NURO光

NURO光とauひかり、お得なのはどっち?料金や速度、キャッシュバックなど徹底比較

NURO光とauひかりを比較しているイメージ

インターネット回線を契約する際、どの会社を利用するか悩んでしまいますよね。
回線会社を選ぶ際、多くの人は「速さ」や「安さ」に注目します。

今回紹介するのは、「速さ」で有名なNURO光とauひかりです。
どちらも最大10Gbpsの高速通信サービスを提供しています。

全国的※に 基本プランを提供しているauひかりに比べると、NURO光は提供エリアが限定的です。
しかし提供エリア内であればNURO光がおすすめです。
特にマンションがNURO光に対応している場合の基本料金が安く、対応していないマンションや戸建ての場合でも基本料金に無線LANルーターやセキュリティサービスの料金が含まれており、お得だからです。

NURO光はエリアが限られているとはいえ都市圏でサービスを提供しているため、特に気をつけたいのは転勤などで地方に引っ越す可能性がある場合。
引越し先が対応エリア外だと、更新期間外だった場合に違約金がかかってしまいます。
短期間または頻繁に引っ越す可能性があり、余分な出費は控えたい!という人は、auひかりをはじめほかの光回線を検討しましょう。

この記事では、料金以外にもNURO光とauひかりのサービス内容やキャンペーンなど徹底比較しました。
割引を加味した料金のシュミレーションもしていますので、ぜひ自分に合った回線会社選びの参考にしてみてくださいね 。

※この記事ではauひかり系列の「auひかり ちゅら」も含めるものとしてエリア比較を行っています。

なお、NURO光・auひかりを申し込む際は下記のサイトから手続きをするとお得ですよ!

それぞれの違いを確認して、お得な光回線を選んでくださいね!

料金 戸建て 4,743円
マンション 1,900円~4,743円
速度 2Gbps
工事費 40,000円
NURO光の特徴
  • フレッツ光の約2倍の高速通信(最大2Gbps)
  • 月額料金が安い
  • 提供エリアが限定されている(順次エリア拡大予定)
  • 申込から工事完了まで1~2か月

NURO光とauひかり、おすすめのインターネット回線はどっち?

インターネット回線は基本的に、契約している携帯電話のキャリアに合わせるのがおすすめです。
とはいえ、キャリア以外にも住居タイプや他社からの乗り換えかどうかによっても選ぶ回線は異なります。

NURO光とauひかり、共通しておすすめなのは次のような人です。

  • インターネット動画などを視聴する機会が多く、高速通信に魅力を感じている人
  • 引越しが少ない人

いずれも最大10Gbpsの高速通信サービスを提供しており、速さを重視したい人におすすめの回線です。
特に高速通信サービスはエリアが限られるため、引越しの可能性が高い人は契約前に利用可能エリアや違約金についてチェックしておきましょう。

NURO光とauひかりが、それぞれどんな人におすすめなのかも紹介していきますね。

NURO光がおすすめな人

NURO光がおすすめなのは、特に次のような人です。

  • ソフトバンクの携帯ユーザー
  • 基本プランで速度が速いほうがいい
  • マンションで高速通信サービスを利用したい
  • NURO光forマンションの対象物件に住んでいる

NURO光でスマホとの割引を利用できるのは、ソフトバンクユーザーです。
NURO光でんわの契約が必要ですが、後ほどの割引シミュレーションにもあるとおり、固定電話代を足してもまだ割引額のほうが大きいので契約しても損はないでしょう。

ほかの回線業者では基本プランは1Gbpsですが、NURO光は基本プランでも2Gbpsを謳っています。
「高速通信サービスを利用するほどではないけど、速い回線業者を選びたい」なら、NURO光で契約しましょう。
またauひかりの高速通信は、限られたエリアの戸建て住宅でしか利用できません。
しかしNURO光なら、auよりも広いエリアで戸建てに限らず、マンションでも高速通信を契約できる可能性があります。

NURO光forマンションの基本料金が非常に安いので、対象物件の人には特におすすめです。
しかしマンション内での契約者が3人以下になると解約の可能性も出てくるので、契約者やマンション自体の世帯数が少ない物件の場合はリスクを踏まえた上で契約しましょう。

auひかりがおすすめな人

一方auひかりは、特に次のような人におすすめです。

  • auの携帯ユーザー
  • 他社回線から安く乗り換えしたい
  • プロバイダを選びたい

auひかりを契約する場合、auユーザーならスマホとの割引を利用することができます。
こちらもNURO光と同様にauひかり電話の契約が必要です。

auひかりでは他社の解約違約金相当額を還元するキャンペーンを行っているので、他の回線からの乗り換えにおすすめです。
また乗り換えの際、「プロバイダを引き継いで利用したい」などプロバイダを選びたい人は、auひかりに対応している7社に該当しているかをチェックしてみてくださいね。

