• プロバイダ比較
  • JCOMの評判は悪い?速度・料金・ルーターの口コミでわかるメリット・デメリット
プロバイダ

JCOMの評判は悪い?速度・料金・ルーターの口コミでわかるメリット・デメリット

JCOMのネット回線を契約してケーブルテレビを視聴しているイメージ

「インターネットを契約したいけどどの回線がお得で速いかわからない」
「テレビも見たいからケーブルテレビ回線のJCOMに興味があるけど評判は良いのかな?」とお悩みではないですか?

JCOMはジュピターテレコム社が運営するケーブルテレビ回線です。
フレッツ光などの光回線とは少し異なり、JCOMのケーブルテレビの回線インフラを使ってサービスを提供しています。
ケーブルテレビの回線なので、テレビプランなどとのセットプランが特徴の回線です。

しかしJCOMはおすすめしません。
月額料金が高い上に、通信品質も悪いという評判が多いからです。
実際にツイッター上ではJCOMに関して下記のような悪い評判が目立ちます。

詳しくJCOMを調べてみると、JCOMの悪い口コミは決して間違いではなさそうです。
JCOMよりも速度が速く安定したNURO光や、JCOM同様au携帯とのセット割を利用できるauひかりビッグローブ光のほうがお得です。
テレビプランを契約したい場合は、ほかの回線で契約してオプションでテレビプランを申し込んだほうがお得になります。

この記事ではJCOMの口コミからJCOMの特徴を詳しく紹介していきます。
ほかの回線との比較も行っているので、ぜひ参考にしてください。

JCOMの悪い評判

ではまずJCOMの悪い評判から詳しく見ていきましょう。
ツイッター上にあるJCOMに関する悪い口コミは、大きく分けて下記の4点に関する評判が多いです。

  • 料金が高い
  • 通信速度が遅く安定性も低い
  • 通信障害が多い
  • 解約費用が高い

口コミが本当であれば、JCOMは「毎月の月額料金が高いうえに接続速度や安定性も欠き、さらに解約するときも高い費用が必要」な回線です。
インターネット回線としてはあまり良いところのなさそうに見えます。
それでは詳しく悪い口コミを見ていきましょう。

JCOMは月額料金が高い

JCOMの月額料金は他社よりも高いです。
基本料金が他社の光コラボ回線よりも1,000円以上高いです。

JCOMは割引率が大きく、1年目の料金は非常に安く見えます。
下記のようにHPに記載されている料金は割引後料金のため、他社とくらべても料金は遜色ないように見えます。

JCOMスマートお得セレクトのHP掲載料金

(画像引用:お得な料金・プラン | J:COM画像引用

しかし、よくご覧いただくとわかる通り、割引期間は12か月間のうえ、通常料金は月額7,580円もします。
しかし2年目以降など割引期間が終了すると月額料金が跳ね上がり、料金への不満が大きくなるユーザーが多いです。

JCOMはキャンペーンの割引率が大きいという見方もできますが、それ以上に割引前の基本料金が非常に高いです。

解約金が高い

JCOMは月額料金だけでなく、「解約費用が高い」とする声も非常に多いです。

JCOMは解約のタイミングなどにも寄りますが、解約時に下記の費用が請求されます。

契約解除料金 8,500円~35,000円
撤去工事費用 4,800円~9,800円
工事費の残債 320M~12M 最大6,000円
1G 最大37,500円

契約後間もないタイミングの解約ほど費用が高く、最大で8万円近い解約費用を請求されることもあります。

違約金不要で解約できる契約更新月や、工事費の分割期間を満たして解約すれば解約費用を軽減できます。
しかし、撤去費用に関しては必須です。

解約費用が高額な場合は、ソフトバンク光などの「違約金負担キャンペーン」を利用して乗り換えるようにしましょう。
JCOMの解約方法や費用については下記ページでも詳しく解説しています。

JCOMの解約方法と違約金

2019年7月の料金改定で月額料金と撤去工事費がさらに値上げ

月額料金、撤去工事費が高額と紹介しましたが、2019年7月に月額料金と撤去工事費がともに値上がりしました。

月額料金は180円、撤去工事費は下記の通り費用が値上がりしています。

一部撤去 2,000円 4,800円
全撤去 6,000円 9,800円

月額料金分は消費増税のタイミングだったこともあり、納得するユーザーが多いですが、大幅な値上げとなった撤去工事費への不満の声が多いです。
より解約しにくい制度になったと不満の声が多く上がっています。

先述しましたが、解約費用が高額な場合は、違約金負担キャンペーンを実施している回線への乗り換えがおすすめです。
撤去工事費や違約金、撤去工事費の支払いを証明できる明細書などを提出すれば、支払い分を還元してくれます。

