ソフトバンク光

ソフトバンク光のBBセキュリティは必要?ウイルス対策は市販ソフトがおすすめ

ソフトバンク光のセキュリティを高めているイメージ

ソフトバンク光を契約する時、必ず同時に導入してほしいのがセキュリティソフトです。
コンピューターの脅威に対する総称をマルウェアと呼びますが、調査によると毎日100万以上の新種のマルウェアが発見されています。

マルウェアは下記の3タイプに分けられます。

ウイルス
他のファイルに寄生する
自己増殖していく
ワーム
ファイルに寄生しなくても単体で存在できる
自己増殖していく
トロイの木馬
無害のファイルに成りすましてコンピュータに侵入する
自己増殖はしない

よく「コンピュータウイルス」と呼びますが、あくまでウイルスはネットの脅威の一種に過ぎないということですね。
セキュリティソフトを入れないと、マルウェアへの対策ができず、パソコンなどに入れた個人情報が丸裸になってしまいます。
詐欺被害などに遭わないようにするためにもソフトバンク光を導入した際は、必ずセキュリティソフトを入れましょう。

ただどんなソフトを入れたらいいか迷ってしまう人が多いと思います。
ソフトバンク光でセキュリティソフトを利用する場合、下記の方法があります。

  • ソフトバンク光のオプション「BBセキュリティ」から選ぶ
  • 市販のセキュリティソフトを新しく導入する
  • 無料のセキュリティソフトを入れる
  • 転用や乗り換えの場合、以前使っていたセキュリティソフトを継続する

この記事ではソフトバンク光のセキュリティについて、各方法のメリット・デメリットを紹介します。
結論を述べるとセキュリティ機能について詳しい人は市販ソフトの購入、反対に詳しくない人はBBセキュリティの加入がおすすめです。

詳しくどのソフトに加入するべきか解説していくので参考にしてください。

そもそもソフトバンク光にセキュリティソフトは必要?

そもそもソフトバンク光にセキュリティソフトは必要なのでしょうか。
セキュリティソフトもお金がかかるものなので、必要ないのであれば導入しないで済ませたいですよね。

結論から言うと、絶対に必要です!!

セキュリティソフトがあるのとないのとでは、詐欺や個人情報の悪用など、犯罪被害に遭う確率が断然違うからです。
セキュリティソフトを導入することで、ある程度犯罪者から財産や個人情報を守ることができます。

セキュリティソフトを提供している「ノートン」は2018年2月に、20か国のネット犯罪被害についてまとめた「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート 2017」を発表しています。
調査によると、過去一年間で日本でなんらかのネット犯罪被害を受けた人は1,774万人、被害総額は約2,289億円にのぼったことがわかりました。
一年間だけで実に日本の約14%もの人がなんらかのネット犯罪被害に遭った計算になります。

また過去一年間で日本人が被害に遭ったネット犯罪の上位3位は下記の通りです。

  • 詐欺メール被害(詐欺メールをクリックしてしまった/詐欺メールにより個人情報や金融情報を流出 した) 42%
  • アカウントのパスワード盗難被害 37%
  • PC、タブレット、スマートフォンのウイルス等への感染被害 34%

(引用:ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート 2017

その一方で、危機意識の低い状況に対して、レポートでは下記の通り警鐘を鳴らしています。

これらの金銭的損失のほとんどは賠償されていません。
(中略)
ネット犯罪が横行しているにも関わらず、調査対象の日本人の21%が、使用している機器に対して、パスワード管理やセキュリティソフトウェアの導入などの保護を全く行っていないと回答しています。
(引用:ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート 2017

近年ネット犯罪も多様化しており、様々な脅威が生まれています。
そうした中で、セキュリティソフトを導入せずにインターネットを利用することは、裸で戦場を歩くようなことと同じです。
自分の財産や個人情報を守るためにも、セキュリティソフトは必須のものとなっています。
安いものでもいいので、必ず導入してインターネットを利用してください。

