• プロバイダ比較
  • OCNと@niftyの光回線を料金や評判から比較!契約するならどちらにするべき?
プロバイダ

OCNと@niftyの光回線を料金や評判から比較!契約するならどちらにするべき?

OCN光とニフティ光を比べる女性

OCN光や@nifty光といった光回線の契約を検討していませんか?

OCN光はOCN、@nifty光は@niftyと言ったように、両方ともプロバイダを提供している会社による光回線サービスとなっており、回線とプロバイダの契約を同時に行うことができるのが魅力となっています。
どちらも同じような光回線に思えますが、月額料金、キャンペーン、評判などといったことを考慮すると2つの光回線の特徴に違いが出てきます。

結論から言うと、以下のような生活をしている方にそれぞれの光回線がおすすめです。

  • 短い期間マンション・アパートに住む人→OCN光
  • 戸建てに長期間住む人、auスマホを使っている人→@nifty光

今回は、OCN光と@nifty光を料金、速度、評判、キャンペーンといった項目で比較し、なぜこのようなおすすめをしているのかを詳しく紹介します。
光回線の乗り換えや転用をする際の注意点に関しても紹介しているので、OCN光や@nifty光の契約を考えている方はもちろん、一方からもう一方への乗り換えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

OCN光と@nifty光の特徴

OCN光と@nifty光について紹介する前に、まず先に理解しておくべきことがあります。
それは、OCN光には「OCN光 with フレッツ光」、@nifty光には「フレッツ光 + @nifty」といった似た名称の光回線サービスが存在することです。

どちらも名前は似たサービスですが、実際は異なります。
というのも、OCN光と@nifty光は光回線とプロバイダが一緒になったサービスなのに対し、OCN光 with フレッツ光とフレッツ光 + @niftyは光回線がフレッツ光、プロバイダがOCNと@niftyそれぞれになるサービスとなっているのです。

本来であればインターネットを利用するにあたり、回線とプロバイダのそれぞれに対して契約をする必要があります。
しかし、OCN光、@nifty光といったサービスであれば回線とプロバイダを一括で契約することができるため、本来よりも料金を抑えることが可能なケースが多くなります。

今回は、そんなOCN光と@nifty光に関して、料金、評判、速度、キャンペーンについて比較をしていきます。
また、OCN光とOCN光withフレッツの違いについて詳しく知りたい方は「OCN光の評判は良い?料金や速度、キャンペーンなど約1500件のtweetをもとに口コミを調査」 、@nifty光と@フレッツ光 + niftyの違いについて詳しく知りたい方は「@nifty光の評判と契約前に知っておきたい4つのこと。」 を参考にしてください。

OCN光と@nifty光の料金を比較

はじめに、OCN光と@nifty光の料金に関して比較を行います。
ここでは戸建てタイプとマンションタイプの両方に関して比較を行いますが、戸建てタイプの料金について知りたい方は「戸建てタイプの料金の比較」 を、マンションタイプの料金について知りたい方は「マンションタイプの料金の比較」 をご覧ください。

戸建てタイプの料金を比較

まず、戸建てタイプの料金の比較を行っていきます。
基本的な月額料金に関しては、次のようになります。(料金は税抜)

OCN光 ファミリータイプ 6,200円
@nifty光 ホームタイプ 5,200円

これだけ見ると、@nifty光の方が毎月の料金が1,100円安くなっており、お得に見えます。
しかし、光回線には通常月額料金以外にも、初期工事費や長期契約による割引制度が存在しています。
そういったことも踏まえ、両回線を2年または3年利用した際の基本料金の総額は次のようになります。