NURO光とauひかりの特徴とメリット・デメリット

NURO光とauひかりはともに、「ダークファイバー」と呼ばれる回線を利用しています。
ダークファイバーとは、既に敷設されている回線のなかで、現在使用されていないものを指します。

使用されていない回線を借りて各社で運用・管理をしているので、インフラ整備が比較的自由にできるのが特徴です。
そのため技術的に新しい取り組みを行うことができ、結果として最大通信速度などで他社との差別化が実現しています。
NURO光もauひかりも、プランによっては通信速度が最大10Gbpsと世界最速を誇っているのが特徴です。

速度において魅力的なNURO光とauひかりはメリットとデメリット、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。
次の項目から詳しく見てみましょう。

NURO光とauひかりのメリット比較

NURO光とauひかりを比較すると、メリットには次のような違いがあります。

NURO光 ・NURO光forマンションの基本料金が安い
・通常のプランでも最大通信速度が2Gbpsと非常に快適
・基本料金に無線LANルーター、セキュリティサービスの料金も含まれていてお得
auひかり ・IPv6通信に標準対応するなど通信速度が比較的速い
・乗り換えの場合、他社回線の違約金まで負担してくれる

NURO光のプランのなかでも、NURO光forマンションの基本料金がかなり安いです。
基本プランでも最大通信速度2Gbpsで利用できるので、快適にインターネットを利用できます。
さらに基本料金に無線LANルーターやセキュリティサービスの料金も含まれているのでお得だと言えるでしょう。

auひかりはIPv6通信にも標準対応しており、1Gbpsの基本プランでも他社に比べて通信速度が比較的速いのが特徴です。
また乗り換え時のキャッシュバックも大きいので、乗り換えにもおすすめです。

NURO光とauひかりのデメリット比較

NURO光とauひかりには、それぞれ次のようなデメリットがあります。

NURO光 ・提供エリアが限定的
・NURO光forマンションはマンション内の契約者数によって契約の可否や料金が変わる
auひかり ・高速通信サービスの提供範囲がNURO光よりも狭い
・無線LANルーターのレンタルに月額500円かかる
・戸建て契約を解約する際、撤去工事28,800円が必ず必要

NURO光はサービスの提供範囲が限定的です。
さらに、NURO光forマンションは基本料金が安いというメリットがありましたが、マンション内の契約者数によって新規契約や契約継続の可否、料金が変動するというデメリットもあります。

対しauひかりは、基本のサービスを全国で提供していますが、高速通信サービスは利用できるエリアや住居タイプがNURO光よりも限られます。
無料LANルーターのレンタルに月額500円かかることや、戸建てのプランを解約する際に必ず撤去工事費用がかかることなど、金銭的なデメリットが挙げられます。

NURO光とauひかりの通信速度比較

先ほども紹介したように、ダークファイバーを利用しているNURO光とauひかりはどちらも、最大通信速度の速さが魅力です。
ではどちらがより速いのでしょうか。それぞれ内容を比較してみましょう。

通常のプランの場合、NURO光は最大2Gbps、auひかりは1Gbpsなので、NURO光のほうが2倍の速度になっています。

またいずれも高速通信サービスを提供しており、NURO光には最大6Gbps、最大10Gbpsのプラン、auひかりには最大5Gbps、最大10Gbpsのプランを用意しています。

高速通信サービスの提供エリアは、後ほど紹介する通常プランの提供エリアよりもさらに限定的です。
NURO光とauひかりの高速通信サービスの提供エリアを見てみましょう。

回線 高速通信提供エリア
NURO光 北海道、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)、東海(愛知、静岡)、関西(大阪、兵庫、奈良)、九州(福岡)の一部エリア
auひかり 東京/神奈川/埼玉/千葉の一部エリア

さらにNURO光は提供エリア内であれば「戸建て」と「5階建て以下のマンション」で高速通信サービスを利用できますが、auひかりは「戸建て」でしか利用することができません。

NURO光とauひかりの提供エリアの違い

先ほど紹介したとおり10Gbpsプランも提供しているエリアはauひかりに比べ、NURO光のほうが広いです。
しかしサービス全体でみるとauひかりよりも、北海道・関東・東海・関西・九州の19都道府県に限られているNURO光のほうが提供エリアは狭いです。

NURO光の提供エリアは次のとおりです。

北海道
石狩市、恵庭市、江別市、小樽市、札幌市、千歳市
関東
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海
愛知、静岡、岐阜、三重
関西
大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州
福岡、佐賀

