ソフトバンク光

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドの利用方法!オプション加入と申し込みを紹介

ソフトバンク光でIPv6通信を利用するイメージ

通信速度が遅い時に便利なのが「IPv6」と呼ばれる接続方式です。

インターネット網の混雑を避けてネットに接続できるため、ネットサーフィンの時のストレスを大きく軽減できます。
とくに動画サービスやオンラインゲームを頻繁に利用する方には、ぜひ活用してほしい通信方式です。

しかしこのIPv6接続は、ネット回線のキャリアによって、接続方法や設定方法が全く異なります。
申し込み不要で標準オプションとしているところもあれば、契約するプロバイダによって利用できない回線もあります。
ではソフトバンク光でIPv6を利用するにはどんな手続き、設定が必要になるのでしょうか。
ソフトバンク光のIPv6サービスは「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」と呼びます。
この記事ではソフトバンク光でIPv6高速ハイブリッドを利用する際の、申し込み方法や設定、注意点などを解説します。

簡潔に述べると、ソフトバンク光の場合「光BBユニット」という専用のルーターをソフトバンクからレンタルしなければIPv6高速ハイブリッドを利用することができません。
市販のIPv6接続対応ルーターを使ってもIPv6では接続できないので注意が必要です。
光BBユニットのレンタルは毎月500円ほど必要になります。

詳しい条件や申し込み方法などのほか、うまくIPv6接続ができない時の対処法なども解説しているので参考にしてください。

ただ、ソフトバンク光の速度が遅い、もしくは繋がらないというときは、別の原因で接続がうまくできていない可能性もあります。
ソフトバンク光の速度が遅い、繋がらないという場合の対処法に関しては、下記ページで紹介しているので、IPv6を導入する前に原因を探ってみることをお勧めします。
ソフトバンク光が遅い時の対処法
ソフトバンク光が繋がらない時の対処法

料金 戸建て 5,200円
マンション 3,800円
速度 1Gbps
工事費 戸建て 24,000円
マンション
ソフトバンク光の特徴
  • ソフトバンク携帯とのセット割が効く
  • 工事完了までソフトバンクAirをレンタルできる
  • 乗り換え費用を還元してくれるキャンぺーンがある
  • 余分なオプションが付いている可能性がある

ソフトバンク光のIPv6で通信速度が速くなる

IPv6接続の最大の魅力は通信速度が速くなる点です。
Twitter上にはソフトバンク光のIPv6を利用して、通信速度が改善されたという声がよく見られます。

ではそもそもなぜIPv6接続だと、通信速度が速くなるのでしょうか。

IPv6に関するお話は非常に難しいのですが、簡単に説明するとアクセスの混雑を避けてインターネット網に接続できるからです。

最新のIPv6という接続方法に対して、従来のものはIPv4接続と呼ばれます。
IPv4ではPPPoEという方式でインターネットに接続しています。
PPPoEではインターネットに接続する際、プロバイダーの認証作業を中継して世界のインターネット網につなげることができます。
しかし、このプロバイダの認証作業はアクセスが集中してしまうと、待ち時間が発生してしまいます。
夜間など通信速度が遅い原因はここにあったんですね。

一方でIPv6は、PPPoEに加えてIPoEという接続口を使ってインターネットに接続することができます。
IPoEではプロバイダの認証作業を省略できるので、混雑が発生していても速度低下を抑えることができます。

IPv4とIPv6は高速道路に例えるとわかりやすいです。
IPv4は片側一車線でかつ手渡しで料金を支払う高速道路です。
一方IPv6は片側5車線もあり、かつ最新のETCで料金を支払う仕組みです。
IPv4は車(アクセス)が増えると、料金所付近で渋滞が発生してしまいますが、IPv6は多少車が増えても渋滞が発生しません。

ソフトバンク光の「IPv6 IPoE + IPv4接続方式」という名称は、新方式のIPv6にも旧方式のIPv4にも対応しているということを意味しています。
IPv6に対応していないサイトでも従来通りアクセスできるので、非常に便利になります。

ソフトバンク光のIPv6の利用料金は無料

ソフトバンク光のIPv6の利用自体は無料です。

毎日ネットを使う人でも、それほど使わない人でも、IPv6の利用自体は無料なので気兼ねなく利用することができます。

しかし後述しますが、IPv6の接続には「光BBユニット」という機器のレンタルが必要です。
レンタル料金は月額500円と有料となってしまうので、IPv6自体は無料ですが、利用するための機器をレンタルするためにお金が必要なので注意しましょう。

