@nifty光

@nifty光を簡単に解約する手順と無駄な解約金を払わないお得な方法

nifty光を解約するイメージ

@nifty光を解約する場合、できるだけ解約費用をかけずに解約したいですよね。
@nifty光を解約する際は主に下記の費用が必要になります。

  • 解約金
  • 工事費の残債

場合によっては解約時に20,000円以上の費用が必要になってしまうこともあります。
しかし、解約のタイミングや解約後に契約する光回線によっては、解約費用を実質0円にできます。
さらに0円どころか、数万円近いキャッシュバックを受け取って乗り換えすることができます。

この記事では@nifty光を簡単に解約する方法と、解約費用を抑える方法を紹介していきます。
とくに@nifty光の解約手続きには「解約」と「解除」の2種類あります。
「解除」だと余計な費用を支払わなければいけない場合もあるので、2つの違いについても詳しく紹介します。

@nifty光の解約に関してはこの記事だけで全て解説しているので、ぜひ参考にして、お得でスムーズな解約手続きを行って下さい。

@nifty光を解約する方法

@nifty光の解約は下記の2つの手順で完了します。

  • @nifty光の解約に必要なものを事前に準備する
  • @niftyに電話、またはインターネットで解約を申し込む
  • 撤去工事を受けるか、レンタル機器を返却する

各手続きの詳細を解説していきます。

@nifty光の解約に必要なものを事前に準備する

@nifty光の解約には下記の個人情報などが必要です。

@nifty ID
アルファベット3文字と数字5文字で構成されるIDです。
例)ABC12345
契約書類などに記載があります。
契約者の名義や生年月日など

とくに@niftyIDは手元に資料がないと答えらないので、事前契約時の書類を確認しておきましょう。
ただ、もしもわからなくても、個人情報を照会して解約手続きに進める場合があります。
家族の代理などで、名義人本人以外が解約手続きを行う場合は事前に名義人の契約者情報を確認しておきましょう。

@niftyに電話、またはインターネットで解約を申し込む

解約に必要なものを準備できたら、まずは下記の@nifty光で解約を申し込みましょう。
解約は電話窓口のほかインターネット上でも行うことができます。

@niftyカスタマーサービスデスク
電話番号:0570-09-2210(通話料有料)
(IP電話、国際電話、携帯電話定額制プランの場合:03-6625-3232)
受付時間:10:00~19:00
スマホの定額制の通話プランを契約している方は、0570ではなく03から始まる番号にかける必要がありますのでご注意下さい、
@niftyログイン:会員サポートサイト
ログイン後、解約手続きの画面に入ることができます。

電話窓口は混雑具合によっては電話口で何分も待たされることもあります。
お急ぎの方はインターネット上で手続きすることをお勧めします。

撤去工事を受けるか、レンタル機器を返却する

解約申し込み完了後は、撤去工事が必要な場合と不要な場合で手続きが異なります。

@nifty光の解約の場合、事業者変更などで他社の光コラボレーションへ乗り換える場合などを除き、基本的に撤去工事が必要です。

@niftyの公式サイトには撤去工事について下記の通り記載があります。

@nifty光を解除する場合(解除後、事業者変更で変更先へ乗り換えた場合を除く)は光回線の撤去工事が必要になります。
(引用:@nifty光についてのご注意事項:@nifty

他社の場合、撤去工事を任意としている光回線もありますが、@nifty光は基本的に撤去工事が必要になると覚えておきましょう。

撤去工事が必要な場合、@niftyと工事日の調整が必要になります。
工事は基本的に立ち合いが必要になりますが、工事自体は1時間ほどで完了します。

一方、撤去工事が不要な場合は、@niftyからレンタルしている機器(ホームゲートウェイやルーター)の返却が必要です。
後日自宅に返却用のボックスが届くので、必要機器を同封して、指定場所に返却をしてください。

返却を忘れると、機器相当額の費用を請求される恐れがあるので、注意してください。

@nifty光の解約に必要な費用

では続いて@nifty光の解約に必要な費用を調べていきましょう。
@nifty光を解約する際、下記の費用が必要になります。

  • 解約金
  • 工事費の残債

それぞれ解約のタイミング等で費用が異なります。
それぞれの費用や算出方法を解説します。

解約金・契約解除料

@nifty光には、複数年の契約継続を約束する代わりに月額料金が安くなる2年プランと3年プランがあります。

この契約期間中に解約してしまうと、それぞれ下記の解約金「契約解除料」が発生してしまいます。

契約解除料
2年プラン 9,500円
3年プラン 20,000円

どちらも契約満了月の翌月に設定されている契約更新月以外の解約は、解約金が発生してしまいます。
さらに契約期間終了後は自動でプランが更新される仕組みとなっています。

