NURO光

NURO光へ乗り換えする時の手順や注意点!キャンペーンでお得に乗り換える方法

NURO光へ乗り換えて満足する女性

NURO光は最大2Gbpsの高速通信を特徴とする人気のインターネット回線です。
また意外と知られていませんが、月額料金も他社より安いケースが多く、お得に早い回線を利用できます。
今契約している回線よりも、安く、通信速度も速くなるのであれば、乗り換えを検討したいですよね。

ただ、乗り換えには違約金がかかったり、手間がかかったり、気軽にできるものではありませんよね?
でもNURO光はキャッシュバックキャンペーンが大きく、安く乗り換えることも可能です。
手続きも注意点を意識すれば、インターネットを利用できない期間が発生しないようにして乗り換えることもできます。

この記事では、NURO光への乗り換え手続きなどについて解説します。
記事を参考に、円滑な乗り換え手続きを行って、快適なNURO光のインターネットを楽しんでください。

NURO光へ乗り換えるメリット

他社回線からNURO光への乗り換えを検討している人は、乗り換えがおススメです。
NURO光への乗り換えは下記のメリットがあります。

戸建てプランは他社回線よりも安い
NURO光の戸建てプランは4,743円/月で他社よりも200~500円安いです。
詳しくはNURO光の料金を参考にしてください。
マンションプランを契約できる人は格安の料金で利用できる
マンションプランは契約条件が厳しいですが、契約できる物件では1,900円~2,500円でNURO光を利用できます。
他社よりも数千円安い料金で利用できます。
詳しくはNURO光のマンションプランを参考にして下さい
通信速度は最大2Gbpsで基本プランとしては最速
他社の通信速度は最大1Gbpsのところがほとんどですが、NURO光の通信速度は最大2Gbpsです。
オンラインゲームや動画サービスをよく利用する人はもちろん、夜間でも快適なインターネットを楽しむことができます。
ソフトバンク携帯とのセット割が利く
NURO光はソフトバンクの携帯ユーザーを対象にしたセット割引を利用できます。
NURO光でんわへのオプション加入が必要ですが、最大1,500円/月の割引が利きます。

料金も安く、通信速度も非常に早いのでNURO光はおススメです。

NURO光のデメリット

一方でNURO光にもデメリットもあります。
NURO光のデメリットは下記の通りです。

  • 対応エリアが小さい
  • 工事が2回あり、開通まで時間がかかる
  • テレビオプションの対応エリアが限定的
  • マンションプランの契約条件が厳しい

NURO光は非常にお得なプランですが、契約までの障壁が非常に高いです。
工事も特殊で、他の回線では工事ができる物件でも、NURO光では工事ができないケースもあります。
契約までは一苦労しますが、契約後は快適なインターネットを利用できます。

NURO光のメリットやデメリットについては下記サイトで詳しく解説しています。

NURO光の評判

まだ契約を迷っている人は参考にしてください。

こんな人にNURO光への乗り換えがおすすめ

NURO光は下記のような人にオススメです。

  • オンラインゲームや動画サービスを頻繁に利用する人
  • 戸建てにお住まいの方
  • NURO光 for マンションの対応物件にお住まいの方

NURO光は月額基本料金が安く、毎月の固定費を抑えたい人にはお勧めのサービスです。
とくにNURO光 for マンション最安1,900円/月で利用でき、他社と比較しても格段に安いです。
NURO光 for マンションについて詳細は下記ページでも解説しています。

NURO光のマンションプラン

対応エリア内で対応物件にお住まいの方には乗り換えをお勧めします。

NURO光は乗り換えキャッシュバックはなし

では実際にNURO光に乗り換える際の費用や手続きのお話をしていきましょう。
他社回線からNURO光に乗り換える際、NURO光は他社が行っているような乗り換えを優遇するキャッシュバックなどを行っていません。
しかし新規契約時のキャッシュバックが非常に大きいため、乗り換えでも十分にお得に契約できます。

