• プロバイダの速度を測定する方法と遅い場合の対処法を徹底解説
プロバイダ

プロバイダの速度を測定する方法と遅い場合の対処法を徹底解説

インターネットで動画やゲームを楽しむ人にとって、インターネットの速度は非常に重要です。
速度が遅いと感じたときは、プロバイダが原因になっている可能性があります。
そこでこの記事では、プロバイダの速度を測定するさまざまな方法について紹介します。

併せて、プロバイダで速度が変わる理由や対処する方法、遅い原因がプロバイダでない場合の対処方法なども見ていきましょう。
インターネットの速度を知りたい人や、より快適なネット環境を実現したい人は、ぜひ参考にしてください。

プロバイダの速度を測定する方法

プロバイダの速度を測定する方法は、専用サイトにアクセスするやり方がおすすめです。
このような方法は、大きく2通りあります。
これらの方法で速度を測定することができ、速度が遅い場合には、その原因を特定するのにも役立ちます。

速度測定サイトにアクセスして測定する

速度測定サイト

BNRスピードテスト、USEN、speedtest.net、Fast.com、速度.jpといった速度測定サイトを利用すれば、インターネット速度が把握できます。
この場合のインターネット速度とは、回線・プロバイダの両方を含んだ速度です。
Adobe Flashプレイヤーなどが必要なサイトもありますので、事前にインストールしておきましょう。
また、サイトごとに数値が異なる可能性もあるため、複数の速度測定サイトを試すようにしましょう。

BNRスピードテストは、上り速度と下り速度を測定できるサイトです。
USENの速度測定サイトは、フレッツ光とその他に分かれています。
速度.jpは、スピードの診断コメントがありますので、通信速度が速いのか遅いのかわかりやすいです。

プロバイダ以外の速度を測定する

プロバイダ以外の速度を測定し、プロバイダに問題があるのかチェックする方法もおすすめです。
NTTのフレッツ回線を使っている人は、フレッツ光の公式ホームページにある「サービス情報サイト」を利用しましょう。

フレッツ・v6オプションを利用している人とルーターを使っている人、IPv6方式で使用している人、IPv4方式で使用している人などによって、見るべきホームページは異なります。
いずれにせよ、回線のみの速度を判断できますので、ここで速度に問題があれば、プロバイダ以前に回線に問題があることがわかるのです。

インターネットの速度の目安は?

インターネットの速度を測定したとしても、結果の数値が速いのか遅いのかは判断できません。
数値から判断するためには、インターネット速度の目安を知っておく必要があります。
ここからは回線速度の目安を見ていきましょう。

快適に感じるのは下り10〜30Mbps

回線速度が下り10〜30Mbpsであれば、快適なインターネット環境と言えます。
ゲームや動画でも、30Mbpsの速度で問題ありません。
回線速度には「下り」と「上り」という種類があり、動画やホームページの閲覧は、「下り」が重要です。
「上り」はメールを送信したり画像をSNSでアップする際に影響する速度です。

「最大通信速度〇〇Mbps」という謳い文句によってインターネットの回線速度がアピールされている場合もありますが、実際にその速度がいつでも出るわけではありません。
「〇〇Mbps」の30〜60%ぐらいを目安にしましょう。
200Mbpsの回線ならば、60~120Mbps程度が実測速度です。

利用目的によって目安は変わる

回線速度が下り10〜30Mbpsであれば快適と言えますが、より細かく見ていけば、快適な速度の目安はインターネットの利用目的によって変わります。

利用目的 Mbps
メール・LINE 128kbps〜1Mbps
Webサイト閲覧 1〜10Mbps
Youtube視聴 1〜20Mbps
オンラインゲーム 30Mbps以上

たいしてデータ容量を使わないメールやLINEならば、128kbps〜1Mbpsの回線速度で全く問題ありません。
Webサイトの閲覧は、テキストの多い場合は1Mbps程度、画像がたくさんあるサイトは3Mbps〜10Mbpsが目安となります。

Youtube視聴は、4K画質の場合は20Mbpsの回線速度が必要ですが、SD 480p画質であれば、1Mbps程度でも大丈夫です。
Youtube視聴は、1〜20Mbpsを目安に、画質によって必要な回線速度が変わることを認識しておきましょう。

オンラインゲームは、種類によっては30Mbps以下でも快適に楽しめますが、基本は30Mbps以上の回線速度が必要です。
このように、利用目的によってインターネットの速度の目安が変わることも把握しておきましょう。