ソフトバンク光で使える6種類のBBセキュリティ

ではここからが本題です。
ソフトバンク光で導入できるセキュリティソフトにはどんなものがあるのでしょうか。

ソフトバンク光はオプションで下記の計6種類の「BBセキュリティ」を提供しています。

セキュリティタイプ ソフト名 月額料金 特徴
オールインワン型総合セキュリティタイプ BBセキュリティpowered by Symantec Plus 570円 PCだけでなく、スマホのセキュリティ対策も行える総合セキュリティソフト
総合セキュリティタイプ BBセキュリティpowered by Symantec 490円 1ライセンスで3台までのWindowsパソコンに導入可能
BBセキュリティpowered by McAfee 490円
ウィルス対策タイプ BBセキュリティpowered by McAfee Lite 320円 最低限のセキュリティ対策を行えるソフト
モバイルセキュリティタイプ BBセキュリティfor Smart Device powered by McAfee 300円 ダウンロードファイルなどをスキャンしてウイルスやマルウェアをブロック
BBセキュリティInternet SagiWall(Android版) 300円 官公庁と連携し、詐欺被害のあったURLをブロック

BBセキュリティはどのタイプも申し込み初月は利用料金が無料になります。
ご覧いただくとわかる通り、ソフトバンク光のBBセキュリティは主に「Symantec社」か「McAfee社」製品のものが中心です。
聞きなじみのない方もいらっしゃるかもしれませんが、Symantecはさきほど紹介した「ノートン」のサービスを提供している親会社になります。
McAfeeも日本での知名度が高く、信頼性の高いソフトです。

どちらも実績のあるセキュリティソフト会社が提供しているサービスなので、安心してサービスを利用できます。

各ソフトのサービス内容について詳しく解説していくので、用途に合ったプランを選びましょう。

BBセキュリティpowered by Symantec Plus

BBセキュリティpowered by Symantec PlusはBBセキュリティのサービスの中でも、最も用途の広いセキュリティサービスです。
パソコンのセキュリティ対策だけでなく、スマートフォンでも利用できるソフトはBBセキュリティpowered by Symantec Plusだけだからです。
BBセキュリティ powered by Symantec? Plus|BBセキュリティ|SoftBank
1ライセンスで下記の対象端末から組み合わせ自由で3台まで利用できます。

  • Windowsパソコン
  • Macパソコン
  • Android搭載端末

パソコンよりもスマートフォンを使用する時間の方が長いという方も多いと思います。
その場合、パソコンだけセキュリティ対策を行っていても不十分です。

例えばスマホにクレジットカード情報を入れている人はスマートフォンのセキュリティ対策に注意が必要です。
不審なアプリインストールしたり、不審なウェブサイトにアクセスしてしまったりすると、スマホに登録したクレカの情報や電話帳の個人情報を抜き取られる恐れがあります。
セキュリティソフトを入れていると、不審なアプリやウェブサイトを検知して、ブロックしてくれます。

BBセキュリティpowered by Symantec Plusはパソコンだけでなく、Androidのスマートフォンにも導入できるので、スマホのセキュリティ対策が不十分な方はこのオプションを選択しましょう。

BBセキュリティ powered by Symantec/McAfee

パソコンのセキュリティ対策だけ行うことができれば良いという人は下記の総合セキュリティタイプがおすすめです。
BBセキュリティ powered by Symantec?|BBセキュリティ|SoftBank
BBセキュリティ powered by McAfee?|BBセキュリティ|SoftBank

どちらもWindows10、8.1、7に対応し、1ライセンスで3台までのパソコンにインストールできます。
ウイルス・スパイウエア対策、ファイアウォール対策など、基本的なセキュリティ機能を満たしており、安心してインターネットを利用できます。
料金もどちらも月額490円と変わりませんが、それぞれ下記のように機能が異なっています。

BBセキュリティ powered by Symantec BBセキュリティ powered by McAfee
ウイルス・スパイウエア対策
迷惑メール対策
ファイアウォール
保護者機能 ×
フィッシング対策 ×
パソコン最適化
自動バージョンアップ ×
Webサイト評価 ×
パスワード管理 ×
個人情報保護 ×

フィッシング対策やWebサイト評価など、機能が充実しているのはSymantecの方です。
迷ったらSymantecを選ぶと良いでしょう。

BBセキュリティ powered by McAfee Lite

最低限のセキュリティ機能があれば良いという人は、BBセキュリティ powered by McAfee Liteを選びましょう。
BBセキュリティ powered by McAfee? Lite|BBセキュリティ|SoftBank