@nifty光の契約更新月に解約することで、解約金を支払わずに解約できます。
契約更新月の確認方法などに関しては、「@nifty光の契約更新月に解約する」で紹介しています。

工事費の残債

工事費の残債とは、分割払いで支払いをしている@nifty光の工事費の残りの費用のことを指します。

@nifty光の工事費用は、一括払いを選ぶことができず、基本的に30回の分割払いとなっています。
工事費用は物件タイプによって異なり、それぞれの工事費用と支払い期間は下記の通りとなっています。

■@nifty光の工事費用と分割料金

月額費用 分割回数 総額
戸建て 600円 30回 18,000円
マンション 500円 30回 15,000円
解約のタイミングと工事費の残債

30ヶ月以上契約していた場合、分割払いは完了しているため工事費の残債はありません。
一方で、30ヶ月未満の解約の場合は工事費の支払いが完了していないため、解約時に残債分が一括請求されます。

例えば、戸建てタイプを24ヶ月で解約した場合、残る6か月分の工事費用が未払いとなります。
600円×6か月の工事費の残債があることになるため、解約時に違約金とは別に2,400円を請求されてしまいます。

ただ工事費用に関しては、どちらにしても遅かれ早かれ支払う費用のため、結果的に支払う金額に違いはありません。
解約時にまとめて請求されるだけなので、工事費の残債に関してはそれほど気に掛ける必要性はありません。

@nifty光の解約金を実質0円にする方法

先述した通り、@nifty光の解約には解約金が必要になりますが、下記の方法で解約費用を抑えることができます。

  • @nifty光の契約更新月に解約する
  • キャッシュバックの大きな回線に乗り換える

上記2つの方法で、解約金を0円にすることができます。
さらに同時に2つの方法を組み合わせることで、数万円単位でお金が戻ってくることもあります。

@nifty光の契約更新月に解約する

先述しましたが@nifty光の解約金は契約更新月に解約することで無料にできます。

契約更新月は契約満了月の翌月1か月間と定められています。
例えば契約期間が2019年12月~2021年11月の場合、契約満了月は2021年11月となり、契約更新月は2021年12月の一か月間となります。

nifty光の更新月のタイミング

先述した通り、更新月以外の2年契約の場合は9,500円の解約金が必要になります。
3年契約の場合は20,000円もかかってしまいます。
契約更新月に解約するだけで解約金が浮くので、解約するタイミングを契約更新月に合わせられる場合は更新月の一か月間に解約するようにしましょう。

@nifty光の契約更新月の確認方法

ご自身の契約更新月が何年何月か、正確に理解している人は少ないはずです。
@nifty光の契約更新月は、@niftyのマイページ内で確認できます。
@niftyログイン:会員サポートサイト

ログイン後、お客様情報一覧の「ご契約状況」欄の「契約更新月」で確認できます。

マイページにはログインにはユーザー名とパスワードが必要です。
契約書類などに記載があるので、わからない方は確認して下さい。

キャッシュバックの大きな他社の回線に乗り換える

キャッシュバックの大きな光回線に乗り換えると、@nifty光の違約金が実質無料になります。

回線によっては、@niftyの違約金分を負担してくれたり、高額なキャッシュバックを設定していたりするからです。

例えばauひかりは、違約金や撤去工事費用を最大10万円までキャッシュバックしてくれます。
また、NURO光は違約金負担のキャンペーンはありませんが、その代わり新規契約時のキャッシュバックが最大35,000円と非常にお得です。

乗り換え先のキャッシュバックを比較して、解約費用分をまかなえるキャッシュバックを実施している回線を選ぶとお得です。

@nifty光解約後のおすすめ乗り換え先回線

@nifty光解約後は、乗り換え費用が少ない回線かキャッシュバックの大きな回線への乗り換えがお勧めです。

主に下記のような回線がお勧めです。

光コラボレーション回線
ドコモ光
ソフトバンク光
ビッグローブ光
So-net光
OCN光
光コラボレーション回線以外
auひかり
NURO光

それぞれのメリットなどについて紹介していきます。

事業者変更特典を用意している光コラボ回線

@niftyから光コラボレーション事業者への乗り換えは、事業者変更の手続きでお得に乗り換えができます。
事業者変更の手続きの場合、乗り換え先の回線契約時に開通工事が不要なため、工事費用をかけずに乗り換えができるからです。

