• プロバイダ比較
  • 国内の代表的なプロバイダ一覧│プロバイダ選びのポイントも解説
プロバイダ

国内の代表的なプロバイダ一覧

現在は光回線によるインターネットが主流となっていますが、光回線ごとの性能の違いはほとんどないと言われています。
つまり、インターネット環境の良し悪しはプロバイダによってほとんど決まると言っても過言ではないのです。

とは言え、プロバイダの数は膨大です。
国内にどんなプロバイダがあるのか、またそれらをどう選ぶべきかについて見ていきましょう。

プロバイダはインターネットにつながる窓口

プロバイダは、インターネットにつながるための窓口の役割を果たします。
回線と契約すればインターネットがすぐに使えると考える人もいますが、プロバイダとの契約は必須です。

下記のように、回線・プロバイダそれぞれとの契約が必要です。

回線 プロバイダ
フレッツ光 So-net
ドコモ光 GMOとくとくBB

またこれまで回線の契約とプロバイダの契約は基本的に別々でしたが、最近では回線とプロバイダがセットになっているケースも増えてきました。
NTTの回線を、ほかの事業者を通して提供する「光コラボレーション」という仕組みがありますが、この仕組みでは回線・プロバイダがセットになっているケースも多くなっています。

光コラボレーション 回線 セットになるプロバイダ
So-net光 フレッツ光 So-net
nifty光 フレッツ光 @nifty

光コラボレーションを利用すれば、あらかじめネットとプロバイダがセットになった契約になります。
よって、インターネット回線とプロバイダの請求を請求書一本にまとめられたり、契約や解約の窓口が一つで済んだりなど、お客様にとっての手間が省かれます。

「プロバイダの料金管理が面倒!」とお考えの方はぜひ検討してください。

国内で利用できる代表プロバイダ一覧

日本国内には膨大な数のプロバイダがあり、その数は1,000以上とも言われています。
それら全てのプロバイダを把握し、その中から自分に最適なプロバイダを探すのは現実的に困難でしょう。

そこでここからは、多くのインターネットユーザーから支持されている国内の代表的なプロバイダを紹介します。
これらのプロバイダの特徴を押さえ、自分のプロバイダ探しに役立ててください。

  • @nifty
  • plala
  • BIGLOBE
  • OCN
  • hi-ho
  • So-net
  • DTI
  • BB.excite
  • GMOとくとくBB
  • @TCOM
  • AsahiNet
  • WAKWAK

@nifty

@niftyは、日本でインターネットが一般に普及された時期から有名なプロバイダです。
サービス面で定評があるため、現在まで多くのユーザーによって選ばれています。

長く人気のあるプロバイダですので、プロバイダ選びに不安がある方でも安心して選ぶことができるでしょう。

@niftyには会員専用のページがありますが、トラブル解決に役立つ情報などを探すことができ、とても便利です。
もちろん、トラブルが自分で解決できない場合のサポート体制も整っています。
カスタマーサービスデスクに電話をすれば、丁寧にサポートしてもらえるでしょう。

このほかにも月額500円で専用窓口や訪問サポートが受けられる「@niftyまかせて365」というオプションもあります。
標準のサポートだけでは不安だという場合には、このようなオプションを付けるのも良いでしょう。

セキュリティ面でも、迷惑メールフォルダーどは無料で、迷惑メールブロックやウイルス対策は有料でオプションが提供されています。
充実したサービスで安心してインターネットを使いたい方に特におすすめです。

ドコモ光×ニフティの評判は?

ぷらら(plala)

plalaも、長い間多くのユーザーに支持されているプロバイダです。

その特徴は、顧客満足度の高さを追求し、実現している点です。
「ぷらら品質向上宣言」という取り組みがあり、ユーザーの声を拾ってサービスを改善に、解決を図っています。
過去に寄せられたユーザーの声や改善の実績は下記のページから確認ができます。

ぷらら品質向上宣言

過去にある調査期間が覆面調査を行い、さまざまなプロバイダのサポート品質を調査したことがあり、plalaは1位の評価を受けました。
ユーザーの声をもとにより良いサービスを追求し、サポート品質も高く評価されているプロバイダですので、安心して利用できるでしょう。

過去にある調査期間が覆面調査を行い、さまざまなプロバイダのサポート品質を調査したことがあり、plalaは1位の評価を受けました。

ドコモ光×ぷららの評判は?

