• プロバイダのメールとは?設定方法は?プロバイダを変更してもメールアドレスはそのまま使える?
プロバイダ

プロバイダのメールとは?設定方法とプロバイダ変更後にメールアドレスをそのまま使う方法

パソコンでプロバイダメールについて調べる女性の手

プロバイダメールという言葉は知っていても、実はどういうメールなのか理解していない方は多いのではないでしょうか?

プロバイダメールは、プロバイダと契約した際にもらえるメールアドレスです。
今回ご紹介する「プロバイダメール」について知っていると、次の場合に役立ちますよ。

  • 仕事やショッピングでメールを利用する場合
  • 各プロバイダのメールサービスについて知りたい場合
  • やむを得ずプロバイダを変更しなくてはいけなくなった場合

ほかにも、「プロバイダメールと無料メールの違いは何?」、「プロバイダメールは必要?」と疑問に思う方にもわかりやすい説明をしています。
用途に合わせて記事を参考にしてください。



プロバイダメールとは

「プロバイダメール」とは、プロバイダが提供するメールサービスを指します。
例えば、XXX@xx1.so-net.ne.jpはプロバイダ会社のSo-netから発行されているメールアドレスです。
プロバイダと契約するとこのようなアドレスが取得でき、OutlookやThunderbird等のメーラーを使ってメールの送受信ができます。

このプロバイダメールに対してよく比較されるのが「無料メール」です。
無料で提供されるメールアドレスを「無料メール」と呼びますが、どのようなメールサービスなのでしょうか。

下記で詳しく説明していきます。

無料メールとは

GmailやYahoo!メールに代表されるように、ブラウザでメールのやり取りができるサービスが「無料メール」です。
無料メールのメリットは、主に下記の通りです。

  • 誰でも無料で作成することができる
  • インターネットができる環境であれば、どの端末からも送受信が可能

無料メールはその名の通り料金がかからないため、誰でも作成できて気軽にメールを利用できます。
また、インターネットができる環境であれば、スマートフォン・ノートパソコン・タブレットなど、どの端末からでもメールを確認することが可能です。

一方で、無料メールのデメリットは下記の通りです。

  • セキュリティ面での信頼性が低い
  • トラブルがあっても保証がない

無料メールはサーバーの一部をレンタルして送受信を行なうため、セキュリティ面での信頼性が低いことや、迷惑メールに振り分けられてしまう可能性があります。
また、何らかのトラブルがあったとしても保証がないことや、サポート窓口があってもわかりにくいことがデメリットに挙げられます。

それでは、プロバイダメールのメリット・デメリットはどのようなものでしょうか。
次項から詳しく説明いたします。

プロバイダメールのメリット

プロバイダメールのメリットは、安全性・信頼性が高いことです。
下記にメリットをまとめました。

安全性が高い
アドレスごとに送受信を行なうサーバーが設けられていため、セキュリティ対策が万全です。
無料メールとは違って、迷惑メールに振り分けられることやメール遅延の可能性が低いため、大事な用件でも安心してメールの送受信ができます。
信頼性が高い
金融機関登録時や、ECサイトを利用する場合は、無料メールではなく信頼性の高いプロバイダアドレスを求められることが多いです。
仕事やショッピングでメールをよく利用する方はプロバイダメールを取得していると安心でしょう。
また、メールの利用に慣れていない方や、困ったときに どこへ問い合わせたらいいか不安な方も、プロバイダにはサポート窓口が設けられているので、プロバイダメールを取得していると安心ですよ。
このように、プロバイダのメールアドレスを取得していると、安全性・信頼性が高いために安心してメールが利用できます。

プロバイダメールのデメリット

一方で、プロバイダメールのデメリットは下記の通りです。

  • 無料作成ができない
  • メールアドレス変更に手間がかかる
  • メールアドレス追加は料金が発生する
  • プロバイダ変更や解約により、メールアドレスが使えなくなる可能性がある

プロバイダメールは、プロバイダ契約と共にもらえるため、無料で作成することはできません。
また、一度取得したメールアドレスを変更する場合、プロバイダへの手続きが必要となるため手間がかかってしまいます。
もしメールアドレスを追加したい場合は、プロバイダによって追加料金が発生するため確認をして下さい。
料金をかけたくない方は、追加分を「無料メール」で作成することも検討してみてくださいね。

特に注意して欲しいのは、プロバイダメールを仕事で使用している方です。
プロバイダ変更・解約により、アドレスが使えなくなる可能性もあるので、後述する「プロバイダメールアドレスを残す場合の料金一覧」 も、ぜひご覧下さい。

プロバイダメールの設定方法

プロバイダメールはプロバイダごとに設定方法が異なるため、公式ホームページを確認しましょう。
下記は主なプロバイダのメール設定方法です。

ご利用のパソコンバージョン別に設定方法が詳しく説明されていますが、基本的には、メールアドレス・受信メールサーバー情報(POP)、送信メールサーバー情報(SMPT)、アカウント名、パスワードをメールソフトに設定すると利用できます。

