インターネット回線用語

Wi-Fiとは

インターネット回線用語であるWi-Fiについて解説しています。

Wi-Fiとは

Wi-Fi(ワイファイ)とは無線LANの登録商標のひとつで、ネットワークに対応する複数の機器を無線で相互接続することが可能な方式です。
Wi-Fiの利用で、たとえば、自宅でパソコンやタブレット・スマホ、ゲーム機などの複数の機器を、一挙にインターネットにワイヤレス接続できます。

元々、規格化されたばかりの初期の無線LANにおいては、相互接続制度が整っておらず、異なるメーカーの機器同士が接続ができないといった問題が起こりました。
そこで、無線LANの普及を目的とした業界団体であるWi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)がアメリカ合衆国にて設置されました。
この団体により、国際標準規格を使用し、実際に相互接続が認められた情報機器を保証するブランドをWi-Fiと呼びます。

Wi-Fiルーターとは?選び方のコツ

自宅やオフィスにWi-Fi環境を作るには、「Wi-Fiルーター」と呼ばれる機器が必要です。
接続される機器が「子機」と呼ばれるのに対して、「親機」とも呼びます。

Wi-Fiルーターを選ぶ際は、Wi-Fiを使用する環境を詳細に確認して、最適なものを購入する必要があります。
Wi-Fi使用環境で主に確認しなければならないのは下記のポイントです。

  • 部屋の広さ・畳数 … 部屋の広さに対してWi-Fiルーターの電波の届く範囲が狭いと、接続が不安定になる可能性があります
  • 建物の階数 … Wi-Fiルーターを設置する階と接続機器のある階が異なると、電波の受信が弱くなる可能性があります
  • 接続機器のWi-Fi規格 … Wi-Fiの中にも「11b」・「11ac」といった規格があり、接続機器がどの規格に対応しているか確認が必要です

これらのポイントを踏まえたうえで、ご自分の環境に最適なWi-Fiルーターを選びましょう。

Wi-Fiに繋がらないときの対処法

Wi-Fiに接続ができない、接続が不安定になるといった現象の要因は様々考えられますが、大別すると下記の4点です。

  • Wi-Fiルーターの設定異常や動作不備
  • Wi-Fiに接続している機器の設定異常や動作不備
  • 電波状況の悪化
  • セキュリティソフトによるネットワーク遮断

これらの考えられうる要因を1つずつ試していき、Wi-Fiに繋がらない状況を解決するしかありません。
お困りの際は、主なWi-FiルーターのメーカーQ&Aを参考にしてみましょう。

Wi-Fiの通信速度が遅いときの対処法

Wi-Fiの通信が遅い、遅くなったという現象には下記のような要因が考えられます。

  • Wi-Fiネットワークに接続されている機器が多過ぎて混線している
  • Wi-Fiルーターと接続機器が離れすぎている
  • Wi-Fiルーターと接続機器の間に障害物がある
  • Wi-Fiルーターもしくは接続機器に動作不備がある

こういった要因の多くは、Wi-Fiルーターと接続する機器の間の電波状況の改善によって解決します。
遮蔽物が多い住宅構造は電波の通りを悪くしますし、電子レンジの使用によって発せられる2.4Ghz帯の電磁波も、Wi-Fiの電波を阻害する原因になります。
Wi-Fiルーターからの電波をより遠くで受信するための「中継機」というもの販売されているので、状況が改善されない場合は導入を検討すると良いでしょう。

インターネット回線まるわかりドットコムは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。

ご相談・お問い合わせ
通話無料
0120-989-325
閉じる