• プロバイダ比較
  • マンションのインターネット回線・プロバイダ契約の方法と注意点
プロバイダ

マンションのインターネット回線・プロバイダ契約の方法と注意点

プロバイダの変更を検討している人のノートのイメージ

ネットを利用するには、「回線」と「プロバイダ」の2つが必要です。
マンションのような集合住宅の場合はすでに回線が用意されていることもありますが、プロバイダの契約状況は物件ごとに違います。

場合によっては、自分で契約先を決めないとネットが使えないということもあるでしょう。

マンションは物件ごとに環境が違うため、ネットを使うためにはプロバイダ契約のポイントを知っておくことが大切です。

マンションのインターネット回線の3つのパターン

マンションのインターネット回線は、以下の3つのタイプに分けられます。

  • 「インターネット対応」のマンション
  • 「インターネット完備」のマンション
  • インターネット環境のないマンション

それぞれでネット利用のための条件が異なるため、違いを知っておくことが大切です。

「インターネット対応」のマンション

物件情報に「インターネット対応」や「光ケーブル対応」と書かれているなら、ネットの利用が可能です。
しかし、これはマンションに回線が引いてあるという意味であり、入居してすぐにネットが利用できるわけではないため注意が必要です。

ネットを使うにはプロバイダとの契約が必要で、これは自身で探さなければなりません。
つまり、「インターネット対応」とは、ネット利用が可能な土台ができている状態であると考えましょう。

プロバイダは自分で見つけて契約する必要がありますが、マンションが引いている回線によって、利用可能なプロバイダは異なります。
回線業者ごとに対応するプロバイダが違うため、管理会社か管理人に、どの回線業者を利用しているか確認する必要があります。

「インターネット完備」のマンション

インターネット完備のマンションは、回線契約、プロバイダ契約ともに完了している物件です。
入居後即ネット接続が可能で、自身でプロバイダや回線業者と契約する必要はありません。
ネットをスムーズに使いたい人や、ややこしい契約で手間をかけたくない人におすすめの物件と言えるでしょう。
ただしインターネット完備だからといって、必ずしも快適に利用できるとは限りません。

マンションが契約している回線やプロバイダの質が悪いと、ネットには接続できるものの、速度や安定性が低いこともあります。
ネットの快適さはプロバイダによって変わるのです。
質を求めるなら、場合によっては自分でプロバイダを契約しなければならない場合もあり得ます。

インターネット完備のマンションでも、管理会社や管理人が許すなら、プロバイダの変更は可能です。
この場合は事前の確認が必要なため、どこと契約しているかと同時に、変更が可能かも聞いておきましょう。

インターネット環境のないマンション

「インターネット対応」「光ケーブル対応」「インターネット完備」といった表記がないなら、ネット環境のない物件と考えましょう。
インターネット環境のないマンションでネットを使いたいなら、回線業者とプロバイダ、両方との契約が必要です。
まずマンションに回線を引き、その後プロバイダと契約して初めてネットの利用が可能になります。

もともと回線を引いていないマンションの場合、まずは回線を引くことが可能かどうか、管理会社か管理人に確認しなければなりません。
この時点で断られたなら、プロバイダとの契約は諦める必要があります。
また、回線が引ける場合でも、一部の業者のみに選択肢を限定されることもあります。

それに伴い、プロバイダの選択肢が狭まる可能性があるため注意が必要です。
集合住宅ならマンション向けのプランで加入できますが、自身で回線を引いて契約する場合は、ファミリータイプになる可能性もあります。

インターネット環境のないマンションだと、自分でやるべきことが多く、ネット利用には不向きです。
コストもかかるため、快適にネットを使いたいなら、「インターネット完備」か最低でも「インターネット対応」の物件を選びましょう。

マンションでプロバイダ契約する流れ

すでにマンションに回線が引いてあるなら、プロバイダと契約するだけでネットが利用できます。
プロバイダ契約の手順は、以下3ステップに分けられます。

  • プロバイダを選んで申し込む
  • プロバイダの工事日を決定する
  • 工事終了後にインターネットが使えるようになる

1. プロバイダを選んで申し込む

まずは利用するプロバイダを選び、申し込む必要があります。
プロバイダによって申し込み方法は違いますが、ネットや店頭申し込みが多いです。
プロバイダによっては、ネットからの申し込みのみ対象の特典を用意している場合もあるため、まずはネットで情報収集するのがおすすめと言えます。
プロバイダ選択時には、入居を考えているマンションに導入可能かを確認しなければなりません。

回線ごとに利用できるプロバイダは決まっているため、事前に管理会社や管理人に、契約している回線の種類を聞いておくことが大切です。
契約を申し込んでも、いざ工事する際に非対応の回線が引かれていると、接続はできないため注意しましょう。

まずは契約している回線業者を知り、その業者がどのプロバイダに対応しているかチェックします。
対応業者の中からさらに選択肢を絞り込み、条件を比較して申し込むと、最適なネット環境を手に入れやすいでしょう。

2. プロバイダの工事日を決定する

契約申し込み後は、いつプロバイダの工事をするか、日程を決めます。
プロバイダ工事は立ち会いが必要で、工事開始には業者と日程を合わせなければなりません。
入居がまだ先の場合、工事だけ済ませて完了後に入居ということはできないため、注意が必要です。
新年度に向けた引越しの多い2~3月や、異動による引越しの多い9~10月は、業者の予定が詰まっていることも多いため注意が必要です。

3. 工事終了後にインターネットが使えるようになる

工事を終え、インターネット回線の開通とプロバイダ契約が完了すれば、ようやくネット利用が可能となります。
プロバイダやそのときの忙しさによっても違いますが、申し込みからネット利用開始までは、多めに見積もって1カ月程度はかかると考えましょう。