2年契約 3年契約
OCN光 ファミリータイプ @nifty光 ホームタイプ OCN光 ファミリータイプ @nifty光 ホームタイプ
月額料金 開通月:無料
2か月目~31か月目:4,600円
32か月目以降:5,200円
開通月:無料
2か月目以降:5,200円
5,100円 開通月:無料
2か月目~31か月目:4,600円
32か月目以降:5,200円
月額料金総額 122,400円 105,800円 183,600円 164,000円
工事費 18,000円
(初回3,000円 + 500円×30回)
18,000円
(600円×30回)
18,000円
(初回3,000円 + 500円×30回)
18,000円
(600円×30回)
契約手数料 3,000円 2,000円 3,000円 2,000円
基本料金総額 139,900円 125,800円 204,600円 184,000円

2年契約及び3年契約での基本料金の総額は表のようになります。
どちらにしても、@nifty光の方が基本料金の総額は安い計算となりました。

工事費に関して、今回は屋内配線を新設する場合と仮定していますが、OCN光では新設しない場合工事費が18,000円から7,600円に変更になります。
また、OCN光、@nifty光どちらにしても、工事費は30回に渡る分担となっているため、2年で契約を解除する場合、残りの工事費も払う必要があることに注意しましょう。
基本料金に関しても同様で、契約更新月外で契約を解除する場合、2年契約であればOCN光なら11,000円、@nifty光は9,500円、3年契約ならそれぞれ11,000円、20,000円の違約金がかかります。

いずれにせよ、戸建てタイプにおける基本料金では@nifty光の方が安いことが分かります。

マンションタイプの料金を比較

次に、マンションタイプの料金の比較を行っていきます。
基本的な月額料金に関しては、次のようになります。(料金は税抜)

OCN光 ファミリータイプ 4,700円
@nifty光 ホームタイプ 3,980円

これだけ見ると、@nifty光の方が毎月の料金が720円安くなっており、お得に見えます。
しかし、光回線は月額料金以外にも、初期工事費や長期契約による割引制度が存在しています。
そういったことも踏まえ、両回線を2年または3年利用した際の基本料金の総額は次のようになります。

2年契約 3年契約
OCN光 マンションタイプ @nifty光 マンションタイプ OCN光 マンションタイプ @nifty光 マンションタイプ
月額料金 3,600円 開通月:無料
2か月目以降:3,980円
3,600円 開通月:無料
2か月目~31か月目:3,480円
32か月目以降:3,980円
月額料金総額 86,400円 91,540円 129,600円 124,300円
工事費 15,000円
(初回3,000円 + 400円×30回)
15,000円
(500円×30回)
15,000円
(初回3,000円 + 400円×30回)
15,000円
(500円×30回)
契約手数料 3,000円 2,000円 3,000円 2,000円
基本料金総額 101,600円 105,540円 147,600円 141,300円

2年契約及び3年契約での基本料金の総額は表のようになります。
結果として、2年契約の際はOCN光、3年契約になると@nifty光の方が基本料金が安くなる計算となりました。

工事費に関して、今回は屋内配線を新設する場合と仮定していますが、OCN光では新設しない場合工事費が18,000円から7,600円に変更になります。
基本料金に関しても同様で、契約更新月外で契約を解除する場合、2年契約であればOCN光なら11,000円、@nifty光は9,500円、3年契約ならそれぞれ11,000円、20,000円の違約金がかかります。

マンションタイプに関してまとめると、短い期間の契約であればOCN光、長期契約を考えているのであれば@nifty光がおすすめであるといえます。
しかし、OCN光、@nifty光どちらにしても、工事費は30回に渡る分担となっているため、2年で契約を解除する場合、残りの工事費も払う必要があることに注意しましょう。

OCN光と@nifty光の評判を比較

次に、OCN光と@nifty光のそれぞれの評判についてみていきたいと思います。
今回はそれぞれの光回線を利用している方のツイッターでのつぶやきを参考にします。

まず、OCN光です。

こちらは実際にOCN光を使っている方の回線速度のようです。
上りも下りも非常に速いと書かれており、OCN光の回線が速いということを示しているようです。

こちらは逆にOCN光の速度がうまく出ていない方のようです。
実際どれほどの速度がでているかを確認することはできませんが、環境によって速度に差は出てきそうです。

有線ではありますが、こちらの方は500mbpsに近い回線速度を体験できているようです。
また、後ほど説明しますが、OCNは格安SIMのOCNモバイルONEを提供しており、OCN光とセットで契約することで基本料金が割引になるサービスも提供しています。
それを含め、OCN光の良さがうまく表れているといえます。