例えばソフトバンク光は他社からソフトバンク光への乗り換え時に下記の特典を設定しています。

  • 他社回線の解約金・撤去工事費全額キャッシュバック(最大10万円)

後述しますが、回線の乗り換え時には、契約していた回線の解約金撤去工事費が必要になる場合があります。
契約する回線や解約するタイミングなどにも寄りますが、数万円必要になる場合もあります。
乗り換え先がソフトバンク光の場合、ソフトバンクは上記のキャッシュバックを用意しておりソフトバンク光への乗り換えを優遇しています。

しかしNURO光は、ソフトバンク光のような乗り換え促進キャッシュバックを行っていません。
ただ乗り換え先としてNURO光がメリットがないという訳ではありません。
NURO光は通常の新規申し込みキャッシュバックが非常に大きいため、乗り換えでも十分お得に契約できます。
NURO光のキャッシュバックは次で解説します。

新規契約キャッシュバックで乗り換え費用を抑えられる

NURO光は新規契約時に下記の特典のうちいずれかひとつを選んで契約できます。

35,000円キャッシュバックキャンペーン
特定サイトからの申込で、開通4か月後に35,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。
ワンコイントライアルキャンペーン
最大3か月間月額500円の利用料金でNURO光を利用できます。
4か月目~6か月目も2,980円/月で利用できるほか、契約事務手数料3,000円も不要です。
1年間1,980円/月キャンペーン
1年間基本料金が1,980円/月でNURO光を利用できます。
ソニーストアでも使える33,000円プレゼントキャンペーン
開通翌月にソニーストアでの買い物に使える33,000円をキャッシュバックします。
PS4やPSVRなどの購入費用に充てることができます。

さらに上記のキャンペーン全てに、下記の特典が付きます。

  • 工事費用40,000円実質無料(30か月の分割割引)
  • セキュリティソフト利用無料
  • 無線LANルーター無料レンタル
  • 設定サポート初回無料

上記特典を活用することで、お得にNURO光に乗り換えできます。
NURO光のキャンペーン情報は下記ページでも解説しています。

NURO光のキャッシュバックキャンペーン

35,000円のキャッシュバックがおすすめ

上述したキャンペーンの中でも「35,000円のキャッシュバックキャンペーン」が最もおすすめです。

受け取れるキャッシュバックの金額が最も大きくなるからです。

それぞれの割引総額の一覧は下記の通りとなっています。

キャンペーン 総額 受取
35,000円キャッシュバック 35,000円 開通4か月後
ワンコイントライアル 21,018円 開通6か月目まで毎月割引
1980円/月キャンペーン 33,156円 開通12ヶ月目まで毎月割引
33,000円キャンペーン 33,000円 開通翌月

上記の通り、35,000円キャンペーンが最も還元率が高いです。
受取可能時期が4か月後と少し遅めですが、少しでも多くキャッシュバックをもらえるのであればそちらを選びたいですよね。

NURO光の乗り換え時は必ず工事が必要

フレッツ光からドコモ光などへの乗り換えの場合は工事が不要なケースが多いですが、NURO光への乗り換えは必ず工事が必要になります。

NURO光はドコモ光などとは異なり、コラボレーション光ではないからです。

ドコモ光やソフトバンク光などのコラボレーション光と呼ばれる光回線は、フレッツ光と同じインフラを利用しているので、乗り換え時に工事が不要なケースが多いです。
一方NURO光はコラボ光ではないため、別で工事が必要となります。

NURO光は前述したように、工事費用は実質無料となるので問題ありませんが、工事に立ち会う手間が発生します。
さらに次項で紹介しますが、NURO光の場合は立ち合い工事が2回も必要です。
乗り換えの際の手間になる部分なので、よく理解しておきましょう。

NURO光の工事は2回

NURO光の立ち合い工事は屋内工事と、屋外工事の2回必要です。

それぞれ行う事業者が異なることが原因です。

一回目の屋内工事は基本的にNURO光の下請け事業者が行います。
自宅内まで回線を引き込むための作業を行ってくれます。
二回目に屋外工事を行いますが、屋外工事はNTTの下請事業者が行います。
電柱から自宅まで回線を引き込むための作業を行います。