多くのプロバイダは訪問設定やリモートサポートサービスを行なっているため、不明点があれば問い合わせてみるとよいでしょう。

プロバイダメールをスマホで確認する方法

プロバイダメールは、スマートフォンで確認することができます。
忙しくてメールチェックをする時間がない方や、届いたメールをスマートフォンに転送したい方は、下記の方法を試してください。

  • スマートフォンで設定する
  • プロバイダの転送サービスを利用する

詳しくは、次項で説明いたします。

スマートフォンで設定する

スマートフォンでプロバイダメールを確認する際、まずは下記の情報を手元に控えておくと良いでしょう。

  • メールアドレス
  • メールのパスワード
  • メールアカウント
  • 受信サーバー(POP)
  • 送信サーバーのホスト名(SMTP)
  • 送信サーバーのポート番号

メールアドレスはわかっていても、パスワードは忘れてしまったという方もいらっしゃるかもしれません。
その場合は、プロバイダ契約書類を確認しましょう。
それでも不明な場合は、契約したプロバイダに直接問い合わせをしてください。
また、メールアカウント・受信サーバー(POP)・送信サーバー(SMTP)・送信サーバーのポート番号の設定情報は、プロバイダのホームページに記載されているので、こちらも控えておくと安心です。

情報が揃ったら、スマートフォンで設定を行ないましょう。
ただし、設定は機種や使用しているアプリにより異なるため、今回は例としてOCNのメール設定 をご紹介します。
利用状況は下記の通りです。

  • 利用プロバイダ:OCN
  • 利用端末:Android
  • 利用アプリ:Gmailアプリ
  • バージョン:Android 8

Gmailアプリを起動したら、次の手順で設定を行ないましょう。
①受信トレイ画面の左側にある「メニュー」をタップ
②メニューが表示されるので、「設定」をタップ。
③「設定」画面が表示されるので、設定を確認するアカウントをタップして選択。
④選択したアカウントの設定画面が表示されるので、「受信設定」をタップ。
⑤受信サーバーの設定画面が表示されます。
下記の表の項目を確認後、「完了」をタップ。

ユーザー名 メールアドレスを入力
パスワード メールパスワードを入力
サーバー pop.ocn.ne.jpと入力
ポート 995と入力
セキュリティの種類 [SSL/TLS]を選択
サーバーからメールを削除 [削除しない]を選択

⑥アカウントの設定画面に戻り、「送信設定」をタップ。
⑦送信サーバーの設定画面が表示されます。
下記の表の項目を確認後、「完了」をタップ。

ログインが必要 スイッチを「オン」にする
ユーザー名 メールアドレスを入力
パスワード メールパスワードを入力
SMTPサーバー smtp.ocn.ne.jpと入力
ポート 465と入力
セキュリティの種類 [SSL/TLS]を選択

⑧アカウントの設定画面に戻ったら確認完了。

ご覧頂いた設定方法はこのようになりますが、先述したように機種や使用しているアプリによって設定方法が異なります。
詳しくは、各プロバイダのホームページを確認してください。

特に仕事でプロバイダメールを使用している方には、スマホで確認が出来るとより便利になります。
お手持ちのスマホを見ながら、ぜひ設定をしてみてくださいね。

プロバイダの転送サービスを利用する

スマートフォンでプロバイダメールを確認するには、プロバイダの転送サービスを利用する方法もあります。
下記は、転送サービスを無料で行なっているプロバイダの一部です。

プロバイダ名 利用料金 転送先指定 備考
So-net 無料 最大5ヶ所
BIGLOBE 無料 1ヵ所 転送条件の設定をしない場合は無料
Plala 無料 5ヶ所
eo光 無料 制限無し メール容量が最大容量を超えると、受信・転送不可
au one net 無料 3ヶ所
@nifty 無料 2ヶ所
TNC 無料 制限無し
AsahiNet 無料 1ヵ所 AsahiNetのメールボックスに保管せず転送する場合は無料
hi-ho 無料 最大5ヶ所 「そのままメール転送」か、「選んでメール転送」を指定する
IC-net 無料 最大3ヶ所 別途申込(無料)が必要

契約しているプロバイダが転送サービスを行なっているか確認をするには、ホームページを確認すると良いでしょう。
申込が別途必要になる場合や転送条件がある場合もあるので、不明点は問い合わせをして下さい。

プロバイダメールアドレスの違いを比較

ここまでは、プロバイダメールについて説明をしてきました。
これからプロバイダメールアドレスを取得する予定の方は、プロバイダ別の内容を事前に比較しておいた方がよいでしょう。
なぜなら、プロバイダによりメールボックス容量や取得アドレス数、セキュリティ対策が異なるからです。