BBセキュリティ powered by McAfee Liteは、上述したMcAfeeの総合セキュリティタイプから迷惑メール対策機能と保護者機能対策機能をなくしたタイプになります。

月額320円と比較的安いですが、必要最低限のセキュリティ対策ができれば良いという人向けです。
家族でパソコンを共用している場合などは、少し機能面で弱い可能性もあるので、おすすめできません。
自分しかパソコンを使わない場合などは、Liteプランでも良いでしょう。

BBセキュリティ for Smart Device powered by McAfee/Internet SagiWall

モバイルセキュリティタイプは、パソコンではなくスマートフォンのセキュリティ対策に特化したタイプです。
BBセキュリティ for Smart Device powered by McAfeeBBセキュリティ Internet SagiWallの2種類があります。
どちらもAndroid版のみの対応です。

BBセキュリティ for Smart Device powered by McAfee
インストールしたアプリやメール添付ファイル、SDカード、ネットからのダウンロードファイルをスキャンして、ウイルスやマルウェアを検知してくれます。
スキャンのタイミングはカスタマイズできます。
BBセキュリティ Internet SagiWall
日本人向けの詐欺サイトなどに対するブロックを強化したソフトです。
官公庁と連携し、被害情報などをもとに詐欺サイトのURLをブロックします。
インターネットショッピングをよく利用する人などに便利なソフトです。

もともとパソコンにセキュリティソフトが入っておらず、スマホのセキュリティ対策を強化したい方には便利なソフトです。
しかしパソコンにセキュリティソフトを入れていない人は、パソコン経由でマルウェアが侵入してしまう恐れがあります。
パソコンのセキュリティソフトが未導入の方は、モバイルセキュリティタイプ以外の導入をお勧めします。

ソフトバンク光は市販のセキュリティソフトも利用可能

ソフトバンク光はBBセキュリティ以外にも、市販のセキュリティソフトを選ぶことも可能です。

以前使っていて便利だったソフトなどを自身で購入して導入できます。

市販のセキュリティソフトの場合は、基本的に月額制ではなく、3年版10,000円などのように有効年数に対するソフトを購入する仕組みのものがほとんどです。
市販ソフトは機能や使用年数、対応台数などバリエーションが多く、使用環境にマッチしたソフトを選びやすいことがメリットです。
また契約期間が長いほど市販のソフトの方が費用は安く抑えられます。

市販ソフトは欲しい機能など明確にできていないと選ぶことが難しいですが、下記の市販ソフトなどがおすすめです。

ノートン360デラックス マカフィーリブセーフ ウイルスバスタークラウド カスペルスキーセキュリティ
年数 1年版/2年版/3年版 1年版/3年版 1年版/2年版/3年版 1年版/2年版/3年版
料金 3年版:14,280円 3年版:16,785円 3年版:13,580円 3年版:12,375円
対応台数 最大3台まで 家族何台でも 最大3台まで 最大5台まで
対応OS Windows、Mac、Android、iOS Windows、Mac、Android、iOS Windows、Mac、Android、iOS Windows、Mac、Android、iOS

マカフィーリブセーフは家族何台でもインストール可能という特徴がありますが、その分料金は高めです。
カスペルスキーセキュリティは価格と対応台数、機能の面でバランスが取れています。
機能面や対応台数など見比べて、ご自身にあったソフトを選びましょう。

ソフトバンク光のセキュリティはオプションと市販とどちらが安い?

ここまで、ソフトバンク光のBBセキュリティオプションと市販のセキュリティソフトについて紹介しましたが、トータルでは結局どちらがお得になるのでしょうか。

結論から述べると、使用期間に寄りますが、3年以上継続して利用するのであれば、市販ソフトを自身で購入した方が安くなります。

例えばBBセキュリティpowered by Symantec Plusは、同じくSymantec社の「ノートン360デラックス」と同等レベルの機能を有しています。
どちらも3台のパソコン、スマートフォンのセキュリティに対応しており、総合的なセキュリティ対策が可能です。
ノートン360デラックスは1年、2年、3年版のタイプがあり、BBセキュリティpowered by Symantec Plusとの料金比較が下記の通りとなります。