両工事を行う事業者が異なるため工事が2回も必要になります。
このため申し込みから開通工事完了まで、2ヶ月ほど時間を要する場合もあります。
一方コラボ光などは、両方の工事をNTTの下請事業者が行うため、一度の立ち合いで済み、開通までの時間も短く済みます。

NURO光は必ず2回の工事が必要になり、開通まで時間を要することを忘れないようにしましょう。
NURO光の工事について下記ページでも詳しく解説しているので参考にしてください。

NURO光の工事

NURO光へ乗り換える前に確認すること

具体的なNURO光への乗り換えの手順を解説する前に、乗り換え前に事前に確認すべき項目について解説していきます。
以下の項目を確認しておくと、余計な労力や出費を抑えて乗り換え手続きができます。

  • NURO光の提供エリア内かどうか確認する
  • 契約している回線の違約金や工事費の残債を確認する
  • 固定電話の電話番号を引き継げるかどうか確認する

次項で詳しく解説していきます。

NURO光の提供エリア内かどうか確認する

まず自宅がNURO光の提供エリア内かどうか確認しましょう。
エリア外ではNURO光を利用したくても利用できません。

NURO光の提供エリアは2019年7月現在、下記の1都2府15県に限られています。

関東
東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、埼玉県
東海
愛知県、三重県、岐阜県、静岡県
関西
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県
九州
福岡県、大分県

提供エリア内でも、地域に寄ってはNURO光のサービスにて対応していない地域もあります。
提供エリアは下記ページから確認することができます。
NURO 光 エリア確認 | NURO 光

またこちらのページもNURO光の提供エリアについて詳しく解説しています。

NURO光の対応エリア

前契約の回線の違約金や工事費の残債を確認する

提供エリアを確認できたら、申し込み手続きに入る前に、現在契約している回線の解約に伴う費用を確認しましょう。

解約する際に想像以上の費用が発生してしまうことを避けるためです。
インターネット回線の解約時には下記の費用が発生する場合があります。

  • インターネット回線の違約金
  • プロバイダの違約金
  • 工事費の残債(分割支払いの場合)

詳細を次項で解説します。

インターネット回線の違約金

インターネット回線は複数年の継続契約を安くする代わりに、毎月の料金を安くする定期契約割引があります。
いわゆる「2年縛り」「3年縛り」などと呼ばれるものです。

この期間中に解約してしまうと、違約金が請求され、数万円の費用が発生する場合もあります。
主な回線各社の違約金は下記のように設定されています。

戸建て マンション
フレッツ光 東日本にねん割 9,500円 1,500円
西日本光もっともっと割 30,000円~5,000円 10,500円~3,500円
ドコモ光 2年契約 13,000円 8,000円
auひかり 2年契約 9,000円 7,000円
ソフトバンク光 2年契約 9,500円 9,500円

詳しくは下記サイトでも解説しています。

フレッツ光の違約金

ドコモ光の違約金

auひかりの違約金

さらに定期契約は自動更新となっています。
このため「契約更新月」と呼ばれる契約期間が切り替わるタイミングで解約しなければ、解約金を支払う必要が生まれます。

契約更新月はインターネット回線会社により設定が異なっています。
多くは契約期間終了の前後2か月~1ヶ月間に設定されています。
例えばNURO光は契約から25か月目の一か月間を契約更新月として設定しています。

NURO光の更新月

自身の契約更新月は、毎月送付される請求書や契約書に記載があります。
分からない方は契約している回線に問い合わせて、事前に契約更新月や違約金を確認しておきましょう。

プロバイダの違約金

契約するプロバイダによっては、インターネット回線会社の違約金のほかにプロバイダの違約金も必要になる場合があります。

ドコモ光やauひかり、ソフトバンク光など、回線とプロバイダの料金がセットになった回線はプロバイダの違約金が不要な場合が多いですが、フレッツ光は注意が必要です
フレッツ光は、フレッツ光の契約とプロバイダの契約が別々になってしまうため、プロバイダの違約金が必要な場合が多いです。