ソフトバンク光auひかりなどが実施しているので、乗り換え先の候補として入れておきましょう。

通信速度の実測値が遅い

JCOMは1Gbps以下のプランの場合、通信速度が極端に遅いです。

下り 上り
1G 1G 100M
320M 320M 10M
120M 120M 10M
12M 12M 2M
1M 1M 512K

光回線のサービスはベストエフォート型といい、公称値通りの速度が出ることは稀です。
下記の口コミのように、320Mのプランでも公称値とかけ離れた実測値を出すことがあります。

ちなみにネットフリックスでは、UHDの高画質動画を快適に視聴するために、最低25Mbpsの回線速度を推奨しています。
推奨されるインターネット接続速度

一方で1Gbps以上のプランは、auひかりのインフラを借りてサービスを提供しています。
速度に対する口コミも比較的良いものが多いです。

JCOMを契約する場合は、320M以下のプランではなく、1Gプランの契約をおすすめします。

提供エリアが札幌、仙台、関東、関西、九州、山口の一部地域だけ

JCOMは全国で利用できるわけではなく、利用できるエリアが小さいです。

提供リアは下記の16都道府県に限られています。

北海道・東北 北海道、宮城県
関東 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県
関西 大阪府、京都府、和歌山県、兵庫県
九州・山口 福岡県、熊本県、大分県、山口県

しかし上記都道府県内でも、地域や物件などによってJCOMを導入できないケースがあります。

契約したくても契約できない場合があるので、事前に下記サイトで、お住いの物件、地域がJCOMの提供エリア内かどうか確認して下さい。
提供エリアを確認する - J:COM

マンションでは1G以上のプランの提供エリアが狭い

さきほどJCOMは1Gbpsがおすすめと紹介しましたが、2020年6月現在、マンションタイプでは1Gプランを契約出来る物件が少ないです。
対応エリアは下記の通りです。

北海道 札幌(一部エリア)
関東・仙台 熊谷・深谷、湘南・鎌倉(鎌倉エリア)、中野、小田原、市川・浦安 (市川エリア)、大田、武蔵野・三鷹、YY船橋習志野、千葉セントラル、東葛・葛飾、八王子・日野、東京北(一部エリア)、東上(一部エリア)、多摩、南横浜、町田・川崎(一部エリア)、すみだ・台東(すみだエリア)、木更津(一部エリア)、さいたま(一部エリア)、かながわセントラル(一部エリア)、相模原大和(一部エリア)、茨城(一部エリア)、仙台キャベツ(一部エリア)、川口戸田
関西 南大阪、堺(一部エリア)、神戸・三木(一部エリア)、和歌山(一部エリア)、吹田(一部エリア)、宝塚・川西(一部エリア)
九州 熊本、福岡(一部エリア)、北九州(一部エリア)

一見多いですが、上記のエリア内でも物件などによっては導入できないマンションもあります。
お住いの物件でJCOMを利用できるかどうかは下記ページで検索することができます。
J:COMが使える物件検索 | J:COM

上記表のエリア内でも物件によっては使用できないことがあります。

1Gを契約出来ない場合は、320Mのプランを契約することになりますが、先述した通り通信速度が遅くなる可能性があります。

マンションで回線を契約する場合は、ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボ系か、NURO光などの方が安い料金で1Gbsp以上の高速通信を利用できます。
マンションはJCOMだと遅い可能性が高いので、JCOM同様auスマートバリューを適用できる ビッグローブ光や速度が速いNURO光などを選びましょう。

通信障害の発生回数が多い

JCOMは通信障害の発生回数が多く、インターネットに繋がらない頻度が多いと不満の声が多いです。

JCOMは下記ページで障害情報を公開しています。
障害・メンテナンス情報

ただし実際には公開されている障害情報以上に「突然繋がらなくなった」という人が多い模様です。

接続速度が遅い場合や繋がらない時は、下記のページを参考にしてルーターを再起動させるなどして対処してみましょう。
ケーブルモデム再起動方法|インターネットにつながらない、接続できない、速度が遅い場合 | JCOMサポート

それでも繋がらない場合は、障害が発生している可能性があります。
その際は下記からカスタマーセンターに問い合わせてみることをお勧めします。
お電話でのお問い合わせ

レンタルできるwifiルーターが繋がりにくく不安定

JCOMでは月額500円で無線LANルーターをレンタルできますが、このルーターの接続が不安定という口コミが多く見られます。
※スマートお得プランやスマートお得セレクトなど一部プランはレンタル無料

JCOMを契約する際、ルーターはレンタルよりも自身で購入する方がお勧めです。
通常のルーターなら6,000円ほどで購入できますが、JCOMのレンタルは月額500円もかかるため、1年でもとが取れてしまいます。