上記以外のエリアではNURO光を利用できません。
また上記の都道府県でも、一部地域では利用できない場合もあります。

NURO光の提供エリアについては次の記事でも紹介しています。
NURO光の対応エリアはどこ?申し込み手続きの方法も合わせて確認
住所が対応しているエリア内かどうかは、公式サイトで確認してみましょう。
世界最速インターネット NURO 光 お申し込みは今すぐ

auひかりは基本的に全国で展開していますが、 中部・近畿地方では戸建てタイプのプランを提供していない県もあります。
利用できるエリアを明記しているわけではないので、公式サイトで郵便番号を入力して対応しているかどうかを調べましょう。
提供エリア検索 | インターネット回線 | KDDI株式会社

いずれも注意しなければいけないのが、エリア外への引っ越しです。
現在の住居で契約できていても、引っ越し先が提供エリア外になる場合は解約しなければいけません。
提供エリア外への引っ越しで解約する場合にも、更新期間外の解約には違約金がかかってしまうのです。
頻繁に引っ越しする方やエリア外に引っ越す可能性がある方は、対応エリアや違約金についても考慮して、auひかりやほかの光回線を検討するのがおすすめです。

NURO光とauひかりの基本料金比較

NURO光とauひかりの基本料金について見ていきましょう。
基本プランの料金はそれぞれ次の表のとおりです。

回線 プラン 戸建て マンション
NURO光 G2V 4,743円 4,743円
for マンション 1,900円~2,500円
auひかり ホーム1ギガ 5,200円
マンションギガプラン 4,050円

比較すると、戸建ての場合はNURO光が約500円安いです。

マンションの場合は、「マンション内でNURO光の配線工事が既に済んでいる」か否かによって、料金が大きく変わります。
既に配線工事が済んでいる場合は「for マンション」プランになり、NURO光のほうがかなり安いです。

一方、配線工事が済んでいない場合は「G2V」プランになるため、auひかりが安くなります。
しかしNURO光の最大通信速度がが2倍であることを考えると、「G2V」プランだとしてもお得だといえるでしょう。

住んでいるマンションでNURO光の配線工事が済んでいるかどうかは公式サイトで確認が可能です。
世界最速インターネット NURO 光 お申し込みは今すぐ

NURO光の料金プラン

NURO光は通信速度により料金が異なります。
ここではNURO光で利用できる5つのプランを紹介していきますね。

NURO光G2V
戸建て・マンションともに対象
マンションはNURO光の設備がない場合のみ
通信速度は下り最大2Gbps、上り最大1Gbps
NURO光forマンション
マンションにNURO光の設備が導入済みの場合のみ対象
マンション内の契約者が多いほど基本料金は安い
(最低人数4人で月額2,500円、10人以上で最安の月額1,900円)
通信速度はG2V同様、下り最大2Gbps、上り最大1Gbps
NURO光10G
戸建て・5階建て以下のマンションが対象
(東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、奈良の一部エリアのみ)
通信速度は下り最大10Gbps、上り最大2.5Gbps)
NURO光6Gs
戸建て・5階建て以下のマンションが対象
(東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、静岡、大阪、兵庫、奈良、福岡の一部エリアのみ)
通信速度は上り下りともに最大6Gbps
NURO光10Gs
戸建て・5階建て以下のマンションが対象
(東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、静岡、大阪、兵庫、奈良、福岡の一部エリアのみ)
通信速度は上り下りともに最大10Gbps

各プランの料金は次の表のとおりです。

戸建て マンション
G2V 4,743円 4,743円
forマンション 1,900円~2,500円
10G 6,480円 6,480円
10Gs 5,743円 5,743円
6Gs 5,243円 5,243円

NURO光は、マンションが設備を導入している場合にかなり安く利用できるのが特徴です。
NURO光の料金については、次の記事も読んでみてくださいね。
NURO光の料金は他社よりお得!戸建てとマンションのおすすめ条件を解説

NURO光forマンション利用時の注意点

NURO光forマンションの月額料金の安さはとても魅力的ですが、契約には一定の条件があります。
NURO光forマンションを契約する際の注意点は次のとおりです。

  • 設備の導入が済んでいるマンションでしか契約できない
  • マンション内の契約者数によって料金が変動する

まず前提条件として、マンション自体にNURO光の設備が導入されていない場合、「NURO光forマンション」プランを利用することはできません。
NURO光forマンション以外のプランで契約しましょう。

NURO光forマンションの料金は、毎月1日時点でのマンション内の契約者数によって変動します。
人数に対する料金は次のとおりです。

契約者数 月額料金
4人~6人 2,500円
7人 2,400円
8人 2,300円
9人 2,200円
10人 1,900円

マンション内にNURO光の契約者が多ければ多いほど料金が安くなります。

auひかりの料金プラン

auひかりの料金体系は、NURO光に比べるととても細かく設定されています。
特に戸建てとマンションで料金プランが大きく異なるのが特徴です。
住んでいるマンションによって利用できるプランが異なるので、予めチェックしておきましょう。