事業者変更とは2019年7月に開始された新しい制度です。
光コラボ回線から別の光コラボ回線に乗り換える場合、以前は一度解約して再度開通工事を伴う新規契約が必要でした。
しかし事業者変更の制度が開始されたことで、光コラボ回線から光コラボ回線への乗り換え手続きが簡単になりました。

主な光コラボレーション事業者とそれぞれの事業者変更には下記のような特典があります。

特典
ドコモ光 dポイント1万ポイントプレゼント
ソフトバンク光 違約金満額還元
ビッグローブ光 キャッシュバック25,000円か、月額料金1480円×12ヶ月間割引
So-net光(3年自動更新プランのみ) 戸建て:月額1,550円×36ヶ月
マンション:月額1,300円×36ヶ月割引
エキサイトMEC光 月額料金800円×12ヶ月間割引
事業者変更手数料無料

ご覧のように、それぞれ数万円近い事業者変更特典を用意しています。

工事不要でかつキャッシュバックなどがもらえるのであれば事業者変更はお得な手続きです。

事業者変更を利用する方法

事業者変更は下記の方法で手続きができます。

  • @nifty光に電話し、11桁の事業者変更承諾番号を発行する
  • 乗り換えたい光コラボレーション事業者に事業者変更を申込む
  • 申し込み時に事業者変更承諾番号を伝える
  • @niftyと乗り換え先光コラボレーション事業者間で手続きが行われ、事業者変更が完了する

事業者変更の場合、通常必要な乗り換え先回線の開通工事が必要ありません。

@nifty光の事業者変更承諾番号は下記電話窓口で発行できます。

@nifty光事業者変更受付窓口
電話番号:03-6625-3265
受付時間:平日10:00~17:00

事業者変更承諾番号は、発行日から15日間に限り有効です。
16日以降は失効となってしまい、再度電話して発行する必要があります。
発行後は速やかに事業者変更手続きを行うことをお勧めします。

解約金負担キャッシュバックを実施しているauひかり

光コラボレーション以外の乗り換えを検討している方は、乗り換え先としてauひかりなどがおすすめです。

auひかりでは、@nifty解約時の違約金や撤去工事費用を負担してくれるキャンペーンを実施しているからです。
違約金負担だけでなく、工事費無料などのキャンペーンも併用でき、実質無料で@nifty光から他社の光回線に乗り換えができます。

auひかりでは主に下記のようなキャンペーンを実施しています。
■auひかりのキャンペーン

auひかり新スタートサポート
他社回線の違約金相当額を最大30,000円還元してくれます。
また乗り換えと同時にau携帯とのセット割を2回線以上申し込みの場合、1回線につき10,000円キャッシュバックされます。
ネットの申し込みと同時に固定電話の申し込みが条件となります。
初期費用相当額を月額料金から割引
戸建ての場合37,500円、マンションの場合30,000円の工事費用を、月額料金から割引します。
戸建ての場合は60ヶ月間、マンションの場合は24ヶ月間割引が継続され、実質工事費用が0円になります。
ネットの申し込みと同時に固定電話の申し込みが条件となります。

先述した通り、@nifty光は2年プランの解約で違約金が9,500円必要になります。
auひかりはキャンペーンを利用すれば、9,500円の違約金が戻ってきます。
さらに開通工事費用も実質無料にできるので、auひかりへ乗り換える方はキャンペーンの利用をお勧めします。

キャッシュバックの大きなNURO光

契約更新月に解約できた場合など、違約金の負担がない場合は、NURO光などもお勧めです。

NURO光は新規契約者へのキャッシュバックが最大45,000円と非常に高額で、お得に乗り換えが可能だからです。

NURO光では主に下記のキャンペーンを実施しています。
■NURO光のキャンペーン

45,000円キャッシュバックキャンペーン
NURO光の開通から2か月後に45,000円キャッシュバックされます。
さらに、40,000円の工事費用も開通翌月から30か月間、月額料金から分割で割引されます。
またSo-netの設定サポートサービスも無料で付与されます。

@nifty光の違約金9,500円が発生してしまう場合でも、差し引いても35,500円のキャッシュバックを受け取ることができます。
先述したauひかりよりもキャッシュバックを多く受け取ることができることもあります。
さらにNURO光の通信速度は最大2Gbpsと他社の2倍の速度となっており、メリットが非常に大きいです。