ソフトバンク光のIPv6は光BBユニットが必要

ソフトバンク光のIPv6接続は、光BBユニットをレンタルしないと利用できません。

ソフトバンク光のIPv6は光BBユニットでしか利用できないサービスとなっているからです。

光BBユニット単体のレンタル料金は下記の通りとなっています。

光BBユニットご利用料金

光BBユニットレンタル
レンタル 467円/月

(引用:光BBユニットレンタルの料金 | インターネット・固定電話 | ソフトバンク

例えば、ドコモ光などではプロバイダからルーターを一定期間無料レンタルしたり、自分で対応ルーターを用意するだけでIPv6を利用できます。
一方でソフトバンク光は選択肢がレンタルだけに限られるうえ、料金も500円近くかかってしまいます。
ソフトバンク光のIPv6接続は他社と比較して費用面でデメリットがある仕組みとなっています。

ソフトバンク光の光BBユニットについては、下記ページでも機能を紹介しています。
ソフトバンク光のルーター

光BBユニットのレンタルはオプションセットがおすすめ

光BBユニットをレンタルする場合、単体でレンタルするよりも「オプションパック(セット割)」の利用の方がお勧めです。

月額料金は33円高くなりますが、自宅内でWi-Fiを使えるようにするために必須の「Wi-Fiマルチパック」のオプションも付けられるからです。

オプションパックは月額500円ですが、下記のオプションがセットになったサービスです。

光BBユニットレンタル
Wi-Fiマルチパック
自宅でWi-Fiを利用できるようになります。外出先でも公衆無線 LAN1ID分を無料で利用できます。
BBフォン/ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォンのいずれか一つ
ソフトバンク光の固定電話サービスです。

それぞれ別で加入すると、月額1,924円もかかるオプションですが、セットにすることで500円で利用できます。
とくにWi-Fiマルチパックは自宅をWi-Fi環境にしたい方には必須のオプションです。
光BBユニットとWi-Fiマルチパックの両方に加入していないと、Wi-Fiを利用できないので、セット加入がお得になります。
またオプションパックはおうち割光セットの適用条件にもなっているので、ソフトバンクの携帯電話をお使いの方はオプションパックに加入しましょう。
ソフトバンク光のおうち割や電話オプションについては、下記ページで解説しているので参考にしてください。

ソフトバンク光のおうち割光セット
ソフトバンク光の光電話オプション

ソフトバンク光のIpv6は市販の対応ルーターでも使用できない

ソフトバンク光のIPv6は市販のIPv6対応ルーターでは接続できません。
必ず光BBユニットのレンタルが必要です。

ソフトバンク光のIPv6は一般的なIPv6とは仕様が若干異なっており、光BBユニットでなければ利用できないようになっているからです。

無理やり市販のルーターでIPv6に接続することも不可能ではありませんが、速度が出なかったり、通信が頻繁に切断したりします。
市販ルーターでも使用できるドコモ光などのIPv6とは異なり、ユーザーの不満も多いようです。

ただオプションパックはおうち割光セットの適用条件になっているため、加入する人は多いと思います。
光BBユニットはWi-Fiの利用にも必要になるため、レンタルしても損はないオプションです。

ソフトバンク光でIPv6を契約出来ているか確認する方法

光BBユニットをレンタルしているだけでは、IPv6接続はできません。

IPv6の利用には申し込みが必要なため、申し込みを忘れている場合、IPv6で接続できていない場合があるからです。

申し込みができているかどうかわからない人は、まずはIPv6で接続できるかどうか確認しましょう。
難しい作業は必要なく、ソフトバンク光の回線で下記サイトにアクセスするだけで、接続状況を確認できます。
IPv6接続確認ページ|Yahoo! BB ADSL|ADSL・光・ブロードバンド|SoftBank

「お客様はIPv6インターネットで接続しています。」の表示が出た場合、IPv6で接続できているので問題ありません。
しかし下記のように「お客様はIPv4インターネットで接続しています。」の表示が出た場合は、IPv6の申し込みをおすすめします。