戸建ての場合

auひかりを戸建て住宅で利用する場合、契約可能なプランは次の3種類です。

特徴
標準プラン 定期契約がない
ギガ得プラン 2年契約
ずっとギガ得プラン 3年契約

「ずっとギガ」プランは契約の縛りが長いですが、その分毎月の基本料が安いです。
さらに2年目は100円引き、3年目以降は200円割引になるという特典があります。

auひかりを戸建て住宅で利用する場合、紹介した3種類のプランと通信速度との組み合わせによって料金が変わります。

標準プラン ギガ得 ずっとギガ得(1年目)
ホーム1ギガ 6,300円 5,200円 5,100円
ホーム5ギガ 6,800円 5,700円 5,100円
(4年目以降5,400円)
ホーム10ギガ 7,580円 6,480円 5,880円
(4年目以降6,180円)

契約の縛りが長いほど、料金は安いです。
さらに「ずっとギガ得プラン」でホーム5ギガやホーム10ギガという高速サービスを利用すれば、3年目まで基本料金から500円割引されるというメリットもあります。

マンションの場合

auひかりをマンションで利用する場合、契約できるプランはさらに細かく分かれています。
各プランの内容は次のとおりです。

マンションギガ
マンションの建物共用部に引き込んだ光ファイバーを、光ファイバーで各戸に引き込むタイプ
通信速度は下り上りともに最大1Gbps
マンションミニギガ
各戸に光ファイバーを直接引き込むタイプ
3階建て以下で総戸数8戸以上のマンションにのみ対応
通信速度は下り上りともに最大1Gbps
マンションタイプG
共有部まで光ファイバーを引き込んでいるマンションが対象
マンションギガとは異なり、各戸へは既設の電話線で引き込む
通信速度が下り664Mbps/上り166Mbpsの「G契約」と、上り下りともに100Mbpsの「V契約」の2種類
マンションタイプV
マンションタイプG同様、共有部まで光ファイバーを引き込んでいるマンションが対象
各戸へは既設の電話線で引き込む
通信速度は下り最大100Mbps/上り最大35Mbps
マンション都市機構
UR都市機構の賃貸マンションが対象
共有部まで光ファイバーを引き込み、各戸へは既設の電話選で引き込む
マンションタイプE
共有部まで光ファイバーを引き込み、各戸へは棟内のLANを使って接続する
電話線で引き込むタイプに比べ、通信品質が安定するというメリットがある
マンションタイプF
共有部まで光ファイバーで引き込み、各戸へは棟内の光ファイバーを利用して接続する
各戸までの光ファイバーが既設されている必要がある

戸建てのプランには3年契約がありましたが、マンションプランは定期契約のない「標準プラン」と2年契約の「お得プランA」に限られます。
それぞれの料金を見てみましょう。

標準プラン お得プランA
マンションギガ 4,050円 4,050円
マンションミニギガ 5,000円 5,000円
マンションタイプG
(16契約以上)
4,900円 3,800円
マンションタイプG
(8契約以上)
5,200円 4,100円
マンションタイプV
(16契約以上)
4,300円 4,300円
マンションタイプV
(8契約以上)
4,600円 4,600円
マンション都市機構 3,800円 3,800円
マンションタイプF 3,900円 3,900円
マンションタイプE
(16契約以上)
3,400円 3,400円
マンションタイプE
(8契約以上)
4,200円 4,200円

標準プランとお得プランAの料金は、マンションタイプGを除いて同じです。
しかしお得プランAなら「おうちトラブルサポート(月額400円)」を無料で利用することができます。

NURO光とauひかりのスマホセット割比較

ここまで基本料金などについて紹介してきました。
さらにNURO光とauひかりはスマホとのセット割を利用できるので、割引を適用することで料金を抑えることができます。

NURO光はソフトバンクユーザー、auひかりはauユーザーの場合にセット割を利用できます。
いずれも固定電話の契約が必要なので、光でんわを契約する予定の人におすすめです。

割引の詳細を次の項目から紹介していきます。

NURO光の割引制度

NURO光では、ソフトバンクユーザー向けの「おうち割光セット」に対応しており、毎月最大1,000円の割引を利用できます。

NURO光の固定電話サービス「光 でんわ」への加入が条件ですが、通常のNTTへ加入するよりも安いのが特徴です。
光でんわの基本料金は関東地区で500円/月、関西・中部地区で300円/月となっています。
さらに「ホワイトコール24」を適用できるので、固定電話からソフトバンク携帯への通話料金は無料です。

