NURO光

NURO光の支払いで口座振替を選ぶには?支払い方法や登録の手順

nuro光の支払い方法を調べている人のイメージ

NURO光の支払い方法で口座振替はできるのか、疑問に思っていますか?
結論から言えば、NURO光でも口座振替による支払いは可能です。

ただし、メリットとデメリットの両方があるため、それぞれの特徴を知っておきましょう。
どのような支払い方法が自分にとってもっともお得で、かつ便利か考え最適な方法を選びましょう。

NURO光の支払いはクレジット払いと口座振替のみ

NURO光で選択できる支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2つだけです。
振込用紙による支払いはできないため、どちらかを選び支払わなければなりません。

クレジットカード払いでも口座振替でも、手数料を支払うことで請求明細書の発行は可能です。
また、請求明細書が不要なら、So-netのマイページから利用料金が確認できます。

お支払い方法ガイド

支払いはクレジットカードと口座振替ではどちらがお得か

クレジットカード払いと口座振替の2つの支払い方法のうち、どちらがお得なのか疑問に思う人は多いでしょう。
結論から言えば、クレジットカード払いのほうがお得度は高いです。

クレジットカード払いだと、キャッシュバックや引き落としの手数料といった面で口座振替よりお得になります。

キャッシュバックはクレジットカードのほうがお得

NURO光では初回登録時にキャッシュバックの受け取りが可能であり、公式サイトでも特典を用意しています。
しかし、公式サイトで申し込み、キャッシュバックを受け取るにはクレジットカードが必須です。
口座振替ではそもそもキャッシュバック受け取りの権利がないため、金銭的に大きな差が生まれてしまいます。

その時々でキャッシュバックの金額は異なりますが、1~4万円程度になることもしばしばあります。
NURO光は開通工事費が40,000円と他の光回線業者よりも高額なため、キャッシュバックで少しでも費用負担を軽減、あるいは相殺できるクレジットカードのほうがお得です。

また、代理店からの申込みになりますが、口座振替でもキャッシュバックを受け取る方法はあります。
口座振替では絶対的に受け取れないというわけではありませんが、クレジットカード払いのみを対象にキャンペーンを実施するケースが多いのも事実です。

確実性の高さで考えるなら、キャッシュバックやその他キャンペーンにおいては、クレジットカード払いのほうがお得と言えます。

クレジットカードなら引き落とし手数料ゼロ

口座振替を選択すると、毎月の引き落としの際に手数料が発生します。
クレジットカード払いだと引き落としの手数料はゼロであり、この費用分だけでも口座振替との金銭的メリットの違いは大きいです。
請求明細書発行の有無によって金額は違いますが、口座振替の年間の引き落とし手数料は2,400~3,600円です。

さらにクレジットカードなら、手数料がかからないだけではなく、カードのポイントも貯められます。
カードによってポイントの還元率は異なりますが、多少なりともプラスが出ることは事実です。

実際の支払い分に貯まったポイントまで加えて差を考えるなら、年間数千円は確実にクレジットカードのほうがお得であり、支払いに関するデメリットはありません。

NURO光を口座振替で支払うメリット

クレジットカード払いのほうがお得なNURO光ですが、口座振替にもメリットはあります。
メリットは大きく次の2つが挙げられます。

  • 料金を払い忘れる心配がない
  • クレジットカードがない人も契約できる

メリットを知っておくと、支払い方法の選択肢にも加えやすいでしょう。

料金を払い忘れる心配がない

口座振替は一度口座を登録しておくと、毎月所定の日に自動で引き落とされます。
振込のように自分で払込票を持って支払いに行く必要がなく、料金の払い忘れの心配がない点はメリットです。
支払いが滞るとサービスの停止にもなってしまうため、忘れず確実に支払うのは大切なことです。

自動で手間をかけずに支払えるのは口座振替の魅力であり、通帳記帳によって残高や支払い額の確認もできるため、お金の管理もしやすいと言えます。

クレジットカードがない人も契約できる

NURO光ではWEBや登録用紙での契約に限られますが、クレジットカードを持っていなくても契約が可能です。
使い過ぎや悪用される心配からクレジットカードを作っていない人でも、NURO光への申し込みができます。

