路距離長は小さくなります。
そして線路距離長が小さくなるほど、通信速度は速くなります。

この線路距離長の数値が低いほど、ADSLの通信速度に期待が持てます。

インターネット回線まるわかりドットコムは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。