普段固定電話を利用しない場合でも、ソフトバンクユーザーであれば「おうち割セット」の適用すれば最低でも毎月500円/月の割引が利くことになるので、加入しておくのがおすすめです。

auひかりの割引制度

auひかりでは、auユーザー向けの「auスマートバリュー」に対応しています。
各プランと割引額は次の表のとおりです。

対象プラン 割引額
auピタットプラン スーパーカケホ/カケホ(2GBまで)/シンプル(1GB〜2GB) -500円/月
スーパーカケホ/カケホ/シンプル(2GB〜20GB ) -1,000円/月
auフラットプラン20/30 -1,000円/月
auフラットプラン25 Netflixパック -1,000円/月
データ定額30 最大2年間-2,000円/月
(3年目以降-934円/月)
データ定額5/20 最大2年間-1,410円/月
(3年目以降-934円/月)
LTEフラット 最大2年間-1,410円/月
(3年目以降-934円/月)
ISフラット 最大2年間-1,410円/月
(3年目以降-934円/月)
データ定額2/3 934円/月
データ定額1 934円/月

auピタットプランシンプル(1GBまで)は割引対象外です。

またauスマートバリューを適用するには、NURO光同様、固定電話の契約が必要です。
固定電話の契約は、一律500円/月がかかります。

スーパーカケホ/カケホ(2GBまで)/シンプル(1GB〜2GB)を利用中だと毎月500円しか割引されないので、固定電話が必要ない場合はおすすめではありません。
それ以外のプランであれば、固定電話を契約したとしても434円以上の割引を受けられるので、利用中のプランを確認して契約を検討してみてくださいね。

割引シミュレーション

基本料金と割引額を別々に見ていても、2社の料金が実際にどのくらい違ってくるのか分かりづらいですよね。
ここでは具体的な契約を想定し、「マンション/一人暮らし」と「戸建て住宅/3人暮らし」に分けてシミュレーションしていきます。

マンションで一人暮らしの場合

マンションで一人暮らししている場合の料金をシュミレーションしてみましょう。
それぞれ次のプランでの契約を想定しています。

回線 契約プラン 適用割引
NURO光 G2V ソフトバンク携帯おうち割適用
forマンション ソフトバンク携帯おうち割適用
auひかり マンションギガ auスマートバリュー(データ定額5GB)適用

割引を適用した場合の料金を比較しました。

基本料金 割引 合計
NURO光
G2V
4,743円 関東:-1,000円(固定電話料金+500円)
関西・中部:-1,000円(固定電話料金+300円)
関東:4,243円
関西・中部:4,043円
NURO光
forマンション
1,900円~2,500円 関東:-1,000円(固定電話料金+500円)
関西・中部:-1,000円(固定電話料金+300円)
関東:1,400円~2,000円
関西・中部:1,200円~1,800円
auひかり
マンションギガ
4,050円 -1,410円(固定電話料金+500円) 3,140円

auひかりは割引率は高いものの、やはりダントツで安いのはNURO光forマンションです。
しかしNURO光G2Vだと、auひかりのほうが安く利用できます。

NURO光とauひかりで比較する際は、契約している携帯電話キャリアだけでなく、NURO光forマンションを利用できるかどうかも必ずチェックしておきましょう。

戸建て住宅で3人家族の場合

3人家族で戸建て住宅に住んでいる場合の料金をシュミレーションしてみましょう。
いずれも携帯電話を一人ずつ契約する形になるため、割引も一人ずつ適用されます。
それぞれ次のプランでの契約し、携帯電話キャリアは3人とも同じものとして想定しています。

回線 契約プラン 適用割引
NURO光 G2V ソフトバンク携帯おうち割適用
auひかり ホーム1ギガ auスマートバリュー(データ定額5GB)適用

割引を適用した場合の料金は次のとおりです。

基本料金 割引 合計
NURO光
G2V
4,743円 関東:-1,000円×3回線(固定電話料金+500円)
関西・中部:-1,000円×3回線(固定電話料金+300円)
関東:2,243円
関西・中部:2,043円
auひかり
マンションギガ
5,200円 -1,410円×3回線(固定電話料金+500円) 1,470円

戸建ての場合は、割引率の高いauひかりのほうがかなりお得です。

NURO光とauひかりの工事費比較

インターネット回線を開通する際には、設置工事が必要です。
NURO光とauひかりでは、工事費用にも違いがあります。

各社の工事費用は次の表のとおりです。

回線 戸建て マンション
NURO光 40,000円 40,000円
auひかり 37,500円 30,000円

戸建ての場合は2,500円、マンションの場合は10,000円もの差があります。

2社とも分割支払いのみに対応しており、それぞれ分割回数が決まっています。
NURO光は一律30回払い、auひかりは戸建ての場合60回払い、マンションの場合24回払いです。