申し込みをしても即日工事とはならず、大体2~3週間後に工事がスタートするケースが多いです。
場合によっては1カ月以上先しか空いていないということもあるため、注意しなければなりません。

工事自体は1~2時間前後で終わり、その後すぐにネットが使えます。
申し込みから工事開始までに時間がかかりやすいため、この間のスケジュールをいかに上手く決められるかが重要です。

マンションにおすすめの光回線プロバイダ

引越し先のマンションに光回線が引いてあるなら、以下のプロバイダがおすすめです。

  • So-net
  • @nifty
  • Yahoo!BB

光回線業者ごとに利用できるプロバイダは異なります。
それぞれの違いにも注目しながら、プロバイダごとの特徴を見ていきましょう。

フレッツ光ならSo-net

光回線業者がフレッツ光なら、So-netが良いでしょう。
So-netは最大1GbpsのWi-Fiが標準装備されていることが特徴で、大容量でも高速通信ができます。

契約プランにもよりますが、マンションタイプなら3,000~5,000円程度で利用可能です。
また2年契約にすると、マンションタイプなら毎月100円の割引が受けられます。
ひかり電話を申し込むならさらに割引サービスもあり、お得に使いやすいのが魅力と言えるでしょう。

参考:So-net

auひかりなら@nifty

auひかり回線が引いてあるなら、@niftyがおすすめです。
@niftyにはお得なキャッシュバック特典があり、条件を満たすと30,100円がもらえます。
新規契約時、対象となるプランへの申し込みが必要ですが、マンションタイプにも適用されるのは嬉しいポイントと言えるでしょう。

マンションタイプの場合、「標準プラン」か「お得プランA」への加入が対象です。
また、スマホやタブレットをauキャリアで契約しているなら、auスマートバリューも適用できます。

auスマートバリューでは、スマホやタブレットの月額料金が、500~1,000円程度永年割引されます。
これも契約内容によって違いますが、auユーザーならよりお得に利用できるでしょう。

参考:@nifty

SoftBank光ならYahoo!BB

光回線がSoftBank光なら、Yahoo!BBがおすすめです。
Yahoo!BBでは、最大2万円のキャッシュバック特典が付き、さらに工事費24,000円分のキャッシュバックもあります。
特典が豊富で、条件次第でお得に使いやすいのが魅力でしょう。

また、通信回線の品質も良く、フレッツ光と同等の通信環境が使い放題です。
マンションタイプなら月額3,000~4,000円程度で利用でき、低価格で利用できるのも魅力と言えるでしょう。

参考:Yahoo!BB

マンションでプロバイダを選ぶ際の注意点

プロバイダ契約をする際には、以下3つの点に注意しましょう。

  • 料金の安さだけで決めない
  • 迷ったら大手のプロバイダを選択する
  • 引越しが決まっているなら早めに準備を行う

これらが守れていないと損をしたり、スムーズにネット利用を開始できなかったりするため注意が必要です。

料金の安さだけで決めない

プロバイダごとに月額料金は違い、安い業者ほど魅力的に思えるでしょうが、これには注意が必要です。
料金が安いのは確かに魅力的ですが、安い場合はサービスが最低限に限られていることも少なくありません。
プロバイダはネット接続のサービス以外にも、独自のサービスを展開しています。

利用に関するサポートやセキュリティ向上のサービス、通信環境の良さといった、その他の部分にも注目して決めることが大切です。
安いプロバイダと契約すると使い勝手が悪く、快適性が損なわれることも少なくありません。

引いてある回線のポテンシャルは高くても、契約するプロバイダ次第では良さを引き出しきれないことも多いです。
料金も目安のひとつですが、それ以外にも考慮すべきポイントがあることは理解しておきましょう。

迷ったら大手のプロバイダを選択する

プロバイダは数が多く、どこと契約すべきか悩むことも少なくありません。
迷った場合は大手を選ぶのが無難で、マイナーなプロバイダは避けたほうが賢明と言えます。
マイナーなプロバイダでも優良なものはありますが、可能性で考えるなら大手のほうが確実です。
大手は信頼度が高く、大多数の人がお得に使えるプラン、サービスを用意していることも多いです。

一方マイナーなプロバイダは、自分で設定を考えられる上級者向けの場合もあり、そもそも前提の契約内容が大手より劣ることも少なくありません。
一か八かでかけるなら、断然大手のほうが成功率は高いです。
迷った場合は聞いたことのある大手プロバイダを選び、少しでもリスクを減らしましょう。

引越しが決まっているなら早めに準備を行う

マンションでのインターネット開通やプロバイダ契約には、時間がかかることも多いです。
場合によっては1カ月以上かかることもあるため、引越しの予定が決まっているなら、早めに準備をしておきましょう。
引越し前でも契約先の選定や利用できる回線業者、プロバイダの確認はできます。

また、入居前でも管理人に申し出て、事前に工事を進められる場合もあるでしょう。
引越してから行動すると、ネットを使えない期間が大幅に伸びてしまいます。
できることは早めからやっておき、ネットを使えない期間を少しでも短縮することが大切です。

マンションのネット環境に対応したプロバイダか確認しよう

マンションでネットを利用するなら、まずは「回線が引いてあるか」を確認しましょう。
回線が引かれているなら、対応するプロバイダとの契約が必要です。
マンションの環境に合い、かつお得に使えるプロバイダと契約して、ネットライフの充実を図りましょう。

編集者情報

Proval編集部
「インターネットで困るすべての人にとっての最良の意思決定ができる」をコンセプトにわかりやすく公平な情報を追求していきます。

関連記事

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。