BBセキュリティpowered by Symantec Plus ノートン360デラックス
1年 6,270円 6,980円
2年 13,110円 11,880円
3年 19,950円 14,280円

※BBセキュリティpowered by Symantec Plusは初月無料サービス利用時

ご覧の通り、2年以上継続して使用する予定であれば市販のソフトを購入した方が安くなります。
さらに、ノートン360はiOSにも対応しているため、iPhoneにも導入できるメリットもあります。

一般的にオプションで月額料金を支払うよりも、市販のソフトを購入した方が、機能面でも価格面でもお得な場合が多いです。
ただ、「どんなソフトを選べばいいかわからない」「自分でソフトを選ぶのが面倒」という人はソフトバンク光のオプションを利用しましょう。

無料のセキュリティソフトも利用できるがおすすめしない

ソフトバンク光では無料のセキュリティソフトも利用できますが、あまりおすすめしません。

最新のウイルスや脅威に対して、無料のセキュリティソフトでは対応できないケースがほとんどだからです。
Symantecがネットのセキュリティの脅威について調べたレポートによると、2015年の一年間で実に4億3055万もの新種のマルウェアが作成されたとされています。
単純計算で一日あたり117万件以上の新種のマルウェアが作成されたことになります。

大手のセキュリティソフトはこうした最新の脅威に対しても対策を打つことができます。
一方で無料のセキュリティソフトはこうした最新のマルウェアなどに対しては対応が遅れてしまう傾向があります。

また機能そのものも有料版に比べて劣るものが多いです。
問い合わせについても非対応としているところが多く、なにかあった時に自己責任となってしまうことが多いです。

無料のセキュリティソフトをどうしても使いたいという方には、avastAviraなどが実績があり有名なソフトです。
またWindowsには「Windows Defender」というセキュリティソフトがプリインストールされています。
以前の性能は決して高くありませんでしたが、Windows10以降、比較的性能が高くなっています。

しかしやはり有料版と比べると機能は劣ります、
より安心してインターネットを利用したいという方はソフトを購入するか、オプションに加入するかしましょう。

転用の場合、セキュリティソフトは継続利用できる?

乗り換えなどの場合、以前使っていたソフトがそのまま使えるのであればそうしたいですよね。
フレッツ光からソフトバンク光に乗り換え(転用)した場合、フレッツ光で利用していたセキュリティソフトはそのまま利用できるのでしょうか。

これは、フレッツ光のサービスがNTT西日本のものか、NTT東日本のものかで異なってきます。
NTT西日本の場合は継続利用できず、NTT東日本の場合はそのまま引き継ぐことが可能です。

それぞれサービス提供会社とサービス名が異なり、転用後の扱いも異なってしまうからです。
それぞれ下記の名称でセキュリティソフトを提供しています。

サービス名 転用後利用
NTT東日本 フレッツ・ウイルスクリア
NTT西日本 セキュリティ対策ツール ×

詳細は次項で解説します。

無料だったNTT西日本の「セキュリティ対策ツール」は利用不可

NTT西日本のセキュリティ対策ツールは、ソフトバンク光への転用後、使用ができなくなってしまいます。
フレッツ光では無料で利用できるソフトでしたが、ソフトそのものが利用できなくなります。

西日本にお住まいで、フレッツ光のセキュリティ対策ツールを使っていた方は、ソフトバンク光転用後、新たにセキュリティソフトを入れる必要があります。
上述したソフトバンク光のBBセキュリティオプションを付けるか、自身で市販のソフトを購入するかしましょう。

NTT東日本の「ウイルス・クリア」は継続利用可能

NTT東日本が提供していた「ウイルス・クリア」は転用後も引き続き利用することが可能です。

NTT東日本が提供するサービスのため、転用後はソフトバンクからではなく、NTT東日本からセキュリティソフトの請求が届きます。
ウイルス・クリアは月額400円となっており、転用後も料金は変わりありません。

機能もソフトバンク光のBBセキュリティpowered by Symantec Plusと同等の機能を持っています。
料金も月額400円と安いので、NTT東日本のウイルス・クリアを使用していた方はそのまま使用し続けるのもお勧めです。