分割払いなので、1回ずつの負担は少ないとはいえ、トータルで3万円~4万円かかることを考えるとやはりもったいないですよね。
そこで利用したいのが、各社のキャンペーンです。
高額な工事費用を実質無料にできるので、とても魅力的です。

次の項目から、工事費用をそれぞれ実質無料にできるキャンペーンをそれぞれ紹介していきます。

NURO光の工事費還元キャンペーン

NURO光では、次の5つのキャンペーンのいずれかを選択して申し込むと、工事費用が実質無料になります。

  • 1年間 月額980円
  • ワンコイン体験(最大3カ月 月額500円)
  • キャッシュバックプレゼント(45,000円のキャッシュバック)

各種キャンペーンの内容については後ほど「NURO光のキャッシュバックキャンペーン」 にて詳しく紹介します。

NURO光では分割払いが行われる30カ月間、月額料金から工事費用分が割引されます。
そのため30カ月未満で解約してしまうと、支払い終えていない工事費用(残債)を支払う必要が生じてしまいます。
例えば15カ月で解約した場合、残りの15カ月×1,334円=20,010円を解約時に一括で支払わなければいけません。
NURO光に対応していないエリアへの引越しなどで途中解約する場合、引っ越し先がNURO光に対応していないと、大きな出費になってしまいます。

工事費が実質無料が利用できるキャンペーンは公式サイトで確認できます。
【公式】特典一覧| NURO 光

auひかりの工事費還元キャンペーン

auひかりでもNURO光と同様に工事費用が実質無料になるキャンペーンを実施しています。
ただしスマホとのセット割でも必要だった固定電話(500円/月)への加入が必要です。

戸建ての場合は60カ月間、マンションの場合は24カ月間、月額料金から工事費用分が割引されます。
そのため戸建てだと60カ月未満、マンションだと24カ月未満で解約する際には残債を一括で支払わなければいけません。
例えば戸建てのプランを30カ月で解約した場合、残りの30カ月×625円=18,750円を解約時に支払う必要があります。

NURO光とauひかりのキャッシュバックキャンペーン比較

工事費を還元するキャンペーンのほかにも、現金でのキャッシュバックや割引を受けられるキャンペーンを実施しています。
金額だけでなく、受け取り条件も異なりますので、キャンペーンに申し込む前に内容を確認しておきましょう。

NURO光のキャッシュバックキャンペーン

NURO光で実施しているキャンペーンは次のとおりです。

1年間 月額980円
NURO光G2Vの新規契約・コース変更で、通常4,743円/月の基本料金を開通月から12カ月間月額980円で利用可能
工事費実質無料/設定サポート1回無料
ワンコイン体験
NURO光G2Vのサービスを通常4,743円/月のところ、最大3カ月間月額500円で利用可能
3カ月以内の解約なら、違約金や工事費用の残債支払いも不要
体験期間(初回3カ月)終了後も継続して利用する場合、さらに3カ月間は2,980円で利用可能
工事費実質無料/設定サポート1回無料/事務契約手数料(3,000円)無料
キャッシュバックプレゼント(45,000円のキャッシュバック)
NURO光G2Vの新規契約・コース変更で、開通2か月後に45,000円がキャッシュバックされる
もらったキャッシュバックはソニーストアでも利用可能
工事費実質無料/設定サポート1回無料

なかでもお得なのは「1年間 月額980円」「45,000円のキャッシュバック」です。

ただし短期間で解約する可能性がある人は、「ワンコイン体験」がおすすめです。
万が一の場合にも、3カ月以内で解約すれば、解約違約金や工事費用の残債支払いがないので安心です。

NURO光のキャンペーンについては次の記事もあわせてお読みください。
NURO光のキャンペーンを一覧比較!高額キャッシュバックがもらえる申し込み方法

auひかりのキャッシュバックキャンペーン

auひかりでも次のキャンペーンを実施しています。

auひかりスタートサポート ホーム/マンション
他社からの乗り換え時に解約違約金相当を還元
au WALLETプリペイドカードへのチャージ、または郵便為替で還元
au one net限定10,000円キャッシュバック
プロバイダにau one netを選んだ人を対象に、10,000円キャッシュバック
郵便為替でキャッシュバック

「auひかりスタートサポート ホーム/マンション」の場合は、電話と電話オプションパックへの加入、「au one net限定10,000円キャッシュバック」の場合は電話への新規加入が必要です。

また「auひかりスタートサポート ホーム/マンション」は、戸建てで3年以上、マンションで2年以上の継続利用が条件となっています。

ここで「auひかりのキャンペーンはNUROよりも少ないな…」と思った方も多いのではないでしょうか。
auひかりをお得に申し込むには、公式窓口ではなく代理店から申し込むことをおすすめします!
auひかりの代理店の中には、独自のキャッシュバックを行っているところがあるからです。