ただ提供エリアが下記のエリアに限られている点が大きなデメリットです。

北海道
札幌市、小樽市、石狩市
関東
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
東海
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西
大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
九州
福岡県、佐賀県

※一部を除く

NURO光を利用できるユーザーは限られてしまいますが、エリア内であればNURO光はおすすめです。
NURO光の評判などについては下記ページで解説しているので参考にしてください。

解約後も電話番号やメールアドレスを残す方法

解約後も引き続き同じ光電話の電話番号やメールアドレスを利用したい人も多いと思います。

電話番号もメールアドレスも、所定の手続きを行うことで継続利用できます。

次項で解説するので参考にしてください。

@nifty光電話の電話番号を引き継ぐ方法

@nifty光電話の電話番号を継続利用できるかどうかは、NTTの電話加入権の有無で異なります。

電話加入権とは、NTTの固定電話番号を利用する権利のことです。
電話加入権を購入して発行された電話番号は他の光電話などでも継続利用できます。

@nifty解約後も同じ電話番号を継続利用できる場合
電話加入権があり、発番された番号がNTTのものの場合
@nifty解約後は同じ電話番号を継続利用できない場合
電話加入権がなく、@nifty光電話契約時に新規で電話番号を発行してもらった場合

以前NTTの固定電話を契約していた場合、電話加入権も同時に契約している場合がほとんどです。
NTTが発行した電話番号の場合は同じ電話番号を@nifty光電話などでも利用できるうえ、反対に@nifty光電話解約後も同じ電話番号の継続利用が可能です。

一方でNTTの固定電話を一度も契約しておらず、@nifty光電話の契約で初めて電話番号を発番された場合などは、電話番号を引き継ぐことができません。
電話加入権を持っていないため、@nifty光電話を解約すると、同じ電話番号は廃番となってしまいます。

電話加入権の有無はNTTの局番無しの116へ電話し、「電話加入権の有無を調べたいです」と告げれば簡単に調べてくれます。
電話加入権を持っていた場合は番号そのままで乗り換えができますが、ない場合は同じ電話番号は使えません。
その場合は新しい番号を発行して契約するしかないので注意しておきましょう。

@nifty光のメールアドレスを利用し続ける方法

@niftyのメールアドレスをメインで使用していて変えたくない場合、@nifty光解約後も引き続き利用できますが、手続きに注意が必要です。

@nifty光の解約ではなく、「解除」の手続きをしてください。

先述した通り、解約は@niftyに関する契約を全て解約する手続きです。
一方で解除は、@nifty光の契約など部分的な契約を解約し、そのほかメールアドレスなどは残す手続きになります。
解除後は@nifty基本料金として月額250円(税抜き)を支払う必要がありますが、@nifty光解約後も@niftyのメールアドレスを利用できます。

「~~@nifty.com」などが@niftyのメールアドレスに該当します。
@niftyのメールアドレスに大事なメールが届く設定をしている方は、解約ではなく解除手続きをしましょう。

ただ、いつまでも毎月250円を支払い続けるのはもったいないので、@nifty光解約のタイミングでgmailなどのフリーアドレスに切り替えることがおすすめです。
メールアドレス変更のお知らせや設定の変更を行い、@niftyの解約手続きを行った方がお得です。

@nifty光の解約の注意点

@niftyの解約手続きには注意点がいくつかあります。
注意しておかないと、@nifty光を解約したつもりでも正しく解約できていないケースもあります。
その場合、正しく解約できるまで余分な費用を支払い続けることにもなってしまうため、注意してください。

@nifty光の「解除」と「解約」は全く異なる

@nifty光の契約解除手続きには、「解約」と「解除」の2種類があります。
それぞれ全く異なるので注意が必要です。

解約したと思っていても解除しかできておらず、余分な料金を支払い続けることになってしまう可能性があるからです。

それぞれ下記のように手続きが異なります。

手続き内容
解約 インターネット接続、プロバイダサービス、独自特典など@niftyが提供するサービス全てが受けられなくなる
解除 @niftyのメールアドレスはそのまま利用を継続できるものの、その他サービスは利用できなくなる

メールアドレスを残す手続きに関しては後述します。
@niftyのメールアドレスをメインで使用していて引き続き同じアドレスを使用したい人は、解約手続きをしてしまうと継続利用できなくなるので解除手続きを行いましょう。