クレジットカードが苦手であえて持たない人はもちろん、まだ作っていない人でも申し込み可能な点は大きなメリットです。

NURO光を口座振替で支払うデメリット

口座振替での支払いには、デメリットもあるため注意しなければなりません。
デメリットは2つで、次の通りです。

  • 毎月別途手数料が発生してしまう
  • 口座への定期的な入金が必要になる

クレジットカード払いの場合や口座振替のメリットと比較して、本当にお得なのはどの方法か考えましょう。

毎月別途手数料が発生してしまう

口座振替を選択すると、月額料金の引き落としとは別に、手数料が発生します。
手数料は請求明細書発行の有無によって、金額が異なります。

明細書の有無 手数料
請求明細書なし 200円/月(税抜き)
請求明細書あり 300円/月(税抜き)

請求明細書を発行すると、ひと月の支払いはプラス300円となり、年間にすると3,600円もの負担です。
注意が必要な点は、請求明細書を発行しなくても、200円の手数料が取られることです。

クレジットカード払いだと、請求明細書を発行しないなら手数料は一切不要なため、金銭的なデメリットは口座振替のほうが大きいと言えます。

口座への定期的な入金が必要になる

自動で引き落としされるのは口座振替のメリットですが、残高を見ずに放置しておいてよいわけではありません。
口座の残高は定期的にチェックして、必要に応じて入金する必要があります。

出費が多く残高がぎりぎりになりやすい人は注意が必要です。
引き落としが滞ると、サービスの停止といったペナルティもあります。
支払いが自動化できる反面、管理に気をつけなければならない点は、口座振替のデメリットと言えます。

もちろん、毎月固定で給料が入り、残高が十分にあるならそれほど頻繁に確認をしなくても問題ありません。
残高管理の手間はデメリットではありますが、残高の状況次第では、それほどデメリットにならないことも多いです。

NURO光では毎月27日に指定口座から料金が引き落とされるため、この時までにお金を用意しておく必要があります。
口座への定期的な入金と、引き落とし日のチェックで、防げるデメリットでもあるでしょう。

NURO光の支払いを登録するには?

NURO光は申し込み方法によって特典が異なり、どの支払い方法を選択するかでも、得られる特典は異なります。

口座振替を選択する場合でも、申し込み方法を工夫することで、よりお得に契約できます。
お得な申し込みの方法は、クレジットカードを持っているかどうかで異なるため注意が必要です。

公式サイトでの申込時はクレジットカード払い

クレジットカードを持っているなら、公式サイトから申し込み、キャッシュバック特典を得られます。
公式サイトのキャッシュバック特典はクレジットカード払いを選択した際のみ適用となっています。
そのため、口座振替を希望する場合でも最初はクレジットカード払いでの登録がおすすめです。

クレジットカード払いで登録しても、後から口座振替に支払い方法は変更できます。
最初から口座振替で申し込んでしまうと、キャッシュバックがもらえないだけではなく、申し込み方法がWEBか用紙による登録のどちらかに限られてしまいます。

また、最初に口座振替を希望すると、申し込み時に工事日の登録ができません。
申し込み後、後日NURO光から日程調整の連絡が来るため、開通までに時間がかかりやすい点にも注意が必要です。

あとから口座振替に変更する方法

申し込み後、So-netのIDとパスワードが発行された時点で、支払い方法の変更申し込みが可能となります。
So-netの会員サポートページからマイページにログインして、支払い方法の変更を選び、口座振替の申し込みを行うだけです。

インターネット上で手続きは完了し、口座振替から再度クレジットカード払いに戻すこともできます。
支払い方法の変更はいつでも可能なため、状況に合わせて最適なものを選択することが大切です。