プロバイダで速度が変わる理由

プロバイダで速度が変化してしまう理由はさまざまあります。
その理由を詳しく見ていきましょう。
これらを知っておけば、今後プロバイダを乗り換える際などにも役立つでしょう。

プロバイダごとの加入者数の違い

プロバイダによって、加入者数に違いがあります。
例えば加入者800万人以上のOCNなど、人気のあるプロバイダであれば、加入者が非常に多いです。
加入者が多く設備も弱い場合、回線が混み合ってしまい、インターネットの通信速度が落ちてしまう可能性があります。

そのため、ユーザー数が少なめのプロバイダを選ぶというのも今後の1つの選択肢と言えるでしょう。

プロバイダごとの設備の違い

プロバイダの保有している設備によって、通信速度は変化します。
大手であれば強い設備を持っていることが多く、速度に大きな影響を与えることはないでしょう。
しかし、知名度の低いプロバイダであれば、設備が弱い可能性もあります。

設備の強弱はユーザー側では把握できませんが、プロバイダごとの設備の違いも通信速度に関係することを認識しておきましょう。

セットになっている回線の速度の違い

プロバイダによっては、契約がプロバイダ単体ではなく、回線とセットになっている場合もあります。
この場合、セットになっている回線の速度によって、プロバイダの速度が変わってくるでしょう。
プロバイダと回線が一緒になっている時は、回線速度もチェックしておきましょう。

遅い原因がプロバイダである場合の対処法

プロバイダが原因で速度が遅い場合、以下のような方法によって対処することができます。
これらの対処法について1つずつ見ていきましょう。

  • プロバイダに問い合わせる
  • オプションを使ってみる
  • プロバイダを乗り換える

プロバイダに問い合わせる

プロバイダによって速度が遅い場合、プロバイダのサポート窓口に問い合わせてみましょう。
電話番号は、公式ホームページや契約時の書類などでチェックしてください。
プロバイダが原因であれば、同エリアに住んでいる人にも影響があるため、似たような問い合わせがプロバイダ側にいっていることも多いでしょう。

サポート窓口に問い合わせても、プロバイダのせいではないと返答が来るかもしれません。
その際は、速度測定をして原因を特定したことを伝えると良いでしょう。
このとき、速度改善の予定があるかどうかも聞いてみると良いです。
速度が遅くても、プロバイダが何らかの策を講じて改善される可能性があります。
しかしながら、混雑を原因としている場合は、設備を増やすなどの手間がかかり、すぐに改善されるとは限りません。

オプションを使ってみる

混み合いにより遅くなっている場合は、IPv6(IPoE)というオプションを使用することで、状況が改善される可能性があります。
多くのプロバイダで一般的にしようされているのはIPv4という方式です。
IPv4は多くのユーザーが使っているため、混雑しやすいという特徴があるのです。
この場合、IPv6という新しい方式を使うことで混雑を避けることができ、実際に通信速度が改善されたという人も少なくありません。

ただし、IPv6を使用すると一部のサイトやサービスが利用できないという問題点もあります。
そこで、これらの問題を起こさないIPv4 over IPv6という新たな方式ができました。
IPv4 over IPv6というオプションはまだそれほど普及していませんが、使える場合は、遅い通信速度を改善できるでしょう。

しかしながら、今後多くの人がIPv6やIPv4 over IPv6を使うようになれば、これらの方式でも混雑が発生し、遅くなる可能性はあります。
また、IPv6関連のオプションは、あらゆるプロバイダに対応しているわけではありません。

プロバイダを乗り換える

プロバイダを乗り換えてしまうことも、一つの手です。
選ぶ際には下記のポイントを参考にしてください。

  • 実績がある
  • 知名度が低い
  • 料金が適切
  • ユーザー評価が高い

まずは快適なネット環境を実現できる実績があるのかチェックすることが大切です。
また、知名度が低いプロバイダも悪くありません。
なぜなら、回線が混み合うリスクを回避できるからです。
それなりのクオリティーを保つためには料金が安いプロバイダではなく、適切な料金設定になっているプロバイダを選びましょう。

また、実際に利用している人の口コミをチェックして、評価が高い場合は、選択肢に入れると良いです。
インターネット関連のものは実際に使用してみないとわからないことが多いですが、プロバイダの実績、知名度、料金、ユーザー評価を中心に選ぶと、失敗するリスクを避けられるでしょう。