BIGLOBE

BIGLOBEも@niftyなどと同様、インターネットが普及し始めてからずっと人気のあるプロバイダの1つです。
「インターネットプロバイダ」と言ったときに思い浮かべる人も多く、その知名度の高さからもユーザー数が多くなっています。

家族5人まで無料でメールアドレスが提供されたり、利用料金の値引きに使えるGポイントが貯まるなど、サービス面に特徴があります。

注意すべきは、人気がある一方で、通信速度の不安定さもしばしば指摘されている点です。
ユーザー数が多いので、特に多くの人がインターネットを使う夜間など、速度が落ちやすい傾向にあると考えられます。

通信速度の不安定さを解消する方法としては、有料オプションの「IPv6」の利用が挙げられるでしょう。
IPv6オプション対応機器を持っている場合には月額0円で利用可能ですので検討してみるのも良いでしょう。

プロバイダによって速度が変わる原因とは?
ドコモ光×BIGLOBEの評判は?

OCN

OCNは会員数が日本最大と言われている、国内で最も代表的なプロバイダの1つです。
国内に800万人以上のユーザーがいるとされています。
通信環境やサービス面などさまざまな面で高く評価されており、多くのユーザーに支持されています。

ユーザー数が多いということはそれだけで1つの安心材料になるでしょう。
ただし、気を付けなくてはならないのは通信速度の安定性です。
会員数が多いことも影響し、夜間の回線速度が低下するという声も上がっています。
OCNでもIPv6の利用が可能ですので、心配な方は検討しても良いでしょう。

ドコモ光×OCNの評判は?

hi-ho

hi-hoは、メールの使いやすさやサポートセンターへの電話がつながりやすいなどの点で評価されているプロバイダです。
Webメールサービスが利用できますので、外出先などからも不特定のデバイスからメールが確認できて便利です。

迷惑メールフィルターや自動転送といった昨日も標準で利用できます。
これらについては有料オプションとなっているプロバイダもあるので、使いたい方は検討してみても良いでしょう。

有名プロバイダは一般的にサポートセンターに電話がつながりにくいものですが、hi-hoを利用している場合にはつながりやすいと言われています。

ドコモ光×hi-hoの評判は?

So-net

So-netはソニーネットワークコミュニケーションズが運営しているプロバイダで、人気があります。
特に評価されているのはセキュリティ面やユーザーサポートの面です。
いずれも有料のオプションではありますが、最大5台の機器にセキュリティ製品がインストールできるカスペルスキーセキュリティ(月額500円)や、電話・リモート操作などで疑問や不安を解消してくれるSo-net 安心サポート (月額300円)、自宅の生活トラブルを解決するSo-net くらしのおまもりワイド(月額450円)などがあります。

申し込み方法やタイミングによっては、これらのオプションが一定期間無料で利用できるキャンペーンなども実施されています。
充実したセキュリティやユーザーサポートのオプションを利用したいと考えるのであれば、ぜひキャンペーン情報などを確認した上でSo-netを検討してみてください。

ドコモ光×So-netの評判は?

DTI

DTIの特徴は、接続の安定性とサービス面について評価が高い点です。
サービスが充実している割に低価格で利用できる点で人気があります。

PCにツールをインストールすることで、外出先から自宅のPCのファイルを運び出せる「U+Link」などの独自のサービスがあります。
トラブルの際のサポートについても、オペレーターがPCをリモートで遠隔操作してサポートする「SILK Touch」といったサービスが利用可能です。

ほかにも安価で利用できる便利なサービスが複数ありますので、興味のある方はサービス内容を詳しく調べてみるのが良いでしょう。

ドコモ光×DTIの評判は?

BB.excite

BB.exciteは、プロバイダ料金が格安であることが最大の特徴です。
例えばフレッツ光回線を利用する場合は、プロバイダ料金の相場は1,000円前後ですが、BB.exciteは500円で利用できます。
月ごとに見れば数百円単位の違いかも知れませんが、年単位で見ると数千円単位の違いになりますので、軽視できません。

ただし、プロバイダ料金が格安である分、提供されるプロバイダ機能も最小であることは要注意です。
例えばほとんどのプロバイダではメールアドレスが無料で提供されますが、BB.exciteの場合には月額280円の有料オプションとなっています。
よって、サービスをたくさん使いたいという人には不向きです。

逆に、安く最低限の機能だけ使いたいという方にはおすすめできるプロバイダです。

ドコモ光×BB.exciteの評判は?