たとえばKDDI公式代理店の株式会社NEXTでは、以下のようなキャンペーンを実施しています。

ネットのみの申し込み 45,000円キャッシュバック
または40,000円+Wi-Fiルータープレゼント
ネットと電話の申し込み 52,000円キャッシュバック
または47,000円+Wi-Fiルータープレゼント

お得なキャッシュバックが受けられる代理店の申し込みはこちらをご覧ください。

NURO光とauひかりの違約金比較

NURO光とauひかりは、契約更新月以外での解約時にかかる違約金にも違いがあります。
解約違約金は次のとおりです。

回線 プラン 違約金
NURO光 G2V(戸建て/マンション) 9,500円
auひかり ホームずっとギガ得(戸建て) 15,000円
ホームギガ得(戸建て) 9,500円
マンションお得プランA(マンション) 7,500円

いずれも契約更新月でも、工事費用の分割払いが残っている場合は、残債を一括で支払う必要があります。

NURO光は2年契約で工事費用が一律30回払いなので、1回目の契約更新時に解約すると工事費用の分割が残っています。
そのため違約金も工事費用もかけずに解約したい場合は、2回目以降の契約更新月に解約しましょう。

NURO光をゼロ円で解約する方法については、次の記事でも紹介しています。
NURO光の解約手続きと、違約金や工事費の残債をゼロ円で解約する方法

auひかりは、戸建てとマンションの違いやプランによってタイミングが異なります。
戸建ては工事費用が60回払いなので、「ホームずっとギガ得」プランも「ホームギガ得」プランも1回目の契約更新時での解約だと工事費用の分割が残っています。
違約金も工事費もかけずに解約したい場合は、3年契約の「ホームずっとギガ得」プランなら2回目以降、2年契約の「ホームギガ得」プランなら3回目以降の契約更新月に解約しましょう。
マンションは工事費用が24回払いなので、1回目の契約更新月には既に工事費用の分割払いが完了しています。

またNURO光は撤去工事が任意ですが、auひかりは戸建てで利用している場合、撤去工事が必ず必要です。
撤去工事費用として28,800円がかかってしまいます。

NURO光とauひかりのオプションプラン比較

2社とも、通常の光回線サービスのほかに、オプションプランを提供しています。
オプションプランの内容はそれぞれ次のとおりです。

回線 オプション 詳細
NURO光 NURO光でんわ ・基本料金は関東で500円/月、東海・関西地区が300円/月
・通話料金は国内の固定電話の場合、全国一律7.99円/3分で利用可能
ひかりTvforNURO ・視聴できるチャンネルによって1,000円/月の基本プラン、1,500円/月の2プラン、2,500円/月のプランを選択可能
auひかり auひかり電話 ・基本料金は500円/月
・通話料金は国内の固定電話の場合、全国一律8円/3分で利用可能
auひかりテレビサービス ・42チャンネル見放題の「プラチナセレクトパック(1,980円/月)」を中心に、好みのチャンネルを選択可能
・セットトップボックスのレンタルで500円/月が別途必要

いずれもオプションプランの数な内容に大きな違いはありません。

NURO光とauひかりの対応プロバイダ比較

NURO光とauひかりは、利用できるプロバイダの数に違いがあります。
NURO光の対応プロバイダは1社のみですが、auひかりの対応プロバイダは7社です。
乗り換えの際、So-net以外のプロバイダを引き継ぎたいなど、プロバイダを選びたい人はauひかりも検討しましょう。

NURO光の対応プロバイダ

NURO光に対応しているプロバイダはSo-netのみです。
なぜならはNURO光はSo-netが運営する光回線だからです。

プロバイダ選びの手間がないのはひとつのメリットと言えるでしょう。
So-netのメリット・デメリットについては、次の記事で紹介しています。
NURO光のプロバイダはSo-netのみ!料金やメリット・デメリットを徹底解説

プロバイダを引き継ぎたいなどの理由によりSo-net以外のプロバイダを利用したい場合はauひかりなどほかの回線を検討てみてくださいね。

auひかりの対応プロバイダ

auひかりに対応しているプロバイダは次の7社です。

  • au one net
  • @nifty
  • @T COM
  • ASAHIネット
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

7社のうち、au one netはauが独自に運営しているプロバイダです。
どのプロバイダも、auひかり回線向けに独自のオプションを提供しています。

先ほど紹介したとおり、NURO光で利用できるのはSo-netのみなので、au one netをはじめ@niftyやBIGLOBE、DTIなどほかのプロバイダを利用したい場合はauひかりがおすすめです。

auひかりで利用できるプロバイダについては、次の記事で詳しく紹介しています。
auひかりのプロバイダ7社を全比較!一番お得なプロバイダはどこ?