各プロバイダの詳細は下記の通りです。

プロバイダ名 基本無料アドレス メールBOX容量 保存期間 ドメイン
OCN 1個 1GB 無制限 @~.ocn.ne.jp
Yahoo!BB 10個 無制限 無制限 @ybb.ne.jp
So-net 1個 無制限 2ヶ月 @~.so-net.ne.jp
BIGLOBE 1個 5GB 無制限 @~.biglobe.ne.jp
Plala 1個 2GB 無制限 @~.plara.or.jp
eo光 1個 200MB 60日 @~.eonet.ne.jp
au one net 1個 5GB 無制限 @~.auone-net.jp
@nifty 1個 5GB 無制限 @nifty.com
TNC 3個 無制限 60日 @~.tnc.ne.jp
Rakutenブロードバンド 10個 200MB 無制限 @gol.com
AsahiNet 1個 無制限 180日 @asahinet.jp
hi-ho 1個 1GB 無制限 @abc.hi-ho.ne.jp
DTI 1個 5GB 無制限 @dti.ne.jp等

無料アドレスの数は契約コースによって変わる場合があるため、複数のアドレスを希望するなら問い合わせてみましょう。
また、メールアドレスの追加やメールBOX容量を無制限にするサービスを有料にしているプロバイダもあります。
有料でも必要である場合は検討しても良いでしょう。

プロバイダメールアドレスを残す場合の料金一覧

プロバイダ変更や解約をしても、以前から使用しているメールアドレスは残すことができます。
なぜなら、プロバイダの多くはメール機能のみを利用できるコースを有料で用意しているからです。

プロバイダメールアドレスを残す場合の料金やコース名をプロバイダ別にまとめているので、ご確認下さい。

プロバイダ名 月額料金 コース名
OCN 250円 バリュープラン
So-net 200円 モバイルコース
BIGLOBE 200円 ベーシックコース
Plala 200円 ぷらコミ0コース
Dion・auonenet 250円 ミニミニコース
@nifty 250円 @nifty基本料金コース
TNC 583円 モバイルプラン
BB excite 280円(非会員の場合380円) BB.exciteメール
AsahiNet 300円 電話料込みコースK1プラン
hi-ho 200円 ちょこっとコース
DTI 200円 Ubicプラン

※料金は税別です

プロバイダにより異なりますが、おおよそは月額300円以内でメールアドレスを残して使用することが可能です。

仕事で使用しているアドレスを変更したくない方、アドレス変更の手間を省きたい方、今後プロバイダ変更をする可能性のある方は、有料でメールアドレスが残せる上記プロバイダを検討してみると良いでしょう。

よくある質問

プロバイダメールについていろいろ解説しましたが、よくわからない方や不安が残る方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、プロバイダメールについてよくある質問を下記にまとめました。

  • プロバイダメールアドレスが残せない場合はどうしたらいい?
  • プロバイダメールアドレスの確認方法

詳しくは次項で説明いたします。

プロバイダメールアドレスが残せない場合はどうしたらいい?

使用中のプロバイダに、メールアドレスが残せるコースがない場合はとても困ってしまいますよね。
長い間仕事で使用しているメールアドレスを変更すると、取引先へ変更のお知らせをする手間もかかってしまいます。

それでもプロバイダアドレスを残したい方には、正規のプロバイダ料金を支払う方法があります。
こちらは、メールアドレスが残せるプロバイダに比べ、料金が割高になるデメリットがあります。
それでも残したい場合は検討してもよいでしょう。

ちなみに、メールアドレスを残すことができないプロバイダは下記の通りです。

  • Yahoo!BB
  • コミュファ光
  • eo光
  • ピカラ光
  • UCOM光
  • J:COM
  • ケーブルテレビ全般

インターネット回線とプロバイダを一体型で提供している通信事業者や、ケーブルテレビ会社のメールアドレスは残せない場合があるため、事前に確認をしてくださいね。

プロバイダメールを残したかったけど、割高になるなら無料メールでもいいという方には、Yahoo!メール や、Gmail のような無料メールを取得する方法もあります。

用途によって、プロバイダメールを残すか・残さないかは判断するとよいでしょう。

プロバイダメールアドレスの確認方法

さて、ここまでプロバイダメールアドレスについての説明をしてきましたが、そもそも利用中のプロバイダをどうやって確認したらいいかわからない方もいらっしゃるかもしれませんね。

自分の契約しているプロバイダを忘れてしまった場合、まずはメールアドレスを確認しましょう。
なぜなら、アドレスの@以下がプロバイダ名になっているからです。
たとえば、「・・・@ocn.ne.jp」だと、プロバイダはOCNということが確認出来ます。
領収書やプロバイダ確認サイト でも可能ですが、このメールアドレスから確認する方法も覚えておくと安心ですよ。

まとめ

今回は、プロバイダメールについて詳しくご紹介いたしました。
プロバイダメールについてまとめると、下記の通りです。

  • セキュリティ面で安心・安全に使用できる
  • 設定方法はプロバイダにより異なる
  • スマホでメールを確認することも可能
  • プロバイダによりメールサービスが異なるので確認をする
  • プロバイダを変更しても、メールアドレスは残せる

仕事でもプライベートでも、その安全性の高さからプロバイダメールをメインで使うとメリットが大きいですね。
プロバイダメールの特長を知って、より便利にメールを活用して下さい。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。

ご相談・お問い合わせ
通話無料
0120-989-325
閉じる