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、GMOインターネット株式会社が運営しているプロバイダです。
このプロバイダも人気があり、2019年3月時点で100万回線以上の契約数を誇っています。

「お得なプロバイダ」という点を打ち出しており、料金が安い、特典が豊富といった特徴があります。
料金については、例えばフレッツ光でGMOとくとくBBを利用する場合に、戸建ての場合には月額760円、マンションの場合には月額530円です。
この料金は、フレッツ光のプロバイダの中ではBB.exciteに次ぐ安さです。
そのうえフレッツ光で契約する場合にはプロバイダ料金12カ月無料、3,000円分のキャッシュバックなどの得点もつきます。

また、GMOとくとくBBを利用することで、GMO関連のサービスで利用可能なGMOポイントを貯めることもできます。
プロバイダ料金は回線の種類(フレッツ光なのかドコモ光なのかなど)によって変わりますが、安いか、もしくは特典やキャッシュバックが豊富に付くようになっており、お得に利用可能です。

ドコモ光×GMOとくとくBBの評判は?

@TCOM

@TCOMは、静岡県を拠点にするTOKAIコミュニケーションズ株式会社が運営するプロバイダです。
光コラボレーション(フレッツ光回線と@TCOMのプロバイダがセット)の@TCOMヒカリは東海地方を中心に人気です。

注目すべきは、独自のパーソナルツール「My @TCOM」です。
月額300円の有料オプション(初めての場合であれば3カ月無料)ですが、スケジュールや家計簿、日記、メールや写真、そのほかのファイルなどが50GBまで保存できます。
保存したデータには外出先や別のPCなどからもアクセスでき、とても便利です。

メールはWebメールにも対応していますので、外出先などから確認することができます。
パソコンやインターネットに関する悩みなどを365日電話でサポートしてもらえる「FOR YOU」というサービスは月額500円で利用可能です。

ASAHIネット

ASAHIネットは、株式会社イードが実施した「RBB TODAYブロードバンドアワード2018」のプロバイダ部門で総合1位を獲得したプロバイダです。
特に速度の安定性が評価されており、顧客満足度の高いプロバイダとして知られています。

人気プロバイダはどうしても夜間などの混雑時間帯に速度が低下しがちですが、Asahiネットの場合にはそういった不満の声があまりありません。
混雑回避のための「IPv6」が追加料金なしで利用できるのも魅力と言えるでしょう。

利用料金についても、フレッツ光の場合には戸建てで780円、マンションで700円と安いです。
これら以外にも、違約金が税抜き2,000円と安い、違約金が発生するのがスターターキャンペーンの最初の1年間のみといった点も好評です。

ドコモ光×ASAHIネットの評判は?

WAKWAK

WAKWAKは、NTT東日本の子会社であるNTT MEが運営しているプロバイダです。

セキュリティ面やサポートについて評価が高く、快適に利用できているというユーザーの声が多いのが特徴です。
疑問などがあればヘルプデスクに電話等での気軽な問い合わせが可能です。
丁寧な対応に満足しているというユーザーの声もあります。

「PC訪問設定サービス」という有料オプションサービスがあり、専門家が自宅に来て設定をしてくれます。
「マカフィー・セキュリティサービス」や「メールウイルスチェックプラス」など、セキュリティに関するオプションも豊富です。

ただし、インターネット利用者が増える夜の時間帯に回線速度が落ちる、特にゲームなどで利用するには向かないといった声も上がっています。
夜間にゲームや動画など、通信量の多いことに使いたい人には適さないかも知れませんが、それ以外の幅広い人におすすめできるプロバイダです。

ドコモ光×WAKWAKの評判は?

自分にぴったりなプロバイダを見極めましょう!

インターネット環境を決定づける大切な要因の1つがプロバイダです。
しかし現在国内には1,000を超える多くのプロバイダがあるため、その中から自分に最適なプロバイダを選ぶのは簡単ではありません。
まずは自分が利用している、もしくは利用したい回線で利用できるプロバイダを探すのが良いでしょう。

その中で、月額料金や通信速度の安定性、特典、欲しいサービスが提供されているかどうかも重要です。
プロバイダの選び方を詳しく知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

プロバイダの選び方の3つのポイント

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。