単純に@nifty光の利用を停止したいときは解約手続きで問題ありません。

@nifty解約月の月額料金は日割りされない

@nifty光の解約日はできるだけ月末に設定しましょう。

@nifty光の解約月の月額料金は、日割り計算されず、1か月分丸々請求されるからです。

例えば2日に解約しても30日に解約しても、同じげ月額料金が必要になってしまいます。
月初に解約してしまった場合、1か月分の月額料金を支払っているのに、月末までインターネットが使えない期間が発生してしまいます。

解約日はできるだけ月末に設定して、自由にインターネットを使える期間を延ばしておくことをお勧めします。

@nifty光と@nifty光ライフwithフレッツは別サービス

@nifty光と@nifty光ライフwithフレッツは別のサービスです。
似た名称のため間違えるケースが少なくないですが、それぞれ解約の手続きも異なってくるので注意しましょう。

@nifty光の主契約先は光回線、プロバイダ契約共に@niftyですが、@nifty光ライフwithフレッツの契約は光回線がNTT、プロバイダが@niftyと分かれています。
当サイトの「@nifty光の評判と契約前に知っておきたい4つのこと。」では下記の通り説明しています。

@nifty光というのは、@niftyが回線事業者として、NTTフレッツ光の回線を借り、@niftyのプロバイダを通じて光回線を提供する光コラボです。

一方、@nifty光ライフwithフレッツというのは、NTT東日本または西日本が回線事業者として、NTTフレッツの回線網を使用し、@niftyのプロバイダを通じて光回線を提供しています。

引用:@nifty光の評判と契約前に知っておきたい4つのこと。 | プロバイダ比較のProval

@nifty光を解約する場合は先述した通り@niftyに電話連絡するだけで手続きが完了します。
一方で、@nifty光ライフwithフレッツを解約する場合は、NTTの光回線の解約手続きと@niftyのプロバイダの解約手続きの両方が必要です。
このため@nifty光ライフwithフレッツの解約の場合、@niftyのプロバイダの解約だけではNTTの光回線の契約が残ってしまいます。
@niftyの解約後も、NTTのフレッツ光の月額料金を支払い続けることになってしまいます。

余分な料金を支払い続けることになってしまうので、自身の契約が@nifty光と@nifty光ライフwithフレッツのどちらなのか、まずは再確認することをお勧めします。
ご自身の契約状況は@niftyのマイページから確認できます。
@niftyログイン:会員サポートサイト

申し込み後のキャンセルは、契約8日以内なら可能

@nifty光の申し込み後、急に状況や気が変わってしまった場合、申し込みをキャンセルすることはできるのでしょうか。

申し込み後のキャンセルは、@nifty光の契約書面「スターターキット」の受領日を一日目として、8日目までの間なら無料で可能です。

訪問販売などにおいて「クーリングオフ制度」があるように、インターネット回線の契約でも「初期契約解除制度」と呼ばれる制度があるからです。
初期契約解除制度は契約完了から8日以内なら、費用負担0円で契約をキャンセルできる制度です。

一定の範囲の電気通信サービスの契約について、契約書面の受 領日を初日とする8日間が経過するまでは、電気通信事業者の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度です。
(引用:総務省

しかし、工事が完了してしまった場合は、工事にかかった実費最大18,000円の支払いが必要になります。
初期契約解除を利用する場合は、工事前、かつ契約書面を受け取った日から8日以内に行うようにしましょう。

引越しの際は解約は不要でも引っ越し先のエリアで手続きが異なる

@nifty光は引越しの場合でも解約は不要です。

しかし手続きは、引っ越し先が西日本と東日本のエリアをまたぐかどうかで方法が異なります。
フレッツ光は厳密に西日本と東日本で運営会社が異なるからです。

NTT東日本/西日本の区分は下記の通りとなっています。

NTT東日本
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、秋田県
NTT西日本
富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

参考:NTT東日本、NTT西日本のサービス提供地域について:NTT HOME

エリア内の引越しの方は、下記のページからログイン後Web上で@nifty光の引越し手続きができます。
@niftyログイン:@nifty光

一方、エリアをまたぐ引越しの場合は下記のカスタマーサービスデスクへ電話して手続きを行ってください。

■カスタマーサービスデスク
tel:0570-03-2210
(受付時間:10:00~19:00)
通話料金
携帯電話:10円/20秒
固定電話:8.5円/3分

@nifty光の解約時によくあるトラブル4選

では最後に@nifty光解約手続きの前後によくあるトラブルを紹介します。

  • @nifty光を解約したのに請求が続く
  • レンタル機器の返却を忘れて多額の請求がきた!
  • 解約したいのに電話が全く繋がらない
  • 乗り換えキャッシュバックを受け取れなかった