ルーターの接続が不安定な場合は、先ほど紹介した通り、ルーターの再起動をかけると直る場合があります。

古い無線モデムをお使いの人は無料で交換できる

古いモデムをお使いの場合は、JCOMに問い合わせれば新しい機種に無料で交換してくれます。

2020年6月現在、交換に対応しているのは、下記の5機種です。

  • 住友重工(BNMUX)BCW700J
  • NETGEAR CG3000/CG3200
  • MOTOROLA SBG6580
  • Linksys WCG200/200JPV2
  • MOTOROLA SBG900

下記のモデム交換専用フォームにログインし、必要事項を記入すれば無料で交換に対応してくれます。
機器交換 お手続き | J:COM
2020年8月末までの受付のため、上記機種をお使いの方はすぐに交換申請しましょう。

保守点検と称して契約を迫る訪問営業が頻繁にある

JCOMは営業方法にも不満の声が多く、JCOMへの不信感を高める原因となっています。
JCOMの「保守点検」として営業マンが契約者宅へ電話、もしくは訪問し、プランの変更や契約を迫る営業を頻繁に行っている模様です。

本来、新規契約の販売目的を告げずに訪問し営業することは特定商取引法違反です。
しかし、Twitter上ではJCOMの点検スタッフに勧誘を受けたという口コミが非常に多いです。

こうした営業手法はJCOMの悪質な代理店が行っている可能性が高いです。
訪問販売営業を受けた際は必ずその場で契約しないようにしてください。

契約してしまった場合は、契約書が届いてから8日以内であれば「初期契約解除制度」を利用できます。
初期契約解除制度とは、光回線の訪問販売で利用できるクーリングオフ制度のような制度です。
(参考:初期契約解除制度と確認措置|国民生活センター

制度の利用期日が「契約書を受け取ってから8日以内」となっているのでできるだけ早めに解除を申し込んでください。

プロバイダを選べない

JCOMはプロバイダ一体型の契約のため、プロバイダを自身で選択することができません。
このため、プロバイダ主催のキャッシュバックを受けられません。

例えば、ドコモ光は対応する24社のプロバイダから1社を選んで契約できます。
プロバイダごとにキャッシュバックやサービスが異なるため、ドコモ光の中でもより自身の利用方法に合わせてサービスを選ぶことができます。
ドコモ光の公式が実施しているキャンペーンとプロバイダ主催のキャンペーンを併用できるため、お得に契約できる仕組みとなっています。

一方でJCOMはプロバイダを選ぶことができないため、特典はJCOMが主催するキャッシュバック一種類のみです。
選ぶ手間が省けるという面ではメリットがありますが、プロバイダにこだわってなじみのあるプロバイダを契約したいという場合は不便です。

スマホセット割を利用できるJCOMモバイルの評判が悪い

JCOMは独自で格安SIM携帯電話ブランド「JCOM mobile」を展開していますが、JCOMモバイルの評判も決して良くありません。 主に「通信速度が遅い」「繋がらない」という口コミが多いです。

商品の口コミ投稿サイト「みんなの評判ランキング」ではJCOMモバイルの満足度は5点満点中2.1点と低めの点数となっています。
J:COM MOBILEの口コミ・評判 | みん評

JCOMとJCOMモバイルをセットにすると、月々のネット料金を安くすることができますが、JCOMモバイル自体の評判が良くありません。
セット割を目的にJCOMモバイルに乗り換えるのはあまりおすすめできません。

JCOMの良い評判

ここまでJCOMの悪い評判ばかりを紹介しました。
しかし決して悪い口コミしかないわけではなく、もちろん「JCOMを契約してよかった」という口コミもあります。
JCOMに対する良い口コミは大きく分けると、下記のようなレビューが多いです。

  • テレビや電話とまとめると料金がお得になる
  • キャンペーンの特典が大きい
  • 賃貸マンションで格安で利用できることがある

主に料金に関するものが多いです。
さきほどは「JCOMは高い」と紹介しましたが、キャンペーンや契約方法によっては安く契約できる方法があるようです。
また賃貸マンションの中には、あらかじめJCOMの設備が導入されている物件もあり、その場合はお得にJCOMを了できるようになります。

では詳しくJCOMの良い評判を見ていきましょう。

テレビや電話のセットキャンペーンで料金が割引になる

JCOMはネットの他、TVやビデオオンデマンド、固定電話などのセットが基本になっています。
セットが多ければ多いほど、割引率が多くなるため、テレビや電話を一緒に契約する予定の人にはお得になります。

価格コムのJCOMのレビュー

(画像引用:価格.com - J:COM回線のクチコミ・評判(イチローさん) | 光回線料金比較

例えばネットとテレビ(36ch)、固定電話をセットにした「スマートお得プラン1G(PHONEコース)」の場合、月額料金は下記の通りとなります。
その際、auひかりで固定電話オプションとテレビサービス(オールジャンルパック)を付与した料金は下記のように異なります。

