• プロバイダ比較
  • プロバイダのセキュリティサービスを比較しよう!市販ソフトとの違い
プロバイダ

プロバイダのセキュリティサービスを比較しよう!市販ソフトとの違い

自宅サーバーを構築する人が、おすすめのプロバイダについて調べようとしているところ

インターネットのセキュリティ対策に悩んでいませんか?

パソコンを使う際にはセキュリティ対策は必須で、対策を怠ると詐欺やウイルスによって被害を受けてしまいます。

セキュリティソフトはプロバイダ提供のものと、市販のソフトという2つの選択肢があり、それぞれで特徴が違います。
両者の特徴を比較し、自身に合ったセキュリティ対策を講じることが大切です。

プロバイダが提供しているセキュリティの種類

光回線でインターネットを利用する場合、同時にプロバイダとも契約しています。
プロバイダでは各種セキュリティサービスを実施しており、以下の4種類のサービスに分けられます。
プロバイダによって提供サービスが違うため、まずは自身の契約状況がどれに該当するか契約しているプロバイダのマイページや電話で問い合わせをしてチェックしましょう。

  • 市販のソフトと同じもの
  • 市販のソフトにプラスしてウイルスチェックを行うもの
  • 有害webサイトのフィルタリングだけを行うもの
  • 迷惑メールに対策するサービス

各契約内容について以下で詳しく解説していきます。

市販のソフトと同じもの

プロバイダでは無料か有料にて、市販のソフトと同じセキュリティサービスを行うことがあります。
市販で購入する場合と同じようにソフトが送られてくるか、データ版が送られてきて自身でインストールして使用します。

市販のものと同じ効果を持っているため、幅広い面でのセキュリティ対策が可能です。
インターネット接続のセキュリティ強化から、有害サイトのブロックまで幅広く対応しており、使い勝手にも優れていると考えてよいでしょう。

ただし、市販ソフトにも複数の種類があり、どのソフトかによって詳細なサービス内容は異なるため注意が必要です。

市販のソフトにプラスしてウイルスチェックを行うもの

より優れたサービスを提供するプロバイダでは、市販のソフトにプラスアルファの機能を付けたサービスを提供しています。
サイトのウイルスチェックからメールセキュリティの強化まで、より細部までカバーできるため、安心して使いたい人におすすめです。

ただし、市販のソフトには各種便利な機能が付いているため、利用料金が高くなるケースも多くみられます。
例えば、市販ソフトと同等分のサービスまでは無料で、プラスアルファの部分はオプションとなり、追加料金が必要になることも少なくありません。

プロバイダごとに取り決めが違うため、サービス内容が充実している場合は、どれくらいのコストで利用できるかをチェックしてみましょう。

有害webサイトのフィルタリングだけを行うもの

ごく簡易的なサービスのみを提供している場合もあり、有害webサイトのフィルタリングだけを行うことも少なくありません。
インターネット上の有害サイトや、詐欺・犯罪などに関与する可能性があるサイトはブロックできますが、ウイルス対策まではできていないため注意が必要です。

ウイルスは通常のwebサイトの中に紛れ込んでいることもあるため、有害サイトをブロックしただけではセキュリティ対策としては不十分です。
何もないよりはましですが、有害webサイトのフィルタリングだけでは、守備範囲があまりに狭いことは理解しておかなければなりません。

迷惑メールに対策するサービス

サービス内容をメールのみに絞り、迷惑メールに関する対策を提供するプロバイダもあります。
メールに関するサービス内容の詳細はプロバイダによって違いますが、基本的にはメールのウイルスチェックが多いです。

ウイルスチェックをすることで、メールからの被害は防げますが、その他の侵入経路まで全て絶たれたわけではありません。
普段のインターネットの利用でウイルスが侵入する危険性もあり、有害webサイトのフィルタリング同様に、これだけではセキュリティは不十分です。

プロバイダと市販のセキュリティを比較

セキュリティ対策についてさらに理解を深めるためには、プロバイダ提供のものと市販のソフトの違いを、比較して理解することが大切です。
一概にどちらがよいと決まっているわけではないため、細かな違いを把握して、自分に合ったほうを見極めることが大切です。

2年以上使うなら価格は市販のセキュリティソフトのほうがお得

長く使うことを前提とするなら、長期コストの安い市販のソフトのほうがお得で、特に2年以上使うなら、市販ソフトのほうがコストは下がりやすい傾向にあります。
プロバイダ提供のセキュリティソフトは、月額分割払いで、加入している限りコストを払い続けなければなりません。

有料でも月額300~500円程度と安いものは多いですが、市販の場合は一度購入してしまうと、以降費用なしで使い続けられます。
またソフトが古くなると、最新バージョンへのアップデートが必要ですが、前モデルを持っていると、安価でアップデートできる場合が多いです。

月300円としても1年で3,600円、2年で7,200円かかり、以降も継続年数が増えるほどにコストはかさみ続けます。
ソフトにもよりますが、市販なら5,000~6,000円程度で購入できるものも少なくありません。
一括買い切りのほうが長期的なコストは安いため、長い目で見るなら市販ソフトを買うことをおすすめします。

市販のソフトと同じであれば性能も一緒

プロバイダが提供しているサービスだからといって、内容が特別よいとは限りません。
市販ソフトと同様のものを提供しているなら、利用できる機能は市販ソフトを購入した場合と同じです。
プロバイダ提供だからといって、それだけで機能が追加されるわけではありません。

よって、市販ソフトを提供するプロバイダなら、利用期間を考えて市販ソフトを購入するか、オプションサービスに加入するか検討することが大切です。
もちろん、プロバイダ提供では、市販のソフトにプラスアルファの機能を付けていることもあります。