遅い原因がプロバイダでない場合の対処法

インターネットが遅くなっている原因は、プロバイダであるとは限りません。
ここからは、遅い原因がプロバイダではなかった場合の対処法について見ていきましょう。

原因を特定する

速度測定した結果プロバイダや回線に問題がなく、それども遅いと感じられる場合は、プロバイダ・回線以外の原因を探りましょう。

確認ポイント 詳細
集合住宅なのかどうか 1つの回線を共有している場合、速度が落ちてしまう可能性がある
スマホ、タブレット、パソコンなどデバイスは新しいか 古いデバイスは処理速度が速くない
OSは最新の状態なのか 古いバージョンのOSは処理速度が速くない
速い通信速度に対応できる周辺機器か ルーター・LANケーブルなどが通信速度に対応できていない可能性がある
電波状況は問題ないのか 障害物があると電波が届きにくい

集合住宅に住んでいる人は、1つの回線を共有しているため、速い速度を維持できていない可能性があります。
古いモデルのデバイスを使用している人は、処理速度が速くないため、遅くなってしまいる可能性もあるでしょう。

OSの状態も重要です。
更新していない場合、処理速度は速くありません。
ルーターなどの周辺機器が古い場合も、通信速度に対応できていない可能性があります。
さらに、特に無線LANなどの場合は、ルーターとデバイスの間に障害物があると電波の通りが悪くなり、通信速度が遅くなることもあります。

特定した原因ごとに対処する

原因が特定できれば、その原因に適した対処法を試しましょう。

特定した原因 対処方法
集合住宅なのかどうか 夕方や夜は遅くなりがちなので、朝や昼間に利用する
スマホ、タブレット、パソコンなどデバイスは旧式か 新しいデバイスを購入する
OSは最新の状態なのか OSの更新、あるいはデバイスの買い替え
速い通信速度に対応できる周辺機器か 新しい周辺機器を購入する
電波状況は問題ないのか 障害物の除去、あるいは移動

集合住宅が原因だった人は、多くの人が使う夜〜深夜の時間帯を避け、なるべく朝〜日中の時間にインターネットを使うことで混雑を回避できる場合があります。
あるいは、より速い回線を入れて欲しいことを大家さんや缶r会社に頼んでみるのも1つの方法です。

古いデバイスや周辺機器を使っている人は、高速通信に対応した、できる限り新しいモデルに買い替えましょう。
またOSも更新し、最新の状態にしておきましょう。
障害物によって電波状況が悪くなっている人は、デバイスやルーターの位置を調整してください。
速度測定をしながら場所を移動させ、ベストな位置を見つけるのが良いでしょう。

プロバイダの速度を知って適切な改善策を講じましょう!

インターネット速度に不満を覚えた際は、速度を測定してみましょう。
速度の測定は、専用サイトで行えます。
速度測定を行うことで、プロバイダや回線に問題があるかどうかがわかります。

快適に感じるインターネットの速度は下り10〜30Mbps程度ですが、Webサイト閲覧、ゲームなどによって、最適なMbpsは異なります。
プロバイダの加入者数や設備の強弱なども速度が変わる理由と考えられるため、契約する際は注意しておきましょう。

明らかにプロバイダによって速度が遅い場合はプロバイダに問い合わせ、改善の予定がないか確認しましょう。
オプションを使うことなどで改善できる場合もあります。
また、プロバイダを乗り換えるのも1つです。
この場合、乗り換え先のプロバイダの実績、料金設定、ユーザー数などは必ず確認しておきましょう。
適切な改善策を行い、快適なインターネット環境を手に入れましょう。

インターネット回線まるわかりドットコムは、プロバイダの利用料金、通信速度、評判・口コミ、お得なキャンペーンを比較できるサイトです。フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光、auひかり、NURO光、その他光コラボ系回線などの詳細を調べることができます。回線は提供エリアや住居タイプ、お使いの携帯電話・スマホ、申し込み方法などよって料金や工事費用が異なります。さらWi-Fi・無線LANルーターレンタルなどのオプションサービス、キャッシュバックにも違いがあります。本サイトではネットに詳しくない人でも、お客様にとってお得に契約できる回線会社はどこか分かりやすいよう紹介します。※可能な限り最新情報を掲載していますが、一部実際の料金やキャンペーンとは異なる場合があります。

ご相談・お問い合わせ
通話無料
0120-989-325
閉じる