利用者の評判

実際にNURO光とauひかりを利用している人の評判はどうでしょうか。
ここではそれぞれの回線会社の利用者の声を集めてみました。

NURO光ユーザーの口コミ

まずはNURO光の口コミから見てみましょう。

やはり基本プランでも2Gbpsを誇っているだけはあり、NURO光の高速通信に満足している声が非常に多いです。
しかし一方で、工事の待ちが長いとの声もありました。

また提供エリアに対する不満の声もやはりありました。

ただNURO光も着実に提供エリアを広げつつあります。
今後のエリア拡大に期待したいですね。

auひかりユーザーの口コミ

続いてauひかりの口コミを紹介していきます。

auひかりは基本プランよりも、5Gbpsや10Gbpsの高速通信サービスで速さを実感する人が多いようです。
ただしツイートにもあるように、5Gbpsや10Gbpsの性能を最大限利用するためには、LANケーブルやルーターなどの機器も高速通信に対応している必要があります。

auひかりの利用者のなかには、不満の声を感じている人もいます。

速度が遅く感じる場合、先ほど説明したとおり機器が高速通信に対応していない可能性もありますが、ほかにもプロバイダが原因になっている場合もあります。

インターネットの接続速度には、光回線の性能だけでなく、プロバイダの性能も関わってきます。
そのためプロバイダの契約者数が多い場合や、夜間などアクセス自体が多い時間帯に繋がりづらい可能性があるのです。
もし速度遅延が起こっている場合には、プロバイダの変更も検討してみましょう。

プロバイダによって速度が変わる原因については、次の記事も参考にしてみてくださいね。
プロバイダによって速度が変わる原因とは?光回線ごとにおすすめのプロバイダを比較

お得な申し込み方法

契約する回線が決まったら、申し込み手続きを行いましょう。
おおまかな申し込みの流れは、どちらも同じです。

  • 利用したいプランの提供エリアを確認する
  • 窓口で新規申し込みの旨を伝える
  • 工事日を決める
  • 工事を行う
  • インターネット接続設定を行う

申し込みから工事完了までは約1カ月程度で、2月~4月の引越し繁忙期には2カ月かかる場合もあります。
光回線を契約する際は、なるべく早く手続きを行いましょう。

次の項目からは、それぞれお得な申し込み方法を紹介していきます。

NURO光のお得な申し込み方法

NURO光は、次のいずれかから申し込みが可能です。

  • NURO光公式サイト
  • 契約代理店窓口

なかでもお得なのは、「NURO光の公式サイト」からの申し込みです。
NURO光は提携プロバイダがSo-netのみで、プロバイダからの申し込みを受け付けていません。
NURO光の公式サイトではキャンペーを行っているため、キャッシュバック率の高い公式サイトが一番お得なのです。

NURO光の公式サイトから申し込みを行いましょう。
NURO 光 のお申し込み | NURO 光

auひかりのお得な申し込み方法

auひかりは、次のいずれかから申し込むことができます。

  • au公式サイト
  • auひかり電話相談窓口
  • auひかり提携プロバイダ公式サイト

なかでもお得なのは、「プロバイダの公式サイト」からの申し込みです。
なぜならキャッシュバックを受け取ることができるからです。
auひかりの場合、プロバイダによってキャッシュバックの受け取り方法が異なり、月額料金から割引される場合や、一括で受け取れる場合があります。
どのプロバイダにするかを選ぶ際は、キャッシュバックの受け取り方法で決めるのもひとつの手です。

まとめ

この記事では、NURO光とauひかりの特徴やサービスの違い、料金などを細かく比較しました。

NURO光とauひかりは速さやオプションなどのサービス内容が近いですが、住居タイプによって料金が大きく異なるのが特徴です。
なかでもマンションがNURO光に対応している場合は、基本料金が特に安いのでおすすめです。

また携帯電話のキャリアによってはスマホセット割を利用できます。
ソフトバンクユーザーならNURO光、auユーザーならauひかりを契約するとお得に利用することができますよ。

ただauひかりに比べて提供地域が限定的なので、エリア外の場合はauひかりの利用も検討してみましょう。

料金 戸建て 4,743円
マンション 1,900円~4,743円
速度 2Gbps
工事費 40,000円
NURO光の特徴
  • フレッツ光の約2倍の高速通信(最大2Gbps)
  • 月額料金が安い
  • 提供エリアが限定されている(順次エリア拡大予定)
  • 申込から工事完了まで1~2か月

編集者情報

Proval編集部
「インターネットで困るすべての人にとっての最良の意思決定ができる」をコンセプトにわかりやすく公平な情報を追求していきます。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。