JCOM auひかりテレビサービスオールジャンルパック(48ch)
1年目 5,532円 8,080円
2年目 8,532円 7,980円
3年目 8,532円 7,880円

2年目以降はauひかりのほうが月額料金は安くなりますが、1年目の料金が2,500円近くJCOMの方が安いです。
このため、トータルコストは3年目まではauひかりよりもJCOMのほうが安いです。

JCOMを契約する際はテレビオプションや電話、ビデオオンデマンドなどまとめるほど料金が安くなります。

他社からの乗り換えで最大65,000円分のキャッシュバック

JCOMは他社からの乗り換えで、最大65,000円分のキャッシュバックをQUOカードでもらうことができます。

お住いの地域や新規加入するプランなどに寄りますが、数万円分のキャッシュバックを受け取れます。

適用には他社回線を解約したことを証明する違約金の証明書のコピーなどが必要です。
解約時に領収書や明細書を発行してもらい、提出できるようにしておいてください。

特定の賃貸マンションはネットとテレビを特別料金で利用できる

お住まいの賃貸物件が「JCOM In My Room」に対応している場合、お得にJCOMのインターネットやケーブルテレビを利用できるようになります。
JCOM In My Roomは物件のオーナーが費用負担をしており、特別料金もしくは無料で利用できます。

既にJCOMの設備が物件に導入されているため、工事不要で申し込み後最短4日で利用できる場合がほとんどです。
またau携帯とのセット割「auスマートバリュー」も利用できるようになるため、対応物件でauユーザーの方には非常にお得な物件です。

下記ページで対応物件の検索ができます。
ご自宅がJCOM In My Roomに対応しているかどうか確認しておきましょう。
J:COMが使える物件検索 | J:COM

ただし、無料で利用できるプランは12Mなどの低速プランだけという場合がほとんどです。
320Mプランは結局3,500円以上の料金が必要ということが多いです。
マンションプランの月額料金相場は1Gbpsで4,000円前後です。
安さを求める場合はJCOMのほうがお得ですが、通信速度を求めるのであれば、光回線を選んだほうが良い価格差といえそうです。

キャンペーンで開通工事費が無料になる

JCOMは対象プランへの加入で、工事費用が無料になります。

キャンペーンの対象プランは下記の通りです。

スマートお得プラン 1G☆/320M/120M/40M/ミニ
スマートもっとお得プラン(九州エリア限定)
スマートお得セレクト NET(1G☆/320M/120M/40M)+ PHONE
NET(1G☆/320M/120M/40M)
PHONE
スマートお得オンデマンド NET (1G☆/320M/120M/40M)+ PHONE
NET (1G☆/320M/120M/40M)
PHONE
NETパック
NETパック特別コース

※エリアによって提供プランが異なります。
(参考:基本工事費0円 | J:COM
とくに1Gのプランは工事費が37,500円と高額なため、無料となるメリットが非常に大きいです。

ただしかし、この工事費無料キャンペーンに対してもTwitter上では悪い口コミが投稿されています。

悪質な代理店などで契約した場合に希望通りの契約となっていなケースがあります。
先述した訪問販売などでは契約せず、JCOMの公式ホームページなどから申し込むようにしましょう。

ネット回線23社の中でJCOMが一番おすすめの人

ここまでJCOMの良い評判や悪い評判について紹介しました。
結論を述べるとJCOMがおすすめの人は下記のような人です。

  • テレビオプションを充実させたい人
  • テレビのほか、固定電話や電気など、固定費をJCOMでまとめられる人
  • 賃貸マンションが「JCOM In My Room」に対応している人
  • 最低限のネットサーフィンができれば十分な人

JCOMの1Gタイプは料金が高めなうえに、テレビや電話オプションとのセットが基本です。
テレビと電話などを同時契約する人にはセット契約で料金が安くなりますが、テレビと電話どちらかひとつだけという場合は料金が高くなりやすいです。

1Gbps以下の通信速度の場合は安い料金で利用できますが、安い分通信速度も遅いです。
動画等を利用しないなど最低限のネットサーフィンができればよいという人にはおすすめです。

また賃貸マンションの場合は、JCOM In My Roomに対応した物件の場合、安い料金でJCOMを利用できます。
一度お住いのマンションがJCOM In My Roomに対応した物件かどうか確認してみると良いでしょう。

反対に、ネットだけ契約したい人やネットの速度を重要視している方にはJCOMはあまりお勧めではありません。
JCOMよりもNURO光やauひかりを契約し、ひかりTVなどのテレビオプションを契約した方がお勧めです。

編集者情報

Proval編集部
「インターネットで困るすべての人にとっての最良の意思決定ができる」をコンセプトにわかりやすく公平な情報を追求していきます。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。