続いて@nifty光に対する評判です。

こちらは@nifty光を利用している方のツイートですが、あまり良い速度が出ていないようです。

こちらはフレッツ光 + @niftyから@nifty光に回線を変更した方のツイートのようです。
回線を変更することによってプロバイダと回線の料金を一括で払えることもあり、月額料金を安くすることができたのだと思われます。

こちらは@nifty光のホームタイプを導入している方の回線速度に関する内容になっています。
上りも下りも500mbps以上となっており、十分すぎる速度になっている例もあることが分かります。

このように、OCN光と@nifty光はどちらの評判も肯定的な意見、否定的な意見が見られます。
しかし、Google検索におけるヒット数はOCN光の方が多いため、OCN光の方が関心度は高いように思われます。

OCN光と@nifty光の速度を比較

続いて、OCN光と@nifty光の速度について比較していきたいと思います。

しかし、結論から言うと、OCN光と@nifty光では、回線速度に差はありません。
OCN光も@nifty光も最大通信速度は1Gbpsとなっており、その上でどれくらいの速度で回線を利用できるかどうかはご自身の利用環境によって変わってくるからです。

最終的な回線の速度を決める要因としては、以下が中心として挙げられます。

  • プロバイダの加入者数による回線の込み具合
  • 接続方法が有線か無線か
  • 利用するルーターの性能

プロバイダの加入者数は回線速度を決める要因の一つです。
プロバイダはご自宅の回線とインターネットをつなげる入口の役割を果たしているため、利用者が増えるほど速度が遅くなる傾向があるのです。

また、接続方法が有線なのか無線なのかも重要な要因となります。
プロバイダから送られる回線をそのまま利用する機器に有線接続する場合、速い速度になる傾向が高くなります。
しかし、回線をルーター経由で利用機器に電波でつなぐ場合、有線に比べ接続までのステップが一つ増え、またほかの機器と電波を共有することになるため、回線速度が遅くなることが多いです。

無線で回線を利用するためのルーターの性能も大きな要因となります。
OCN光や@nifty光を利用する際は、別途レンタルという形でルーターを借りることはできますが、基本的にはルーターは自分で用意することになります。
そのため、自身が用意するルーターの性能によって本来利用できる回線速度をどれくらい満足に利用できるかどうかが変わってくるのです。

まとめると、回線速度は基本的には利用する光回線ごとに差がありませんが、ご自身の利用環境によって変わってくるということになります。
回線速度についてより詳しく知りたい方は、「プロバイダによって速度が変わる原因とは?光回線ごとにおすすめのプロバイダを比較」 を参考にしてください。

OCN光と@nifty光のキャンペーンを比較

最後に、OCN光と@nifty光それぞれのキャンペーンについて紹介していきます。
ここでは、それぞれの回線におけるキャッシュバックキャンペーンやセット割について紹介していきます。
OCN光のキャンペーンについては「OCN光のキャンペーン」 を、@nifty光のキャンペーンについては「@nifty光のキャンペーン」 をご覧ください。

OCN光のキャンペーン

まず、OCN光についてです。
OCN光におけるキャンペーンは大きく二つです。

  • OCNモバイル割
  • OCNで光とモバイルキャンペーン

一つ目のキャンペーンとして、「OCN光モバイル割」があります。
これは、OCNが提供している「OCNモバイルONE」とセットで契約することで、OCNモバイルONEの月額利用料が永年200円割引になるというものです。
OCNは、光回線に加え、格安スマホや格安SIMを提供しています。
OCNモバイル割を利用することで、この格安SIMの月額利用料金に割引を適用することができるので、格安SIMの利用を考えている方には得におすすめであるといえます。