相場としては回線の違約金と比べて安く、数千円で済む場合が多いです。
事前に契約しているプロバイダに確認して、違約金の有無や金額を確認しておきましょう。

工事費の残債

工事費の分割払いをしている人で工事費の完済前に解約してしまうと、解約時に一括で工事費用の残債を支払う必要が生じます。
とくにauひかりからの乗り換えの方は注意が必要です。

auひかりは工事費用を戸建てで60ヶ月間、マンションで24か月間、分割で支払うことになります。
しかしauひかりはキャンペーンの適用で、毎月工事費の同額が割引されます。
割引自体は良い制度なのですが、完済前に解約してしまうと、まだ支払っていない分の工事費の残債を一括で支払う必要が生じます。

例えば、auひかりは戸建ての場合、毎月625円の工事費を60ヶ月間支払う必要がありますが、同額が割引されます。
しかしもしも24か月で解約した場合、24ヶ月分の工事費は支払い済という形になりますが、残り36ヶ月分は支払いが済んでいません。
このため625円×36ヶ月=22,500円は解約のタイミングで一括で支払わなくてはいけなくなります。

毎月割引が利く費用なので普段どれだけ支払っているか意識が少ないだけに、忘れてしまいがちなります。
契約時点に一括で工事費を支払った人は気にしなくても良いところです。
NURO光への乗り換えを検討する段階で、工事費の残債がどれだけ残っているか、確認しておきましょう。

固定電話の電話番号を引き継げるか確認する

インターネット回線を使った固定電話サービス「ひかり電話」を利用してる人は、同じ電話番号を使用できなくなる可能性があります。

電話番号を引き継ぐためには、「NTTの発行した番号であること」と「電話加入権が休止もしくは一時停止の状態であること」の条件が必要です。
光回線会社が発番した電話番号では、乗り換え後に同じ電話番号を利用することはできません。

電話加入権の有無は、下記電話番号に問い合わせることで確認できます。

  • NTT東日本:0120-116-000
  • NTT西日本:0120-116-116

NURO光でんわについては下記ページでメリットを紹介しています。

NURO光でんわ

引き継げる場合は番号ポータビリティの手続きを行う

条件を確認して、乗り換え後も電話番号を引き継げそうな場合は「番号ポータビリティ」の手続きを行いましょう。
下記の手続きで番号ポータビリティが可能です。

  • 契約している光電話から、NTTの契約に切り替える
  • NURO光に申込み、NURO光でんわを申込む
  • NTTの電話加入権の休止手続きを行い、番号をNURO光でんわに移行させる
  • 契約していた他社の回線と電話サービスを解約する

以上で番号ポータビリティが可能です。

NURO光へ乗り換える方法

ここまでが事前の準備を確認できたら、NURO光の申込手続きに入りましょう。
下記の手順で行うとスムーズにNURO光へ乗り換えができます。

  • NURO光を申込む
  • NURO光の1回目の工事を受ける
  • 2回目の工事日を決める
  • 契約している回線の解約日を決める
  • NURO光の2回目の工事を受けて開通させる

前述した通り、NURO光は工事が2回あることが他社回線との大きな違いです。
手続き上でも違いが生まれるので注意してください。

また乗り換えの際、すでにNURO光を契約している家族や友人などから紹介を受けるともらえるキャッシュバックキャンペーンも行っています。
「友達紹介キャンペーン」について詳しくは下記ページで解説しているので、参考にしてください。
NURO光の友だち紹介キャンペーン

NURO光申し込み時の注意点

NURO光の申込時には下記の注意点があります。

  • 契約していた回線の解約日は、NURO光の2回目の工事が終わるタイミングにする
  • プロバイダの解約が必要な場合は忘れずに解約する
  • プロバイダ発行のメールアドレスが使用できなくなる