IPv4接続の結果ページ

(画像引用:IPv6接続確認ページ|Yahoo! BB ADSL|ADSL・光・ブロードバンド|SoftBank

上記画像が表示された場合は、次項の「ソフトバンク光IPv6の申込み、切り替え方法」に従って申し込み手続きを行いましょう。
申込みは無料で可能です。

ソフトバンク光IPv6の申込み、切り替え方法

ソフトバンク光のIPv6接続は自動ではなく、申し込みが必要です。

まず、光BBユニットをレンタルしていない人は併せてレンタルの手続きを行いましょう。
申し込みは下記の公式サイト内から手続きが可能です。
接続方式変更のお申し込み|インターネット|ソフトバンク

ログインにはS-IDとパスワードが必要です。
忘れた方は契約書類や、ログインページの「S-IDを確認したい人」から確認することが可能です。

ログイン後は接続方式の変更申し込み画面となるので、「同意する」にチェックして、「申し込む」をクリックしましょう。
以上でIpv6の申し込みが完了します。

ソフトバンク光のIPv6は設定不要

申し込み後、難しいIPv6の接続設定は不要です。

光BBユニットは自動でIPv6設定の切り替えを行ってくれるため、自分で変更する必要がないからです。

もしも自動で切り替わらない場合は、ソフトバンク光のチャットサポートへ問い合わせてみましょう。

チャットサポート
チャットで問い合わせる
年中無休(10:00 ~ 19:00)

チャットで問い合わせる場合もS-IDとパスワードが必要になるので事前に用意しておきましょう。

IPv6接続でもソフトバンク光が遅いときの対処法

ソフトバンク光のIPv6の利用を開始したはずでも、速度が変わらないときは、どこかで不具合が発生しているか、手続きの漏れがある場合があります。
下記の可能性が考えられるので、ひとつひとつ解決させていきましょう。

  • IPv6の申し込み手続きが完了していない
  • 光BBユニットの型式が古い
  • ソフトバンク光の契約上最大速度に制限がある
  • ソフトバンク光の接続に不具合がある

次項で詳しく解説していきます。

IPv6の申し込み手続きが完了していない

ソフトバンク光のIPv6は、光BBユニットをレンタルするだけでは利用できません。

上述した通り、ソフトバンク光のIPv6は別に「接続方式の変更手続き」が必要になるからです。

光BBユニットだけで利用が開始できると思っている人も多く、この申し込み手続きは忘れがちです。

ソフトバンク光の契約と同時に光BBユニットを申込んだ人は、併せてIPv6の申し込みを行っている可能性がありますが、後から追加で光BBユニットをレンタルした人はIPv6の申し込み手続きを忘れている可能性が高いです。

先ほど紹介した、IPv6の確認サイトでIPv4接続の結果が出た場合は、申し込みができていないことが考えられるので、申し込み手続きを行いましょう。

光BBユニットの型式が古い

ソフトバンク光からレンタルしている光BBユニットの型式が古い場合も、速度低下の原因となる場合があります。

型式によって、最大通信速度が異なってしまうからです。
とくに無線接続の場合に差が大きくなっています。
光BBユニットの型式は「E-WMTA2.3」「E-WMTA2.2」「E-WMTA2.1」の3種類があります。
光BBユニットの型番は側面のラベルで下記のように判断できます。

ラベル記載 型式
型番:J18V150.00 E-WMTA2.3
型番:J18V115.00 E-WMTA2.2
型番:J18V111.00 E-WMTA2.1

各型式の最大速度は下記の通りとなっています。

有線伝送速度 無線伝送速度 無線LAN規格
E-WMTA2.3 最大1Gbps 最大1.3Gbps IEEE 802.11b/g/n/a/ac
E-WMTA2.2 最大1Gbps 最大300Mbps IEEE 802.11b/g/n
E-WMTA2.1 公式サイトに記載なし

現在新規契約で貸し出してくれるのは、E-WMTA2.3かE-WMTA2.2のどちらかのようです。
しかしE-WMTA2.3かE-WMTA2.2でも仕様に大きな違いがあることがわかります。
とくに無線の伝送速度に関しては、E-WMTA2.3が1.3Gbpsなのに対し、E-WMTA2.2は300Mgpsと大きな違いがあります。
無線LAN規格に関しても、E-WMTA2.3は伝送品質に優れた11acに対応していますが、E-WMTA2.2では対応していません。