詳細と対策を解説していきます。

@nifty光を解約したのに請求が続く

「@nifty光を解約したつもりなのに、毎月ニフティから請求が続いている」というケースがあります。
とくに請求額が月額275円前後の場合は原因が明らかです。

解約ではなく解除手続きしかできておらず、「@nifty基本料金」の契約がそのまま引き継がれているからです。

解除手続きは先述した通り、@nifty光のメールアドレスなどを継続利用するための手続きです。
解除すると、@niftyの最低限の契約が引き継がれ、@nifty基本料金が請求されてしまう仕組みとなっています。

一方で解約手続きは、@niftyに関わる全ての契約を解約する手続きです。
解約手続きができていれば、余計な支払いもなくすことができます。

手続きの名称も似ているうえ、公式サイト上も「解除」の手続きに関する記載がほとんどなため、間違えて手続きしてしまっている人が非常に多いです。
解約し損ねたユーザーが損をしてしまう非常に不親切な仕組みとなってしまっています。

@nifty光に限らず、niftyが提供している格安スマホや電気サービスなどの利用者の間でも、同様の仕組みとなっており、Twitter上でも不満の声が多く聞かれます。

解除手続きしかできていなかった人は、@niftyに連絡すれば解約手続きも可能です。
解約手続きと解除手続きを混同してしまわないように注意しましょう。

レンタル機器の返却を忘れて多額の請求がきた!

@nifty光の解約後は必ずレンタル品の返却を行いましょう。

返却を怠ると、督促状を送付されたり、最悪の場合は機器相当額の費用を請求されてしまったりしてしまいます。

モデム等は1万円以上することもあるので、せっかくお得に解約しても無駄になってしまいます。

返却方法や返却が必要な機器等は、解約時に@nifty光に確認して返却の漏れがないようにしましょう。

解約したいのに電話が全く繋がらない

@niftyの解約に関する評判に、「電話が全く繋がらない」という声があります。

Twitter上でも@nifty光の解約に苦労されている声が多く投稿されています。

通話料がかかってしまう場合もあり、@niftyの都合でこちらの費用負担が大きくなるのは納得できないですよね。

電話が繋がらない場合、@niftyのマイページからの解約手続きをお勧めします。
公式サイト上にはあまり大きく書かれてはいませんが、マイページからも解約手続きが可能となっています。

@niftyログイン:会員サポートサイト

電話の方がオペレーターと直接話ができるため安心に感じる方もいるかもしれませんが、WEB上で行った方が圧倒的にスムーズです。
@niftyカスタマーデスクに電話が繋がらない場合は、インターネット上で手続きを行いましょう。

乗り換えキャッシュバックを受け取れなかった

必要な書類を用意できていないと、解約後に乗り換える回線のキャッシュバックを十分に受け取ることができない場合があります。

ソフトバンク光などの乗り換えキャッシュバックの受け取りには、前契約回線の解約を証明する「解約証明書」の提示が必要になるからです。

解約証明書とは、違約金や撤去工事費の明細が書かれた明細書のことを指します。
(参考:SoftBank 光 証明書アップロードの方法 | インターネット | ソフトバンク

どんな書類が必要になるかは、契約する光回線や適用させるキャンペーンなどによっても異なります。
事前の確認が十分でないとキャッシュバックを満額受け取ることができない場合もあります。

解約の手続きに入る前に、どんな証明が必要か、解約する回線に申請が必要な物はないか、確認するようにしましょう。

@nifty光の解約まとめ

ここまで@nifty光の解約方法について紹介しました。

一番注意しなければならないのが、「解約」手続きと「解除」手続きを混同しないことです。
解約手続きなら解約後も余計な請求はありませんが、解除手続きの場合「@nifty基本料金」の支払いが続いてしまいます。
メールアドレスを残したい人には便利なプランですが、そうでない人には余分な支払いとなってしまいます。
また引き落としなどで支払いする人が多いため、気づかないうちに毎月支払ってしまい「気づいた時にはすでに数千円以上余分な料金を支払っていた」というケースもあります。
メールアドレスが不要な方は、解除手続きをとる必要がないため、必ず解約手続きを行うようにしましょう。

@nifty光は光コラボレーションの回線なので、ほかの光コラボレーション回線へ乗り換える場合は事業者変更手続きもおすすめです。

編集者情報

Proval編集部
「インターネットで困るすべての人にとっての最良の意思決定ができる」をコンセプトにわかりやすく公平な情報を追求していきます。

関連記事

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。