より高いセキュリティ性能を求めるなら、プラスアルファの機能も使えるプロバイダ提供のサービスのほうがおすすめです。

使い勝手はプロバイダのセキュリティのほうが上

プロバイダと市販ソフト、それぞれ使い勝手で判断するなら、プロバイダサービスのほうがおすすめです。
プロバイダの場合は、オプション分のお金を払い続けるだけで、永続的にセキュリティ対策が適用されます。

市販のソフトでは一定期間で更新したり、買い替えたりしなければなりませんが、プロバイダの場合はこの手間がありません。
費用はかかり続けるものの、セキュリティソフトを使える環境は、プロバイダが自動で整えてくれます。
費用を取るか手間を取るかで、プロバイダと市販ソフト、どちらがよいか決めることも大切です。

おすすめセキュリティソフトを提供しているプロバイダ

数あるセキュリティソフトの中でも、総合的に性能が高く、使い勝手のよいものは以下3つに絞られます。
それぞれ市販のソフトで提供するプロバイダが異なります。
各ソフトの違いを把握して、自身が望む機能を持つのはどれか見極めることが大切です。

  • ノートンセキュリティ:Yahoo!BB・OCN・BIGLOBE
  • ウイルスバスター:plala・OCN・BIGLOBE
  • カスペルスキーセキュリティ:So-net・au one net・タイガースネット

Yahoo!BB・OCN・BIGLOBE:ノートンセキュリティを提供

アップデートの頻度の多さなら、ノートンセキュリティが優れています。
最新の状態にアップデートし続けており、新しいウイルスにも対応していることが特徴です。

ウイルスとセキュリティソフトの戦いは、いたちごっこにもなっており、途中で更新が止まるとすぐに被害が出ることも少なくありません。
最新のウイルスにも対応しやすいため、より高いセキュリティ性能を求めたい人におすすめです。

plala・OCN・BIGLOBE:ウイルスバスターを提供

幅広い使用環境に対応しているのは、知名度も高いウイルスバスターです。
ウイルスバスターは、全てのOSに対応したマルチなセキュリティソフトのため、使用環境を選びません。
パソコンを買い替えた際にも使用できるかどうか悩む心配がなく、長く使う場合におすすめです。

また、サポート体制も充実しており、万が一トラブルが起きた場合でも、素早くオペレーターが対処してくれる点も、魅力的なポイントです。

So-net・au one net・タイガースネット:カスペルスキーセキュリティを提供

総合的な対策力の高さで選ぶなら、カスペルスキーセキュリティがおすすめです。
カペルスキーセキュリティは、ウイルス対策はもちろん、ハッキングやフィッシングといった各種被害を防ぐことに長けています。
防御力の高さが魅力的で、より安全にパソコンを使いたい人におすすめです。

総合力が高く、幅広い対策ができるカペルスキーは、動作が軽い点も魅力の一つといえるでしょう。
充実した機能を搭載していると、その分パソコンが重くなり、使い勝手も悪くなります。
しかし、カペルスキーは素早い処理速度を有しているため、低スペックのパソコンでも問題なく高パフォーマンスが期待できます。

プロバイダのセキュリティを利用する場合の注意点

便利に使えるプロバイダ提供のセキュリティサービスですが、不便なく使うためには一部注意点があります。
次の2つの注意点を守り、失敗のない快適な利用を目指しましょう。

  • セキュリティが脆弱な場合は市販と併用する
  • パソコンとの相性が悪い場合はすぐに解約する

セキュリティが脆弱な場合は市販と併用する

プロバイダ提供のセキュリティサービスは、業者による違いが大きく、全ての場合で完璧な対策ができるとは限りません。
プロバイダによっては、メールのウイルスチェックや有害webサイトのフィルタリングといった、ごく一部の機能に限られていることも多いです。

一部しか機能が働いていない場合でセキュリティ面に不安があるなら、市販ソフトと併用しながら対策を行うことが大切です。
セキュリティは複数重ねることもでき、プロバイダ提供で足りない分は、市販ソフトでカバーする必要があります。

また、有料オプションでセキュリティ機能の追加ができるなら、プロバイダのみのサービスで完結させても構いません。
大切なのは幅広く対策をすることなので、セキュリティの範囲があまりに狭いなら、何らかの方法でパワーアップを考えましょう。

パソコンとの相性が悪い場合はすぐに解約する

セキュリティソフトは、パソコンの使用状況や環境によって、相性の良し悪しが出やすいです。
相性が悪いと、インターネット接続が重たくなったり、特定のソフトが起動しなくなったりするので要注意といえます
プロバイダ提供のサービスと、自身が使うパソコンの相性が悪そうなら、解約して市販のソフトを使うこともひとつでしょう。

オプションの解約は、市販のソフトを購入するまで待ち、インストールの準備が整ってから解約することが大切です。
先にプロバイダのセキュリティ対策を解約すると、市販のソフトをインストールするまでの間、全くの無防備になってしまうためです。

ノーガード状態で放置することは非常に危険なため、次のソフトの導入準備が整うまでは、相性が悪くてもセキュリティ対策は削除しないように注意しましょう。

総合力の高いセキュリティを選ぼう

プロバイダ提供のサービスでも市販のセキュリティソフトでも、それほど大きな違いはありません。
どちらがよいかを考える場合には、利用期間や詳細な機能を比較し、より条件に合うものを選ぶことが大切です。
セキュリティ対策は総合力を重視し、適切なものを選んで安全にインターネットを楽しみましょう。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。