パソコンに詳しくない人はBBセキュリティがおすすめ

ここまでソフトバンク光で利用できるセキュリティソフトについて紹介しました。

結論をまとめると下記の通りとなります。

セキュリティについてよくわからない人はソフトバンク光BBセキュリティがおすすめ
パソコンとスマホのセキュリティを強化したい人は、「BBセキュリティpowered by Symantec Plus」(570円/月)がおすすめ
パソコンだけで良いという人は、「BBセキュリティpowered by Symantec」「BBセキュリティpowered by McAfee」(490円/月)がおすすめ
セキュリティ機能についてある程度知識があり自分で選べる人は市販ソフトがおすすめ

以上です。
3年間使うとしたら、ソフトバンク光BBセキュリティよりも市販ソフトの方がお得ですが、市販ソフトが自分で選ぶ手間も発生します。
パソコンやセキュリティに詳しくない人にとって、市販ソフト選びは大変な作業となってしまうので、ソフトバンク光のBBセキュリティに加入することをお勧めします。

ソフトバンク光のBBセキュリティの申し込み方法

では実際にソフトバンク光のBBセキュリティを申し込み、利用を開始したい場合、どのような手続きをとると良いのでしょうか。
BBセキュリティを申込む前に下記の項目を確認しておきましょう。

動作環境
インストールしたいセキュリティソフトが、お使いのパソコンなどで正しく動作するかどうか、事前確認が必要です。
動作環境確認ページで、ご自身のパソコンなどが必要なシステム要件等を満たしているかどうか確認しましょう。
すでに別のセキュリティソフトがインストールされていないかどうか
すでのお使いのパソコン内に別のセキュリティソフトがインストールされていないか確認しましょう。
セキュリティソフトが、お互いにウイルスや外部からの攻撃とみなしてしまうため、不具合の原因となってしまいます。
他のセキュリティソフトが入っている場合は、アンインストールするなどして、
OSのアップデートが済んでいるかどうか
パソコンのコンピューターが最新の状態に保てていないと、動作不具合が発生する可能性があります。
また本来のセキュリティ効果を発揮できない可能性があるので、OSのアップデートを行っておきましょう。

以上の確認が済んだら、申し込み手続きに入りましょう。
下記サイトからBBセキュリティの申し込みができます。

  • 手続きページから「新規申し込み」をクリックする
  • 「お申込みページ」から加入したいセキュリティソフトを選択する
  • 「S-ID」でログインを選択し、S-IDとパスワードを入力してログインする

または下記の電話窓口で手続きも可能です。

■BBセキュリティサポートセンター
電話番号:0120-956-740(通話無料)
受付時間:10:00~19:00(年中無休)

セキュリティソフトのインストール方法

申し込みが済んだだけでは利用できないので、パソコンへセキュリティソフトをインストールしましょう。
インストールは下記の手続きで可能です。

  • 手続きページから「ご利用開始手続き」をクリックする
  • ログインページからS-IDとパスワードを入力してログインする
  • 「サービスのご利用開始」内のお申込み済サービス、「利用規約/重要事項詳細」を確認して「ダウンロード」をクリックする
  • 利用予定のデバイスで使用かどうか確認し、「ダウンロード」をクリックする
  • ダウンロードマネージャの.exeをクリックする
  • 「ユーザーアカウント制御」画面が表示されるので「はい」をクリックする
  • 「同意してインストール」をクリックしてインストールを開始する

以上でインストールが完了します。

ソフトバンク光のセキュリティソフトまとめ

ここまでソフトバンク光のセキュリティソフトに関して解説していきました。
マルウェアの脅威と必要な対策について理解していただけたかと思います。

近年はスマートフォンの利用比率が上がっていて、パソコンだけでなくスマホのセキュリティ対策も必要になっています。
ソフトバンク光契約の機会に、全体のセキュリティを見直し、総合セキュリティソフトを一斉に導入するのもおすすめです。

クリックしただけで個人情報やクレジットカードの情報を抜き取られるケースもあります。
セキュリティ対策を万全にして、安心してインターネットを楽しめる環境を整えましょう。

編集者情報

Proval編集部
「インターネットで困るすべての人にとっての最良の意思決定ができる」をコンセプトにわかりやすく公平な情報を追求していきます。

Provalは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。