次に、二つ目のキャンペーンに関して紹介します。
OCN光は2019年12月10日(火)~2020年3月31日(火)まで、「OCNで光とモバイルキャンペーン」というものを実施しています。
これは、OCN光への新規契約や転用の際に、OCNモバイル割や、先ほど料金について紹介したときに取り上げた契約年数による月額料金割引に加えて追加でキャンペーンが発生するというものです。
キャンペーン特典金額の内訳は大きく4種類あります。

OCN光とOCNモバイルONEをセットで新規契約の場合
25,000円のキャッシュバックと指定スマホの15,000円割引クーポンを受け取ることができます。
OCN光を新規契約の場合
20,000円のキャッシュバックまたは指定スマホの15,000円割引クーポンを選択して受け取ることができます。
OCN光に転用または事業者変更をし、かつOCNモバイルONEをセットで契約する場合
20,000円のキャッシュバックと指定スマホの15,000円割引クーポンを選択して受け取ることができます。
転用とは、フレッツ光およびオプションサービスを利用している方が、OCN光に契約を変更することを指します。
詳しくは以下を参考にしてください。
OCN 光(転用) | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま
事業者変更とは、光コラボレーション事業者の光回線およびオプションサービスを利用している方が新たな工事をすることなくOCN光に契約を変更することを指します。
詳しくは以下を参考にしてください。
事業者変更について | OCN 光回線サービス | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま
OCN光への転用または事業者変更のみ行う場合
15,000円のキャッシュバックと指定スマホの15,000円割引クーポンを受け取ることができます。

指定スマホに関しては、iPhone XRをはじめとした5種類のスマホが割引対象となっています。
詳しくは以下を参考にしてください。
OCNで光とモバイルキャンペーン|OCN 光|NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま

以上がOCN光に関するキャンペーンになります。
OCNモバイルONEを同時に契約しようと考えている方には得におすすめのキャンペーンであるといえます。

@nifty光のキャンペーン

続いて、@nifty光におけるキャンペーンについてです。
@nifty光におけるキャンペーンも大きく2つ存在します。

  • 最大30,100円のキャッシュバック
  • auスマートバリューによる永年割引

@nifty光では、WEBまたは電話にて契約を行った場合、キャッシュバックを受け取ることができます。
3年プランではWEB申し込みで30,100円、電話申し込みで27,100円を、2年プランではWEB申し込みで29,100円、電話申し込みで26,100円をキャッシュバックとして受け取ることができます。
ホームタイプおよびマンションタイプそれぞれ契約期間で払う料金の総額の約4分の1をキャッシュバックとして受け取ることができるので、大変魅力的なキャンペーンであるといえます。

また、@nifty光および@nifty光電話と同時にauスマホを利用することで、契約中のauスマホの毎月の利用料金が永年割引になるauスマートバリューを利用することができます。
これは、使用しているスマホの契約プランに合わせ、最大月額1,000円割引になる、お得なキャンペーンとなっています。
割引料金について詳しく知りたい方は、以下を参考にしてください。
@nifty光×auスマートバリュー(割引サービス)|@nifty光

以上が@nifty光におけるお得なキャンペーン内容になっています。
特にauスマホユーザーにおすすめの光回線であるといえますが、これ以外にも多くのオプションサービスに対する割引キャンペーンがあります。
ぜひ公式サイトをご覧ください。
@nifty光 特典|@nifty光

こんな人が乗り換えるのにおすすめ

料金、評判、速度、キャンペーンといった観点からOCN光と@nifty光を比較した結果を紹介してきました。
ここからは、以上の比較をまとめる形で、どんな人がOCN光、@nifty光に乗り換えをすべきかを提案していきます。
内容を振り返るとともに、ぜひ乗り換えに向け参考にしてください。