E-WMTA2.2をお使いの方は、不便に感じる場面が多いかもしれません。

光BBユニットは無償で交換可能

性能が劣るE-WMTA2.2をお使いの方でも安心してください。性能の高いE-WMTA2.3を使うことが可能です。

ソフトバンク光に問い合わせれば、無償で交換することが可能だからです。

下記に問い合わせて交換の申し込みをしましょう。

ソフトバンク光サポートセンター
電話番号:0800-111-2009(通話無料)
受付時間:10:00~19:00

電話以外でもチャットからでも申し込みは可能です。

下記のチャットサポートから依頼するようにしましょう。
SoftBank光・SoftBank Air専用 チャットサポート|インターネット|ソフトバンク

ソフトバンク光の契約上最大速度に制限がある

契約タイプがファミリー/ファミリー・ライト/マンションの人はIPv6の利用でも最大速度が変わらない可能性があります。

配線の仕組み上の最大速度に制限があるからです。

契約によるIPv4接続とIPv6高速ハイブリッドの速度の違いは下記の通りとなっています。

■NTT東日本エリア

住居形態 回線タイプ IPv4 (PPPoE) IPv6 IPoE + IPv4
(IPv6高速ハイブリッド)
下り最大速度 上り最大速度 下り最大速度 上り最大速度
戸建 ファミリー・ギガ・スピード 1Gbps 1Gbps 1Gbps 1Gbps
ファミリー・ハイスピード 200Mbps 100Mbps 1Gbps 100Mbps
ファミリー/ファミリー・ライト 100Mbps 100Mbps 100Mbps 100Mbps
ファミリー・10ギガ 10Gbps 10Gbps
集合 マンション・ギガスピード 1Gbps 1Gbps 1Gbps 1Gbps
マンション・ハイスピード 200Mbps 100Mbps 1Gbps 100Mbps
マンション 100Mbps 100Mbps 100Mbps 100Mbps

■NTT西日本エリア

住居形態 回線タイプ IPv4 (PPPoE) IPv6 IPoE + IPv4
(IPv6高速ハイブリッド)
下り最大速度 上り最大速度 下り最大速度 上り最大速度
戸建 ファミリー・スーパーハイスピード 1Gbps 1Gbps 1Gbps 1Gbps
ファミリー・ハイスピード 200Mbps 200Mbps 1Gbps 200Mbps
ファミリー/ファミリー・ライト 100Mbps 100Mbps 100Mbps 100Mbps
ファミリー・10ギガ 10Gbps 10Gbps
集合 マンション・スーパーハイスピード 1Gbps 1Gbps 1Gbps 1Gbps
マンション・ハイスピード 200Mbps 200Mbps 1Gbps 200Mbps
マンション 100Mbps 100Mbps 100Mbps 100Mbps

(引用:[SoftBank 光]通信速度について教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク)

ご覧の通り、IPv6高速ハイブリッドでは速度の改善が見込めますが、「ファミリー」「ファミリー・ライト」「マンション」タイプではIPv6高速ハイブリッドでも最大速度の変化がありません。
契約種別によってパフォーマンスが変わってくるので、ご自身の契約状況に注意しましょう。

ソフトバンク光の接続に不具合がないか確認し直す

それでも速度が改善されない場合、設定や接続に不具合が発生している可能性もあります。

ソフトバンク光の通信速度が遅い、つながらない場合の対処法に関しては、下記ページでも詳しく解説しています。

ソフトバンク光が遅い時の対処法
ソフトバンク光がつながらない時

参考にして問題点を直しましょう。

ソフトバンク光のIPv6まとめ

ここまでソフトバンク光のIPv6接続について紹介しました。

ソフトバンク光のIPv6の利用には、光BBユニットのレンタルが必須です。
月額500円のオプションパックの利用がおすすめなので、IPv6を希望の方は加入しましょう。

また光BBユニットをレンタルするだけでは利用できません。
別で申込みをする必要があるので、忘れずに申し込みを行いましょう。
申し込み後は細かな設定が不要なので、簡単にIPv6通信を楽しむことができます。

IPv6は今後さらに普及が進むことが予想されます。
ネットが遅いストレスを解消できる可能性が高いので、ぜひ利用してください。

料金 戸建て 5,200円
マンション 3,800円
速度 1Gbps
工事費 戸建て 24,000円
マンション
ソフトバンク光の特徴
  • ソフトバンク携帯とのセット割が効く
  • 工事完了までソフトバンクAirをレンタルできる
  • 乗り換え費用を還元してくれるキャンぺーンがある
  • 余分なオプションが付いている可能性がある

編集者情報

Proval編集部
「インターネットで困るすべての人にとっての最良の意思決定ができる」をコンセプトにわかりやすく公平な情報を追求していきます。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。