インターネット回線用語

WPAとは

インターネット回線用語であるWPAについて解説しています。

WPAとは

WPA(ダブリュー・ピー・エー)とは「Wi-Fi Protected Access」の略で、Wi-Fi Allianceの運用する無線LANのセキュリティ規格です。
黎明期の無線LANではWEP(Wired Equivalent Privacy)と呼ばれる暗号化方式が利用されていましたが、セキュリティ上の脆弱性が多数発見されたため、WPAが新たに採用されました。

WPAは暗号化方式に関してはWEPと同様のアルゴリズムを用いていますが、通信中に暗号鍵を固定せずに変化させ続けることで、WEPよりも強固なセキュリティ上の仕組みとなっています。
近年のWPAを利用したアプリケーションの多くは、後述する「事前共有鍵(WPA-PSK)」を利用しています。

元々、規格化されたばかりの初期の無線LANにおいては、相互接続制度が整っておらず、異なるメーカーの機器同士が接続ができないといった問題が起こりました。
そこで、無線LANの普及を目的とした業界団体であるWi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)がアメリカ合衆国にて設置されました。
この団体により、国際標準規格を使用し、実際に相互接続が認められた情報機器を保証するブランドをWi-Fiと呼びます。

WPA-PSKとは

「WPA-PSK」は無線LANを使用して、個人が家庭などの小規模ネットワークにおいて、暗号化の技術を利用すること想定した技術のことです。
「PSK」とは暗号鍵を事前に共有しておく手法のこと、もしくはその暗号鍵そのものを指します。

WPA-PSKでは、WPAの規格に沿ったうえで、Wi-Fiのアクセスポイント(親機)とWi-Fiに接続する端末(子機)間で暗号鍵を事前に共有します。
親機と子機の保持する暗号化キーが一致したときのみ、無線通信をすることができる仕組みです。
この仕組みによって、WEPを利用するよりも高いセキュリティ性を持つことが可能です。

WPAキーとは

「WPAキー」とは、前述した項でも頻出した「暗号鍵」と同義で、WPAで暗号化をしたデータを端末間でやり取りする際に必要になります。
WPAキーを親機と子機で共有することで、暗号化されたデータをキーを持たない第3者に盗み見られることなく通信できます。
元データの暗号化と、複号(元の状態へ戻すこと)に利用されています。

WPAの脆弱性と対応

WPAはWEPのセキュリティ上の脆弱性を解消するべく導入されましたが、コアアルゴリズムに関してはWEPのものを引き継いだため、外部からの攻撃に脆弱な部分が残っていました。
2006年3月からは、さらに強固な共通鍵暗号方式を採用した「WPA2」の認証を受けなければ、 「Wi-Fi CERTIFIED」という認証済みロゴを製品に表示することができません。
2018年には、WPA2のセキュリティを拡張したWPA3も発表されています。

インターネット回線まるわかりドットコムは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。

ご相談・お問い合わせ
通話無料
0120-989-325
閉じる