次項で詳しく解説します。

前契約の解約日は、2回目の工事が終わるタイミングにする

契約していた回線の解約日は、NURO光の2回目の工事が終わるタイミングにしましょう。

それよりも以前に解約してしまうと、インターネットを利用できない期間が発生してしまうからです。

NURO光は申し込みから開通工事完了まで、2ヶ月以上かかるケースもあります。
申込時に以前の契約を解約してしまうと、約2か月間インターネットを使用できない期間が発生してしまいます。

NURO光の請求は開通工事完了から日割りで請求されます。
ただ、解約する回線は日割り請求されず、解約する月の一か月分の料金を請求されるケースが多いです。
開通後から月末の費用が二重請求される可能性があります。

二重請求を避けたい人は、NURO光のモバイルルーターのレンタルサービスを利用すると良いでしょう。
NURO光は契約希望者向けにモバイルルーターを一日単位でレンタルするサービスを行っています。
前契約の回線をNURO光開通月の前月で解約し、月初からNURO光の開通までモバイルルーターをレンタルしましょう。
二重請求を避けつつ、インターネットを利用できない期間を発生しないようにできます。

プロバイダの解約が必要な場合は忘れずに解約する

契約していた回線のプロバイダの解約も必要な場合、忘れずに解約手続きを行っておきましょう。

解約を忘れると、利用していないプロバイダの料金も請求されることになり、無駄な費用が発生してしまいます。

プロバイダ料金は1,000円ほどが中心ですが、1年以上忘れると1万円以上無駄な費用を支払うことになります。

プロバイダと回線がセットになった回線であれば、プロバイダの解約手続きは不要なケースがありますが、例外もあるため一度確認することをお勧めします。

プロバイダのメールアドレスは利用できなくなる

NURO光へ乗り換えると、以前使用していたプロバイダ発行のメールアドレスは利用できなくなります。

プロバイダ発行のメールアドレスは下記のようなものがあります。

プロバイダ アドレス例
ビッグローブ ~~~~~@***.biglobe.ne.jp
OCN ~~~~~@***.ocn.ne.kp
So-net ~~~~~@***.so-net.ne.jp
ぷらら ~~~~~@***.plala.or.jp

基本的に@以降にプロバイダ名が記載されています。
So-net以外のプロバイダメールアドレスをメインで使用している人は、NURO光への乗り換えでメールアドレスが利用できなくなります。
GmailやYahoo!メール、outlookなどのフリーメールをお使いの人は、乗り換え後も引き続き同じメールを利用できます。

アドレスを継続利用する場合は引継ぎオプションを申込む

メールアドレスを残したい人は、有料の「アドレス引き継ぎオプション」を利用すれば、NURO光乗り換え後も引き続き同じアドレスを利用できます。

プロバイダ各社のサービス料金は下記の通りです。

コース名 料金(/月)
OCN バリュープラン 250円
plala ぷらコミ0 200円
BIGLOBE ベーシック 200円
@nifty お手軽1コース 250円
DTI Ubicプラン 200円
@TCOM メールコース 300円
ASAHIネット メール・ブログコース 300円

各社とも200円~300円/月の費用が必要です。
年間で数千年も必要としてしまうことになるため、メールアドレスを乗り換えの機会にフルーメールアドレスに切り替えてしまうことも一つの方法です。
いままでフルーメールアドレスなら、パソコンでなくてもスマートフォンなどでも閲覧できるほか、乗り換え時のアドレス残しの心配が不要です。

PCメールの使用状況を鑑みて、アドレスを継続させるか切り替えるか選択しましょう。

まとめ

ここまでNURO光への乗り換え手順などについて解説しました。
NURO光は料金も安く、通信速度も非常に早い回線です。
ただ導入までの障壁が高いことや、工事完了までに時間がかかることもデメリットです。

乗り換え手続きにおいても、インターネットを利用できない期間が発生しやすく、前契約の回線の解約のタイミングには注意してください。

NURO光はキャッシュバックも大きく、乗り換え後は快適なインターネットを楽しめるはずです。

ぜひ記事を参考にしてNURO光への乗り換え手続きをスムーズに行ってください。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。

ご相談・お問い合わせ
通話無料
0120-989-325
閉じる