お支払い方法ガイド

クレジットカードがない場合は代理店で申し込む

クレジットカードを持っていない場合でも、代理店経由で申し込むことでお得に契約ができます。
代理店の種類は豊富であり、中には悪質なものもあるため注意が必要です。
NURO光の正規代理店なら、安心して申し込むことができ、かつ充実した特典やキャッシュバックが受け取れます。

代理店では公式サイトと同等、あるいはそれ以上の特典を用意していることも多いです。
そのため、クレジットカードを持っている人でも、条件次第では代理店で申し込んだほうがお得なこともあります。

代理店によって特典やキャッシュバック受け取りの条件は異なりますが、基本的には利用期間や加入オプションによる定めです。
支払い方法による違いはないことが多く、口座振替で登録しても問題なく特典は受け取れます。

代理店で口座振替を申し込む際の手順

代理店によって申し込みの手順は異なりますが、電話による申し込みなら、音声自動応答システムによる受付が多いです。
代理店の電話番号に連絡すると、音声ガイダンスが流れるため、案内に沿って番号を選択していきます。

案内に従いながら登録を完了させると、後日「支払い登録申込書」が自宅に送付されるため、これを記入してSo-netに返送して手続きは終了です。
口座振替だからといって申し込みが難しいわけではありませんが、郵送物のやり取りがあるため、クレジットカードでの登録よりも時間がかかりやすいです。

また、記載内容に間違いがあると、開通までにさらに時間がかかってしまうため、支店名や口座番号は念入りにチェックして記載する必要があります。

NURO光の料金を口座振替する場合の注意点

支払い方法の選択で失敗しないためにも、口座振替にする際の注意点を知っておきましょう。
注意点を把握していないと、思わぬところで失敗して、損をする可能性もあります。

口座振替に限らず、クレジットカードにも共通する注意点もあるため、細部まで把握しておかなければなりません。

支払い方法の登録が遅れるとキャッシュバックに影響が出る

NURO光では契約時に支払い方法を登録せず、一時的に払込票によって料金を支払うことができます。
しかし、これは一時的な措置であり長く利用できるわけではなく、支払い方法の登録が遅れると、キャッシュバックに影響する可能性もあるため注意が必要です。

キャッシュバックを受け取るには支払い方法の登録が必須です。
キャンペーンによってキャッシュバックまでの期間は異なりますが、受け取り可能な時期までに支払い方法を登録していないと、支給が先延ばしになってしまいます。

場合によってはキャッシュバックの受け取り権利自体が消滅することもあるため、登録は素早く済ませなければなりません。
4カ月程度の猶予が設定されていることも多いですが、申し込み時に登録していないと忘れてしまいやすいため注意しておきましょう。

残高不足を起こすと翌月に再振替が行われる

支払いに指定した口座の残高が不足していると、料金支払いは翌月に再振替となります。
再振替だと前月分と当月分の2カ月分をまとめて支払わなければならないため、残高の入金額には注意が必要です。
支払いが滞った場合は分割での支払いはできず、2カ月分をまとめて支払わなければなりません。

延滞料金が加算されるわけではないため、実質の支払い金額は同じですが、まとまった負担になるため注意が必要です。

2カ月以上滞納すると強制退会になる

残高不足で支払いが2カ月以上滞ると、強制退会になる可能性もあるため注意が必要です。
料金滞納に応じてサービスの利用停止となり、その後強制退会となります。
強制退会までの期間は明確にいつまでと決まっているわけではないため、滞納していることが分かったら素早く支払いを済ませましょう。

口座振替だと気づかないうちに残高が不足して、滞納してしまうということもあるため、定期的に記帳して支払い状況をチェックしなければなりません。

自分にとって損のない支払い方法を選択しよう

継続的に選択できる支払い方法はクレジットカード払いか口座振替であり、NURO光を利用するならどちらかを選ぶ必要があります。

それぞれにメリットとデメリットの両方があるため、特徴の違いを把握しましょう。
違いを正しく理解して適切な支払い方法を選び、少しでもお得にNURO光を利用しましょう。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。

ご相談・お問い合わせ
通話無料
0120-989-325
閉じる