OCN光に乗り換えるのがおすすめな人

まず、以下のポイントに当てはまる方はOCN光への乗り換えを検討することをお勧めします。

  • 短い期間でマンションタイプの物件に住むことがあり得る
  • 格安SIMの利用を検討していて、その中でもOCNモバイルONEの利用を考えている

OCN光は、@nifty光との料金比較でもわかったように、2年間総額10万円程度で契約をすることが可能です。
また、格安SIMとしてOCNモバイルONEを同時に契約することで25,000円のキャッシュバックと格安SIMに対する割引を得ることができます。

まとめると、仕事などを理由に賃貸マンションなどを転々とする方などにはとくにおすすめの回線であるといえます。

@nifty光に乗り換えるのがおすすめな人

次に、以下のポイントに当てはまる方には@nifty光への乗り換えを検討することをお勧めします。

  • 戸建て物件にお住まいの方、長い期間マンション物件に住むことは見込める方
  • 自身で直接回線の契約をする方
  • auスマホを利用している方

@nifty光はOCN光と比べて戸建てタイプの料金総額が安くなっていました。
そして、3年契約になるとOCN光より料金が安くなることから、長い期間契約する方には@nifty光がおすすめであるといえます。

また、最近は代理店など経由して回線やプロバイダを契約することで、通常より安い金額で契約が可能になるサービスなどもあります。
しかし、@nifty光ではWEBや電話で直接契約をすることで、3万円程度のキャッシュバックを受け取ることができます。

最後に、auスマホユーザーであれば、auスマートバリューによってスマホの月額料金を更に割り引くことも可能です。

まとめると、今後長い期間引越しの予定がなく、auスマホを使っている方におすすめの回線であるといえます。

光回線を乗り換えるときの注意点

ここまで、OCN光と@nifty光を様々な観点で比較をし、おすすめの理由を紹介してきました。
最後に、実際に光回線を乗り換える際の注意点についてまとめたいと思います。

光回線を乗り換える際の注意点は大きく2つです。

  • 光回線の乗り換えを行う際、違約金が発生する可能性がある
  • 引越しを行う際、新たに工事費がかかることがある

乗り換えを行う際は、前の光回線の契約期間に注意しましょう。
基本的に、光回線の契約期間中に乗り換えを行う際、解約金や分担で払っていた工事費などの残額を払う必要が出てきます。
例えば@nifty光では2年間の契約プランを利用している場合、契約更新月以外での解約を行うと、9,500円の解約金を支払う必要が生じます。
また、2年契約終了を機に@nifty光から別の光回線に乗り換える場合、工事費は30回で分担しているため、たとえばマンションタイプであれば残りの6回分の500円×6回分=3,000円を支払う必要が生じます。

同様のことが、ほかの光回線でも生じる場合があります。
他社回線からOCN光や@nifty光、その他回線に乗り換えすることを検討する際は、契約期間を確認することを忘れずに行いましょう。

また、引っ越しをする際、引っ越し先でも工事費がかかるかどうかも注意するポイントです。
例えばOCN光の場合、移転工事を行う際、利用機器の返却と撤去工事を行う必要が出てきます。
その後引っ越し先で回線工事を行う必要があるため、再度新規工事費用が発生することになり、注意が必要です。
OCN光における引っ越しについてより詳しく知りたい方は、「OCN光の引越し手続き・移転費用を解説!乗り換えにお勧めの光回線も紹介」 を参考にしてください。

このように、光回線を乗り換える際には注意すべきことがいくつかありますが、逆に乗り換えをすることで違約金を負担してくれる光回線業者も存在します。
光回線を乗り換えるときは、乗り換えの前後の業者のキャンペーンや注意点をよく確認し、無駄な支出を増やさないようにしてください。

まとめ

今回は、OCN光と@nifty光に関して比較検討を行い、乗り換え際のポイントを紹介しました。
光回線の新規契約や乗り換えは考慮すべきことが多くなり、思わぬ出費やキャンペーンの受け取り忘れをしてしまうことが多々あります。
OCN光や@nifty光の契約を検討している方は、ぜひこの記事を参考にしてお得に契約をしましょう。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。